英会話&中国語会話学習の軌跡

現在は、基本独学な日々です。試行錯誤しながらボチボチやっています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

なんてこったー!

2005年12月29日 | にっき

ぎゃー!!!

うちのバカビデオめ・・・!

予約が全部消去になってたお陰で、大西先生の番組が録れてなーい!!
20時15分・・・「あれ?なんかビデオが作動していないような・・・」
恐怖の瞬間。

慌てて手動で録画したけれど・・・。

1月にまたあるみたいだから、まだいいけど・・・

買ってまだ1年かそこらなのに、修理もう3回目したんだけど、まだ必要なのか?!もう諦めて買い換えるべきなのかー!!

はあ・・

 

コメント

Sally & Richard

2005年12月28日 | にっき
恐ろしく久しぶりに更新しました!とはいえ・・日本語部分のみですが
コメント

-Strength of Will- (ケンとロンの続き れもンバージョン途中・・)

2005年12月28日 | 勉強会・短編

"By the way...." Ken said to Ron as he was walking. "Why is it me? not others?? Where am I ? Who are you....? What are we doing..?" he looked at Ron timidly.
Ron who was on his right shoulder, answered with a big sigh. "We've known one of the problems. My mothe..." cough, "The cherry tree is getting weakly and our world is gradually stop functioning everything and we need your help.You're the only one will be able to help us." Ron turned on Ken's face. "What would be happened if the world wasn't functioning ? "

"The tree has protected the world against lots of foreign enemies here." Ron made the things clear to Ken who has thrown a question back. "If we would solve the problems, we were waiting just on time that a dying the world."

The story terrified Ken. What on earth would he let him to do?? He felt keenly that he was involved an extremely large problem..he had never experienced such a thing. He guessed the creatures include Ron weren't able to see the fairy, Ken was the only one who could see her...He was getting have feel of the heavy pressure and the huge anxious. He wanted to run away from here and all of problems around him, but he also wanted to protect his favourite tree as same as others who lived here. He didn't want to loose the tree which was always together ,good time also bad time..

Ken closed his eyes, draw a deep breath and bit his lower lip tightly. He gazed on Ron's eyes, " Anyway, I'll try that I should to do everything." he said strongly. The eyes have gotten strength of will and firm brilliance.

....to be continued.....
コメント

ハートで感じる英文法

2005年12月27日 | にっき

ハートで感じる英文法―NHK3か月トピック英会話

日本放送出版協会

このアイテムの詳細を見る

これは、既に放送が終了しているもの(2005.7~9月分)が一冊にまとまった本です。巻末に「重要基本イメージ集」なる、オマケにしては、内容の濃いものが付いてて、かなりお得になってます。キャッチコピーの「目からウロコ」の英文法はこれだ! 本当にそうだ!って思いました。

 

ネイティブスピーカーの単語力〈3〉形容詞の感覚

研究社

このアイテムの詳細を見る

最近出費が多いので(笑) 迷ってましたが、結局買っちゃいました 
昨日から3ヶ月トピック英会話 ハートで感じる英文法の再放送が始まり、どうやら全部ではなく人気のあった回のみのようですが、あれはスゴイ!

初めて見ましたが、なんだか感動しちゃいました おお~!って。
そんでもって、早速買って ガストにて熟読 参考書をあんなに見入ったのは初めてかも。しかも、ついつい「おお~」とか イチイチ感動

まだ れもンは On と The/a しか目を通していませんが(じっくり味わいたいので、焦って先へ先へ進むのは控えた為)、この二つだけでも、感動の嵐!です。いやはや、大西先生とはすごい人だ・・!

・・・と、そこで更に目に飛び込んできたのが大西先生のその他の書籍。ううっ。どれもこれも、心を引かれる内容ばかり。散々悩んだ挙句、「ネイティブスピーカーの単語力」という一冊に決めました 

辞書に書かれている意味だけでは、微妙なニュアンスまでは理解しきれなくって、ライむと書いている小説とかも、講師や、スコットに添削してもらうと、この単語はこういうときには使わないよ?と直されてた、でも、何でそれをチョイスしちゃいけないのか分かんない・・「へえ・・使えないんだ、この単語は・・」くらいでしか理解できなかったようなもの(?)を解決してくれそうな雰囲気をこの本はかもしだしています!

例えば「大きい」って単語。大きいだけでも、8つの単語が紹介されており、とっても分かりやすい詳しいイメージの説明と、例文、時にはイラストも付いていて、やっぱり読んでると「へえ~」とか言っちゃいます  

その他にも、色々な「おいしい」「まずい」「やわらかい」「かたい」とか、シュチュエーション、感情によって使い分けられたら、表現力がすごく広がって、もしやL3への道が切り開かれるのでは??なんて。ま、それに加えて、もっと必要なものがれもンにはありそうですが・・・ 何だかすごい一品に出会っちゃった 

この本を生かすも殺すも れもン次第。あくまで「参考書」。この本を参考に、ナチュラルに口を付いて出てくるように、使い込まなくては 

モチベーションをあげてくれる本です 
べた褒めだな・・。でも、本心からそう思います。今執筆中(笑)のケンとロンのお話に生かさないと!! 

 と力いっぱいお薦めします。

コメント (2)   トラックバック (3)

ドラえもん

2005年12月27日 | にっき
ドラえもん どこでもドラえもん 日本旅行ゲーム+(プラス)

エポック社

このアイテムの詳細を見る

帰省の時期です。お年玉代わりにいつも、おもちゃを買って帰るのですが 姪っ子と甥っ子に。今年はどうしよう・・?と、アマゾンで物色してたらば、こんなもんを見つけてしまいました。何だか都道府県がどこにあるか、特産物はなにか・・なんかがついでに覚えられ、おかねを使いすぎると、飛行機とかが利用できなかったりと、結構シビアらしい・・

金銭感覚が養えて楽しくて、学べて一石二鳥?もっと?

問題は対象年齢・・・上の子はOKだけど、下の子にはまだ無理そうだなあ・・・

もうちょっと悩もう。

コメント

検討中・・・

2005年12月27日 | その他自宅学習
バーティミアス 化粧ケース入り プレゼントセット

理論社

このアイテムの詳細を見る
Golem`s Eye (BARTIMAEUS TRILOGY)

Doubleday

このアイテムの詳細を見る

本の内容は知らないけれど(読んだ事ないし) でも、書店で見かけて、何だか分からないけれど、読みたい衝動に駆られています。ハリーポッター並みに分厚く、500ページくらいあるので、読むとなると長期戦だなあ・・・。全く知識の無いまま読むには、ちょっと大変そうだし、日本語で読んでからのほうが良いような・・。せめて1巻だけでも翻訳されたものを読んで、世界観を理解してから進んだほうが?と、その前に、今読み始めているハリーの4巻を読み終えなきゃ、どうにもならない話ですが。

気持ちばかりが先走って、読むのが全然追いついてない今日この頃です。年末はバタバタしてるので、時間もなかなか取れないし 

とりあえず、値段も値段なので、図書館で借りて、読んでみて内容に惚れたら、買おうかな。日本語版は全部借りて読んで、原書を買うのも良い手かもしれない。

しかーし、図書館に予約を入れたら、最新刊に当たっては98人待ち!何てことだ~!!いつの話やら・・ まあ、15冊くらい蔵書はあるらしいけど、それにしても・・。

今借りてる人は、是非ともこのお正月中に読みきって、とっとと返して頂きたい 笑。あー でないと我慢できなくなって、財布の紐がゆるんでしまうかも?!

これ以上本が増えると我が家がドンドン狭くなる~?!

コメント

冬至

2005年12月22日 | ノート

今日は、ゆずとカボチャを朝っぱらから近所のスーパーに買いに行きました。

高かった・・・。いつもなら、安いスーパーまでイソイソ出かけるところなのですが、今日は行けそうもないので妥協です。 ういろう君は、忘年会なのですが 何だか二次会の誘いは断ったとか。
帰って来たら、カボチャの煮つけだけ食べさせて~、ゆず風呂だー。

 

コメント

Harry Potter and the Goblet of Fire

2005年12月22日 | その他自宅学習
Harry Potter and the Goblet of Fire

Bt Bound

このアイテムの詳細を見る

ノバの講師も只今これを読んでいる人が多いみたいで、持ち歩いている姿をよく見かけます 映画も観た事だし、最近絵本ばっかりだったので、思い切って読み始めました、昨日から 1ヶ月は掛かるだろうなあ・・・・。 あ、でも読んでる講師が多いって事は、「ここんとこ、わかんないだけど・・・」って質問した時にスムーズに答えてもらえるかも・・・?だなんて。

今日はまだ読んでないのですが、本日の目標は第2章まで読み終える事です

さー、もうこんな時間だ・・・いくら明日休みだからって、もう読みかけないと寝る時間が!

 

コメント

Tale of Mrs, Tittle Mouse(36冊目)

2005年12月22日 | ☆読書の記録☆
Tale of Mrs. Tittle Mouse

Frederick Warne & Co

このアイテムの詳細を見る

【読書期間】 12月19日~12月19日
【ページ数 】 64
【感   想】 綺麗好きのMrs. Tittle。ところが招いてもいないのに、お客さんが次から次へと来ては、家を汚していくってお話です。(ワザトじゃなく、単にお客さんの住処が沼地だったりするだけですが、かなり迷惑しています) ページは一見多いですが、一頁の辺りの行数は少ないし、ほとんど絵なので、あっという間に読めます
コメント

スコットの添削講座の12月3日の続き・・・

2005年12月22日 | 勉強会・短編
以下が通じなかった2つの内容です。
 
8. "...bumped into gnarled of cherry tree and knocked ground." Sorry, I don't understand what you are trying to say. "gnarled" is not a noun. What part of the tree do you mean? Trunk, bark, branch, ??  maybe "....bumped into a cherry tree, and fell to the ground."

 
9. .."and only tip of brown long tail". Again, I do not understand it. Does he have a white tail with a small bit of brown on the tip?
 
そんでもって、こう言いたかったんだけど・・・とメールしてみました。
 
8.I mean gnarled → knot ??   it is part of tree where there was a branch before. It is hard and round spot.
9.Yes ! he has a white tail , but  a part of the tail is brown. If his tail was 15 cm, 10cm=white 5cm=brown( the point of the tail) 
 
スコットからのアドバイスです。
 
Good job LeMON!
 
You can write   "....bumped into a knot of a cherry tree..."
 
....His long tail was mostly white, becoming brown at the tip...
 
("tip" is a common word for "end" for objects that are long and have a point at the end, like a sword, a pen, a mouse tail.)
 
コメント