平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

しゃわここと、秦佐和子さんのこと。

2011年04月30日 | アイドル
 SKE48の<しゃわこ>こと、秦佐和子さんがいい!

 キャラとしては<超謙虚>。
 「私ごときが」「お耳汚しを」といった言葉が発言の端々に現れる。
 いつもうつむいていて、番組で話を振られるのが苦手。「私などに振らないで下さい!」
 カメラを向けられるのも嫌い。番組の並びでは隠れるように最後列の端。

 この<超謙虚キャラ>、別に演技して作っているわけではなく、すべてが地。
 そして、アイドルに求められることのすべて逆をやっている。
 普通なら、特に大人数のSKEやAKBでは、埋もれないために積極的に自己アピールをするのが普通。
 だが、しゃわこはその逆をやることで存在感を出している。しかも地で!

 そして、しゃわこは奥が深い。
 週刊AKBの学力テストではダントツの一位。
 バイオリンを弾ける。
 かなりのインテリでお嬢様?
 宝塚のファンで、舞台のせりふを全部覚えている。
 普段は小さな声で無口だが、宝塚の話を振られるとイキイキと話し出す。
 おまけにさらに振られると、元気よく宝塚のダンスをする。
 太った人のモノマネが出来る。
 PSPを常に7台持っていて、モンスターハンターのハンターレベルは最高位の6。7台持っているのは、ソフトの抜き差しが面倒だから。
 パイナップルの缶詰が大好きだが、生パイナップルはパイナップルのたんぱく質分解酵素が口の中をゴワゴワにするので食べられない。

 掘り下げていけばいくほど、話を聞けばきくほど、訳がわからなくなってくるのが、しゃわこだ。

 そう言えば、SMAP×SMAPのコント『本当にいたAKBAD』では、草なぎ剛さんが演じるAD草山は、好きなメンバーのひとりとして、秦さんをあげていた。
 ちなみに秦佐和子さんのキャッチフレーズは次の様なもの。
 「あんまり見つめられると照れちゃう。そんなシャイな私の気持ち届いていますか」

 一般の方で、気づいていない方はぜひSKE48の秦佐和子さんに注目を!
 注目されると彼女はますます恐縮してしまうと思いますが。

※追記
 9/9 週間AKBアドリブクイーンコンテストでは、新ユニット・キャンプファイアーのセカンドドラムス・シャミーを熱演。
 静から動、抑圧から解放、このギャップが秦さんの魅力。
 そして今回、他のメンバーも面白いことをしていたのに、おいしい所を全部持って行ってしまった。
 恐るべし、秦佐和子!
 以前にも書きましたが、芸能人に中途半端な器用さはいらない。徹底した不器用さが個性になり、輝かせる。
 秦さんがそのいい例。



コメント

リバウンド~ハチャメチャなドタバタコメディを見たい!

2011年04月28日 | その他ドラマ
 信子(相武紗季)のキャラクターが面白い。
 美味しいスウィーツを食べると頭の中で鐘が鳴る。イマイチだと鐘ひとつ。
 あらゆる食べ物のカロリー計算を瞬時に出来る。
 デブの頃のクセかガニマタで歩く。
 高校の時、ソフトボール部で、鬼編集長・森中蘭(若村麻由美)の投げたホワイトボード消しを片手で受けとめる。
 力持ち。倒れてきた撮影セットを受けとめる。
 一生懸命で暑苦しい。
 携帯の着メロはベートーヴェンの『運命』。
 そして、デブの時と痩せた時の顔の落差。
 ファッション雑誌『EDEN』に勤めているのは、「アグリーベティ」や「プラダを着た悪魔」を意識しているのか?

 物語としては、今井太一(速水もこみち)と共に美味しいスウィーツを作ってお店が大きくなっていく「王様のレストラン」の様な作品かと思いきや、『EDEN』での編集者としての物語もプラスされて膨らみそう。
 また、第1話のラストでは、太った信子を太一が信子だとわからず、バイトの子だと勘違いするエピソードがあったが、こういう一人二役みたいなコメディ要素が絡まってくると、加速度的に面白くなっていくと思う。

 まあ、ともかく信子は忙しい。
 わがまま王子に鬼編集長、ケーキ依存症を警告する医師・神谷(半海一晃)、クールな批評家で同居人の三村瞳(栗山千明)、これからも絡んできそうな元彼・風見研作(勝地涼)……、これらクセのかたまりの様な人物たちに振りまわされそう。
 こんなふうに忙しかったら痩せると思うんですけどね。

 今後の展開はどうなっていくのだろう?
 信子は太ったり痩せたりするのかな?
 痩せた信子を元彼・研作が好きになったりして、ドタバタになるのかな?

 信子が太ったり痩せたりするように、物語も振れ幅の大きい、どうまとめるか予想もつかないようなドタバタコメディになってくれると嬉しい。
 この作品には<ハチャメチャなドタバタコメディ>になる要素があると思う。
 小さくまとめず、大いにリバウンドしてほしいなぁ。


コメント (7)   トラックバック (12)

菅総理、自分の殻に閉じこもらないで!

2011年04月27日 | 事件・出来事
 震災に関する国会中継を見た。
 菅総理は心が閉じていないだろうか?
 自分と自分の仲間以外はすべて敵と見なし、自分が正しいという弁明に終始し、他人の意見を聞き入れない。

★たとえば参議院での舛添要一さんとのやりとり。
 東京電力・福島原発で闘っている方々に対する<ゾウケツ?検査>という健康診断をやった方がいいと提案する舛添さん。
 すると菅総理は「原子力保安院が必要ないと言っているからやらなくていい」と答弁。
 これは正しい判断か?
 僕は違うと思う。
 まず原子力保安院を信用するというのはどうか? 保安院を始めとする政府の原子力スタッフの対応がまずかったから、今回の事態を巻き起こしたのではないか? 政府の原子力スタッフは「これらの事態はすべて<想定外>だから」と言い訳・コメントしている様だが、東京電力・福島原発で闘っている方々が被爆している<想定外>の可能性もあるのだ。
 だったら検査を実施すべき。

★みんなの党の江田憲司さんは「今、復興税と称して消費税をあげるのは日本経済を失速させる愚作だ」と述べた。
 確かに。
 そして江田さんは、特別会計の留保金を復興財源にあてればいいと提案。
 これに対して菅さんは、いろいろマイナス要素をあげて否定的答弁。
 その他にも、これは経済学者の話だが、復興財源として、相続税をなしにする国債の発行や郵政株の売却などのアイデアがあるらしい。しかし菅さんは消費税にこだわっている。

★菅総理、リーダーなら様々な可能性を想定して、先手先手を打って対応して下さい。
 様々な人の意見を聞き、いいアイデアは与野党問わず採用・検討して下さい。
 なのに総理は自分にこだわり、殻の中に閉じこもっている。
 昨年の無策だった尖閣の時と同じだ。
 そして、殻の中に閉じこもっているからメッセージが届かない。「発信力がない」「心がない」と批判される。
 批判する議員の中には、総理の座や政権交代を狙っている者もいるかもしれないが、みんな、イライラしているんです。
 自分の意見が届かないから。総理が自分の殻に閉じこもって他人の意見を聞こうとしないから。間違ったことばかり、あるいは無難なことばかりをしているから。


コメント

江~姫たちの戦国~第15回「猿の正体」

2011年04月26日 | 大河ドラマ・時代劇
★要はゆるいんですよね、この作品。
 江(上野樹里)は信長の姪だから基本的に何でも許されてしまう。
 明確な敵が設定しにくい。まわりはすべて江に好意的な人ばかり。

 ムダも多い。
 今回の「猿の正体」をめぐって、関係者に聞いてまわるシーンって必要だろうか?
 <機転がきく><人を見る目がある><血が嫌い><やさしい><人たらし>……こんなことをせりふで伝えられても。
 これらは具体的な行動で描かれるからこそ伝わってくる。
 これを怠って、単なる<スケベ親父>としてしか描かなかったから、こんな後説になってしまう。

 さて今回の江と秀吉(岸谷五朗)の対面。
 江は「大嘘つきだが、大嘘の中にまことがある」と理解した様だが、僕にはよく理解できなかった。
 秀吉の正体を<いっしょに泣いてくれる共感力>とでも言いたいのだろうか?
 でもね、江の涙の原因を作ったのは秀吉のエゴだし、説得力がない。

★この作品の<ゆるさ>と<ムダの多さ>は冒頭のシーンに集約されている。

 夫と引き離された江に茶々(宮沢りえ)は開口一番、こう言う。
 「髪の形を変えたのじゃな」
 初(水川あさみ)は、江が夫と性交渉がなかったことに対してこう言う。
 「そなたに先を越されたら姉としての面目が立たぬわ」
 実に間が抜けている。
 こういう時は、江のつらい気持ちを慰めるやりとりをまっ先にすべきなのに関係のないことをダラダラと。
 ちなみにこれらのせりふは江をからかったりすることで励まそうとして言っているものではない。茶々はその意図が少しはあったのかもしれないが、初は本音で言っている(と僕は理解した)。

★そして誤魔化し。
 ナレーションで「少しずつ時が経ちました」と振っておいて、いきなり江は「もう後はふり返らぬ。乱世に生まれたおのれの定め」と言い切ってしまう。
 この結論に至るまでの心の動きがドラマなのにそれを描いていない。 

 これは「JIN-仁-」と比べてみるとわかりやすい。
 仁先生は、自分が歴史を変えてしまうことにメチャクチャ悩む。
 そして、最後の最後に「この手をとめてしまったら何も変わらない」という結論を得る。
 決して、結論に至るまでの心の描写を省くことをしない。

 「江」は描くべき所にエネルギーを注がないで、どうでもいい所に注いでいる。
 もちろん、書いていくうちに筆が滑って、どうでもいいことにページを割いてしまうこともあるだろう。
 でも、どうにも滑り過ぎだ。
 佐治一成(平岳大)とのこともこれで終わりの様ですしね。


コメント (2)   トラックバック (6)

JIN-仁- 第2話~咲の一途な思い、ここに極まれり!

2011年04月25日 | 大河ドラマ・時代劇
 この作品には<号泣ポイント>というものがある。

 まず、最初のポイントは放送20分、最初のCM前。
 咲(綾瀬はるか)が自分の着物を質入れして仁友堂のやりくりをしていることを仁(大沢たかお)が知った時。
 入払帳を見て仁はモノローグで語る「ここには俺と咲さんの生活の記録があった」。
 そして、入払帳には咲の字で<着物代……>と書かれている。
 ここで涙!
 何しろ、それまでの仁は「和宮様は故郷に帰れない方。他人の様な気がしない」「野風さんのこともあるし、しっかりしなくては」「これが未来(ミキ)への罪滅ぼし。新しい未来が生まれる可能性だってある」と咲の気持ちなど全く気にかけない発言を連発。
 視聴者は鈍感な仁にヤキモキする。
 そして、「ここには俺と咲さんの生活の記録があった」発言。
 ここで視聴者は「よかった」と涙する。

 それにしても咲さんって健気(けなげ)。
 自分の気持ちを常に殺して表現しない。
 思い余ってぶちまけてしまった時は「昨日は浅はかなことを申し上げました」と詫びる。
 まさに武家の娘。こういう女性って現代にはほとんどいないからすごく新鮮。
 昨日の「江」の初(水川あさみ)なんか、江が生娘であることを知って「よかった。そなたに先を越されたら姉の面目が立たぬわ」ですからね。
 絶対戦国時代の女性はこんなことを言わないし、全く品がない。

 二番目の<号泣ポイント>はラスト。
 咲が天に祈るシーン。
 「出来ることなら(仁先生)にここにいてほしい。もしやこんな私を哀れと思い、この願いをお聞き届け下さったのではとも思いました。なれば、どうかもう一度だけ哀れと思うて願いをお聞き届け下さい。今すぐに先生を未来にお戻し下さいませ。どうか先生をお助け下さいませ」

 咲の一途な思い、ここに極まれり!
 ここで視聴者はジーンと涙する。

 この作品はともかく密度が濃い。
 <号泣ポイント>が2回もあるし、<戦闘ポイント>もある。
 今回の<戦闘ポイント>は、ヒ素を盛られた皇女・和宮(黒川智花)を救うシーン。
 そして、その戦いが終わると次の試練、難問。
 仁と咲が濡れ衣を着せられて、牢屋へ。

 どこかの缶コーヒーのCMではないが、ぜいたくですね、この作品は。
 その他、坂本龍馬(内野聖陽)など歴史上の人物も多数出て来るし。
 まさに豪華な料理です。


コメント (8)   トラックバック (16)

ハリセンボン 近藤春菜さん~登場するだけで番組を熱くする個性

2011年04月24日 | 監督・俳優・歌手・芸人
 登場するだけで番組が活気づく芸人さんがいる。
 ハリセンボンの近藤春菜さんだ。

 彼女が登場すると、共演者はお馴染みのツッ込み。
 「幸楽にいなくていいの?」「角野卓造じゃねーよ!」
 「映画撮らなくていいの?」「マイケル・ムーア監督じゃねーよ!」
 「今日は顔が緑じゃないの?」「シュレックじゃねーよ!」
 「今日は怒ってないの?」「カンニング竹山じゃねーよ!」
 「国会は休みじゃないの?」「亀井静香じゃねーよ!」

 このパターンでどんどん番組が盛り上がる。
 会場が熱くなる。観客が笑いやすくなる。
 バラエティ制作者にとって、こんな重宝な芸人さんはいないだろう。

 それにしても近藤さんのこのパターンのバリエーションはすごい。
 上記に人以外にも、和泉元彌さんの母・節子さんやスーザン・ボイル、野村監督、船場吉兆のささやき女将、宮崎アニメのポニョなど、たくさんある。
 角野卓造さんだけだったら、これほどブレイクはしない。

 近藤さんの場合、あの容姿が大きな武器になっている。
 あの容姿を憂うのではなく(僕は十分に可愛いと思いますが)、活かすことを考えている。
 人間、自分を掘り下げていけば、社会に受け入れられ、魅力的になっていくんですね。

 そう言えば、少し前の「笑っていいとも!」で、草なぎさんにこんなフリをされていた。
 「幸楽にいなくていいの?」「角野卓造じゃねーよ!」
 「映画撮らなくていいの?」「マイケル・ムーア監督じゃねーよ!」
 「今日は顔が緑じゃないの?」「シュレックじゃねーよ!」
 と、いつものパターンでツッ込まれた後に、草なぎさんがこうフリをする。
 「返しが上手いですね」
 すると、近藤さんは困って、「はい……」。
 そして「何て返せばいいんだよ!」。
 こんな変則パターンもバリエーションになった。

 近藤春菜さん、今後もどんどん番組を熱く盛り上げて下さい。

コメント

男性も楽しめるドラマを!~「生まれる。」「マドンナ・ヴェルデ」ほか

2011年04月23日 | その他ドラマ
 「生まれる。」が高齢出産。
 「マドンナ・ヴェルデ」が代理母。
 「名前をなくした女神」がママ友。

 現在のドラマは、女性の抱える問題をテーマにした作品が多い。
 というわけで、これらの問題に悩んでいる女性には申し訳ないのですが、男性の僕にはどうも共感しづらいのです。
 理屈ではわかるんですけどね。

 最近のドラマで描かれる家庭。そこには男性はいない。
 昨日のドラマ「生まれる。」では、夫・新平(三宅裕司)は脳梗塞で亡くなり、第一話でいなくなってしまった。
 「マドンナ・ヴェルデ」では、夫は単身赴任でアメリカにいるらしい。
 「名前をなくした女神」では、レイナ(木村佳乃)の夫は仕事ばかりで不在。侑子(杏)の夫・拓水(つるの剛士)はいい夫で描かれているが、侑子の悩みの本質には関われていない様。
 あるいは、「名前をなくした女神」の拓水も「生まれる。」の新平も、いい夫・いい父親として描かれているが、それ以上ではない。手垢のついた典型的な<いい夫・いい父親像>だ。
 だからすごく退屈。
 男は男でもっといろいろな悩みを抱えて生きているんですけどね。
 それが描かれていないから、「まあいいお父さんだよね」で終わってしまう。
 
 「グッドライフ」は、家庭の中での男性をテーマにした描いた作品だが、どうだろう?
 子供の難病もので、仕事一筋のパパが家庭で奮闘するというよくある父親ドラマにはならない感じだが、何となく展開は読めてしまう。<難病もの><仕事一筋のパパもの>という既視感は否めない。

 というわけで、退屈ですね、今期のドラマは。(前期もそうだったのですが)
 女性中心であるし、どこか既視感がある。

 そして「jin-仁-」が面白いのは、今までに見たことがないドラマだから。
 主人公も真剣に戦い、悩んでいるし。
 高視聴率を獲っているのは面白いからというものもあるが、男性が見ているから。
 男性の視聴率分が加算されているから、きっと20%台になっている。

 というわけで、テレビドラマ製作者の皆さん、男性も楽しめるドラマを作って下さいよ。
 どうも企画が安易すぎます。


※追記
 男性ドラマとしては「官僚たちの夏」「不毛地帯」。
 これが視聴率的にうまくいかなかったのは、男性オンリーで女性を惹きつけるものが少なかったから。
 なので大切なのは男性も女性も楽しめる企画。
 「相棒」「白い巨塔」「ルーキーズ」などは、大いに分析すべき。

※追記
 「グッドライフ」は子供視点で描かれそうなことが期待。
 子供という点では男性も女性も共感できますし。


コメント

江~姫たちの戦国~第14回「離縁せよ」

2011年04月21日 | 大河ドラマ・時代劇
 実は次回が楽しみであったりする。
 サブタイトルは「猿の正体」。
 今まで、ほとんどスケベ親父としてしか描かれて来なかった秀吉(岸谷五朗)がどの様に解釈され描かれるのか?
 今までの秀吉の行動すべてが見事に説明され、視聴者が「なるほど、そういうことだったのか」とうなずいてしまう秀吉像。
 作家の腕の見せ所である。

 さて、今回は置いてけ掘を食った感が否めない。
 江(上野樹里)のいきなりの離縁と養女。
 一体、何があったのか?
 次回にしっかり説明がなされるのだろうが、こういう<謎を提起して終わる>作劇を大河ドラマで初めて見た。
 しかもこの作品が一番大事にしなくてはならない<夫婦のドラマ>において。
 通常の作劇なら、江と佐治一成(平岳大)の夫婦生活がもっと丹念に描かれ、引き裂かれて涙する別れのシーンなどもしっかり描写されるはず。
 一体、どうしてしまったんだろう?
 これも作劇上の何らかの計算があってこうしているんだろうと信じたいが、一方で佐治一成とのことはこのままフェイドアウトしてしまうのではないかとも危惧してしまう。
 そんなことはないですよね? 田渕久美子さん、制作スタッフの皆さん。
 だって、江にとって一成は最初の夫でしょう? 最初の結婚生活でしょう?
 ここを大事に描かなくて何を他に描くのですか?

 ということで、やはり次回が楽しみであったりする。


コメント (2)   トラックバック (2)

格付けし合う男たち~毒舌王VS破天荒

2011年04月20日 | バラエティ・報道
 バラエティの面白さというのは、出演者どうしのキャラクターがぶつかり合うことにある。
 昨日、19日のロンドンハーツ。
 有吉弘行さんと平成ノブシコブシの吉村さんがぶつかった。
 <毒舌VS破天荒>である。

 結果は経験と腹の据わり方で有吉さんの勝ちか?
 吉村さんは「お前の返しは遅いんだよ」「番組出演者で有吉の名前を見たら(プロデューサーに番組から)外すように言う」などと、破天荒ぶりを発揮して攻めるが、有吉さんは軽く受け流す。
 有吉さんの隣に座ってドツくと、逆にドツき返される。
 <破天荒>吉村さんは、実はチキンらしいので、反撃されてひるむ。

 このやりとりが面白い。
 まさにキャラクターどうしがぶつかり合って生まれる新鮮なドラマである。

 ぶつかり合いは他にもあった。
 有吉さんVSアンタッチャブル山崎さん。
 通常は山崎さんのボケ発言を誰かが拾ってツッコむことでギャグが生まれる。
 しかし有吉さんは拾わない。スルーする。
 すると、ザキヤマさんは困ってオロオロする。
 それをロンブー淳さんたちがツッコんで笑いにする。
 こんなこともあった。
 有吉さんVS狩野英孝さん→狩野さんは有吉さんをリスペクトしているらしく、まったくぶつかり合うことなし。
 有吉さんVSスリムクラブ真栄田さん→真栄田さんは有吉さんにビビッっているらしく、まったくぶつかり合うことなし。
 これらを他の出演者たちがツッコんで笑いにする。

 こう考えると、バラエティにおける有吉さんの存在って大きいですね。
 どんなキャラクターの芸人さんにも対応できる。
 芸人さんからのフリをスルーして無視することも出来るし、受けとめて毒舌で返すことも出来る。

 また最近の笑いって高度ですね。
 今までは<ボケ→ツッコミ>の二段階で済んだ。
 しかし、今は<ボケ→ツッコミ→ツッコミ><ボケ→ボケ→ツッコミ>の三段階が要求される。
 サッカーに例えれば、<パス→アシスト→ゴール!>である。

 この点で、有吉さんは司会以外でボールを回せる(ゲームを作れる)名プレイヤーなのである。


コメント

JIN-仁- 第1話~神は乗り越えられる試練しか与えない

2011年04月18日 | 大河ドラマ・時代劇
 震災以来、テレビドラマは無力なのだろうか、と考えていた。
 被災者の方に力を与えてくれるドラマ。そんな作品がほとんどない。
 でも、「JIN-仁-」は違っていた。力強いメッセージを伝えていた。

 たとえば、クライマックスの少年・喜市(伊澤柾樹)のせりふ。

★「生きていれば笑える日がきっと来る。神様は乗り越えられる試練しか与えない」

 望みを失い、死ぬことだけを考えていた栄(麻生祐未)に向けられたものだが、このせりふ、今苦しんでいるすべての人の心に染み込んでくる言葉であろう。

 仁(大沢たかお)もラストでこんなことを言った。

★「神の意思はわからないが、手をとめてしまったら何も変わらない」

 これも立ち上がろうとする人にとって、力を与えてくれる言葉だ。
 手をとめず、小さな一歩でもともかく前進しようとすること。
 そうすることによって世界は変わっていく。
 仁にとっては京都でペニシリンが足りず、たくさんの人を見送ることしか出来ず、自分の無力を感じていた時でしたからね、こう言って立ち上がった仁先生の言葉には説得力がある。

 そして、これがドラマの力である。
 「生きていれば笑える日がきっと来る。神様は乗り越えられる試練しか与えない」
 「神の意思はわからないが、手をとめてしまったら何も変わらない」
 これ単体で発せられたメッセージだったら、「何言ってるの? 私達の苦労なんて何も知らないくせに」と思われて、心に入って来ないかもしれない。
 しかし、ドラマという形で、喜市や仁の苦悩や困難との戦いを通して見れば、心に染み込んでくる。

★最後にこの二時間の放送で、仁にどれだけの困難が襲って来たかを列挙しておきます。

 <脚気との戦い><脚気の薬・道名津を作る奮闘><母・栄に道名津をいかに食べさせるか><母・栄は道名津が咲が作ったものであることに気づいていて食べようとしない><歴史を変えていいのかという悩み><乾燥ペニシリンを作る奮闘><船旅の困難><長州兵に捕らわれそうになる><火事の中での手術><山の様な患者の数><ペニシリンが足りない><新選組がやって来る><手術を拒否する西郷><腹を切ると聞いて気色ばむ薩摩兵><長州兵が西郷を殺しにやって来る>……。

 実にこれだけの困難を主人公・仁に課している。
 この密度!
 京都でのシーンでは盛り込み過ぎの感じもあるが、この密度を大河ドラマ「江」と比べてみるといい。
 「江」は何と内容がなく薄っぺらなことか。
 仁は苦しみ戦っているが、江はほとんど苦しんでいないし戦っていない。
 仁の戦い方を視聴者は予想できないが、江の戦い方は予想がつく。
 そして仁が必死に戦っているからこそ、周囲の人間が助けてくれる。
 ここにドラマが生まれる。
 ドラマのクォリティとはこれである。

※追記
 母・栄(麻生祐未)も立派。
 栄は咲(綾瀬はるか)に言う。
 「あなたはいくさの様な道を行くと決めたのでしょう。家に泥を塗ってもこの道を行くと決めたのならば勝ちなさい。橘の家のためにも道を開きなさい。母はここで見ております。くじけることを許しません。楽しみにしていますよ、咲」

 どうしても「江」と比べてしまうのですが、市が江に言ったせりふは「自分の信じた道を行きなさい」。
 今回、栄が咲に言ったのと同じ内容。
 でも、これだけせりふのクォリティが違う。

 お菓子の食べ方も。
 麻生祐未さん、本当に美味しそうに食べていた。


コメント (6)   トラックバック (14)