広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

血になにがあったのか?

2006年06月21日 | タヒチ生活
今日、病院のラボから電話がありました。

『あ、フランスに送った血の検査結果かな』と思いきや、旦那さんにかわってくださいときました。

なんなの


どうやらフランスに送った血に不都合があり検査出来ず、再度送るように指示があったよう。



ええーーーーーーー。折角全部終ったと思ってたのに。
大体7月までには検査結果が必要なのに大丈夫なのかしら?


仕方がないので明日また採血です
今度は無事届いてほしいわ。



ちなみに、旦那にかわるよう言われたのは、長いお付き合いでラボの事務員さん達も旦那が送り迎えをしているのを分かっているから。
こちらの事も全てお見通しで、『バカロレアのお仕事は入ってない?明日のサッカーの試合は諦めてちょうだい』と言われたそう(笑)



写真はベルベデール(展望台)から撮ったものです。
左は端が空港、真ん中の直線になっているのはモツウタ、よくストで閉鎖される貨物船の荷下ろし場&ガソリンの貯蔵庫です。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 終りなき戦い | トップ | ひとりご飯 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
また採血!! (愛犬ももな)
2006-06-22 07:49:53
かわいそうです…

血や肉になるもの、食べなきゃですね。
Unknown (mai)
2006-06-22 16:22:04
牛肉の煮込みを作りました(笑)

ラボの先生も何があったか分からないようで、驚いていました。パリからは一言『検査できませんでした』と来たそうです(汗)

まったくもう

コメントを投稿

タヒチ生活」カテゴリの最新記事