平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

きみが心に棲みついた 第7話~「恋愛は理性ぶっ飛んでアホになるから厄介なの」、八木泉の言葉は深いなぁ

2018年02月28日 | 恋愛ドラマ
 首のネジネジを外して、今日子(吉岡里帆)は星名(向井理)の呪縛から解放されましたね。
 解放したのは吉崎(桐谷健太)。
 そして、堀田麻衣子(瀬戸朝香)、八木泉(鈴木紗理奈)のお姉様たち。

 堀田麻衣子は今日子に言う。

「過去にとらわれて吉崎さんを手放したらバカだよ!
 奴隷みたいじゃん。もっと理性的になりなよ」

 過去に恋愛で失敗した八木泉のアドバイスはより具体的だ。

「何で堀田が結婚できんかわかったわ。←麻衣子批判(笑)
 やいやい正論ばかり言いなや。
 恋愛は理性ぶっ飛んでアホになるから厄介なの。
 少なくともアホな恋愛経験はあんた(=麻衣子)よりある。
 相手がクズでもな。そのクズに救われることがあるねん」

 クズな男と恋愛したことによる共感。
 八木の方が今日子に近い距離で寄り添ってる。
 一方、麻衣子は正論。
 共感は正論より説得力がある。
 心から心配していることは麻衣子も同じなのだが。

 さて星名。
 今日子の喪失は彼に何をもたらすのかだろう?
「星名のくせに」とからかわれ、居場所がなかった星名は今日子と同じ存在。
 星名は今日子を理解できる〝今日子の側の人間〟。
 一方、吉崎(桐谷健太)は〝今日子の側の人間〟じゃないからなぁ。
 必死にわかろうと努力はしているんだけど。


 第8話予告はこちら
「分かりあえる日はこない…」支配男との最後の一日 3/6(火)『きみが心に棲みついた』#8

コメント

きみが心に棲みついた 第2話~「他の人にやさしくしないで」 星名の呪縛から逃れられない今日子

2018年01月24日 | 恋愛ドラマ
「他の人にやさしくしないで」

 今日子(吉岡里帆)は星名(向井理)の手のひらの上で踊らされてますよね。
 星名は他の女性と仲良くすれば、今日子が不安になり、追いかけてくることがわかっている。
 今日子にとって星名は〝心の支え〟であり、〝星名の喪失〟は耐えられないことなのだ。
 表面では否定しても、心の奥底では繋がっている。

 心の闇を共有している点で、今日子と星名の絆は堅い。

 一方、吉崎(桐谷健太)は今日子の表面しか見ていない。
 仕事をがんばっている女の子。
 しっぽをふって追いかけてくる子犬を見ている感じ。
 でも、今日子の奥底に何かがあるのを無意識に気づいている。
 吉崎が今日子を意識していく過程と、スズキ(ムロツヨシ)のマンガの制作過程がリンクしているのが面白い。

 今日子は星名の呪縛から離れて自立できるのだろうか?

 第3話予告はこちら。
 歩かなきゃ…あの人のために。 1/30(火)『きみが心に棲みついた』#3(YouTube)

コメント

きみが心に棲みついた 第1話~俺様王子とヒーロー王子! キョド子は自分を変えられるか?

2018年01月17日 | 恋愛ドラマ
 ふたりの王子の間で揺れ動く小川今日子(吉岡里帆)。

 星名漣(向井理)は俺様王子。
 相手を支配し、独占しようとする。
 彼が求めるのは絶対服従。

 吉崎幸次郎(桐谷健太)は困った時に助けてくれるヒーロー王子様。
 今日子がサンプルの下着を歩道にぶちまけると拾ってくれるし、星名に机に押し倒されて泣いていると電話をかけてくる。
 吉崎に助けている意識はないのだが、タイミング良く現われるので今日子には救いになる。

 星名と吉崎は〝ありのまま〟と〝変化〟の対立でもある。

「ありのままの今の今日子でいい」という星名。
 絶対的な支配に置きたい星名は今日子に変わられては困るのだ。
 変われば自分のもとからいなくなってしまう。

 一方、吉崎は、
「ありのままでいいなんて甘えだ。自分を変えろ!」
 と今日子を叱る。
 今日子も心の奥底で変わることを求めていたから、吉崎の言葉が砂漠の水のようにグングン染み込んでくる。

 少女マンガですなぁ。
 ふたりの王子の間で揺れ動くヒロイン。
 客観的に見れば、星名は〝DV男〟なのだが、星名の行為を単なるDVと捉えると、多分この作品を読み間違える。
 作品としては『花より男子』『黒崎くんの言いなりになんてならない』をよりハードにした感じ。
 おそらく女性視聴者は星名の行為にキュンキュンしていることだろう。
 同時に今日子の成長物語でもある。
 …………

 吉岡里帆さん、上手いなぁ。
 今日子は〝キョド子〟で〝イタい女の子〟なんだけど、なぜか魅力的。
 吉崎へのメールの連投ww
 吉崎を建物の陰から見つめる姿はストーカーww
 支配されたり、叱られるのが好きで、ドMでもある。
 向井理さんの星名もそうだけど、今日子と星名は病んでいて演じるのが難しい役。
 一歩、間違うと視聴者から嫌われてしまう。

 オトコ目線で言えば、吉岡里帆さんのおっ●い!
 おおっ!
 はあ……!
 何と!
 男性視聴者で、ここに注目しないヤツは絶対にいないっ←セクハラ!
 今日子が勤めてるのが女性下着メーカーだし、これらを目的にして見るオトコも多いはず!
 オトコって、ほんと、どーしようもない。

コメント (2)

ボク、運命の人です 第5話~キスをされて、「こういうことがひさしぶりすぎて動揺しているだけです…」

2017年05月14日 | 恋愛ドラマ
 晴子(木村文乃)がデレる姿をこんなにも早く見られるとは!
 ちゃんこ屋での食事。
 大ファンの相撲取りの大寒山(HIRO・安田大サーカス)を見て、晴子がデレた!

 か、可愛いーーーっ!
 木村文乃さんはしっかりした女性を演じることが多いから、こんな姿を見られるのは貴重!
 テープの爪追って永久保存版にしよう! ← いつの時代だ?

 キスのシーンも萌えた!
 缶を拾おうとして道路に飛び出した晴子。
 そこへ車が走ってきて、あわや交通事故。
 そんな晴子を誠(亀梨和也)がつかんで、引き寄せて、離さないで偶然にキス!
「故意ではありません。いや恋です」
 と訳のわからない言い訳をする誠に晴子はうつむいて言う。
「こういうことがひさしぶりすぎて動揺しているだけです……」

 か、可愛いーーーっ!
 木村文乃さんのこんな可愛い姿を見られるなんて、今まで生きてきてよかった!(笑)
 ………………

 他の登場人物たちの恋愛も進んでいるようだ。

 関原卓(大倉孝二)は四谷三恵(菜々緒)に名前を呼ばれて、
「彼女に呼ばれて、関原という名前に命が吹き込まれた」ww
 仕事では四谷に営業をかけて次々と契約が取れて、今度は四谷三丁目を攻めようとしている!ww

 葛城和生(澤部佑)は腕相撲で負けて、宇久森みどり(岡部真也)と食事をすることに。

 烏田部長(田辺誠一)は鳩崎部長(渡辺江里子・阿佐ヶ谷姉妹)といい感じ。

 こんなふうに世界には愛が溢れている。
 きっと世界が愛でいっぱいになった時、隕石の衝突は免れるんじゃないかな?
 この作品のオチはこんなふうになる気がしている。

コメント   トラックバック (4)

ボク、運命の人です 第4話~0.1×1,000=100 嫌いでなければ道は開ける!

2017年05月07日 | 恋愛ドラマ
 嫌いなニンジンを烏田部長(田辺誠一)に食べさせられれば道は開ける。
 恋愛にはまったく関係なさそうだが、日本一のニンジンをつくる農家のおじさんの言葉を聞くためだった。

 農家のおじさんは言う。
「ニンジンをつくることは好きでも嫌いでもなかった。
 だが、好きじゃなくても日本一のニンジンはつくれる。
 最近になって、やっとニンジンをつくることが好きになった」

 つまり嫌いでなければ、恋愛は成就する可能性があるのだ。
 ゼロにどんな数字を掛けてもゼロにしかならないが、
 0.1×1,000=100
 0.1に1,000を掛ければ100になる。
 要は恋する者が1,000や10,000の想いを持てるかだ。

 だから誠(亀梨和也)は晴子(木村文乃)に尋ねる。
「僕のこと、嫌いですか? 嫌いじゃないものをそばに置いてみませんか?」
 晴子はこの問いに対して、
「嫌いじゃないです」

 おおっ、道は開けた!
 晴子がデレる日はいつ来るのか?(笑)
 木村文乃さんがデレる所を見てみたい!
 いや、晴子はたとえ恋愛関係になってもデレることはないんだろうな~。

 それにしても、誠が「僕のこと、嫌いですか? 嫌いじゃないものをそばに置いてみませんか?」という言葉を見出すまで、ずいぶん回り道をしましたね。
 でも、こういう悪戦苦闘の奮闘こそが恋愛なんでしょうね。
 後になって振り返ると、どうしてあんなことをしたんだろう? と赤面してしまうが、
 これが若さ! これが青春!
 0.1×1,000=100
 の理論をつかって明日からがんばろう!
 ………………

 定岡(満島真之介)のプロポーズの後日談も面白い。
 定岡はプロポーズの理由を、
「結婚という物語を生きている自分を感じたから」
「物語の中で主人公である自分はプロポーズしなければならないと思ったから」
 といった意味のことを言った。

 定岡は〝物語〟を生きているんですね。
 〝人生を波瀾万丈の物語だ〟と捉えている。
 一方、晴子はそんな物語性など信じていない。
 人間は食べて寝て死ぬだけで、ドラマなど起きないと考えている。

 どちらが豊かかというと、定岡の方かな~。
 年齢を重ねると、晴子の考え方に行きがちだけど。
 自分は魔王の末裔だ、などと思い込む〝中二病〟は極端だけど、多かれ少なかれ人は物語の中を生きたいと思っている。

 この作品のテーマは一貫していますね。
 <運命を信じよう>
 <人生は物語>
 <日常の中に不思議や奇跡が隠れている>

 脚本の金子茂樹さんはそれなりのお歳だと思いますが、結構ロマンチストですね。

コメント   トラックバック (4)

ボク、運命の人です 第3話~クラシック、野球のスコアボード。世界は不思議と奇跡であふれている

2017年04月30日 | 恋愛ドラマ
 クラシックの100曲を覚えれば運が開ける。

 <因果応報>という言葉がありますけど、物事には<原因>があって<結果>があるんですよね。
 この作品では、
 メンデレスゾーンの『結婚行進曲』がライバル定岡(満島真之介)のプロポーズを断るきっかけになり、
 ドビュッシーの『月の光』が誠(亀梨和也)と晴子(木村文乃)が心を通わせるきっかけになった。
 
 つまり、人生、何がプラスに働くかわからない。
「こんなことが何の役に立つんだ?」ってことが、思わぬ結果を生むことがある。
 実は物事は人間の考えの及ばないところで動いている。
 それを人は<天の配剤><神の意思>と呼ぶ。
 そんな不思議に、時には身を委ねてみるのもありかもしれません。

 そして一番まずいのは何も行動しないことですかね?
 行動しなければ何も生まれない。
 今回も誠がクラシックの100曲を覚えなければ、晴子と満月を見ることはなかったし、プロポーズの時に『結婚行進曲』が流れず定岡のプロポーズを受け入れていたかもしれない。
 ………………

 世界にはさまざまなメッセージが隠されているというのも、この作品のモチーフで、今回は少年二人との草野球だった。
 そのメッセージとは────
・少年の名前が〝あかい〟と〝いとう〟→赤い糸(笑)
・野球のスコアボードの三回の裏までの点数が、
 090
 334
 誠の携帯番号の始めの部分(笑)
 これで誠は<晴子に携帯番号を伝えろ>というメッセージを読み取り、「九回の裏までのスコアボードの数字が自分の携帯番号になるから、その番号に掛けてみてほしい」と晴子に言った。

 誠は不思議に身を委ねているんですよね。
 晴子もそれを少し信じて掛けてみたら、誠の電話に繋がった。

 目を凝らせば、世界は〝不思議〟と〝奇跡〟であふれているのかもしれません。
 僕たちはそれを見過ごして気づかない。

 AをすればBという結果が生じるという近代の合理主義もな~。
 行き詰まって、息苦しくなっている気がする。
 ………………

 最後は、ちゃんこ屋での食事をOKした晴子のこのせりふ。

「ちゃんこ鍋ならいいですね。
 ゴマだれとかポン酢とかでもめることもなさそうですし」

 いいせりふですね。
 硬い鎧をまとった晴子が、少し心を開いたせりふ。
 誠との距離も少し近づいた?

 いい恋愛ドラマだと思います。

コメント   トラックバック (5)

ボク、運命の人です 第2話~俺、虹が出るたびに走ってたんです。その方が人生楽しいですから

2017年04月23日 | 恋愛ドラマ
 正木誠(亀梨和也)は、運命を否定する湖月晴子(木村文乃)に言う。

「不思議なことが起こっている時に目くじら立てて否定して、それって楽しいですか?
 計算外のことが起こると、そんなに不安になるんですか?
 五歳の時、あなたと初めて会った日です。
 空に大きな虹が出ました。
 あなたはその虹を指さしてこう言ったんです。
 あそこを最初にくぐった人と結婚するんだって。
 だから俺、虹が出るたびに走ってたんです。
 友だちと遊んでいる途中でも、母親と買い物してる途中でも、
 空に大きな虹が出るたびに全力で走ってたんです。
 絶対にくぐってやるんだって。
 いまだにそれを少し信じています。
 その方が人生楽しいですから」

 誠はロマンチストなんですね。
〝運命〟を素直に信じ、それに身を委ねることが出来る。
 一方、晴子は……。

 

 過去の恋愛でたくさん失敗したこともあり、極めて現実的。
〝運命〟なんて非合理で不確かなものに身を委ねることが出来ない。
 一方で何か判断基準がほしくて、懐かしい思い出を頼りに定岡光圀(満島真之介)のことを考えたりする。

 晴子の心を動かすのは〝運命〟なのか? 〝思い出〟なのか?
 それを象徴的に語っていたのが、誠が晴子のために買ってきた傘の〝コンビニの虹〟と定岡が携帯に送ってきた〝高校時代のバンドの恰好と歌詞〟。
 晴子はそのどちらにも笑顔を見せたが、楽しさでは定岡の方が大きかったようだ。
 上手い作劇ですね。
 晴子がやっと少し誠に心を開いたのに、次のシーンでは定岡にもっと心を開いている。
 この起伏のつけ方!
 さあ、いよいよ面白くなって来ましたよ!
 …………………

 それにしても木村文乃さんはお美しい!
 前クールのキムタクの『ライフ』も木村文乃さんのキリリとしたナースを見たくて見てたんだよな~。
 そして、今作では、恋愛に臆病な気丈な女性。
 昨夜のセーラー服姿(回想)と入浴シーンもたまらない!
 で、前回も書きましたけど、
 もしかしたら木村文乃さんが僕の〝運命の人〟かもしれないっ!
 うん、きっとそうだよ!
 運命を信じよう! ←バカ!

コメント   トラックバック (4)

ボク、運命の人です~『プロポーズ大作戦』ファンは必見! 金子茂樹脚本だからテイストがそっくり!

2017年04月16日 | 恋愛ドラマ
 自分には〝運命の人〟がいる。
 失恋も別れもすべては〝運命の人〟と出会うための、ひとつの過程。
 こう考えると、救われるよなぁ。
 たとえフラれても、「彼女は運命の人ではなかったんだ」と割り切れる。
 …………

 でも、この作品はこんなことも語っている。

 <人は必ずしも運命の人と結ばれるわけではない>
 <ほとんどの人は違う人と結ばれて不本意な生活を送っている>

 正木誠(亀梨和也)の前に、神様(山下智久)が現われて、運命の人について教えてくれたのは、誠と湖月晴子(木村文乃)の間に生まれる子が地球を救う救世主になるから ←すごい展開!
 そうでなかったら神様は親切に教えてくれなかった。
 これはこれでシビアな現実。

 神様に拠れば、人は運命が教えてくれている<サイン>を見逃しているらしい。
 たとえば、誠の場合は、
・子供時代、海辺で砂山をいっしょに作って手を繋いだこと
・大学の受験で鉛筆を貸してくれた彼女の受験番号が3341(サミシイ)であったこと ←そんなこと、わかるかいっ!
・初詣でコートのフードに入っていた賽銭の5円玉が彼女の投げたもので、ご縁というメッセージがこめられていたこと ←これもわからないよね!

 まあ、言ってることはわかるよ。
 日々の生活のあらゆることにアンテナを張って積極的に生きている人と、ぼんやり生きている人とでは最終的に大きな差がつく。
 要は、自分のまわりに飛び交っている情報をいかに読み取り、行動するか。
 これは恋愛でも同じ。
 世の中には、たくさんの人がいるけど、「あれ、何か気になるな」って人、いるしね。
 もしかしたら、その人が〝運命の人〟なのかもしれない。

 で、僕は木村文乃さんが好きだけど、
 もしかしたら木村文乃さんが僕の〝運命の人〟かもしれないっ!
 うん、きっとそうだよ!
 運命を信じよう! ←バカ!
 …………

 あとは、この作品、なつかしさがいっぱい!

 山Pが出てて野球のシーンがあったし、同じ運命ものだったので思い出したのは『プロポーズ大作戦』。
 調べたら、この作品の脚本は『プロポーズ大作戦』を書いた金子茂樹さんだった。
 作品の雰囲気、テイストは完全に同じ。
 『プロポーズ大作戦』が好きだった方は、この作品必見ですよ!

 山P、亀梨君と言えば、『野ブタ。をプロデュース』。
 同じ土曜の日テレだし、神様の山Pの話し方は野ブタの草野彰と同じ!
 懐かしい共演だ。

 エンディングは、山P、亀梨君、木村文乃さんのダンス!
 これ、完全に『逃げ恥』の二匹目のドジョウを狙ってるよね。
 前クールの『佐江内』のエンディングもダンスだったけど、日テレの土曜枠はこういうことにためらいはない(笑)
 木村文乃さんの恥ずかしそうであまりキレのないダンス(←失礼)も可愛い!

 木村文乃さん、『プロポーズ大作戦』、『野ブタ』、これは見るしかない。

コメント   トラックバック (6)

東京タラレバ娘 第4話~あれが楽しいんじゃない! あたしはこれからも、あいつらとつるんでやる!

2017年02月10日 | 恋愛ドラマ
「この12年で、あたしたちは夢と希望と引き替えに重たいものを背負ってしまった気がする。
 それは見栄、プライド、妥協、あきらめ……。
 いや、それは多分、不安だ。
 未来への不安がなかったあの頃のあたしたちには戻りたくても戻れないのかな?」

 東京にやって来て、夢と希望にあふれていた頃を回想しての倫子(吉高由里子)の言葉だ。
 そうそう、若い頃はまさにこれ。
 夢と希望でいっぱいで、すべてが楽しくてしょうがない。
 自分の望むことは全部かなうと思っている。
 しかし、現実を知っていくと、
 <見栄>で自分を飾り、
 <プライド>でがんじがらめになり、
 現実と<妥協>し、
 <あきらめ>を持つようになる。
 <不安>を抱くのは若い頃も同じだが、<夢>と<希望>の方が勝っている。

 これが成熟であり、大人になるということなんだろうなぁ。
 でも、知ってしまうと落ち込む。

 10代と30代の心境の違いを表現した的確な言葉ですね。
 ……………

 そんな倫子が最後に見出した言葉はこれ。
 KEY(坂口健太郎)に言った言葉だ。

「女子会ばっかやって騒いでるからダメなんだ、って。
 あれ違うから。
 あたしが〝たられば〟ばっか言ってんのも、恋愛対象以下のダメ女になったのも女友達のせいじゃない。
 むしろダメダメな人生だけど、あのふたりがいてくれたから楽しかったんだよ。
 あいつらがいなかったら、あたし、セミの抜け殻みたいになってクソつまらない人生を送ってたと思う。
 女同士つるんでるからダメだ? つるんでる女はいい女じゃない?
 バカ言わないでよ! あれが楽しいんじゃない!
 だから、あたしはこれからもつるんでやる!」

 倫子は自分を肯定したんですよね。
 香(榮倉奈々)、小雪(大島優子)と歩んできた日々を全部、肯定した。

 うん、大切なのはこれなんだよなぁ。
 自分を肯定することで、力強く生きていける。
 他人の目や言葉なんか関係ない。
 まして、倫子には香と小春がいる。

 これを言った時の倫子は〝いい女〟だったよ!
 KEYも心を動かされたに違いない。

 ラストは箱根の温泉旅館での、女三人の酒盛り。
 三人ともイキイキとして幸せそうな顔。
 倫子たちにはオトコはいないが、かけがえのない女友達がいる。
 これを最終回にしても、いいんじゃないかと思った。

コメント   トラックバック (5)

東京タラレバ娘 第3話~お前のほしいものは何なんだ? 愛を得たと思った瞬間、幸せだった

2017年02月02日 | 恋愛ドラマ
「やっぱ終わってないじゃん」
 これがKEY(坂口健太郎)のやさしさなんだよな~。
 決して女性のご機嫌をとったり、媚びたりしない。
 むしろ突き放して叱咤する。
 そして、しっかり相手のことを見つめている。
 女性にとって、やさしいだけの男って物足りないんじゃないかな~?

 倫子(吉高由里子)はこんなことに気づいたようだ。
「お前のほしいものは何なんだ? 男か金か安定か?」
「いくらマシを数えたって、あたしの人生は全然、幸せじゃない」
「愛を得たと思った瞬間、幸せだった」
 倫子が感じた〝愛を得た瞬間〟とは、KEYに抱かれた時のことらしいが、人間の幸せって、そういうことなんだろうな~。
 いくらお金や高い地位を持っていたって幸せじゃない人って結構いる。
 人と心を通じ合わせること。
 ハグすること。
 実にシンプル。
 でも、これがまた結構むずかしいんだよな~。

 丸井(田中圭)は〝誠実〟。
「お待ちしております」
「必ず来ます、小雪さん」
 翌日、小雪(大島優子)の店に来ると言ったら、仕事でどんなに遅くなっても駆けつける。
 つき合うにあたっては、別居中だが、奥さんがいることも誠実に語る。
 結婚していて別の女性にアプローチするのはどうかとも思うが、丸井はともかく一直線なのだ。
 これもまた、ひとつの恋愛のかたち。

 小雪の恋の落ち方も面白い。
「〝美味い〟の言い方、おでんで玉子を真っ先にかぶりついて食べること、全部がドストライク!」
「〝やった!〟の言い方がクソ可愛い!」
「顔、たたずまい、まとっている空気、全部がタイプ!」
 小雪は〝直感〟で恋に走るタイプなんですね。
 あれこれ他のことを考えない。
 まあ、恋は理屈じゃないからなぁ。

 こんなふうに登場人物それぞれが、自分なりの恋愛をしている『東京タラレバ娘』。
 ある意味、この作品は〝恋愛の教科書〟ですね。

コメント   トラックバック (8)