ドッグシェルター

保護犬の紹介、お知らせ、ご支援のお願い

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

タネ吉、クッキー

2007年08月04日 | Weblog
タネ吉、クッキー共にシェルター生活一年が過ぎました。


毎日この子達に接しているスタッフはこんないい子は一日も早く
シェルター暮らしから卒業させて上げたいと口癖のように言っています。
もちろん、私も同感です。

タネ吉、クッキー幸せになる日を夢見て待っていてね。
諦めないで、本当のご縁を待とうね。
と言い聞かせていますが、この子達の良さが伝わらないことは
本当に残念に思います。

シェルターで一年を迎えた子達が増えて来ました。
ワクチンも年に一回ですが、来月には2年目のワクチン接種をしなければ
ならない犬達が10頭近くいます。
一頭一頭病院に連れて行く労力は大変です。
動物病院まで片道20分、診察の待ち時間を入れると
これだけで午前中が飛んでしまいます。
なので、獣医さんに往診に来てもらい、2年目のワクチンは纏めて
接種することになりました。

徳島多頭飼育から引き取った4頭もそうです。
画像はのこちゃんです。シロとルームメイトなのが安心なようです。
のこは外の世界への好奇心が殆どありません。
逆に外への恐怖心が心の傷として残っているかのように感じます。

スタッフはのこを抱っこして上げたりしてコミニケーションを図ります。
最近の「のこ」ちょっとウエストラインが無くなりつつある状況なので、
気を付けています。