平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

真田丸 第8回「調略」~おぬし、わしのようになりたいと申しておったな。わしのようにはなるな

2016年02月29日 | 大河ドラマ・時代劇
 上杉、北条を手のひらの上で転がした昌幸(草刈正雄)。
 結果、北条は徳川と戦い、上杉は去り、信濃は空っぽに。
 計略が上手くいった瞬間だ。
 しかも、昌幸はこれで兵をひとりも失っていない。
 大成功と言えるだろう。

 しかし、光あるところには陰がある。
 この計略は、春日信達(前川泰之)の犠牲の上に成り立っていた。
 春日の裏切りには、もちろん一城の主になりたいという出世欲もあっただろう。
 だが一方で〝武田家の家臣〟でありたいという思いもあった。
 海津城の城主となることで、〝武田家の家臣〟であった、かつての自分を少し取り戻せる。
 そんな純粋な思いがあったに違いない。
 情緒もそれを後押しする。
 たとえば、こんなせりふ。
「香坂弾正と真田安房守の子が上杉の城で花を眺めておる。世の流れとは不思議なものだな」

 しかし、<純粋さ>とか<情緒>は利用されるのだ。
 叔父の真田信伊(栗原英雄)は、
「人は理屈で固められるとむしろ心を閉ざす」
 と語ったが、人は<理屈>よりは<情緒>で動く。
 あるいは、<純粋さ>は今回のようにつけ込まれ、理屈を霧散させ、悪意ある者によって利用される。

 <純粋さ>という点では、信繁(堺雅人)もそうだ。
 信繁は純粋に、春日信達が海津城の城主になれたことを喜んでいた。
 一方、春日信達は、信繁が純粋であったため彼を信じた。
 純粋な者どうしの共感だ。
 おそらく信繁が腹に一物を持っていたら、春日は調略に乗らなかっただろう。
 昌幸が信繁を派遣した理由はここにある。

 上杉景勝(遠藤憲一)も<純粋>な人ですよね。
「わしは春日信達を買っておった。上杉を支えてくれる男だと思っておった。
 越後では家臣が謀反を起こした。つくづく人の心は分からぬものだな」
 上杉家の理想であった<義>は完全に廃れてしまった。
 人の心は必ずしも美しくないことを知り、自分の信じていたものがガラガラと崩れ去ってしまった。
 だから景勝は哀しい。

 さて信繁。
 まだまだ<純粋>な彼は、今回のことをどう整理し、結論づけるのか?
「源次郎、おぬし、わしのようになりたいと、いつぞや申しておったな。
 これだけは言っておく。わしのようにはなるな」
 後に信繁は滅びゆく豊臣家に殉ずるわけだが、最後まで純粋さを残していくのかもしれない。

コメント (2)   トラックバック (11)

安倍ちゃん、どんだけ自分が好きなんだ?www~安倍首相、政府の海外向け広報誌に6ページのグラビア!

2016年02月27日 | 洋画
 もう、恥ずかしいからやめてくれ~~!
 われらが安倍ちゃんが、全世界に〝自分の素晴らしさを語る〟海外向け広報誌を発信!

 その名は、〝We Are Tomodachi〟
 webマガジンの形式だが、その内容は、安倍、安倍、安倍!
 30ページの中に安倍ちゃんのグラビアが6ページにわたって掲載され、その他のページも安倍ちゃんが随所に!

 安倍ちゃん、どんだけ自分が好きなんだ?www

 まあ、そのグラビアの一部を見て下さい。

 
 ※おおっ、国際会議で発言する安倍ちゃん、カッコいい!
  中国とも韓国とも仲良しですアピール!
  以下は、こんなに友達がいますのオンパレード!

 

 

 

 

 といった感じで、他にもこんな写真がいっぱい掲載されてるんですけど、紹介できないのが残念!

 このwebマガジンの趣旨としては、
『安倍内閣総理大臣のメッセージやアベノミクスなどの主要施策に加え、日本の文化や観光、科学技術など、様々なトピックスを伝える政府発行の外国語による広報誌』
 とのことだが、それだったら、京都とか和食とか、他に紹介するものがあるだろうに。
 なぜ安倍ちゃんの自画自賛グラビア?

 これに何の恥ずかしさを感じない所もすごいね。
 いい大人だったら、「やめてくれ~~!」って言い出すはず。
 プーチンやメルケルやキャメロンやオランドなど、世界の首脳なら絶対にしない。
 この中に本当の友達って、どれくらいいるんだろう。
 それに、このwebマガジンを読んで、「安倍首相ってすごいなぁ」って思う人はほとんどいないよね。

 あと、忘れてはならないのが、このwebマガジンが、国民の税金でつくられていること。
 これが首相の自費でつくられているのなら、イタいおじさんだなぁ、と思うくらいで批判はしないよ。
 でも、税金。

〝自分大好き、安倍ちゃん〟のやりたい放題は続く!


※参照記事
 【悲報】政府と電通が税金で安倍総理グラビア集「We Are Tomodachi」作成、世界にばら撒くも相手にされず(BUZZAP)

コメント

新国立競技場のイスを木製に~費用は数10億! 自民党はこの麻痺した金銭感覚を改めよ! 

2016年02月26日 | 事件・出来事
新国立、追加費用数十億円か 自民「客席いすは木製に」

 自民党は、この国の1000兆以上の借金をどう考えているのだろうか?
 新国立競技場のイスを木製にするんだと!
 その費用は数十億円!
 木製にする理由は、その方が日本らしいから(笑)

 こんなふうにして、日本の借金は1000兆円になっていったんだろうなぁ。
「10億円くらいいいじゃないか」
「こんな所でケチって、どうするんだ?」
 これが積もり積もって、1000兆円になった。

 そもそも現在の新国立競技場の建設費は1490億円で、破格の金額なのだ。
 北京やロンドンオリンピックのスタジアムは500億~700億で造っている。
 これを考えれば、ムダをなくして建設費を削っていこうとするのが普通の感覚。
 オリンピックなんて、パラリンピックを含めて、たかだか1ヶ月のイベントなんだし。
 それに、これから造られる新国立競技場は屋根がないから、雨や風にさらされる。
 木のイスなら、雨風による劣化は他の素材より大きい。
 維持管理費、修繕費も膨らむだろう。

 自民党の金銭感覚は麻痺している。
 まあ、甘利大臣の〝口利き疑惑〟を見ればわかるとおり、交渉で<20億>なんて金額が簡単に出て来る世界だから、こうなるのも当たり前か。
 10億なんてカネは何でもないと思っている。

 参照した新聞記事に拠れば、この件について、全国の林業関係者から問い合わせが来ているらしい。
 なるほど、これで<献金>をもらおうって魂胆か。
 <選挙>で応援してもらおうって腹か。
 あるいは、林業関係者からの要望を受けての<口利き>?

 もう、いい加減、この感覚は捨てた方がいい。
 何しろ国の借金は1000兆以上なのだから。
 まずは、ダダ漏れの水道の蛇口を閉めなくちゃ。
 蛇口を閉めずに、消費税など、国民から取ることばかりに一生懸命になっている。

 1000兆の借金といい、原発といい、すべてつくってきたのは自民党である。
 利権、カネ、利権、カネの繰り返し。
 もう、こうした自民党政治にはうんざりだ。

 最近、アベノミクスとやらに陰りが出て来ているが、
 この自民党と利権にたかる連中の体質を改めない限り、この国は衰退していくだろう。

コメント

相棒14 「物理学者と猫」~面白い! 今回、視聴者はパラレルワールドを疑似体験した!

2016年02月25日 | 推理・サスペンスドラマ
 SF的手法ですね。
 ここで描かれた現実は、

①山嵜麻美(林田麻里)が成田知子(大沼百合子)を殺して、復讐のために堀井亮(正名僕蔵)が麻美を殺した。
②成田裕二(中丸新将)が妻の知子を殺し、研究を自分のものにしようとした麻美も殺し、復讐のために堀井が成田裕二を殺した。
③成田裕二と麻美が共謀して成田知子を殺したと勘違いした堀井が、復讐のために麻美を殺し、成田を殺そうとしたが、成田の告白で知子の死が事故死だったことを知り、成田の逆襲を受けて堀井が刺された。    ←ここまで来ると訳がわかんなくなってくる(笑)
④知子は自殺で、自殺の原因には堀井の計算式の間違いが関係していた。

 SFでは、これをパラレルワールドと言う。
 いくつもの現実が平行して進行していて、人はそれらを行き来しているって世界観。
 われわれ視聴者は、今回、パラレルワールドを疑似体験したのだ。
 そして、最終的に戻って来たのが、④の世界。

 僕はSF感性があまりないんですけど、このパラレルワールドの世界観で生きてみるのも面白いかもしれません。
 たとえば、夕日で真っ赤に染まった夕方の商店街を歩いていて、あれっ? 自分は別の世界に来てしまったんじゃないか、って感じる感性。
 今まで親しかった人が、急に雰囲気が違って、別人のように見えたら、自分は別の世界に来ているんじゃないか、って思える感性。
 これって結構、贅沢な生き方のような気がします。

 テーマとしては<人間の生きることの不確実性>ですかね。
 堀井には、<殺人者として逮捕される人生>も<反撃にあって刺される人生>も<研究者として生きていく人生>もあった。
 だから人生の分岐点においては、よくよく熟考して進まなくてはならない。
 知子の死が、<殺人>なのか<事故死>なのか<自殺>なのかを見極めることで、その後の運命が違ってしまう。
 一瞬の判断や認識の違いが、人を天国にも地獄にも導く。
 〝偶然〟も左右する。
 今回も黒猫がドアから出て右京さんたちに気づかれたかどうかで、堀井の運命がわかれた。
 人が生きるということは、こんなふうに不安定なのだ。

 実験作でしたね。
 ラストの黒猫のオチもよかった。
 パラレルワールドについては、今後、意識して暮らしていこうっと。
 もしかしたら僕たちは気づかないうちに、いろいろな世界を行き来しているのかもしれません。

コメント   トラックバック (11)

野党共闘~がんばれ野党! 今回、安倍自民党を勝たせたら、あいつらはますます暴走する

2016年02月24日 | 事件・出来事
 やっと野党が動き出してきた。
 民主党と維新の党が合流。
 共産党は一人区で候補者を出さない野党共闘。

 よし、がんばれ!
 まずは参議院での自民党の過半数割れだ。
 今回、安倍自民党を勝たせたら、あいつらはますます暴走する。やりたい放題になる。

 そもそも自民党の政治とは何かというと、大企業、金持ちのための政治だ。
 アベノミクスとやらで大企業や株を大量に持っている富裕層は潤ったかもしれないが、中小企業や庶民は生活が苦しくなるばかり。
 給料がたいして上がらないで、円安のせいで、さまざまな物価が上がるんじゃ、そうなるよな。
 安倍ちゃんは「企業収益は最高になった」とか自画自賛するが、それが庶民にまわってくることはない。
 トリクルダウンは起こらず、大企業は内部留保を溜めて、ますます肥え太る。

 株価も、頼りないものであることがわかってきた。
 要するに外国人投資家が引き揚げれば、簡単に下がるのだ。
 おまけに、これにわれわれの年金や郵便貯金を注ぎ込んでいるから、もし外国人投資家の売りが始まったら、年金や郵貯をそのまま彼らに持っていかれることになる。
 おいおい、安倍ちゃんは国民でなく、外国人投資家のために政治をしているのか?
 ちなみに昨年末2000円だった日本郵政の株は1400円に!
 ヤバい、ヤバいよ。

 政治とカネも相変わらずだ。
 甘利明の件は明らかに〝口利き〟だろう?
 おまけに甘利サン、秘書の件も「いずれ説明する」と言いながら、ほぼ一ヶ月が経とうとしているのにまったく説明なし。
 睡眠障害で入院だって……!

 高市早苗総務大臣のテレビ局への電波停止発言もひどい。
 今まで<倫理規定>であったものを<法的規定>に、今まで<テレビ局全体の番組>を見て判断するものだったのを<ひとつの番組>でも電波停止が出来るように法解釈を変えてしまった。
 一昨年の集団的自衛権容認でもそうだったが、自分たちに都合のいいように法解釈を変えることは安倍内閣の常套手段。
 本当に姑息だ。
 そして、怖ろしい。
 こうやって言論統制が始まっていくんだろうな。
 今でもかなりそうだが、いずれテレビ局は<政府に好意的な報道>しかしなくなる。
 何しろ政府批判をすれば、電波停止になるのだから。
 本当に怖ろしい。

 というわけで野党がんばれ!
 安倍政治の暴走を止めろ!
 昨夜の報ステで、朝日新聞の立野純二さんが語っていたが、野党が訴えるべき安倍自民党との違いはこうだ。

①専守防衛……戦争法案の廃止。
       アメリカといっしょになって他国で戦争する必要などない。
       アメリカは中東で憎悪の対象になっていたが、今まで日本はそうでなかった。
       人殺しの道具である武器を売って儲けるなど、卑しいこと。
②脱原発 ……3・11を忘れない。
       原発は廃炉などを含めると、決して安価なエネルギーではない。
       核のゴミを将来世代に押しつけてはいけない。
       自民党は電力会社や原子力ムラのために政治をしている。
③分配  ……大企業や富裕層のための政治ではなく、中小企業や庶民のための政治。
       もはや安倍晋三の言うトリクルダウンは起こらない。

 ともかく暴走する安倍政治を止めなくてはならない。
 安倍自民党には、個人の自由や人権を制約する〝国家主義〟の匂いがする。

コメント

真田丸 第7回「奪回」~思うようにいかぬのがこの世、望みを捨てなかった者のみに道は開ける

2016年02月22日 | 大河ドラマ・時代劇
 祖母・とり(草笛光子)の奪還作戦。
 信繁(堺雅人)はいつもいい所までいくのだが、どうも最後の詰めが甘い。
 結局、失敗して元の木阿弥。

 まだ未熟なんですね。
 才知のひらめきはあるのだが、本物になっていない。
 もっとも父・昌幸(草刈正雄)のように、海千山千のなれというのも無理な話。
 このことについて、昌幸は言う。
「失敗続きじゃな。
 お前がなぜしくじるか分かるか?
 己の勘に頼り過ぎるからじゃ。
 わしも勘だけで生きておる。
 だが、わしの勘は場数を踏んで手に入れた勘じゃ。
 それでもたまには間違える」

 <場数を踏んで>
 そう、信繁には場数が足りないのだ。
 だから、昌幸はいろいろとミッションを与え、信繁に場数を踏ませようとしている。
 今度の上杉家の春日信達の調略もそう。
 失敗して学んで、人は大きく強くなっていく。
 策略もリアリティのあるしっかりしたものになる。

 失敗についての昌幸の言葉も興味深い。
「源三郎は間違いは少ないが、くそ真面目で面白くない。
 お前は過ちを犯すが面白い。
 面白くなくては人は動かん」

 喜劇を書いてきた三谷幸喜さんらしい言葉ですね。
 喜劇の登場人物たちは皆、一生懸命で失敗ばかりしている。
 そんな人物たちを三谷さんは愛している。

 おばばさま(草笛光子)の言葉も深い。
「思うようにいかぬのがこの世」

 明解で単純なことなんですけど、人はなかなかこれを認めることができない。
 他人はそうかもしれないけど、自分だけはうまく行くと思っている。
 若い時は特にそうだ。
 思うようにいかないことで悲観して自殺したり、社会に恨みをもって自暴自棄な犯罪に走ったりする。
 でも、「思うようにいかぬのがこの世」と認識できた時、人は少し楽に生きられる。
 昌幸のように、思うようにいかないことを「たまには間違える」と言って、楽しめるようになる。

 おばばさまは、さらに続ける。
「大事なのは思うようにいかぬ時、いかに振る舞うか。
 源次郎、諦めてはなりませぬ。
 望みを捨てなかった者のみに道は開ける」

 これもまた三谷さんが、映画『マジックアワー』やドラマ『古畑任三郎』の津川雅彦回で言ってきたこと。
 今回は三谷幸喜さんのメッセージが詰まった内容でした。
 信繁はこうやって少しずつ成長していくのでしょうね。

 人間の描き方も上手いですね。
 滝川一益(段田安則)は人を簡単に信じてしまういい人。
 沼田城と岩櫃城も返すといい、またいっしょに酒を飲もうと昌幸に言う。
 視聴者は、こういう人だから清洲会議に間に合わなかったんだよな、と納得できる。
 だが一方で、信濃を通るために人質を木曽義昌(石井愃一)に渡すようなドライさや知恵も持っている。
 人物描写は一面的ではつまらないんですよね。
 善と悪、軟と硬、さまざな面を描くことで、人物に幅が出てリアリティが生まれてくる。

 木曽義昌も二面性。
 とんでもなく粗野で乱暴な男&おばばさまに頭が上がらない子供のような人。
 このギャップがいいんですよね。
 おばばさまに頭が上がらないことが<信繁解放>にも繋がった。
 なるほど、こういう物語の進行のさせ方もあるのか。

 きり(長澤まさみ)は、ウザい困ったちゃん。
「この子、うるさい!」
 と、おばばさまにも言われてしまった(笑)
 でも、このうるさくて鬱陶しいことが<きり解放>に繋がった。
 すごい伏線の張り方だなぁ。
 きりに関しては、作品全体を通した仕掛けが施されているように思える。
 すなわち前半は<鬱陶しい嫌な子>と描いておいて、後半で<とんでもなく魅力的な子>として描くギャップ萌えの仕掛け。

 最後は地図。
 この作品、地図の使い方が上手いですね。
 これで、真田家を取り巻く勢力関係がよくわかる。
 沼田城、岩櫃城、小諸城、福島城など地味~な城にもスポットライトがあたっている。
 この地図の製作はシブサワコウさんらしいが、ゲーム『信長の野望』を真田家でプレイしているかのような錯覚を受ける。

コメント (2)   トラックバック (11)

欅坂46~織田奈那はともかく面白いらしい! メンバーにも好かれているようだ!

2016年02月21日 | アイドル
 欅坂46の織田奈那。
 番組での家族アンケートで、家族が彼女につけたキャッチフレーズは<お笑いアイドル>!!

 

 家族まで<お笑い>だと思ってるのか……(笑)
 本人は小池美波のような可愛い妹系アイドルを目指してたのに……。←何かのインタビューでそう言ってた。

 メンバーの間でも、その面白さは評判らしい。
 以下は、メンバーのブログより抜粋。

『愛佳と美波とオダナナと私の4人で、バレーボールしました。
 オダナナが奇声をあげながらボールを取っていて、3人で笑っていました。
 ほんとにほんとにほんとに!!!
 面白かったんです。
 楽しかった〜\( ¨̮ )/』 渡邊理佐

『オダナナのハンカチがいい匂い過ぎて、ずっと嗅いでいました\( ¨̮ )/
 いい匂いで笑いが止まらなかった
 面白いな〜〜』 渡邊理佐

『あかねんに華もちをもらいました \( ¨̮ )/
 オダナナの部屋でまなかとなーこちゃんとたべています
 オダナナってほんとにおもしろい!天才!
 笑いすぎて笑い疲れました。
 たのしい〜 \( ˆoˆ )/』 渡辺梨加

『「欅って、書けない?」
 関東圏の皆さんですが、
 見ていただけましたか\( •̀ω•́ )/♡
 やはりオダナーナ(織田奈那)は
 面白いですね』 齋藤冬優花

『オダナナはほんとに綺麗な顔立ちしてる!!
 目がくっきりしてて鼻が高くて!!
 今日も志田ちゃんにイジられてて面白かったです…(ˊᵕˋ)♡』 石森虹花

『オダナナは安定のオネエ(笑)
 おもろすぎる(*´艸`)
 収録後ブームになりました。
 「やだ〜も〜やだ〜」
 を使う子が急増(°口°๑)
 オダナナが増えてる(・д・。)』 米谷奈々未

『おだなな\(^o^)/
 いつもハイテンションです。
 落ち込んでる時とか
 声聞くとすごく励まされる……(笑)
 最終審査の時、同じグループで
 この子絶対受かりそうだなって確信していたのが
 おだななでした。
 あの頃からやっぱり面白かった!』 尾関梨香

『面白いといえば…
 おだなな〜
 おもしろいし、美人だし、優しいし、もう大好きぃ〜〜』 平手友梨奈

 オダナナの面白さって何なんでしょうね。
 本人は決して面白いことを言ったり、やったりしているつもりはないのですが、その言動から面白さが滲み出てくる。
 ツッコミ所満載で、みんながイジりたくなるって感じかなぁ。
 オダナナといっしょにいると癒されたり励まされたりするらしいし、メンバー間のいい潤滑油になっているのかもしれない。

 冠番組の『欅って、書けない?』でも画面に映れば、コンスタントにヒットを打ってるよなぁ。
 富士急ハイランドのロケの時とかは、大ホームランを打っていたし。

 テレビはタレントの人間性を映し出す。
 面白くて、みんなから好かれる織田奈那は、まずはそれだけで十分な才能。
 これから、どのようなタレントになっていくのか、楽しみです。

 他のメンバーも最近、自分を語り出して個性を発揮しつつあるし、今、欅坂46を追いかけることは実に面白い。


 冠番組『欅って、書けない?』は日曜夜0:35~テレビ東京にて放送中!
 本日は、織田奈那の爆笑間違いなしのモノマネが見られるらしい。

コメント

ニーチェ先生の松井玲奈が面白くてすごい!~その片鱗は、マジカルラジオやゲキカラですでに!

2016年02月20日 | 監督・俳優・歌手・芸人
 ドラマ『ニーチェ先生』(日テレ・土曜深夜)の松井玲奈さんがすごい!
 松井さんが演じるのは、コンビニでバイトする主人公・仁井君(間宮祥太朗)に恋する女の子・塩山楓。
 エキセントリックでイタい女の子だ。

 第1話では、
 仁井君に一目惚れして、
「一目惚れというものが存在するなんて……! 一瞬で好きになってしまったのよ、仁井君!
 好きと言ってしまおうか?
 いや、ダメよ。初対面で、まだ5分も経っていないのに『好き』と言ったら、誰にでもそんなこと言ってるんだな、この女と軽い女と思われてしまう」(笑)

 このせりふ、楓は心の中で叫んでいるつもりなのだが、どーいうわけか声に出してしまっているから、さあ、大変。仁井君や幼なじみの松駒君(浦井健治)にこの心の叫びが全部、聞かれている。
 だから、このやりとり。
楓 「冷静になって。このルックスだったら絶対に彼女がいるに決まっている!」
仁井「いませんよ」
楓 「どうして私の考えていることが!?
   うわーーーっ! どストライクな上にエスパーだったなんて!」ww
松駒「楓~、気づけ~、心の声が完全に音声として発せられてることを」www

 第2話では、泥酔して迷惑をかけた仁井君に謝る楓。
 泥酔した自分を仁井君がお姫様だっこで運んでくれたことを知って、
楓 「お姫様だっこですか!?
   わたしはお姫様ですか!?
   仁井君は王子様ですか!?」
仁井「よろしければお名前を教えていただけますか?」
楓 「えーーーっ!? 婚約届けですか!?
   もしかして、そこに婚約届けが用意されてるんですか!?
   急展開! ものすごい急展開!
   しかし、受けとめます、わたし!
   シンデレラだってそうだった!
   靴のサイズが合って、ソッコー結婚だもの。
   白雪姫もキスしてソッコーだもの!
   あざーーす!
   塩山楓と申します」
  そして、オチ。
  仁井君が名前を聞いたのは、介抱した時に飲ませたミネラルウォーターの請求書のあて名を書くためだったwww

 第3話では、実家あての宅急便をひんぱんに出しに行く楓。
 その理由を松駒君に問われて、
楓 「宅急便をたくさん出せば、顔を覚えてもらえるし、レジを挟んで、ふたりで過ごす時間が増えるでしょう?
   しかも、とんでもない特典がつくの!
   お客様控えという形で、直筆サインが合法的にもらえるの!
   しかも、しかも!
   いやだー、これ恥ずかしいから言えないーーーっ!」
松駒「すでに十分に恥ずかしいけど」
楓 「おかしな女だと思わないでね?」
松駒「すでに十分におかしいけど」
楓 「恥ずかしいな。
   だって伝票にわたしの住所と実家の住所が書いてあるんだよ!
   ふしだらなんて思わないでね?
   おいおい、暗に家に誘ってるじゃないか、って思わないでね?
   ただ、思ってるの。
   いつか仁井君がわたしの住所に訪ねて来て、静かにわたしのベッドに入ってこないかな~って」
松駒「ふしだらだね」
楓 「そのために玄関も常に開けてあるの」
松駒「戸締まりはしようね」
楓 「それに実家の住所を書いてあることで、仁井君がわたしの知らないうちに、わたしの実家を訪ねるのよ。
   そして、『楓さんを下さい』って、わたしにサプライズで親の許可取りが可能になるの!
   サプライズ! サプライズ! サプライズ~~~!」wwww

 と、こんな感じ。
 いやぁ、松井玲奈さん、よくやるなぁ。
 もっとも、玲奈さんは、もともとこういう芸風なんですけどね。
『SKE48のマジカルラジオ』のひとり芝居。
『マジすか学園』のゲキカラ。
 マジカルラジオでは、世界に入り込んでの長ぜりふだったし、マジすかではエキセントリックだった。
 つまり、『ニーチェ先生』の楓は松井玲奈さんの得意技であり、集大成だと言える。

 それと、この<エキセントリックなコメディエンヌ>の立ち位置は、今のところ松井玲奈しかいない。
 女芸人さんがやればコントになってしまうし、女優さんがやれば女優演技になってしまう。
 松井玲奈さんは芸人と女優の中間を演じられるタレントなのだ。

 それにしても、いい立ち位置を見つけましたね。
 AKB卒業生の中で生き残っていくのは、案外、松井玲奈さんかもしれない。
 前田敦子さんや大島優子さんも女優をやってるけど、同じくらいの演技ができる女優はたくさんいるからなぁ。

 この作品の監督・脚本は福田雄一さん。
 福田さんは、見事に松井玲奈の魅力を引き出しました。
 原石を見つけ出し、ダイヤモンドに磨き上げる作業をしてくれています。
 こういう演出家は素晴らしいですね。


 動画はこちら
 松井玲奈 妄想劇場 part1(youtube)
    〃      part2(youtube)
    〃      part3(youtube)

コメント

まずい、桜井日奈子さんが見つかってしまった!~ムカついて可愛い『いい部屋ネット』のCM!

2016年02月19日 | 監督・俳優・歌手・芸人
 頭に残るCMってありますよね。
 たとえば、『いい部屋ネット』CM!

 5人の女の子が踊りながら、
♪いい~部屋ネット、いい~部屋ネット♪ って歌うやつ。

 調べてみると、ネットでも話題になってた!
「ムカつくけど、可愛い!」
「病みつきになる!」
「踊りが変でムカツク!」

 そうそう、これら言葉が一番的確!
 センターで歌ってる桜井日奈子さんがやたら「ムカつくけど、可愛くて、病みつきになるのだ」のだ!

 CMには、夏編、秋編、オーロラ編など、いくつかパターンがあるようだが、ラストの桜井さんの〝ムカつく変顔〟がともかくいい。
 夏編では、♪お隣さ~んは、超イケメン!♪ ←ムカつく~~!
 秋編では、♪わがままついでにオートロック♪ ←ムカつく~~!
 オーロラ編では、♪オーロラ当たる♪ ←ムカつく~~!

 CMスタッフも、この桜井さんのムカつく変顔の面白さに気づいたのか、オーロラ編では、これを15秒のCMの中に何度も入れている。
 CMが進化しているのだ!
 曲もドリフターズの『ズンドコ節』や『吉本新喜劇のテーマソング』を使用している。
 不動産紹介のCMに『ズンドコ節』や『吉本新喜劇』?
 このミスマッチがいいのだ。
 これに加えて、可愛い女の子たちの変な踊りや変顔など、さまざまな所で崩している。
 CMのスポンサーは頭が硬いから、こういう崩しをなかなかやりかたがらないんですけどね。
 まだまだ無名の桜井日奈子さんを敢えて起用した所もすごい。
 このCMのスタッフ、センスあるなぁ。

 というわけで百聞は一見如かず、
 この『いい部屋ネット』の3本のCMをまとめた動画があったので、ぜひご覧下さい。

 桜井日奈子 いい部屋ネットCM 3連発(YouTube)

 なお、この桜井日奈子さん、<岡山の奇蹟>と呼ばれる、知る人ぞ知る超美少女らしい。
 それは、『いい部屋ネット』CMのメイキング編を観ていただくとよくわかる。
 CMのムカツク顔とは180度違う、少し人見知りな感じの女の子。
 それがカメラがまわり出すと大きく変わる。

 『いい部屋ネットCM メイキング編(YouTube)

 また、桜井日奈子さん、携帯ゲーム『白猫プロジェクト』のCMにも出ている。
 『いい部屋ネット』と『白猫プロジェクト』の女の子が同一人物だとは気づかなかったよ。
 いろいろな引き出しを持ってるなぁ。

 桜井日奈子 白猫プロジェクト CM 4篇(YouTube)

 というわけで、テレビのドラマ製作の皆さん、新しいタレントはどんどん出てきています。
 視聴率が取れるかどうかの市場リサーチや事務所の力などで安全なタレントを使うより、冒険して新しい人を使った方がいいですよ。

 今のテレビ製作者は、ひとまわり遅れている。
 サラリーマン化してるのかなぁ。

コメント

相棒14 「右京の同級生」~どんな法も規範も人を救えなければ正義の名に価しない

2016年02月18日 | 推理・サスペンスドラマ
 ふたつの犯罪があった。
 ひとつは、苦しむオーバーステイの外国人労働者を逃がす犯罪。
 もうひとつは、外国人労働者斡旋ビジネスで不正なカネをむしり取る犯罪。コカインの密輸という<裏の錬金術>もやっていた。

 前者は、弱い者に寄り添い、権力と闘った犯罪だ。
 一方、後者は、強請り、密輸など、ひたすらカネ目的。
 エルトリア国、外務省、警察庁といった権力をバックに置いた犯罪でもある。

 そして、皮肉なことに、
 慈しみで罪を犯した者は逮捕されて、巨悪は逮捕されないんですね。

〝口利き疑惑〟の甘利明が逮捕されないのと同じ。
 この男、後日、改めて説明すると言いながら、睡眠障害と称してまったくオモテに出て来ない。
 本当に卑怯だ。
 どこが潔い武士なのか? 完全に悪徳代官ではないか。

 話が逸れてしまったが、強い者が守られて弱い者が守られない状況に関して、医師の小峰律子(竹下景子)は言う。
「どんな法も規範も人を救えなければ正義の名に価しない」
 確かに、そのとおりだ。
 法律は強い者のために作られている。
 権力は自分たちの仲間を守る。

 これに対して、右京さん(水谷豊)は<法律至上主義者>だなぁ。
 悪法も法なり、というスタンス。
 もちろん右京さんも強者を逮捕できないことに、はらわたが煮えくりかえっているんですけどね。
 だから成田空港ではこのせりふ。
「われわれが必ずあなたを立件しますよ!」
 すると、悪党は笑って、
「やれるもんならやってみろ!」

 この現実に、法をつかさどる法務省出身の冠城(反町隆史)はフクザツでしょうね。
「どんな法も規範も人を救えなければ正義の名に価しない」という小峰律子の言葉が突き刺さったはず。

 今シリーズでは、何らかの形でカイト話の決着がつけられるのだろうが、カイトもまた今回の入国警備官・野坂(春田純一)のように、法の限界を感じて行動を起こしてしまった人間だった。

 法と警察組織の枠の中で正義を実現しようとする右京と、法から外れても正義を実現しようとするカイトや野坂たち。
 今回は、このテーマが全面に出たエピソードでした。

コメント   トラックバック (12)