平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

手裏剣戦隊ニンニンジャー 第14話~風花ちゃん、大活躍! ドジっこさん、ここに極まれりですね

2015年05月31日 | コミック・アニメ・特撮
 風花(矢野優花)ちゃんは、常識人だ。

 天晴(西川俊介)とキンジ(多和田秀弥)が〝お命頂戴〟を始めたら、
「今度、家の中で、お命頂戴をやったらご飯抜きだからね!」と、激怒。
 そうそう、普通の人なら怒るよね。
 天晴とキンジは完全に子供。
 おまけに、八雲(松本岳)と霞(山谷花純)は平然と本を読んでるwww
 常識人の風花ちゃんが一番大変です。

 妖怪ヤマビコのオレオレ詐欺にも最終的には引っ掛からなかった。
 天晴がケガさせたことは信じたが、その次に、
「ケガさせた人、(電話に)出して! まずは謝らなきゃ!」と、実にまっとうなリアクション。
 常識人ですね。

 妖怪ヤマビコの声色にもダマされなかった。
 ヤマビコが天晴を装って「風花、助けてくれ」と風花をダマそうとしたが、
「お兄ちゃんが助けてなんていわないもん!」と、ヤマビコの罠を見破った。
 さすが、何だかんだ言って、風花は天晴をよく理解している。
 そして、ドジっこながら、結構頭がいい。

 頭の良さは、土の術で落とし穴をつくった時にも。
 ヤマビコとの戦闘の中、いくつもの落とし穴をつくってしまう風花ちゃん。
 最終的には、自分も落ちてしまう←ドジっこwww
 霞姉はあきれて、
「ドジっこさん、ここに極まれりですね」
 でも、これは作戦だった。
 わざと落とし穴に落ちて、土の中に潜ってヤマビコの足もとまで進み、奪われた忍手裏剣を取り返す作戦だった。
 おおっ、すごいぞ、風花ちゃん!
 これを〝土からポンの術〟と言うらしいが、見事な作戦!

 というわけで、今回は風花ちゃんが大活躍した話でした!
 ヤマビコが巨大化して超音波攻撃をした時もオトモ忍ワンマルの超音波で弾き返したし。

 さて常識人・風花ちゃん。
 普通に平和に暮らしたい彼女にとって戦うことは抵抗があるようだ。
 しかし、ラスト、頼りない兄のためにも戦わなくては、と決意する。
 ニンニンジャーとしての弱さも自覚していて、〝自分は強い。おじいちゃんの孫であり、お兄ちゃんの妹だから〟と言い聞かせる。

 ラスト、風花の気持ちが掘り下げられていて、よかったです。

コメント   トラックバック (5)

国会審議でわかった戦争法案の危険性~内閣の判断でいくらでも派兵できるらしい

2015年05月30日 | 事件・出来事
 さて、安倍首相が進めている戦争法案。
 どんな場合に派兵するかと言えば、こんな基準でするらしい。

「事態の個別具体的な状況に即して総合的に考慮し、客観的合理的に判断する」

 つまり、時の内閣が判断して決める。
 総理大臣が「必要だ」と判断すれば、いくらでも派兵出来る。
 こんな危ない法律はない。
 もし、時の総理大臣が好戦的で頭のおかしいやつだったら、どうなるのか?

 もちろん、派兵に関しては、法律上、国会のチェックを受け、承認を得ることになっている。
 だが、国会が現在のように与党が強ければ強行採決もできるし、国会の事後承認という抜け道もできている。
 そして、派兵が正しかったか否かを検証するするシステムは今のところない。
 仮に検証されても、「イスラム国」日本人殺害事件の検証報告書のように、検証が公正におこなわれるとは限らない。
 政府寄りの検証委員を集め、特定秘密保護法によってまずい情報は隠され、「政府の判断に間違いはなかった」で片づけられる可能性がある。

 共産党の志位委員長の国会質問では、こんなことが明らかになった。

<日本はこれまでアメリカの戦争を批判したことがなかった>

 たとえば、イラク戦争。
 その戦争の理由は、イラクに大量破壊兵器があるから、というものだったが、実際にはなかった。
 つまり、動機の間違っている戦争だった。
 結果、現在の中東は「イスラム国」が台頭するなど、大混乱。
 イラク戦争とは、このようなものだったのに、日本政府はアメリカを批判していない。
 安倍首相などは、「大量破壊兵器がないことを証明出来なかったフセインが悪い」などと、おかしな論理を展開している。
 この人、本当に大丈夫か?

 志位委員長の話に拠れば、ベトナム戦争のきっかけとなったトンキン湾事件はアメリカの謀略だったらしい。
 つまり、アメリカの船がトンキン湾で南ベトナムの砲撃を受けたというのは、まったくのウソで、謀略で戦争が始まった。
 これは、アメリカの公文書ですでに明らかになっているようだから確かだろう。

 アメリカは、このように言いがかりをつけ(=イラク戦争)、謀略を仕掛けて(=ベトナム戦争)、戦争を引き起こすのである。
 そして、日本政府はこれまでアメリカの戦争を批判したことがなかった。
 アメリカの戦争が間違っていたことを問う3つの国連決議でも、日本は「棄権」「反対」という立場で、アメリカに理解を示してきた。

 このようなアメリカとのベタベタな関係で、日本は独自の判断ができるのだろうか?
 アメリカの要請に従って派兵し、間違った戦争に踏み込む可能性は大いにある。
 そして、戦争をした国からは、死と破壊をもたらした憎むべき敵となる。
 安倍首相は〝積極的平和主義〟などと言っているが、これは〝積極的戦争主義〟であり、今まで日本が培ってきた〝平和国家〟というブランドを壊すことに他ならない。

 もちろん、北朝鮮、中国などの危機は無視できない。
 それに対応するために、アメリカなど、他国との協力が必要なこともわかる。
 だとしたら、正々堂々と憲法改正を訴えるべきだ。
 本当に必要だと考えれば、国民は賛成に投票するだろう。
 あるいは、安倍首相があげている事例はいずれも従来の〝個別的自衛権〟の範囲を広げることで対応できるという説もある。
 だとしたら、その方向について、検討すべきだ。
 それに、よく考えれば、武器を使わなくてできる平和貢献は他にいくらでもある。
 日本の平和貢献が感謝されていれば、仮に日本が攻められても世界中が非難の声をあげてくれるだろう。

 現在、審議されている戦争法案。
 これが通れば、戦争は時の内閣の判断・解釈で、自由におこなわれる。
 アメリカの言うことは拒否できないから、何らかの形でアメリカの戦争に参加することは大いにあり、結果、日本は間違った戦争に踏み込む。
 そもそも70年前の戦争だって、軍部の暴走があったが、最終的には好戦的な内閣の判断と決定でおこなわれた。現在においては、アメリカが戦前の軍部にあたる存在かもしれない。

 現在の戦争法案は危険である。
 穴だらけで、まったく歯止めのない法案であるから、好戦的で頭のおかしな総理大臣が登場したら、日本はたちまち戦争に突き進む。

コメント (2)

安倍首相、キレる 「早く質問しろよ!」~辻元議員は日本人のリスクを述べただけなのに……

2015年05月28日 | 事件・出来事
安倍首相やじ「早く質問しろ」=抗議受け陳謝―衆院特別委

 安倍首相の「早く質問しろよ」発言。

 本当にこの人、品格ないね。
 これくらいのことでキレる人間が国の重要な判断を出来るのか?
 自分の答弁の時は、同じことを延々と繰り返し、聞かれてもいないことを長々と話すくせにね。

 質問者の辻本清美議員の発言は次のようなものだった。

 相手に戦闘を仕掛ければ、日本はその国から<敵国>になる。
 結果、日本国内はテロの標的になり、日本人は海外で狙われることになる。

 辻元氏は、この当たり前のリスクを述べただけなのに、安倍首相はキレて「早く質問しろよ」

 おそらく、これ、安倍首相にとっては、触れてほしくないことだったんでしょうね。
<日本はテロの標的になり、日本人が海外で狙われるようになること>
 が国民に明らかになったら、反対論が強くなるから。
 何しろ、これって政府が必死に否定してきた<自衛隊員が戦闘で死ぬ>ことより、まずいことだからね。

 でも、今回の戦争法案のリスクはまさにこれなのだ。
①自衛隊員が戦闘で死ぬ。あるいは他国の人間を殺す。
②日本は敵国になり、テロの標的や海外での日本人の危険が高まる。

 首相はこのことを公にしてほしくないと思っているに違いない。
 この暴言が出た直後、辻元さんは「イスラム国」に殺された後藤さん、湯川さんのことに触れてたしね。
 この法案が通って実行されれば、自衛隊員が死に、第二第三の後藤さん、湯川さんが出て来る。

 今回の議論で、辻元氏は一年前の安倍首相の次のような答弁を引用した。
安倍「起こりうることを絶対にないなどという政治家は無責任だ」
 これは、安倍首相の上げた集団的自衛権の事例について野党が「あり得ない」と批判したことへの反論だが、この言葉はそのまま首相にお返ししたい。

「起こりうることを絶対にないなどという政治家は無責任だ」

 だったら、安倍さん、
 <自衛隊員が戦闘で死ぬこと>や<日本が敵国になり、テロや海外での日本人の危機が高まること>も認めましょうね。
 これらは十分に〝起こりうること〟ですから。
 それが責任のある政治家ですよね、安倍さん?


 
 おっかねえな、この人。辻元さんは人間の命の話をしてたのになぁ。

コメント (2)

まれ~不採用、三角関係、離婚、結婚、ファーストキスの相手登場! トラブルの5連鎖(笑)

2015年05月28日 | ホームドラマ
 ドラマでは、他人のトラブルほど、面白いものはない。
 今週の『まれ』はまさにそれだった。

①希(土屋太鳳)は横浜のケーキ店が不採用。
②希、一子(清水富美加)、圭太(山崎賢人)の三角関係勃発!
③徹(大泉洋)と藍子(常盤貴子)の離婚問題。
④一徹(葉山奨之)とみのり(門脇麦)の結婚問題←みのり、一徹とつき合ってたのか!
 おまけに
⑤希のファーストキスの相手の池畑大輔(柳楽優弥)が横浜からやって来た!

 何とトラブルが5つも一度に!
 ドタバタ、ハラハラ! トラブルの5連鎖!
 何だ~、この展開はーーーっ!
 これが面白くならないわけがない。

 みんなが右往左往している中で、唯一、平常心なのが、文(田中裕子)さん。
「あんたが希のキスの相手け?」
「今までキスをしたことないなんて、19歳がえばって言うことけ?」
 状況を楽しみ、火に油を注ぐように煽っている(笑)

 結婚を反対されたみのりが立てこもったシーンも面白い。
 みのりを部屋の外に出すために、
 徹は「そこ、俺の部屋で、(部屋には入れないから)昨日からパンツ替えてないんですけど」(笑)
 みのりの父・寺岡真人(塚地武雅)は、みのりの愛犬ゴン太を連れてきて、「ゴン太も会いたがってるよ~」と説得(笑)
 文さんは、おせち料理をうちわであおって、食べ物の匂いで、誘い出そうとする(笑)
 一徹は「俺がみんなを説得するから」と話すが、みのりは無視←結婚相手なのにまったく信頼されていない(笑)
 それで、この一連の行動で、みのりが一番、心動かされたのは、愛犬ゴン太だった(笑)

 ドラマでは、他人のトラブルほど、面白いものはない。
 それが5つも重なれば、もう最高!
 登場人物はどんどん困らせ、右往左往させましょう!

コメント   トラックバック (3)

安倍首相、自衛隊員のリスクを認める~さあ、徴兵制が始まる。貧乏人は自衛隊に。

2015年05月27日 | 事件・出来事
 昨日の国会で、安倍首相が自衛隊員のリスクを認めた。
「国民の命と平和な暮らしを守り抜くため、自衛隊員に(リスクを)負ってもらうものだ」(共同通信)

 はい、これで、自衛隊員の方が殺されますね。人を殺しますね。
 安倍首相の〝積極的平和主義〟とやらで。

 国の形を大きく変える問題なのに、安倍はこれをサラリとやろうとしている。
 本来なら、国民投票にかけてもいい問題だ。

 一昨日の自民党の役員会では、こんなことを言ったらしい。
「自衛隊員のリスクが高まるという野党の批判は “木を見て森を見ない議論だ”」
 わかりづらいが、要するに、自衛隊員は〝木〟であり、国益が〝森〟。
「自衛隊員のリスクといった小さなことを問題にして、国益という大事なものを見失ってはいけない」という主張。
 これを突きつめていくと、
「国益のためには国民の多少の犠牲は仕方がない」という思想に至る。

 国家>個人
 これが国家主義者である。
 はい、これで、安倍が国家主義者であることがわかりましたね。
「イスラム国」人質事件での、後藤さん、湯川さん救出の対応でも明かなように、安倍は、人ひとりの命など大したことないと考えている。

 さて、安倍首相が自衛隊員のリスクを認めたことで、今後、自衛隊の志願者は激減するだろう。
 仮に自衛隊員の方が亡くなりでもしたら、もっと減る。

 となると、始まるのが〝徴兵制〟だ。

 といっても、こればかりは国民の反対が多いだろうから表立ってはやらない。
 格差を拡大して、〝貧乏人は軍隊に行け〟という形でやる。
 いわゆる〝経済的徴兵制〟というやつだ。

 昨年の新聞に次のような記事があった。

 

 奨学金返済に苦しむ学生には、自衛隊を体験させようというのだ。
 これにより就職も有利になると誘惑して。
 こうして、少しずつ慣れさせ、若者を軍隊に取り込んでいく。

 もちろん、安倍首相のお仲間の金持ちの師弟はそんなことをしない。
〝貧乏人は軍隊に行け〟
 と、心の中で思っている。

 ひたすら戦争に突き進む安倍首相。
 自分自身や大切な人、子供を戦場に行かせたくなければ、ここで安倍にNOと言っておくべきだと思う。



※追記
 ちなみに現在、日本人の6人にひとりが貧困層(約2000万人)
 生活保護受給者は200万人。

※追記
 アメリカ人が軍隊に入る動機の1位、2位は次のようなものらしい。
 1位~軍隊が大学の学費を出してくれる。
 2位~家族を含めて、軍の医療が受けられる。アメリカでは国民健康保険のような医療保険がない。

コメント (2)

戦争法案・国会審議~安倍政権をあらわす秀逸な4コママンガを発見!

2015年05月26日 | 事件・出来事
 こんな4コママンガがありました。

       


 2コマ目の〝天ぷら仲間〟とはマスコミのこと。
 首相と食事をして、権力批判を忘れている。

 あと、これに書き加えるとしたら、
 記者会見でも、国会審議でも、〝安倍首相は平気でウソをつく〟ってことですかね?
「アメリカの戦争に絶対にまきこまれることはない」なんて、国民の誰が信じるのか?

 本日から始まる『戦争法案』の国会審議。
 世論調査では、国民の60%~70%が長期間にわたる慎重な審議を望んでいるのに、安倍首相は、わずか二ヶ月でこれを通そうとしている。
 理由は、長期間の審議になると、この法案の危なさが国民に知れ渡るから。

 このマンガの4コマ目が実現されようとしている。

コメント (2)

花燃ゆ 第21回「決行の日」~この作品の登場人物は物分かりが良すぎる

2015年05月25日 | 大河ドラマ・時代劇
「志を成し遂げて下さいませ。
 もうあなた様の無事も、お帰りになることも願いません。
 あなたというお人を夫に持ったことを誇りに思います。
 ご武運をお祈りいたします」

 今回は、文(井上真央)が久坂(東出昌大)を身軽にしてあげる話でした。
 この作品の登場人物たちは、毛利敬親(北大路欣也)といい、文の父親や母親といい、みんな物分かりがいいんですよね。

 この後にやっている『天皇の料理番』も妻・俊子が篤蔵を身軽にしてあげる話でしたが、俊子は「食堂の女給はいやだ」と、敢えて悪者になった。
 篤蔵の父も、志に生きる篤蔵を殴り、勘当して切り捨てた。
 ドラマとして、どちらが面白いかと言えば、言うまでもない。

 そもそも文は、久坂の志(=攘夷)に疑問を持っていたのではなかったか?
 ならば、当初、思っていたとおり「攘夷とは何なのか?」を聞くべき。
 そして、納得できればそれでいいし、間違っていると思えば、糾すべき。
 何しろ人の生き死にに関わる話ですしね。←このあたり現代感覚で見ています。

 毛利敬親も物分かりが良い。
「そうせい」
「志ある者の邪魔をしたくない」
 でも、自由にやらせた結果、藩がつぶれてしまったら、藩主としてどう責任をとるのか?

 ともかく、物分かりがいいのはダメである。
 主人公の文は、あらゆることに疑問を持ち、つきつめて考える人物であってほしかった。

 最後は倒幕。
 この言葉が、ついに桂小五郎(東山紀之)などの口から出るようになった。
 高杉晋作(高良健吾)の「征夷大将軍!」や橋を渡ったことは幕府の力が弱まったことの表れだろう。

 その他、
「夷敵を打ち払うことを民も望んでいる」
「物価が高騰している」
「外国との通商で幕府が利益を独占している」
 みたいなせりふが語られていたが、どれも断片的で、当時の社会状況が今ひとつ描かれていない。
 唯一、伝わったのが、先程の〝幕府の力が弱まってきた〟という雰囲気。
 これで歴史を描いていることになるのか?

 人物描写といい、脚本家の力不足は否めない。

コメント (2)   トラックバック (5)

佳子さま脅迫犯人はネトウヨだった~動機は、惨めな現実へのうっぷん晴らし

2015年05月23日 | 事件・出来事
 佳子さま脅迫の犯人はネトウヨだった。

 容疑者はSNSに「行動する保守運動を支持」と自己紹介。
 書き込みには右翼的なもの。
 昼間からブラブラ。

 脅迫の動機は、
「(掲示板を)盛り上げるためにやった。悪ふざけだった」

 論評に価しないが、ネトウヨの思想とはこの程度のものなのだろう。
 要は、満たされない現実へのうっぷん晴らし。
 日本が偉くなれば、自分も偉くなれると思っている。
 差別をして、自分がすこし上になったような気分になっている。
 その愛国心は、ワールドカップでのサッカーの応援と同じ。
 仮に戦争が始まったら、彼らはテレビ画面で戦術を論じるのだろう。
 実際の戦争はサッカーの応援とは違うんだけどね……。

 あるいは、本物の右翼なら、アメリカ追従の売国・安倍晋三に激怒するべきなのにそれをしない。
 要するに〝なんちゃって右翼〟、右翼の気分を味わっているだけ。

 話は少しそれるが、テレビでは〝日本のココがすごい〟という番組ばかり。
 本屋にいけば、〝嫌韓〟〝嫌中〟の本。
 そうしなければ、誇りを持てないほど、日本人は自分に自信がないのか?

 閉塞した未来の見えない社会。
 普通なら、自分たちの上で偉そうにして、富を独占しているおじさんたちに怒りを向けるべきなのにそれをしない。
 低賃金の派遣労働という制度をつくった自民党や経団連に怒るべきなのにそれをしない。

 見事に飼い慣らされてる。
 1%の富裕層にとって、こんな扱いやすい人間はいないだろうな。
 何しろ自分たちを批判するのでなく、積極的に応援してくれているのだから。
 富裕層は「バカなやつ」と笑っているに違いない。


※関連記事
 佳子さま脅迫で逮捕 43歳ネトウヨ男のどうしようもない動機(日刊ゲンダイ)

コメント (4)

「イスラム国」人質事件報告書~報告書が無罪でも、安倍さん、あなたの罪は消えないよ

2015年05月22日 | 事件・出来事
「イスラム国」によって、後藤健二さんと湯川遙菜さんが殺害された事件。
 政府対応を検証する委員会の報告書に拠れば、「救出の可能性を損ねるような誤りがあったとは言えない」のだそうだ。
 つまり、政府の対応は間違っていなかった。

 まあ、政府の出してる報告書ですからね。
 政府の対応は「間違っていなかった」と書くのは当然。
 座長は、常に政府寄りの発言をしている宮家邦彦氏だしね。
 こんな茶番を信じる国民はいない。
 そう言えば、『ひるおび!』(TBS)をはじめ、テレビには最近やたら〝宮家邦彦〟が出ているけど、公正中立に欠けるのではないか?
 総理の食事仲間の田崎史郎氏も出ているし、『ひるおび!』は完全に政府の広報番組。

「イスラム国」人質事件では、フランス、スペイン、トルコなどは人質を助けられたのに、なぜ日本は助けられなかったのか? という視点が必要だ。
 報道に拠れば、テロリストとの交渉は後藤健二さんの奧さんに任せきりで、政府は何もしなかったそうではないか。
 政府がやったのは、外務省の女性職員を後藤さんの妻に付き添わせただけ。
 政府が慌てて対応し出したのは、人質ビデオが公開されてから。
 これだけでも重大な過失だ。

 そして、問題のカイロでの安倍演説。
「イスラム国と戦う周辺各国に総額2億ドル程度の支援を約束します」
 この不用意な演説が「イスラム国」につけ込まれてしまった。

 危機管理能力ゼロで、国益優先の安倍首相。
 これで、「よく国民の生命財産を守る」なんて言えるな。
 安倍晋三氏は素直に認めたらいい。
「国民ひとりの命より国益の方が大事だ。
 国益のためなら多少の犠牲は仕方がない」と。

 さて、今回の政府の報告書。
 報告書が「無罪だ」と断定しても、安倍さん、あなたが〝後藤さんと湯川さんを殺す手助けをした事実〟は消えないよ。
 そして、あなたは今後さらに〝自衛隊員を殺そう〟としている。
 普通の人間なら、間接的にでも自分のせいで人が死んだら罪の意識を感じるものだけど、安倍のような人間は何も感じないんだろうな~。

 
 「イスラム国」を挑発した問題演説。

 
 この時、後藤さん、湯川さんの拘束がわかっていたのに、のんびりゴルフ。

コメント (2)

悲報 安倍首相 「ポツダム宣言」をつまびらかに読んでいなかった! 

2015年05月21日 | 事件・出来事
 昨日の国会党首討論。
 安倍首相は「ポツダム宣言をつまびらかに読んでいない」らしい(笑)
 ったく、安倍晋三という男、ツッコミ所満載で、笑かしてくれるぜ!

『ポツダム宣言』
 これは中学・高校の教科書に載っているらしいが、別に一般国民がつまびらかに読んでいなくても仕方ないと思うんですよ。
 でも、安倍さんはね、この夏に「戦後70年談話」を出そうとしている人でしょう?
 そんな人が、戦後の一番重要な文書を読んでいないとは……。
 これは何かの冗談か?

 この笑劇の事実に対し、ネットではこんな反応。

「いやー自民党の議員さん、こんなものをトップにしてて恥ずかしくないんですね。馬鹿でもトップになれるっていうアレならもう十分なんで、そろそろ他の人に替えてもらえませんか?」

「安倍のいう戦後レジームって、まさにヤルタ会談やポツダム宣言に端を発してるのに、それを知らずして「脱却」とか言ってんのか。『正論』とか『諸君』とか読んで、ネトウヨ諸先輩方の受け売りで言ってるだけなんだろうな」

「こんなやつが首相って国家存立の危機でしょ、それこそ。マスコミ何やってんの? 一緒に沈没したいの?」

「こんなバカ総理の見栄のために子供が戦争に行くことになるかもとか一切許せねぇ」

「誰か安倍にポツダム宣言読んでやれ(笑)」「フリガナないと読めないし(笑)」

「急募:日本国首相 資格:特になし”安倍でも出来る簡単なお仕事です”」

「安倍『ポツダム宣言。いい歌ですよね。精霊流しも好きですよ』」

「そのうち中学校の教科書からポツダム宣言削除されるんじゃね?(震え声)」

「何人の人が今この瞬間安倍に先んじてポツダム宣言を読んだことだろうか(笑)」

 というわけで、ネットでは、『ポツダム宣言』は見事トレンド入り!

 
 安倍首相の「読んでない」発言に閣僚たちは寝たふり。
 石破氏などは「こいつ、やっぱバカだ」と思ってるに違いない。 

 最後はこの方々の正論で締めます。

★翁長沖縄県知事 「国民の自由、平等、人権、民主主義を守れない国がどうして世界の国々と価値観を共有できるのか?」

★志位共産党委員長 「戦争の善悪もわからない人が、アメリカの戦争の善悪がつくわけがない」


※追記
 ポツダム宣言全文はこちら。5分くらいで読めます。
 読んで安倍ちゃんに教えてあげよう!
 ポツダム宣言

 ネットの反応をもっと知りたい方はこちら。
 悲報 安倍首相が国会でポツダム宣言をつまびらかに読んでいないと白状、議場は静まりかえり、閣僚は寝たふり(Togetter)

※追記
 2005年の月刊誌で、安倍氏は『ポツダム宣言』に関して、こう説明しているらしい。

「ポツダム宣言というのは、アメリカが原子爆弾を2発も落として日本に大変な惨状を与えたあと、『どうだ』とばかり叩き付けたものです」

 この程度の認識かいっ!
 ていうか、ポツダム宣言は、原爆投下前に宣言されてるんですけど……。

コメント (4)