英会話&中国語会話学習の軌跡

現在は、基本独学な日々です。試行錯誤しながらボチボチやっています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

THE NOTE BOOK

2009年12月14日 | ☆読書の記録☆

 

いつだったか映画館で観て、すごく気に入って(珍しく映画を観て涙が・・・!!)

DVD予約して、原書買って、翻訳版買って、朗読CDまで買ってしまったというくらいはまった映画。。 

そーいえば、イングリッシュチャンネルのレッスンとか、サロンでお気に入りの映画ってんで、先生たちもThe Note Bookをあげることが多かったなぁ。 

 

今、久しぶりに原書を読んでみると(まだ読みかけ・・ もうちょっとで半分くらい)初めて読んだときよりは、内容が入ってくる気がする。

きみに読む物語 スタンダード・エディション [DVD]

ハピネット

このアイテムの詳細を見る
The Notebook

Vision

このアイテムの詳細を見る
きみに読む物語
ニコラス スパークス
アーティストハウスパブリッシャーズ

このアイテムの詳細を見る

 

あいかわらず、知らない単語は読み飛ばしまくりだけど(単語全部分かるわけじゃないから・・・) それでも、前よりは分かる単語も増えてる気がする! 

ちょっとは進歩してるのかな・・???

 

コメント

54、55冊目

2006年10月24日 | ☆読書の記録☆
海ぞくの冒険―プーさんの英語絵本

NOVA

このアイテムの詳細を見る

 

キャンプへ行こう―プーさんの英語絵本

NOVA

このアイテムの詳細を見る

原書というか・・・ノバから出てるやつなので、日本人の英語を学習してる子ども向けの本ですかね。 個人的には、キャンプへ行こうが好きですね。なんか ほのぼのしてて どちらも可愛いお話です。 あ、この2冊はちゃんと過去形で書かれてました!ミッキーと豆の木とか、その他のノバから出てる英語絵本は 現在形でかかれてて何か違和感があったもので、最初に持った感想が「あ、過去形だ・・」でした 

 

 

コメント

THE MYSTERIOUS KEY GRANNY 53冊目

2006年09月26日 | ☆読書の記録☆
THE MYSTERIOUS KEY GRANNY―ふしぎなかぎばあさん英語版

岩崎書店

このアイテムの詳細を見る

小学生の頃読んだ記憶がある本(とはいえ、イラストに見覚えはあるけど、内容は覚えてなかったけど・・・)なので、借りてみました。文章も読みやすく、特に辞書は入りませんでした。日本人向けに訳されたものなので、ページ下に単語が紹介されてます。

なんだか暖かい気持ちになるような そんなお話でした。今回は書き写しながら読みました。その後パソコン使って入力しながら呼んだので、2回読んだことになるかなー。1回目より2回目の方が、ただ写しながら流れるように読んでるだけとは言え、結構内容が頭に入って来たかも。

あ、the だ、あ、aだ・・・とかそんなことを思いながら書いてました。

シリーズ本なので、次のお話を読まなくちゃ(書かなくちゃ)です。

 

コメント

Harry Potter and the Goblet of Fire(52冊目)

2006年05月26日 | ☆読書の記録☆
Harry Potter and the Goblet of Fire

Bt Bound

このアイテムの詳細を見る

【ページ数】 734
【期   間】 不明・・・。

映画を観てから読んで良かった 原書から先に読んで、映画を観たら、きっと ああ、あのシーンがない・・とか、不満でいっぱいになっちゃって、映画を楽しめなかったかも?!(日本語では随分前に読んではいたけれど) 映画を先に観たので、キャラクターが頭の中で動いてくれるし、イメージしやすかったのと、飛ばし読みでも(かなりな・・)ストーリーが理解できたのでよかった いつから読み始めたのか記憶が・・・。途中で中断してほかの事に取り組んでたりで、集中して続けて読んでなかったからなあ・・・ ジムで読むようになって ペース良く読めるようになりました。今までは結構辞書に頼って読むことが多かったけれど、辞書無しの凄い飛ばし読みでも、結構大まかなことは分かるし、推測できるもんなんだな・・と思いました。辞書使った方がスッキリ理解できるけど ジムで読むときは飛ばし読み、家で読むときは辞書使ったり使わなかったり、気分でやってます。

 

日本語版も無論買って家にあるものの、気分が乗ってるうちに読み始めてしまえ!と、↓を読み始めました。とりあえず今日は1章のみ。

Harry Potter (Book 5) US版: Harry Potter and the Order of the Phoenix

Arthur a Levine

このアイテムの詳細を見る

 

でも、図書館からバーティミアスの3巻が届いたって言ってきたから、また中断しそうです。図書館からの借り物(まだ引き取りに行ってないけど・・今日行ったら、6月上旬まで工事のため臨時休館って張り紙が・・・!)だから、読まなきゃだし。3ヶ月くらい待たされたしい~。まあでも日本語だから一気にいけるとはオモイマスガね。

コメント (2)

Just One Apple他 (44冊目→51冊目)

2006年04月09日 | ☆読書の記録☆

 

 

昨日は仕事に行くのに バスも電車もスムーズすぎて、1時間も前についてしまったので、図書館で時間を潰しがてら、久しぶりに絵本を読んでみました。気晴らしには結構良かったですねー。ハリーは未だ400ページ辺りです・・

Just One Apple(44冊目)

Dobson Books

このアイテムの詳細を見る

 【読書期間】 数分
 【ページ数 】 32
 【感   想】 主人公の家のりんごの木には なぜか実が一つもなりません。他所の家のりんごの木には沢山の実がたわわに実ってるってのに。やがて、彼の家の木に一つだけ、実がつきます。それが ものすごく育って、凄い大きさに・・ その後の展開が、え?そんな事になっちゃうの?って感じで、結構面白かったです。

 

Frog Went A-Courtin`(45冊目)

Gulliver Books

このアイテムの詳細を見る

 中身検索あり。アマゾンでちょっとだけ中身が見れるようです。

【読書期間】 数分
 【ページ数 】 32
 【感   想】 かえるがネズミにプロポーズ。で、結婚式の準備に大忙し。一番最後のページに楽譜が載っていました。あのテンポのよさは、どうやら歌詞だったからみたいです。なかなか面白かったです。

Friends(46冊目)

Bt Bound

このアイテムの詳細を見る

 中身検索あり。アマゾンでちょっとだけ中身が見れるようです。 

 【読書期間】 数分
 【ページ数 】 ?(チェック忘れました・・
 【感   想】 ニワトリとネズミとブタの仲良し3人組のお話です。友達だから、こうでなくっちゃ・・!みたいなのが所々に出てきます。たまには失敗もするけれど、それでも仲良しんも3人組です。イラストも可愛くてお薦めです。

Crocodile, Crocodile (BOOKS FOR YOUNG READERS)

Crocodile Books(Inteu) (47冊目)

このアイテムの詳細を見る

 

 【読書期間】 数分
 【ページ数 】 32
 【感   想】 ある日ワニが ピンクのドレスの女性の話を耳にするところから物語りは始まります。ワニの店が・・・って話を聞いてしまうのです。でも、彼は、それをクロコダイルである、自分が利用できるお店だと思って、そこに行ってみたくなり、エジプトからはるばるフランスに向かいます。船に乗ったり電車に乗ったり、カフェでお茶したり・・・ 最後にやっとその店にたどり着くと、そこは・・・

なかなか面白いお話でした。イラストはかわいい・・というよりは、顔とかややリアルな感じではありますが、そこがまた結構好きだったりして・・

 

Sailor Santa Claus (神戸セーラーサンタクロース協会) (48冊目)

 【読書期間】 数分
 【ページ数 】 不明
 【感   想】 対訳付きでした。神戸の震災を取り入れたお話で、サンタが一生懸命救済を手助けするというお話でした。お風呂に入ることすらも忘れて、無我夢中でやってきたサンタさんが、銭湯に入って涙するところが、何だかぐっと来ました。

 

 GEORGE'S GARDEN (49冊目)

 【読書期間】 数分
 【ページ数 】 不明
 【感   想】 ジョージというよりも、ジョージの庭にいる(ある?)デイジー(花)のお話かな・・?隣の芝生は・・みたいなもので、お隣の庭がとてもゴージャスというか綺麗なので、デイジーは こんな雑草と一緒に咲いているより、あっちの庭に行きたい・・とか思っているのです。で、ひょんなことから隣の庭に移動できるのですが、そこで待ってた運命とは・・・ イラストも暖かい画風で表紙に魅かれました。お話も面白かったです。

 

What Time Is It, Peter Rabbit? (Beatrix Potter Novelties) (50冊目)

Frederick Warne & Co

このアイテムの詳細を見る

 【読書期間】 数分
 【ページ数 】 34
 【感   想】 図書館で見たのと、表紙が違うような・・・ でも、まあタイトル一緒なので、きっとこれかな・・と 他のピーターラビットシリーズの紹介というか、What time is it? 8 o'clock Time for bed with Peter Rabbit ・・・と、他のピーターラビットシリーズの一場面が取り上げられていて、その時間にこんなことをしてました・・みたいな紹介がされています。読んだことのある場面がでてくると、お!っとか思っちゃいます。可愛い一冊です。

 

Paddington Goes Shopping(51冊目)

Harperfestival

このアイテムの詳細を見る

 【読書期間】 数分
 【ページ数 】 32
 【感   想】 れもンが読んだのとちょっと表紙が違いますが・・・ Paddingtonが家族とスーパーマーケットにお買い物に行くお話です。一人でお買い物を楽しむPaddington。小さなスーツケースを持ちつつ、両手いっぱいに果物やら瓶詰めを抱えて商品を落としながらあるく姿がたまらなく可愛い スーパーのマネージャーがとてもよい人で、そんなPaddingtonにとっても良くしてくれるのです。すごくホノボノとしてて、暖かいお話でした。
コメント (4)

英語で読もう!(41,42,43冊目)

2006年02月21日 | ☆読書の記録☆
THE LITTLE MERMAID―英語で読もう!リトル・マーメイド

NOVA

このアイテムの詳細を見る
PLUTO AT THE VET’S―英語で読もう!プルート、だいじょうぶ?

NOVA

このアイテムの詳細を見る

英語で読もう!101匹わんちゃんのトラブル

NOVA

このアイテムの詳細を見る

 【読書期間】 数分
 【ページ数 】 32
 【感   想】 シリーズ物だったので、結局全部パラパラっと読んじゃいました!中でも・・プルートの話が一番簡単だったような。でも、現在形で書かれていると、何だかヘンな感じがしますね、やっぱり・・。リトルマーメイドは初めて読みましたが、あんな話になってたんだ・・って 謎が解けました?! 人魚姫の話は子供の頃読んでたけど、あの話は最後に泡になって消えてしまう悲しい結末だったけど、アリエルは、生きてしかも幸せになってるから、一体途中どんな話に?!って思ってたんですねー、なるほど・・!って思いました 

コメント

英語で読もう!おしゃれキャット(40冊目)

2006年02月19日 | ☆読書の記録☆
ARISTOCATS―英語で読もう!おしゃれキャット

NOVA

このアイテムの詳細を見る
【読書期間】 数分
 【ページ数 】 32
 【感   想】 キャラクターは知っていましたがお話を読むのは初めてでした。小さい おこさんが勉強するには、丁度良い分量で読みやすいと思います。単語も簡単なものばかりで、辞書はまったく必要ありません。それに、各ページに重要単語はイラストつきで載ってますので・・。
コメント

英語で読もう!美女と野獣(39冊目)

2006年02月19日 | ☆読書の記録☆
BEAUTY AND THE BEAST―英語で読もう!美女と野獣

NOVA

このアイテムの詳細を見る
  【読書期間】 数分
  【ページ数 】 32
 【感   想】 これまた立ち読み・・・!かなり簡単にまとめられていて、一行くらいで、ベルと野獣は仲良しになってるのには、びっくりでした! 思い切り省略しまくりです。ガストンがそれほど悪人に思えない程に・・苦笑。あと、現在形で書かれてるのが、ちょっと読んでて不思議な感じがしました。
コメント

英語で読もう!ミッキーと豆の木 (38冊目)

2006年02月11日 | ☆読書の記録☆

英語で読もう!ミッキーと豆の木

NOVA

このアイテムの詳細を見る

 【読書期間】 数分
 【ページ数 】 32
 【感   想】 ジャックと豆の木のジャック役がミッキーになってる本です。小学生向けに作られたものなので、かなり簡単です。そのページごとに覚えたい単語と、それを表すイラストが描かれていて枠で囲まれています。トラックも細かくページごとに分けてあるのか、発音の練習をするにはとても便利そうでした。後半には、各ページで紹介されてた単語をまとめて再度紹介してあったり、本の内容確認のようなクイズ(英語)もあります。内容があってるかどうかの○×ですが。スクリプトもついてるし、単なる絵本というよりは、ちゃんとした教材って感じの本でした。絵が可愛いので、ちょっと欲しくなっちゃいました 立ち読みだけで帰ってきちゃいましたが・・・

他にも、リトルマーメイドや美女と野獣、101ぴきワンちゃんなどがありました。

 

コメント

James and the Giant Peach (37冊目)

2006年01月23日 | ☆読書の記録☆
James and the Giant Peach

Puffin

このアイテムの詳細を見る
James and the Giant Peach

Harper Children`s Audio

このアイテムの詳細を見る

【読書期間】 2006年1月18日~1月23日
【ページ数 】 146

【感   想】 相変わらずのDahl節・・。両親を亡くしたJamesが、意地悪なおばさん家に引き取られて・・・半端じゃないイジワルっぷり。酷い言葉を浴びせるおばさん達。でも、他のお話と違って、これは、意地悪なおばさんへの復讐劇ではなく、ひょんなことから手に入れた魔法の水晶・・これでハッピーな人生が約束された・・はずが、桃の木の下でばら撒いてしまう。それが原因(?)で、枯れてたはずの桃の木に実がなって、ありえない大きさにグングン育っていく。桃の実の中に入って行って そこで これまたありえないサイズの虫たちと出会って、なんだかその桃に乗って(?)大冒険が始まってしまうって話。


途中、この話にも 有名なチョコレート工場が出てきます。さらっと流す程度だけれど、読んでて「あっ!」ってすごい発見をしたような気分になりました


分からない単語も沢山あったけれど、読み飛ばしても何ら支障なく 読みやすかったと思います。


「ハートで感じる英文法」に載ってた表現が、ちらっと出てたので、これまた何か発見したような気分で嬉しかったです 

The chopper was a large bulunt thing far too heavy for a small boy to use. 


far too は特に取り上げては無かったのですが、ノバで講師に確認したばっかりのところだったし、これでもか!ってくらい重たいって感じですよね?


to use は、足りない・・を足すってヤツですよね? 小さな男の子にとって重すぎる より、小さな男の子が使うには重すぎるって方がしっくりきます 


Great tears began oozing out of James's eyes and rolling down his cheeks. 


~ing
 が、どんどん涙がにじみ出てきて、ポロポロ頬をつたってる感じが凄くでてるなーなんて思いながら読みました 


本を読んでると、色々発見があって面白いです。


今回は、叔母さん=aunt だけど、○○おばちゃんっていうのは、Auntie Sponge(←これはおばさんの名前)って言うんだ・・とか、「へえ・・」って思いました。でも調べてみたら、小児語らしーので、私はもう使える歳じゃあないですけどね 

コメント