英会話&中国語会話学習の軌跡

現在は、基本独学な日々です。試行錯誤しながらボチボチやっています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

might have been...

2004年12月29日 | ノート
He might have been a famus astronaut.
He could have been practicing to swim in space.
The dog must be a good partner.
I must have been happy , because I got a camera.
I heard some people might contact aliens. I gave them a hand.

写真のみを見て、推測で、「多分こうだったんだろう(過去)」っていう練習。
ついつい、毎度毎度 have をつけるのを忘れては、注意される進歩の無いれもン・・。

haveがあるのと無いのとでは、時間が違っちゃうのに、ついつい・・・。

しっかし、あのテキストのあの写真で、こうも何度も当たると、いい加減ネタが・・・想像力に限界が・・・

I must take a that page's lesson again....
He must have checked it that I need to learn the page again.

お気に召しましたら、是非是非ぽちっと♪押してくださいまし~。
元祖ブログランキング
人気ブログランキング
コメント (4)

ポールとマンツー&クリスとマンツー

2004年12月29日 | NOVA L4レッスン
ついつい添削してもらった文章だけで、レッスンの模様を書くのを怠っていた事実に気づいて、あわてて(?)書いております。

マンツーでないと、個人的な自宅学習の質問はなかなか出来ないので、今、とってもよい環境にいることを感謝感謝の日々です。来年ももう少し、この状態が続きますように・・・・。

今日は、二日分まとめてなもので、添削してもらってる風景?!を簡単に書こうと思います

S校に戻ってきて以来、毎度のことなので、(最初S校にいたころも、たまーにラッキーマンツーになると頼んでたこともあるけれど・・・)何も言わなくても、今日はなに?って感じでレッスンが開始されます。

元もとのテキストを使ってのレッスンの妨げにならないように、自分の中である程度量を決めて、渡しています。目の前で直してもらえるので、「どうして違うのか」「意味は通じるけれど、こうしたほうが良い」とかの指導が受けられ、また、毎度見てもらってるので、弱点があからさま?!なのか、その日の直されっぷりによっては、レッスンする予定だったページじゃないページに変更されることも多々・・・あります。(ポールの場合。本当はここをしようと思ってたんだけど、こっちのが良さそうだね・・と。) 

講師によって直し方はさまざまです。文法面の気になるところだけを直す人、物語としてナチュラルになるように、文章そのものをそっくり変えちゃう人、れもンのレベルに合わせた直し方をしてくれる人・・・。いずれにせよ、ありがたい説明付きなので、とても充実、中身の濃いレッスンになってます。

長居になり始めてるので、同じページばかり当たる(ってか、やってないページがあまり残ってないから、仕方ない)けれど、添削をしてもらう事で、同じページをする事があまり気にならなくなりました。だって、そこが弱点なんだから・・。

辞書つかって書いてるせいか、「辞書使ったでしょ?」っとバレバレな事も多々・・・。
れもンの使ってる辞書が古いのか・・・、それとも、日本語→英語にしてるから、使い方が根本的に間違っているのか・・・。生きた英語を学ぶのは難しい・・!でも、違ってる!って事を教えてもらえるから、それもまた良し・・!!

ポールはゆっくり丁寧に、しかも、全部書き出してくれる 添削後も、それに関連させつつ、レッスン(テキスト)をしてくれる。うわ!今何時??もうこんな時間!ってのがいつものパターンだけど・・笑。

クリスは、頭の回転がいいのか、直すのも、すごく速い。説明もしっかり適切にしてくれる。切り替えも速いので、はい!終了~!テキスト開いて・・!!と、まるで何事も無かったかのように 普通にレッスンが始まる。

つくづくノバにして良かったな・・って思う今日この頃です

お気に召しましたら、是非是非ぽちっと♪押してくださいまし~。
元祖ブログランキング
人気ブログランキング



コメント

Funny(?) things happend to....

2004年12月29日 | にっき
When I was working ...., it happend...!
A phone rang. It was a complaint call.

A clark forgot something....,
He forgot put a meat pate between bacon & bread. so, he made no meat Bacon & Lettuce Burger!

However, When I told that things to the other clark, She said,
"I heard that someone had forgotton two meat pates....."

Guess what?

The clark made no meat BIG MAC!

I can't believe !!

お気に召しましたら、是非是非ぽちっと♪押してくださいまし~。
元祖ブログランキング
人気ブログランキング
コメント

第2話 Curiosity killed the cat (勉強会用/小説)

2004年12月28日 | 勉強会・短編
(原文)
"Don't you think the person who believed me is silly?"
"She was a foolish old bag! She believed me that I was her grandchild. I'm not your grandchild! ha-ha! It was quite easy,hum?"

Misa heard such as conversations that they wispering excitedly. She didn't intend to go to the bank, but she closed on the heel's and stood in a line behind them, and then they got money that Misa hadn't never seen such a large amount of bills from ATM, clutching and werstled them into their bag. They chortled and said,
"Good job! Haha!"

She pretended to be writing an e-mail and took a picturer of them by her cell phone. After that, she sent an e-mail with the picture to her friend, Yumi. Yumi had been Misa's close friend since they were little kids.

<mail>
【I guess they swindle money out of some people..especially eldrly people. I'll follow them and find their secret base! If I'll be able to find it, aren't I cool? I might get a letter of thanks from Police! WoW...! COOL! 】

*****************************************************
「オレの言う事信じるやつらってバカだと思わねぇ?」とか「頭悪りぃよな、あのばーさん。オレのこと自分の孫だとマジ信じ込んでたよ。オレはお前の孫じゃねえっつうの!ちょろいもんだよ。なっ。」 そんな彼らの興奮して囁きあってる会話を聞いてしまった。お金を下ろす予定など無かったけれど、後をつけて、その男たちの後ろに並んだ。すると、その男たちは、ATMからミサが今までに見たこともないような、お札の束をワシヅカミにしては、カバンにねじ込んでいた。彼らは満足そうに笑って「上出来じゃん!」と言っていた。

ミサは携帯でメールを打ってるフリして、そいつらの写真を撮って、その後
”きっと、誰かから、特にお年寄りから騙し取ったお金だよ。後をつけて、こつらのアジト突き止めるよ!捕まえたら、ミサお手柄じゃん?警察から感謝状が届いたりして!かっこよくない?”そう子供の頃から親友のユミにメールを送信した。

*****************************
(訂正文)
"Don't you think anyone who believes me is silly?"
"She was a foolish old bag! She actually believed that I was her grandchild. I'm not your grandchild! ha-ha! It was pretty easy,hum?"

Misa overheard this conversation as they wispered excitedly. She didn't intend to go to the bank, but she followed them closely and stood in a line behind them. The two men withdrew more money that than Misa had ever seen from an ATM. Clutching the money, they wrestled it into their bag. Then chortled and said,
"Good job! Ha-ha!" They laughed maniacally.

She pretended to be writing an e-mail and took a picture of them with her cell phone. After that, she sent an e-mail with the picture to her friend,Yumi. Yumi had been Misa's close friend since they were little kids.

*****************************
(補足・感想)
ミサの最後のメールの部分は、まだ見てもらっていないので、そこはまた見てもらえ次第、追加します。

一行目のところは、典型的日本人のミスっていうか、日本人的言い方だって言われた。あと、She actually believed ってした方が、本当に信じ込んでいる感じが出るそう。conversationにsをつけたら、実際には、沢山の会話をしているかもしれないけれど、ミサが聞いたのは、一人が喋って、もう一人が答えただけの、一度の会話(一回分?)。だから単数らしい。

closed on the heels だと、かなりつけまわしている感じになるから、この場合は、その男にくっついて銀行に入って行って、後ろに並ぶまでで、一旦つける行為が終わっているため、使わないそう。言いたい事を詰め込みすぎた部分は、程よく、短く修正されました。

ha-ha! で終わらせてたところも、分かりやすいように、They laughed maniacally.ってつけたししてもらったし。うーん、またまた勉強になった♪

書きっぱなしじゃなく、直してもらったこの宝物をちゃんと輝かさなくては~
まだあと5ページくらい(といっても、修正が書き込んでもらえるように一行あきで書いてあるから実質2.5ページだけど・・)どうかラッキーマンツーがしばらく続きますように・・・

ライティングのお勉強に燃えるれもンでした・・!

お気に召しましたら、是非是非ぽちっと♪押してくださいまし~。
元祖ブログランキング
人気ブログランキング
コメント

第1話 Curiosity killed the cat (勉強会用/小説)

2004年12月25日 | 勉強会・短編
(原文)

【What should I do....? Anybody helps me...,please...】
Misa had been strggled in the dark place for a long time.She couldn't move, because her wrists and ankles were tied a rope. Her body had a lot of scratches for struggle.
【How many times does it passed when I was caught...My mother must be worried about me...】
Misa regreted that she shadowed those men out of mere curiosity. She was under impression that be an investigator, However, she was just a highschool girl, not an investigator, of course those men noticed her unskillfull shadow. After that,she was taken away and had been stay their secret base of operations. Shame on her! Misa is a 17 year old highscool girl who has a burning curiosity. Her skin was dark, because she is a member of athletics club. She is an idol of her school mates. It happend on Monday afternoon when she was walking down the street on her way from her school to home. That day, she didn't have a club activities and she left her school in the early time. As she came along the Bank of NOVA, she witnessed those men and heard what they said.

****************************
(日本語)
”どうしよう・・・。誰か助けて・・・”
ミサは、暗闇の中でもがいていた。手足を縛られて動けない。ミサのカラダは擦り傷だらけになっていた。
”あれから何時間たったんだろう・・・。お母さん、きっと心配してるよね。”
ミサは興味本位で男たちの後をつけてきたことを後悔していた。その時はなんだか探偵にでもなったような気になっていた。でも、所詮ただの女子高生のミサのヘタクソな尾行では、あっという間に見つかってしまった。そして、このザマだ。

ミサは、好奇心旺盛な17歳の女子高生。陸上部に所属しているミサは、日焼けで肌が真っ黒に焼けていた。手足が長く、スタイルの良いミサは、学校で憧れの的だった。

月曜日の夕方、家に帰る途中の出来事だった。この日は部活もなく、帰りが早かった。ちょうどNOVA銀行辺りを歩いていたとき、その男たちを見た。そして彼らの会話を聞いてしまった。

******************************
(添削後)
【What should I do...? Could someone help me...,please...】
Misa had been struggling in a dark place for a long time. She couldn't move, because her wrists and ankles were tied with rope. Her body had a lot of scratiches from struggling.
【How long has passed since I was caught...My mother must be worried about me..】
Misa regreted that she had followed those men out of mere curiosity. She had felt as though she was an investigator. However, she was just a girl and not an investigator, of course. Those men had noticed her unskillfully shadowing them. After that,she had been taken away and had been kept at their secret base of operations. Poor girl! Misa was a 17 years old highschool girl who had a burning curiosity. Her skin was dark, because she was a member of an athletics club. She had long arms and legs and she was idolised by her school mates. It happend on Monday afternoon when she was walking down the street on her way from school to her home. That day,she didn't have a club actibity and she left her school early. As she came along the Bank of NOVA,she witnessed those men and heard what they said.

*****************************
(補足・感想)
キャラの説明をするときに、過去形で書いたほうがいいのか否か迷った挙句、現在形で書いてしまった。なぜか色黒ってとこだけ、wasって書いてしまった・・。最初、現在形でも何も言われなかったけれど、そこのwasを見つけた、ポールが、物語をかくなら、こっちの方がいいね。と、一度はそのまま直さず通り過ぎたところを全部過去形に直し始めた・・!しょっちゅう、(前回もS&Rの添削の際)物語は過去形で書くから、その過去形で書いてある物語の中の、更に過去の出来事は過去分詞を使って書くってさんざん言われていたのにもかかわらず、またもや、同じ間違いをしまくり!!でいーっぱいhad を付け足された!

例えば、Misa regreted that she had followed those men.....
ミサが後悔していた。(過去) 男たちを尾行した事を(以前にしでかした出来事)
そんなわけで、探偵気分になってた事も、男たちがミサに付けられてるのに気づいたのも、捕まって監禁される羽目になったのも、ぜーんぶ、hadがいるっちゅうことで・・・。

あと、「このザマだ!」のつもりで書いた部分、Shame on her!は、怒って、なんてザマなんだ!なんなんだ一体?!みたいな感じ?になるらしい。で、ちょっと柔らかく?!かわいそう・・!に直された・・・のかな??? この辺はどうも意思の疎通が・・・。Shame on her!で、ちょっと吹き出された・・ 汗。あら? 

あ、それから stay(そもそも、仮にstayだったとしても、原型じゃ間違いだってばよ・・)→kept は、いたくてそこのいるわけじゃなく、拘束されてるので、keepを使って、強い言い方にした方が感じが出るとの事。

かなり赤ペンまみれになったけど、同じパターンの間違いが繰り返されてるので(1枚の紙切れ内で)一つ気をつければ、随分解消?されるはず・・・。

次から気をつけよう・・・。

自分たちの勉強会のオリジナル教材?!の為に作った(作っている)話だから、短いものをと思ったけれど、なんだかんだと8から10ページくらいになってしまいそうな予感・・・。まあ、S&Rよりは短いけれど・・・(終わる予定なし

書くことを始めて、自分が間違えるパターンが何となく、最近ようやく見えてきたような気がする。(あいかわらず、同じ間違いをしては直されてるけど・・)それと、やっぱりなんとなく、個性のようなものが文章にも出るんだなって思った。使いたがる(選ぶ)単語とか、表現方法とか。ライむの文章と比べて、違いが出てると思う。そこがまた面白い♪


今度の勉強会は、28日なので、それまでに添削はともかく、とにかく書き上げないと・・・!!

お気に召しましたら、是非是非ぽちっと♪押してくださいまし~。
元祖ブログランキング
人気ブログランキング
コメント (6)

Xmas Dinner

2004年12月25日 | にっき
I had a Xmas dinner with my husband at a hotel which was we had married since 2001.
We had a wonderful time ! They were really delicious. I didn't have a plan to buy a Xmas cake, because that Xmas dishes had a dessert. However we bought a Xmas cake at LOWSON...when we were comming back home. Icould get a cake, I paid only 550yen.So,I used my 500point from LOWSON PASS CARD when I paied !

お気に召しましたら、是非是非ぽちっと♪押してくださいまし~。
元祖ブログランキング
人気ブログランキング
コメント (2)

第7話

2004年12月23日 | Sally & Richard(小説)
<Next day>
Sally finished at the cooking scool.then she met a very interesting woman,Silvia who was her cooking instructor. She looked calm,but she had a strong intuition. Nobody knows, it's going to cause traubles in the future.

<After few weeks>
Richard was happy everyday. Sally made friends with Linda. Linda was so charming and young. Sally liked talking with her.

<One day>
Linda wanted to invite Sally. so, she made a plan for meeting at her house. Linda said,
"What are you doing after tomorrow's lesson? Why don't you come over tomorrow?"
Sally said,
"That's a good idea. I'll come!"


"Wow!! Your house is really cute! You love Hello Kitty , don't you ? Wow...."
Sally was surprised that her room had a lot of pink items.
...Then Sally found a picture of her withe a man on her desk. In that picture both of them looked very happy. Sally picked the photo frame up, and she asked her.
"Is this your boyfriend?"
Sally was disturbed about that. She was afraid that Linda could hear her heart beat. So,the man was Sally's ex-boyfriend. Linda was a little bit shy and she innocently anwsered.
"Yes! He is my boyfriend,Steve. Isn't he cool??"

Sally&Richard和訳へジャンプ

お気に召しましたら、是非是非ぽちっと♪押してくださいまし~。
元祖ブログランキング
人気ブログランキング

コメント

第6話

2004年12月22日 | Sally & Richard(小説)
Richard sent an E-mail to Marie that night.Telling her he was really happy today.
"Thank you Marie. We were able to make up with each other. We went to buy her new apron. I'm really happy about this, so I can see her smile. Thank you , I appreciate it, Richard."

As soon as Marie received his E-mail. She sent a reply.
"Thank you for your E-mail.I was happy hear that, but be careful Sally has a whim. I'm sorry for you. Anyway , I hope you guys stay happy."

Sally is going to apply for the cooking school tomorrow. She couldn't wait till the nextday.She called Marie and told her what happend today. Marie already had known about that. She didn't talk about that.so, Sally doesn't know Marie and Richard contacted each other.

Sally&Richard和訳へジャンプ
お気に召しましたら、是非是非ぽちっと♪押してくださいまし~。
元祖ブログランキング
人気ブログランキング

コメント

The winter solstice(冬至)

2004年12月22日 | にっき
We took a hot citron bath last night. It smells really good, isnt't it? I spent wonderful bath time. and We also ate simmered pumpkins.
Hummmmmmmmmm,yammy yammy great!

My mother forgot it until I told her Today was the winter solstice.
As I said you were an eldery person why didn't know that? she said you were still young but why you remember that?

She didn't fail to chatch a word and said "Excuse me? Who is eldery person?"
Oh,ohhhh....

この記事がおきに召しましたら、是非クリッククリック♪

人気ブログランキング 元祖ブログランキング
コメント (7)

次のテーマは、「事件」。

2004年12月21日 | 勉強会・短編
step1.なにか「事件」についての物語を書く。
step2.お互いの作品を交換して、「刑事」として、「容疑者」「被害者」「目撃者」への質問を考えてくる。また、聞かれそうな事を予測して、証言やアリバイを考える。
step3.マスコミの記者として、「刑事」や「被害者」「被害者家族」「容疑者をよく知る近所の人」などに、インタビューを考える。(聞かれた場合の受け答えも準備)
step4.記者として、聞いた内容を記事にする。

っという、方法を考えてみたんだけど、どうだろ?ちゃんとできるかな・・。
事件かあ・・どんなのにしようかな
物語ったって、誰を主役に持ってくるかで話も多少違ってくるし・・。犯人が主役?被害者が主役??目撃者が主役?どうしよっかなあ・・・。
人気ブログランキング
元祖ブログランキング
この記事がおもしろい!!って思ったら、迷わずぽちっと♪よろしくお願いいたしますうううう。
コメント