平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

東京オリンピック~マラソンと競歩が札幌開催!? 外圧がないと変われないこの騒動、いかにも日本的だなあ

2019年10月18日 | 事件・出来事
 東京オリンピックのマラソンと競歩が札幌開催!?

 さあ、面白くなって来ました!
 日本側はどう抵抗するんだろう?
 と思っていたら、大会組織委員会の森喜朗は白旗で『札幌開催』に同意したらしい。
 小池百合子は「北方領土でやったらどうか」と皮肉を言って抵抗しているらしいんだけどね。
 そうそう、こういう場外乱闘をもっと見せてくれよ(笑)

 まあ、これは小池百合子の負けだけど。
 暑さ対策で小池百合子が打ち出してきたのは『打ち水』『被る日傘』『朝顔』(笑)
『遮熱舗装』は意味がないらしいし、ほとんど無策。
 IOCを納得させられる策を打ち出せなかった小池百合子の失敗だ。
 とはいえ、暑さは大自然の領域で人間は無力なんですけどね。
 ………………

 この騒ぎ、いかにも日本的である。

 まず、みんなが「まずいんじゃねえ」と思っていても止められない。
 太平洋戦争がそうだった。
 インパール作戦がそうだった。
 2020年の東京オリンピックはネットの一部では『インパールオリンピック』と呼ばれているらしいんだけど、「こんな暑さと湿度で屋外競技をやるのはまずいよね」と誰もが思っていても、この国は立ち止まれない。

 そして、状況を変えるのは、いつも外圧。
 この国は外圧がないと変われない。
 今回もIOCの決断がなければ、ずるずると東京でマラソン、競歩をやっていただろう。

 トライアスロンなんかもウンコの海で泳ぐことになりそうだから、会場を変えたらどうかね?
 これもIOCの決断がなければ変えられないのか?
 ………………

 しかし、2020年の東京オリンピック、
 新国立競技場といい、エンブレムといい、ほんといろいろあるなあ。
 JOCの前会長・竹田の贈賄問題もくすぶっている。
 最終的な総費用もどれくらいになるんだろう?

 暑さ問題に関して言えば、そもそもこれが間違っていた。
 オリンピック招致の際に作成した『立候補ファイル』の記載だ。

『この時期の天候は晴れる日が多く、且つ温暖であるため、アスリートが最高の状態でパフォーマンスを発揮できる理想的な気候である』

 よくもまあ、こんなウソを!
 今回の件、この文章を書いたやつと承認したやつに責任を取らせたらどう?

 台風15号、19号の時に思ったけど、現在の日本って実はボロボロだと思うよ。
 見た目はきれいだけど、ひと皮剥けば、すべてがボロボロ。
 それをオリンピックや万博とかで覆い隠している。
 オリンピックや万博にかけるお金を日本の根本治療にあてた方が、将来にとって、よほど有効だと思うんだけど、
 これも外圧がないと変えられないのかね?

コメント (4)

相棒18 「アレスの進撃」~『平和主義がヒトラーを生み出した。早くヒトラーを叩いていれば、第2次世界大戦は避けられた』(チャーチル)

2019年10月17日 | 推理・サスペンスドラマ
「われわれの贈り物は気に入ってもらえただろうか?
 強欲な悪魔を退治するためならば神も許したもうはずだ」

 連続殺人の犯人が岩田純(船越英一郎)ならミステリーにならないので、消去法で犯人はわかりますよね。
 そもそも『娘を取り戻すため』という岩田の動機が弱い。
 では動機は何かと言うと、上記のロシアからのメッセージ。
 これで『仲間割れ』という発想が浮かべば、犯人はすぐわかる。

『相棒』は長尺にすると駄作が多いんだよなあ。
 1時間フォーマットで小気味よくまとめた方が光るエピソードが多い。
 …………

『浦島太郎』の物語はクスリによる幻覚だった。
 という解釈は面白い。
 なるほど~
 浦島太郎が見た竜宮城は幻覚。
 浦島太郎は拉致監禁されてクスリを盛られていた。
 クスリの呪縛が解けて、監禁から解放された時は相当な時間が経っていた。
 上手い解釈だと思います。

『密輸に海流とアザラシを使う』
 というトリックもいいですね。
 浜辺に流れ着いた切り刻まれたアザラシの死骸。
 その腹の中には密輸品が入っていた。

 これらふたつのアイデアはいいんですけど、先程も書いたように、
 全体としては犯人がすぐわかってしまうのが残念。
 …………

 テーマはいくつもあったが、そのひとつは対立するふたつの主張だった。

『第4次世界大戦は石と棍棒の戦いになるだろう』(アインシュタイン)

『平和主義がヒトラーを生み出した。
 平和主義にこだわらず、早くヒトラーを叩いていれば、無益な戦争(第2次世界大戦)は避けられた』(チャーチル)

 チャーチルの主張は『戦争是認論』だ。
 病気の癌に例えれば、
 癌細胞が大きくなる前に切除しておけば、大事には至らない。

 片山雛子(木村佳乃)もチャーチルと同じ意見で、
「物事には善と悪が表裏一体で混在している。
 戦争は悪でもあるが善でもある」
 という主張をしていた。

 まあ、確かに一理ある。
 でも、戦争を歓迎し、それで商売する武器商人(=強欲な悪魔)もいるわけで……。
 武器を作った結果、今回の玉手箱(=デーモンコア)なんてものができてしまうわけで……。

 長期的に見れば、アインシュタインの言葉に行き着くんだろうなあ。

 あとはネタバレになるので詳しくは書きませんが、
 殺しちゃったんですね……。
 ちょっと切ないラストでした。

 
コメント

まだ結婚できない男 第2話~桑野さん、婚活アプリでヨガインストラクターの女性と会う!? 待ち合わせの目印は『夜と霧』(笑)

2019年10月16日 | その他ドラマ
 部下のいたずらで『婚活アプリ』に登録されてしまった桑野さん(阿部寛)!
 容姿は良いし、年収もあるので早速、女性から23件ものメールが届く。
 桑野さんは無視するが、その中にヨガインストラクターの女性からのメールが来ていて──
 …………

 桑野さん、可愛いよなあ。
 インストラクターの女性と会う気満々なのに必死に否定している(笑)
 まわりの弁護士・吉山まどか(吉田羊)、離婚した岡野有希江(稲森いずみ)、英治(塚本高史)は興味津々。
 桑野さんの行動が気になってしょうがない。

 これですよ、『結婚できない男』の面白さは!
 桑野さんの行動にツッコミを入れながら見物し、女性たちはだんだん虜になっていく。
 このジワジワと距離が縮まっていく感じが楽しい。

 今回、桑野さんが会いたいと思ったヨガインストラクターの女性はこんな女性。
 婚活アプリのメッセージにはこんなことが書かれていた。
『ひとり焼き肉』
『ひとりカラオケ』
『ひとりハワイ』
 が苦にならず、愉しめる女性!
「いっしょにヨガの『太陽礼拝のポーズ』をやりましょう!」
 と書き込める感性!

 まさに桑野さんにピッタリではありませんか。
 実際、桑野さんは『太陽礼拝のポーズ』に食いついたし(笑)
 それにしても桑野さんが待ち合わせの目印に使ったのが『夜と霧』って!
 もっと別の本を選ぶだろう(笑)

 今回の桑野さんのひとり行動は『ひとりハロウィン』だった!(笑)
 ひとり自分の部屋で、通販で買った映画『悪魔のいけにえ』のレザーフェイスの仮装をして、ひとりハロウィン!
 BGMはムソグルスキーの『展覧会の絵』!

 
 ※桑野さん、いはく「これが本当のハロウィンだ」(笑)

 これを何のためらいもなくひとりでやってしまうとは!
 街でおこなわれている『生ぬるい仮装』など吹き飛ばしてしまう破壊力!

 ちなみに前作からやっている、桑野さんのひとり行動は──
『ひとり焼き肉』
『ひとりビアホール』
『ひとり金魚すくい』
『ひとり花火大会見物』
『ひとりしゃぶしゃぶ』
『ひとり流しそうめん』
『ひとりハロウィン』←今ココ!

 お隣さんとの距離も縮まりそう。
 お隣の戸波早紀(深川麻衣)は女優さんだった。
 だから顔をマスクとサングラスで隠してたのね。
 演技が下手で役を降ろされた傷心から早紀はパグ犬を買ったが、そのパグ犬が前作の桑野さんの最愛の恋人だった犬のケンちゃんとそっくり!(笑)
 おそらく、この犬がきっかけで桑野さんと早紀は交流していくのだろう。


 先程も書きましたが、
 この作品、桑野さんと女性たちの距離がジワジワとと縮まっていく感じが楽しいんです!

コメント

いだてん 第39回 「懐かしの満州」~敗戦の焼け野原に立った志ん生は言う。「みんな揃って上向いて這い上がっていけばわけないや」

2019年10月14日 | 大河ドラマ・時代劇
「お前、誰だ?」
「美川ですよ~」
「知らねえな」(笑)
 相変わらずの美川秀信(勝地涼)である!(笑)

 よく当る占い師、改め、占いが必ず反対になる占い師・マリー(薬師丸ひろ子)も健在!

 小松勝(仲野太賀)の死というつらいエピソードの中、
 こうした小ネタのギャグを入れて来る所がいいですね。

 どんな状況でも笑って暮らしたい。
 つらい時こそ笑いたい。
 脚本・宮藤官九郎さんの思いが反映されていると思います。
 それは、ソ連がやって来る満州で、志ん生(森山未來)、圓生(中村七之助)の落語会に来た客たちも。
 客たちは言う。
「いっぱい笑わせてくれよ。笑って死にてえんだ」

 美川はたくましいなあ。
 引き揚げのドサクサの中、中国人の格好をしてウォッカを売っている!
 何でもありだな(笑)
 こういうしたたかで、たくましい人、僕は好きです。
 しかも誰にも名前を覚えられていない(笑)

 小松勝の上官の隊長も僕は好きです。
「死にたくないやつは逃げろ! 逃げ続けろ!」
 国のために死ぬなんてバカげています。
 敗戦時の国とは何かと言えば、戦争を遂行した愚かな指導者たち。

 中村七之助さんの演じる圓生は品があるなあ。
 さすが歌舞伎役者。
 立ち居振る舞いがスッとしている。
 引き揚げの混乱、敗戦の悲惨の中でも粋でスタイルを変えない。

 一方、混乱しまくりなのが志ん生。
 酒に逃げ、酔いつぶれて、どうにでもなれ、のべらんめえ。
 髪もひげも伸び放題だし、服もボロ。きっちりした圓生とは対照的。
 行き当たりばったり。
 でも空襲を怖がったり、酒に逃げるあたり小心者なんですよね。
 そんな志ん生が生き残ってたどり着いた境地はどのようなものだったのだろう?
 生死の狭間で見た喜怒哀楽。
 混乱の中で垣間見た人間という存在。
 これが芸の肥やしになって生きてくる。

 小松勝はどうしてあの時、逃げたのだろう?
 逃げれば撃たれるのはわかっているのに。
 表情を見ていると、怖くて逃げてるって感じじゃなかったしね。
 演芸ホールにいる志ん生や客たちを守ろうとしたのだろうか?

 脚本の宮藤官九郎さんは『死んでいる人間』より『生きている人間』に興味があるようだ。
 それが正解だと思う。
 焼け野原の東京に帰ってきた志ん生は言う。

「今は俺たちだけが貧乏じゃねえ。
 みんな揃って上向いて這い上がっていけばわけないや」

コメント (2)

台風19号~台東区はホームレスを避難所から排除! 『命の選別』をおこなった台東区は猛省しろ!

2019年10月13日 | 事件・出来事
 日本列島を直撃した台風19号。

 こんなことがあった。

「区の避難所は基本的に野宿者はお断りしている。川が氾濫したりした場合は現場判断する」

 何と台東区がホームレスの方が避難所に入ることを排除したのだ。
 ホームレスは人にあらずってか?
 ネットでは台東区に非難殺到。
『台東区最低やな』
『マジで正気か台東区。野宿者も一人の人間だぞ』
『「命の選別」ですやん。台東区狂ってる』

 ネットでの擁護派の意見はこんな感じだった。
『ホームレスは税金を払っていないのだから当然だ』

 おいおい、日本はいつからこんな優しくない国になったんだ?
 つーか、台東区擁護派は税金の考え方が間違っている。

 芸人のウーマンラッシュアワー村本大輔さんは次のような正論をツィート。
『ホームレスを区が受け入れないのは税金を払ってないからというツイートをみた。
 おれは高い税金を払ってる。
 それは税金を払えない人の分も負担させてもらってる。
 だから社会ってのは税金を払ってない人もいていい場所。
 税金は払える人が払えばいい。
 社会は誰であっても1人も見捨ててはいけない』

 ほんと、そのとおり。
『税金を払っていないのだから当然だ』
 を突き詰めていったら、
『低い税金しか納めていない人間は助けなくていい』
 という考えに発展する。

 何というか、やさしくない連中が増えている。

『自己責任』というのは、為政者にとって失政をゴマかす都合の良い言葉である。

コメント (4)

史上最大級の台風19号が到来~事前の備えを!

2019年10月11日 | 事件・出来事
 史上最大級の台風19号がやって来る。
 グアムとサイパンはすでに非常事態宣言。
 世界中の天文台がこれに注目。

 

 上の図は、同じ縮尺による、前回の千葉に甚大な被害をもたらした台風15号との比較だが、
 今回の台風がいかにヤバいかわかるだろう。


 事前にやっておくことは──

・風呂の浴槽に水をはる。
・バケツと空いているペットボトルに水を入れる。
・携帯は充電
・パンや飲料水などの確保
・非常用の携帯LEDライトの購入~100円ショップで売っています。
・屋外の植木鉢などは家の中に~風で飛んで凶器になるそうです。
・地元の災害ハザードマップ(役所などで配布)で自分の家のまわりの危険を確認
・避難場所の確認
・寒さ対策
・現金の確保
 ……………

 あとは、前回の千葉でもそうでしたが、
 情報はネットの方が速くて深い。

 ネットでは、高潮と河川氾濫で東京の下町が危ないと言われています。

 

 上の図が示すように、
 江戸川区側の堤防の方が都心の堤防より、薄く低いのです。
 なので荒川の水は江戸川区側に流れてしまう。

 実際、江戸川区の災害ハザードマップでは、こんな図が。

 


 自然の大きな力の前には人間は無力。
 これらの異常気象にはCO2の排出による地球温暖化も影響しているだろうから、やはり考えていかなくてはならない。
 台風19号の勢力が弱まってくれることを願うばかりです。

コメント (2)

まだ結婚できない男~3人の美女に囲まれての、52歳独身男の偏屈生活! おっさん視聴者としてはたまりませんなあ

2019年10月09日 | その他ドラマ
 人生100年時代と言われる昨今。
 人は『人生のセカンドステージ』をどう生きるかを考えるようになった。
 
 前作の桑野信介(阿部寛)は『キッチンのある家』(=家族)を設計していたが、
 今作は『老後を快適に暮らせる家』に。
 家族から老後へ。
 桑野さんは『人生のセカンドステージ』を設計しようとしているんですね。
 セカンドステージを充実して生きるには、どう生きたらいいか?
 それは独りの生活かもしれないし、結婚生活かもしれない。
 桑野さんは、流しそうめん機で、そうめんをひとりですすりながら、
「あと50年ひとりでいけるな」
 って言っていたけど(笑)
 流しそうめん、ひとりでやるのか!(笑)

 ふたりのマドンナが登場した。

 弁護士事務所の吉山まどか(吉田羊)
 離婚が成立した岡野有希江(稲森いずみ)

 まどかは、批判的だが、桑野さんのことが気になって仕方がない、前作の早坂夏美(夏川結衣)先生のポジション。
 医者から弁護士に変ったのか。

 有希江は桑野さんに好意的な女性。
 稲森いずみさんに好意を寄せられるとは何という幸せ者!
 前作の沢崎さん(高島礼子)のポジションか?

 そして隣人の戸波早紀(深川麻衣)。
 前作の隣人みちるちゃん(国仲涼子)は外交的な活発な子だったけど、早紀はサングラスとマスクで顔を隠して、ちょっと訳ありな子。
 流しそうめん機を持ってたし、桑野さんと気が合いそう(笑)
 これまた、いい感じの裏切り方ですね。
 桑野さん、早紀にも好意を寄せられるのか?

 3人の美女に囲まれての、52歳・独身男の偏屈生活。
 これまた面白くなりそうですね。
 おっさん視聴者としては、たまらない設定!

 3人の美女に怒られ、呆れられ、笑われ、共感されて──
 桑野信介はどのようなセカンドステージを設計していくのだろう?

コメント

いだてん 第38回 「長いお別れ」~すべての言葉が「バンザイ!」に塗り替えられるファシズムの時代がやって来た……

2019年10月07日 | 大河ドラマ・時代劇
 オリンピックが国や政治に侵食されている。
 なぜギリシャから火を運ぶのか? 聖火リレーではなく神火リレーにしよう!
 1000トンの鉄骨は駆逐艦などに使うから競技場は木造にしよう!
 かなりズレている。

 今の2020年のオリンピックもかなりおかしくなってるけどね。
 熱中症対策で降雪機で雪を降らせよう!←機械の熱風と湿度で熱くなるだけ!(笑)
 朝顔の鉢を置こう!(笑)
 早朝の競技のボランティアの方はどこかで徹夜してくれ!
 待機場所は用意するけど、地べたで寝てね!
 …………

 個人の言葉や思いが封殺されるのもファシズムの時代だ。

 出征する小松勝(仲野太賀)の壮行会。
 りく(杉咲花)の父親・増野(柄本佑)は「娘を幸せにできなかったじゃないか!」と乗り込んでくるが、最終的には、
「小松勝君、バンザイ!」
 四三(中村勘九郎)たちも『自転車節』を歌っていたのに、最後には「バンザイ!」
 しかも、この「バンザイ!」は心からの叫びではない。
 皆、心の中で泣いている。

 それは学徒出陣の神宮外苑競技場でも。
 皆がさまざまな思いを持っているにも関わらず、
「バンザイ! バンザイ! バンザイ!」
 の一色になる。

 完全に『言葉の多様性』が失われた時代ですね。

 朝日新聞の壁にはこんな言葉。
『新聞報国』『新聞は兵器なり』
 すごい言葉だな。

 そんな中、気を吐く人物がふたりいる。

 志ん生(森山未來)は『禁演落語』の演目を見て、
「お上の顔色うかがいながら芸人やってられるか!」

 現在、愛知トリエンナーレの件でアーティストが怒っているけど、要するにこういうことだ。
「お上の顔色うかがいながら芸術やってられるか!」

 田畑政治(阿部サダヲ)も──
「総理大臣に頼むんだったら戦争じゃないの!?
 戦争やめてくれって言えないの!?」

「こんなに入るのならオリンピックできたじゃねえか!
 オリンピックやってりゃ、こんなことには!」

 しかし、こんなふうに緒方竹虎(リリー・フランキー)からたしなめられることも。
「田畑、ウソでも喜べ」

 国家は時として、個人に牙を剥く。
 個人の思いや言葉を踏みにじる。

 牙を剥いてからでは手遅れなので、そうなる前に対処しておかなくてはならない。

コメント (2)

スカーレット~食べることが第一だった主人公・喜美子が『心の栄養』に目覚めた!

2019年10月06日 | その他ドラマ
 喜美子(川島夕空)のキャラクターがいいなあ。

 彼女が一番、重視しているのは、食べること!

 だから
 読み書きで漢字は必要ないし、
 給食費が払えなくなって、給食を食べられなくなることに危機感を覚えるし、
 教科書にダイコンやジャガイモの育て方が書いてあるとわかると漢字を覚え出す(笑)

 喜美子の行動基準は食べることなのだ!

 しかし、ここで草間宗一郎(佐藤隆太)が現われて影響を与えた。
 草間が教えたのは、
 何の腹の足しにもならない『絵』であり、『心の栄養』だ。
 食べることはもちろん重要だが、その他にも重要なものがあることを草間は教えてくれた。

 おおっ、何と上手い展開!
 見事なキャラクター造形!

 その他、
 この作品には、ちょっとダメな父親・常治(北村一輝)とか、借金取りとか、おしゃまな同級生・照子(横溝菜帆)とかが出て来て面白い。
 前作『なつぞら』は登場するのがみんないい人ばかりでイマイチだったが、『スカーレット』は適度な毒があっていい感じ。

 このあたりは、やはり大阪のNHKの制作だからか。
 東京のNHKのつくる朝ドラはどうも上品なんだよなあ。

コメント

臨時国会~安倍は『憲法改正』を訴えたが、他にやるべきことあるんじゃねえ? そもそも安倍が目指す『理想の国家』って何なんだ?

2019年10月05日 | 事件・出来事
 臨時国会が始まった。
 首相のアベシンゾーは所信表明演説の最後でこう発言。

「令和の新しい国造り、その道標は憲法です。
 令和の時代に日本がどの様な国を目指すのか、その理想を議論すべき場こそ憲法調査会ではないでしょうか。
(中略)皆さん、国民への責任を果たそうではありませんか」


 言ってることが、よくわからん。
『国民への責任』って、別に僕は『憲法改正』なんかどーでもいいと思ってる。

 それよりも
・貧困格差
・年金や少子化
・介護問題
・エネルギー問題
・国の予算の無駄づかい
・法が正しく執行されないこと
・税金に群がるタックスイーター
 などの方が重要だと思ってる。

『貧困格差』なんかは憲法第25条の生存権(すべて国民は、 健康で文化的な 最低限度の生活を営む権利を有する)の問題で、
 これを放置して格差を拡大させている安倍は、まずこれに向き合え!

 それから、いろいろな人が指摘してるけど、
 憲法について論議するのは『憲法調査会』ではなくて『憲法審査会』でっせ、安倍さん!
 ………………

『令和の時代に日本がどの様な国を目指すのか、その理想を議論すべき』
 っていうのもなあ。

 じゃあ、安倍が目指す理想の国ってどんな国なんだよ?
 まず、それをあなたが語れ!

 まあ、安倍のオツムの中を類推するに
・世界の中心で輝く国
・明治のような国家
 みたいな感じになるんだろうけど、無理無理!
 人口が減り、問題山積みのこの国で『世界の中心で輝く』余裕なんかない。
 安倍は世界中に援助と称してカネをバラまくことで『世界の中心で輝いてる』と考えているようだけど、それを国内に使え!
 老朽化した水道管の交換、電柱の地中化、老人ホーム・保育園の設置、年金の立て直しとか、国内に使うべきことはたくさんあるぞ。

『明治のような国家』というのも
・国が個人より強くなる国家
・国のために個人の人権が制限される国家
 ってことだろう。
 そんな国、まっぴら。

 憲法は、安倍が言うように、国の形を決める『総論』である。
 その下の法律は、総論に基づき、現状のさまざまな問題を解決するための『各論』である。

 現状の日本を考えるに、
 今、必要なのは『総論』よりは『各論』で、山積みの問題を解決することにあると思うのだが、どうだろう?

コメント (8)