平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

欅坂46『エキセントリック』~疎外された者の怨念、怒り! そして、ひとりで生きていく決意!

2020年10月02日 | アイドル
 欅坂46の『エキセントリック』

 社会と馴染めない、疎外された者の歌だ。
 社会から疎まれ、ハブられた者の心の叫びだ。

 しかし、歌の主人公は泣いたり嘆いたりしない。
 曲の冒頭では、ブツブツと恨み言をラップ調でつぶやく。
 静かな怒りや怨念も感じる。
 そのつぶやきの最後に来る言葉が──
「もう、そういうのうんざりなんだよ」

 カ、カッコいい!
 今までこんなに暗く恨み言をつぶやくアイドル曲があっただろうか?

 曲はBメロ、サビで大きく展開する。
 歌の主人公は自分を疎外する社会にしっぽを振ったりしないのだ。
 きっぱりと拒否して〝ひとりで生きていくこと〟を選ぶ。
「心閉ざして交わらない」
「変わり者でいい」
「愛なんてものから縁を切る」
「社会はウソと欺瞞」
「愛とか正義とか善とかはフィクションと妄想」
「だからそんなものに迎合しない」
「自分の方からはみ出す」
「僕は僕でいる」

 感動的だな……。
 圧倒的だな……。
 フツーの曲は、愛とか友情とか未来とか絆を高らかに歌うのに、
 それらをウソ、欺瞞、フィクション、妄想だと全否定している。

 この曲は、愛とか友情とか未来とか絆を信じていない人にメチャクチャ刺さると思うよ。
 彼らはすっかり絶望して、愛とか絆とかでは救われないのだ。
 僕も疲れているから、この曲が発表された3年前より心に響いた。
 普通に暮らしている人でも心の奥底にこうした思いを抱えているからじんわりと響くと思う。
 …………

 こんな曲だから、振り付けもMVもはみ出ている。

 
 タオルをまわす代わりに靴をまわしている!(笑)

 
 ダンスはエキセントリック。反アイドル。
 相撲の四股のような格好で、ふらふら揺れる(笑)

 
 渡辺梨加は就職試験を100社以上落ちた、おそらく実社会では通用しない子。
 だから、こういう表情ができる。
 MVのスタッフさん、よくこの表情を引き出せたな。

 ラストのピアノの連打もすごいな。
 怒りがビシビシ伝わってくる。

 ストレートに心をえぐる曲。
 疎外された者の怨念と叫び。
 秋元康氏は、総じてなまぬるい上っ面だけの詞が多いが、時々、こういう詞を書く。
 平手友梨奈との出会いがこの詞を書かせたのかもしれない。

 MVはこちら
 欅坂46『エキセントリック』(YouTube)

コメント

生駒里奈センター最強論!~生駒ちゃんは『制服のマネキン』と『君の名は希望』でセンターとして燃え尽きた

2020年06月28日 | アイドル
 僕はセンターって『オーケストラの指揮者』みたいなものだと思っている。
 メンバーはまずセンターを見て曲の開始を確認する。
 曲が始まれば、センターを見て自分の立ち位置や次の動きを確認する。
 その際、
 センターが緊張感をもってキレのある動きをすれば、自分もキレのある動きをし、
 センターがアドリブも入れて楽しそうに動けば、自分も楽しそうに動き、
 センターがセクシーを表現すれば、自分もセクシーを表現する。

 パフォーマンスの質はセンターが決めるのだ。
 センターが背中で何も語らなければ、曲は訴えるもののないグダグダなものになる。
 …………

 さて、乃木坂46 生駒里奈の『制服のマネキン』

 

 見て下さい、この表情!
 反抗、拒絶、孤高──曲の世界に完全に入り込んでいる。
 この表情が他のメンバーに伝播して曲の世界を作りあげる。

 もうひとつ生駒里奈センターの名曲に『君の名は希望』があるんだけど、
 この曲のサビの生駒里奈の希望に溢れた笑顔はほんとうに素晴らしい。
 他のメンバーもそういう表情になっている。

 デビュー曲の『ぐるぐるカーテン』からセンターを務めて経験を積んできた生駒里奈。
 その集大成が『制服のマネキン』と『君の名は希望』だろう。

 この後、生駒里奈は『ガールズルール』で白石麻衣にセンターを譲るわけだが、
 センターから外れてホッとしたのと同時に、
 センターとして限界を感じ、
『制服のマネキン』『君の名は希望』以上のパフォーマンスができないと思ったのではないか?

 その後の生駒ちゃんはAKBに武者修行に行ったり、結構迷走してるしね。
 ひさしぶりのセンター曲『太陽ノック』では凡庸だったし、
 卒業が決まって、卒業シングルとしてセンターを打診された時も断ったようだし。

 卒業した生駒里奈はアイドルグループのセンターではなく、芝居の世界でパフォーマンスを極めようとしているようだ。

 それでは聴いて下さい。
 生駒里奈のセンターとしての集大成!

「制服のマネキン」 乃木坂46(YouTube)

※この動画、真夏さんの振りが間違っていたり、生ちゃんの足が生駒ちゃんの手に当ったり結構見所があります!
 床に尻をつく動きも初期バージョンならでは。
コメント

欅坂46~オダナナが『けやかけ』に登場して、最後のボケ炸裂! だにには、こんなふうにいつも笑っててほしいなあ……!

2020年03月07日 | アイドル
『けやかけ』にオダナナが卒業あいさつで登場した。

 MCの土田晃之さんが同じく卒業するすずもんに花束を渡した時、土田さんのボケだと勘違いして、「ちょ、ちょっ、ちょっと……!」
 だにの花束は他に用意されてたのに(笑)
 最後までオダナナだった!

 そして、笑ってて何より!
 吹っ切れたようで何より!
 後ろめたさや申し訳なさを背負って、グループを後にするのはつらいからなあ。

 すべてを清算して、第2の人生を歩み始める。
 これは素敵なことだ。
 オダナナには、これからもっと楽しいこと、ワクワクすることが待っている!
 今回のボケのように、いつも笑っててほしいです!

 乃木坂では生駒里奈。
 欅坂では織田奈那。
 僕は彼女たちのデビューから卒業までを見て来たわけだけど、いずれもドラマがあった。
 足掻いて、いろいろなことに頭をぶつけて、落込んで泣いて、それでも前を向いてがんばって、笑って……。
 しっかり僕の心に刻み込まれた。
 これがドルオタ生活の良い所だよね。

 というわけで僕は当分、箱推しかな?
 でも、青春高校3年C組アイドル部の兎遊ちゃんがいるしなあ←おいっ!(笑)
 齋藤有紗ちゃんもいいし←おいおいっ!(笑)

 最後はデビューした頃のオダナナの画像で。







 織田奈那さん、ありがとう!!

コメント

青春高校3年C組がCDデビュー!~めーな、るちゃ、兎遊、有紗ちゃんなど、アイドルの逸材がいっぱいです!

2020年01月31日 | アイドル
『青春高校3年C組』がCDデビュー!
 オリコン週間チャートで7位にも入った。
 デビューの表題曲『君のことをまだ何にも知らない』は作曲が杉山勝彦さんだからハズレはない。
 内容は、電車で見かける女の子に恋してしまう男の子の気持ち。
 秋元康、60を越えたおっさんなのによくこんな詞を書けるなあ(笑)
 でも、なかなかの名曲です!
 …………
 さて、ここからは僕が注目しているメンバーの話。

 ひとりめは、めーな(日比野芽奈)
 
 学級委員長で、言わずと知れた『青春高校』の顔。
 最近、困った時とか、いい表情するんだよなあ。

 るちゃ(西村瑠香)
 
 芸能界には可愛い人がいっぱいいるけど、るちゃには他にいない独特の可愛らしさがある。
 だからドラマなどにもキャスティングされている。
 タピオカ大好き&おバカ。

 兎遊
 
 中国と日本のハーフ。
 兎遊ちゃんはすごいですよ。ネットの反応もいいし、可愛くて言動すべてが面白い!
 センターになりたいか?と聞かれて、「やらかすから絶対にイヤだ」と答えたり、
 感動のシーンでアイスクリーム食べてたり、ともかくマイペースの天然。
 結局、曲のフォーメーションでは2列目の真ん中の「裏センター」になったんだけど、
 兎遊ちゃん、いはく「ここは楽だからいい」(笑)
 いやいや、兎遊ちゃん、裏センターは重要なポジションですから!

 齋藤有紗
 
 有紗ちゃんって、デビュー当時の元乃木坂・西野七瀬にそっくり。
 ドルオタの中でも注目している人が多い。
 僕も化けると思うんだけどなあ。せりふは棒読みでポンコツだけど……。

 他にも、
 センターの頓知気さきなさんは、戦慄かなのさんの妹。
 今、ヤングジャンプのグラビアになってる。

 女鹿ちゃん(女鹿椰子)は独特の立ち位置を築きつつあるなあ。
 芦田愛菜さんのモノマネや芸人ヒロシさんのような自虐ネタとか、自分の技をいっぱい持っている。
 テレビ東京の佐久間宣行プロデューサーの下にいるわけだし、将来のバラエティクイーンになるかも?

 それでは聴いて下さい!

 青春高校3年C組アイドル部「君のことをまだ何にも知らない」MV (Full Ver)

 前半は、恋する彼女たちの物語が描かれ、
 大サビ中の「好きだ~!」の後で、彼女たちの告白シーンが描かれます。
 みんな、いい表情!
 MV監督は番組プロデューサーでもある佐久間宣行さん。

コメント

欅坂46~オダナナ卒業……。だに推しの僕としてはショックです……!

2020年01月24日 | アイドル
織田奈那、鈴本美愉卒業。
平手友梨奈脱退。

オダナナ推しの僕としてはつらいな。
運営は上手く対応できなかったのかな?
乃木坂のまっつんの時は、ラジオに出て「おバカさん」と生駒ちゃんに叱らせて、握手会ではソニーの今野氏がそばにいていっしょに謝って、何とか対応してた。

結局、本人の心が折れてしまって、運営も対応できなかったという感じなんだと思うけど……。
だには、よく泣いていたし、鈍感そうに見えて実は繊細。
スキャンダルがあってファンの前に姿を晒すことに耐えられなかった。
何をしても怒らないから、いろいろなものを溜め込むタイプでもある。

芸能界では図太くなければ生きていけないしなあ。
スキャンダルをも糧にしてのし上がるような強さが必要。
指原莉乃なんか「週刊誌に売られたんですよ」と笑いにしてHKTに行き、HKTを育て上げた。
NGTも疑惑メンバーは今も何とか活動してるし、かとみなも研究生に降格されてもがんばっている。
柏木由紀はスキャンダルをスルーして今やAKBの重鎮に。(ゆきりん、こんなにたくましくなるなんて!)
同じ欅坂だった志田愛佳も最近ちらほらテレビに出てる。
今泉佑唯はスキャンダルでやめたわけではないが、「欅坂」という看板をあっさり捨てて女優として一歩を踏み出している。
彼女たちは強いですよ、やっぱり。

オダナナに関しては、
番組で土田晃之さんあたりが「バカ野郎」と頭をコツンと叩いたり、
「まさか織田が文春に撮られるとはな」と笑いに変えることで救われたと思うんだけどなあ、
ちょっと時間が経ち過ぎた。
それに本人が卒業と決めたのだから仕方がない。
はやく吹っ切って、これからの人生を楽しさでいっぱいのものにしてほしいです。
ただ傷ついたままグループを去っていくのがつらい。

欅坂はデビューまでの半年が一番楽しかったな。
オダナナの寮の部屋にみんなが集まったりして、すごく楽しそうだった。
メンバーの目が期待と不安でキラキラ輝いてたし。

グループとしては、平手友梨奈が辞めて、新たな方向性を模索する段階に入った。
てちのポジションを誰かがやるのはファンとしてはありだが、一般層は物足りなく感じる。
では新生・欅坂46をどう作っていくか?
デビューシングル『サイレントマジョリティ』が大ヒットして難なく坂道を駆け上った欅坂46だが、現在は上りつめた場所から谷に落とされた段階。
谷に落ちたまま、それなりのアイドルとして継続していくのか?
新たに坂を駆け上り、今以上のグループになるのか?
正念場ですね。
これから始まる新たなドラマに期待したいです。

コメント

『まだ結婚できない男』の深川麻衣の画像を集めてみた!~くるくる変る表情にご注目を!

2019年12月15日 | アイドル
「ふ、深川っ……!」

『まだ結婚できない男』が終了してしまった。
 桑野さんロス。
 そして、深川麻衣ロス。

 前作の、みちるちゃん=国仲涼子さんと比較される役だったけど、僕的にはよかった!
 最初は表情が固かったが、回を追うごとにやわらかくなり、『戸波早紀』になってた!
♪ まいまい、いつでもマイペース♪
 番組タイアップの芳香洗剤のCMでも言ってたけど、
 深川麻衣にしかできない自分の表現をすればいいんだ!

 というわけで、今回は『まだ結婚できない男』のまいまいの画像を一気に大公開!
 まいまいの豊かな表情をお楽しみ下さい。
 
 
 芝居を桑野さんにけなされるまいまい
 この頃はまだ表情が固い。

 
 ドアを開けたらまいまい
 夢のようなシチュエーション!

 
 料理をつくりすぎたのでお裾分けまいまい

 
 クリーニング屋さんに行くまいまい
 クリーニング屋さんに行くだけなのに、こんなに可愛い!

 
 鎌倉のまいまい
 この頃から表情がやわらかくなる。

 
 ラーメン屋さんのまいまい
 こんなに美味しそうに食べる女の子はいない!

 
 芝居の練習をするまいまい
 この真剣な眼差し!

 
 舞台のまいまい
 客席に桑野さんがいたため、上手く演じられなかった……。
 
 
 法廷のまいまい

 
 結婚披露宴のまいまい

 
 得意顔のまいまい
 この上目遣いが素晴らしい!

 
 得意顔のまいまい・その2
 ネットでは、まいまいの『くちびる芸』が話題になりました!

 阿部寛さんや吉田羊さんと共演して、どんどん経験を積み重ねているまいまい。
『まだ結婚できない男』はクセのある難しい脚本でもあったし、得るものはたくさんあったはず。
 まいまいは女優さんとして♪ 今よりキレイな花を咲かせるだろう ♪

 最後はこれで締めましょう!

『ハルジオンが咲く頃』乃木坂46 / 深川麻衣(YouTube)
 卒ラの映像です。
 この頃の乃木坂が一番よかった気がするなあ。

コメント

おっ、深川麻衣と浅川梨奈が『まだ結婚できない男』の番外編で共演してるぞ!~スタニスラフスキー・システムは演技を変える

2019年10月26日 | アイドル
 おっ、深川麻衣と元スパガの浅川梨奈が共演しているぞ。

 

『まだ結婚できない男』の番組HPにUPされているチェインストーリー(番外編)の動画だ。

 設定は、芝居のワークショップに来ていた戸波早紀(深川麻衣)が同じくアイドルをやめて役者を目指している明日香(浅川梨奈)に出会うというもの。
 明日香が所属していたアイドルグループの名前は『フェアリーサキュバス』(笑)
 明日香のグループでの名前は『煉獄の明日香』(笑)

 明日香は早紀に台本の読み合わせの相手をしてほしいと頼み、読み合わせをするが下手くそ。
 代わりに早紀が同じ役を演じると──
 ものすごく上手い!
 桑野さん(阿部寛)に言われた『スタニスラフスキーの演劇理論』で演じているから、役が表層的でないのだ。

 この動画、面白いなあ。
 演じるとはどういうことかが、はっきりわかる。
『せりふを自分流に読んでいる明日香』と『役の内面を掘り下げて演じている早紀』の違い。
 スタニスラフスキー・システムはこんなに演技を変えるものなのか。

 早紀、成長できてよかった!

 女優・深川麻衣の今後の活躍も楽しみです!

 動画はこちら
 まだ結婚できない男 チェインストーリー #3.5 戸波早紀の、燃える情熱
 
コメント

「だから私は推しました」~いよいよ最終回! だから、この作品の素晴らしさを語ろう! 映像・伏線・遊び・瓜田事件の真相・花梨と小豆さんの恋の行方!

2019年09月14日 | アイドル
 さあ、本日は『だから私は推しました』(NHKよる11:30)の最終回です!

 どうなるのかな?
 普通に考えれば、瓜田(笠原秀幸)を突き落したのはハナ(白石聖)で、愛さん(桜井ユキ)が罪をかぶっているという展開だが、それだと当たり前過ぎるからなあ。

 この作品、映像がすごい!
 映画的だ。
 たとえば、#5のこんな画面。

 

 メンバーが凛怜(田中朱里)ついてしゃべってるシーンが俯瞰。
 化粧鏡で表情を映している。
 この方が4人であることがわかるし、表情を直接見せない分、想像力をかき立てられる。
 後半がメンバー同士のぶつかり合いだから、ここは敢えてゆるくしたという意図か?

 同じ#5では、パイプ椅子の背もたれの間からメンバーの会話を撮るという映像もあった。
 パイプ椅子の額縁。
 ハナはパイプ椅子の上に化粧道具を乗せて、化粧されてるんだけど、絵として面白いし、この方が地下アイドル感が出る。

 俳優さんを背後から撮ることも結構、多用されている。
 視聴者は俳優さんの背中を見ることになるんですけど、これがいいんですね。
 俳優さんの背中の演技。
 背中で登場人物たちの気持ちが伝わってくる。

 当たり前に撮らない。
 この監督の姿勢、いいですね。
 …………

 遊び心も随所にあって、登場人物たちが食べているのは『まんぷくヌードル』(笑)
 ハナのバイトのシフト表はこんな感じ。

 

 モー娘。!
 こういうの、マニア心をくすぐられるんですよね。
 他にないか、いろいろ探してしまう。
 #5の凛怜のせりふ
「やられた方が謝らなきゃいけないんですか!?」
 とかは、NGTの山●真帆?(笑)
 …………

 伏線もすごい!

 #5のいじめの回想で、ハナと松田杏子(優希美青)がすれ違うシーンがあるんですけど、最初のすれ違いのシーンではハナが杏子を無視している。
 このシーンは#5を見ている段階では意味不明だが、#7でその意味が明らかになる。

 #5で、ハナがいじめられていたことを愛に告白するせりふでも、こんな感じ。
「きっと知らないうちに自分が何かやってて」
 ハナは、いじめられる何か(=写真の合成)をしっかりやってたんですね。

 あとは#4で、刑事の聖護院実(澤部佑)が「今までの話で瓜田さん出て来ました?」とツッコむせりふがあるんですけど、しっかり登場しているんですよね。
 スイカさんとして(笑)

 ううっ、マニア心をくすぐられるな。
 こういうふうに何度も見返せる作品って素晴らしい!
 …………

 あと最終回の見所は、
 花梨(松田るか)と小豆沢(細田善彦)の関係。
 花梨、ぜったい小豆さんのこと好きだろう。
「わたしだけのオタでいてほしい」
 と言ったのは、ヴォーカリストになる夢と小豆さんが「俺が好きなのはサニサイの真ん中でリーダーやってる花梨だ」と言ったせいで、それらがなければ、おそらく「好きだ」と言っていただろう。
 その前には、小豆さん、「それって、俺のこと好きってこと?」と無粋な質問してたしね。
 そんな質問されたら、「はい、そうです」とは言えない。
 オタクは恋愛に疎いよなあ……(自戒)

 というわけで、本日(9/14)は『だから私は推しました』最終回です!

コメント

ドラマ「だから私が推しました」~SUNNY SIDE UPが歌うアイドル曲が素晴らしい件! 目玉焼きは半熟で、外はカリカリがいいのだ! 

2019年08月17日 | アイドル
 SUNNY SIDE UP(サニーサイドアップ)というアイドルグループをご存じでしょうか?

 

 テレビドラマ『だから私が推しました』(NHK・夜11時30分)に登場するアイドルグループだ。
 NHKはドラマに関しては斬新&実験的な作品をつくる放送局で、土曜11時30分の『よるドラ枠』は特にそう。
 ドラマの関連コンテンツをつくるのも大好きで、
 今作の場合はアイドルグループSUNNY SIDE UPの曲とMVまでつくってしまった!

 タイトルは『おちゃのこサニサイ』
 この曲、すごくいい!

 SUNNY SIDE UPとは『目玉焼き』を意味する英語のようだが、曲も目玉焼きをモチーフにつくられている。
 内容は、恋人どうしが目玉焼きの焼き方のルールを決めていて、そのふたりだけのルールに幸せを感じるというもの。
 なるほど~。
 恋人たちは目玉焼きの焼き方だけで幸せを感じるのか~。
 おっさんになると、こういう感覚、忘れてしまうよね。

 それにしても『目玉焼き』とは何と斬新な切り口!
 たとえば比較すると、秋元康のアイドル曲では『自転車』『バス』『スニーカー』『青空』といった手垢のついた言葉がやたら使われる。
 歌詞に『自転車』や『バス』が登場したら秋元康の曲であることはほぼ間違いない(笑)
 ところがSUNNY SIDE UPの場合は『目玉焼き』!
 もっとも秋元康の曲にも『君のachoo!』という、女の子のくしゃみ(achoo)した姿に恋してしまうという名曲がありますが。

 そして、何とSUNNY SIDE UPのセンターは、松田るか様ではないですかーーーっ!
 るか様をキャスティングするなんて、このドラマのスタッフさん有能!
 曲では、るか様のソロパートがあるんだけど、るか様、歌上手いよね。

 というわけで、本日は土曜日。
 11時30分に『だから私が推しました』を見る日です。
 特に今夜は番組から重大発表(←公開収録ライブか?)があるらしいので、リアタイで見る!


 MVはこちら
『おちゃのこサニサイ』(YouTube)
 『GIVE ME』『君』『黄身』、言葉遊びも楽しい曲です!
 ドラムも気持ちいい!

コメント

ゴッドタンが生み出したアイドル〝TRUTH〟はエロネタ連発!~「本当は?」と聞かれると、本当のことを話してしまうww(動画あり)

2019年07月06日 | アイドル
『ゴッドタン』(テレビ東京)から生まれたアイドル〝TRUTH(トゥルース)〟

 さすが『ゴッドタン』プロデュースだけあって、とんでもないアイドルなのです!

 ともかく「本当は?」と聞かれると、本当のことを言ってしまうww

 今までの普通のアイドルの「本当は?」はこんなゆる~い感じ。
「好きな食べ物は?」
「イチゴ」
「本当は?」
「イカの塩辛」

 しかし、TRUTHは全然違うっ!
 エロネタ連発!ww
 深夜のテレビだから言えるネタ連発!ww
 彼女たちはウソのつけない素直な子たちなのだ!

 その内容については、デビュー曲『「本当は?」って言わないで』で確認していただきたいが、ともかく過激!
 今までの既成概念をぶち壊している。

 

 ぶっ壊れているのは曲の内容だけでなく、何とメンバーのひとりtomokaさんが踊っていないww
 おまけに口パクがずれて曲がグダグダww
 ここまでぶち壊してくれると心地いい。

 それに世の中、きれいごととウソばかりだからね。
 こんな窮屈な社会を壊してくれるのはエロと笑いなんじゃないかな?

 それでは聞いて下さい。
 TRUTHで
『「本当は?」って言わないで』(YouTube)

 なお、
 本日(7/6)深夜の放送で、TRUTHの公式お兄ちゃんを決めるドッキリ第2弾が放送されます!
 前回のドッキリ第1弾がメチャクチャ面白かったので、今夜はどうなるか?

コメント