ちょっといい入浴

温泉の★はオイラの浴感のみの印象(価格や施設や雰囲気は除外)
食事の★はオイラの量、味、コスパ感の複合の印象

元湯 雄山閣@秋田男鹿温泉郷(秋田県男鹿市)★★★★★ 其の2

2019-03-09 14:35:07 | 日本秘湯を攻める会

1月12日(土)

三方を海に囲まれた男鹿半島

本日のお宿は

元湯 雄山閣@秋田男鹿温泉郷(秋田県男鹿市)

場    所 : 男鹿市北浦湯本字草木原52

T  E  L:0185-33-3121

日帰入浴時間 :11:00~15:00

日帰入浴料金 :¥700

泉     質: ナトリウム塩化物泉 

この枠は食事編、夕食は部屋食でした

前菜サザエ焼き串 塩辛 ほっきサラダ いくらと山芋など、時間が経ちすぎて忘れた

海の幸がメインですね。

小鉢トロトロ若布、菊(もってのほか)、海老酢の物

漬物はいぶりがっこ

造りは タイ 甘エビ、タコ、スズキ

やはり新鮮で美味しいですね

焼き物豚肉の陶板焼き

焼物ハタハタ黒豆の煮豆、ここだけ正月が残ってました

ハタハタ鳥取県から秋田県沖の主に日本海を回遊魚、能登半島以西にはまとまった産卵場がないそうな

秋田県で雷の鳴る11月ごろに獲れるのでカミナリウオの別名もあり漢字だと『』と書きます。

40年代までは秋田県で大量に水揚げ、最近は漁獲量が少なく高級に

ただ、オイラはあんまり好きでないので興味はないが

しかも2匹とも雄でした

椀物はジャガイモを擦りおろして作った あんぷら餅  の雑煮

男鹿ではジャガイモの事を『あんぷら』と言うそうです。

これ旨いです

ジャガイモとは思えない粘りのある餅、雑煮も出汁がいい仕事してます

蒸物茶碗蒸し

ハタハタが今度はから揚げ

揚げた方が生臭くなくてオイラにはいい

夕食の印象はボリューム感がないです

東北ってオイラの印象では濃くて辛い味付けのイメージですが

ここは出汁の旨味がしっかりしており味付けは好み

1月13日(日)

朝食は大広間で頂きます。

ずらーと並んだ朝食が準備されたテーブルは圧巻

朝食で目を引くのはハタハタの煮つけ、

旨く煮てありこれは美味しい

他にはアカモクという海藻のぎばさって秋田の郷土料理もご提供

朝食会場の障子がカラフルで印象に残ります。

初日はハタハタがメインでおいらの印象では・・・・

2日目の夕食も部屋食

前菜北寄貝の山椒和え 鱈子旨煮 鰊(にしん)切り込み 鮟鱇共和え とちの実竹皮包み

白ヒロッコとなまこ酢なまこは久しぶりス

ウマウマでした

 造り黒鯛、マグロ、イカ、甘えび

焼物サーモン幽庵焼き

煮物鯛かぶと煮

蒸物豚肉セイロ蒸し

オイラの印象ですが、かぶと煮ってアラは・・・鮭は朝のイメージ・・・結構な宿泊料金なのですが

1月14日(月)

3日目の朝食はロビー横のお食事処で

魚は鰊の1/4身、ポテトサラダ、レンコンの酢漬けなど

陶板の中はハムエッグ

ボリュームを期待する人には少し物足らないかも

魚の好きな人には良いのでしょうな

このお宿の印象はやはり温泉、部屋も広めでゆっくり出来ます。

次回はハタハタのない時期に訪問したいです

 

 

 

 

コメント

元湯 雄山閣@秋田男鹿温泉郷(秋田県男鹿市) ★★★★★ 其の1

2019-03-09 14:19:34 | 日本秘湯を攻める会

1月12日(土)

東北の秋田県にある男鹿半島北部の温泉郷、

現在8軒の旅館・ホテルと国民宿舎や飲食店が立ち並び温泉街

三方を海に囲まれた男鹿半島、因みに「おじか」ではありません。『おが』です

宮城県にあるのは「牡鹿半島」おしか』です

本日のお宿は温泉街の一番高台にあるお宿

元湯 雄山閣@秋田男鹿温泉郷(秋田県男鹿市)

場    所 : 男鹿市北浦湯本字草木原52

T  E  L:0185-33-3121

日帰入浴時間 :11:00~15:00

日帰入浴料金 :¥700

泉     質: ナトリウム塩化物泉 

秘湯を守る会の会員のお宿、確か以前訪問した時は違ったような

超高級って感じではなく、落ち着いた日本旅館のイメージ

正面にはナマハゲが飾られてます。年末にはお宿にもナマハゲが来たそうです

ロビーにはソファーが、故郷の近所の寺関係が映ってたのには驚き

風呂は建物の奥、斜面に建っているので階段を2階分ほど下ります。

エレベーターはありません

風呂の詳細は以前の記事にて

今回のお部屋は2階、正面玄関の上『うぐいす』

9畳+6畳の部屋、障子で仕切れることも

リフォームされており、設備は至って快適

窓から日本海寒風山の眺めが美しい

駐車場の上なので愛車も確認可能

タバコもOK、よくここの縁側で滞在中ボーとしてました

さらに、このお部屋は朝日が正面に昇ります

施設内には江戸時代の紀行家、『菅江真澄』の資料を展示した部屋があります。

三河出身で東北を旅した人のようです。

『菅江真澄遊覧記』と総称される旅日記や、随筆や秋田藩の地誌などを著

ここの宿は部屋が広く快適、それに素晴らしいのはお風呂

内湯、露天ともに浴槽が1か所のみですが、泉質が素晴らしい

成分が濃いそうで析出物でバームクーヘンになったパイプを飾ってました

次枠は食事編

 

 

コメント

平山旅館@湯本温泉(長崎県壱岐市)★★★★★ 其の2

2019-01-26 23:15:08 | 日本秘湯を攻める会

11月24日(土)

玄界灘の離島、壱岐島

博多港から高速船で1時間10分(郷ノ浦)のアクセス

朝鮮半島からわずか120km

弥生時代から朝鮮半島との交易の中心の地だったそうです

本日のお宿は 

平山旅館@湯本温泉(長崎県壱岐市)

場    所:壱岐市勝本町立石西触77番地

T  E  L:0920-43-0016

入 浴 時 間:8:00~22:00(日帰)

料   金 :¥500

泉   質 :ナトリウム塩化物泉

この枠は食事編、夕食は部屋食でした。

先付の小鉢、もずく酢チーズ豆腐などが並びます。

向付、中居さんが一品毎に料理の説明をしてくれますが、この小鉢はなんだったか忘れた

刺身は尾頭付きの大きなをセンターにカツオサザエヒラメクエなどが並び物凄い迫力

九州でたまに頂くクエですが刺身は初めて

兎に角、魚が新鮮で旨い、ねっとりと弾力がコリコリして新鮮です

伊勢海老の活け造りが続きます。

まだ刺身が続きます

ミズイカの活け造り

残ったゲソ天ぷらで、この気遣いが素晴らしいス

因みに刺身の残りは翌朝に漬けで提供頂きました

煮物小イカの煮物

 焼物焼きあわびのキモソースあえ

高級食材のアワビ、きものソースが旨いス

蒸物茶碗蒸し、上部にあんがあり出汁がしっかり効いて美味

椀物カボチャのスープ

普段、オイラは魚貝に慣れてないのでこういうのが嬉しいのです

箸休め蕎麦、料理長の手打ちだそうです

強肴になるのかな?クエ鍋九州ではアラ鍋というそうです

中居さんが手際よく造ってくれます。

フグとは違う淡白ながらあぶらののったその味わいは美味ですね

コラーゲンたっぷり、体にやさしい鍋

止め椀あら汁香の物ご飯鍋の雑炊

菓子はプリン

周囲は海、離島なので魚が新鮮で旨いのは当然ですがお宿の自家栽培の野菜やコメまで旨い

今年泊まった旅館で一番印象に残った食事でした

11月25日(日)

朝食は1Fの食堂で頂きます。

豆腐に付属の鰹節が削りたて

細かいところまで拘ってますね

壱岐の牛乳、肉が旨いのなら当然牛乳も旨い

巨大な壱岐の島とうふ国産大豆と壱岐の海水のにがりで出来ているそうです。

深みのある味の島とうふ、食べたい分だけ竹のナイフで

魚はアジの干物、島の納豆やお新香とここまではよくある朝食

自家農園で育てられた10種類の大根、他がニョキニョキ刺さったサラダ

なにもつけないで食べても旨い、彩も鮮やかですね

玉子は希望すると目玉焼きに調理

デザートはヨーグルト

朝食も拘りと驚きを演出してますね

 其の3に続く

コメント

平山旅館@湯本温泉(長崎県壱岐市)★★★★★ 其の1

2019-01-26 23:06:05 | 日本秘湯を攻める会

11月24日(土)

壱岐の北西部に位置、平山温泉湯の本温泉発祥の地とか

昭和30年に開業された旅館が本日のお宿

平山旅館@湯本温泉(長崎県壱岐市)

場    所:壱岐市勝本町立石西触77番地

T  E  L:0920-43-0016

入 浴 時 間:8:00~22:00(日帰)

料   金 :¥500

泉   質 :ナトリウム塩化物泉

宿向かいの駐車場で車を停めて玄関へ、

アプローチがあると高級感があり

秘湯を守る会の会員のお宿

最初のフロントの接客からもいい旅館って解ります

ロビーで自家製の蜂蜜なんかも販売されてました。

床板は美しく磨かれてます

部屋は2階の奥、『雲』の間

部屋は窓が大きく障子の柔らかい明るさがいいですね

8畳に今回は3名で利用、全く圧迫感がなく快適

角部屋なので出窓付、左の大きな障子戸の向こうは箱庭←2階なのでベランダを緑化しているのかな

箱庭の紅葉がとても綺麗

小さな縁側で部屋に備えてあった1人用のドリップでコーヒーブレイク

部屋に案内後すぐにぜんざいお茶を配膳、3時ごろって小腹が空くので嬉しい

これってオイラは初めての経験、塩昆布などの細かい気遣いを幾つも感じます

セルフですが飲み物もいろいろご用意

館内の施設、部屋、従業員さんと不満のないお宿

不満と言えばオイラの家からのアクセスが遠いってことかな

其の2に続く

 

コメント

ユートピア和楽園@知内温泉(北海道知内町)★★★★★ 其の2

2018-11-11 10:17:59 | 日本秘湯を攻める会

9月23日(土)

北海道の道南、函館からは車で約一時間半の移動

秘湯を守る会のお宿、今回は部屋と食事

ユートピア和楽園@知内温泉(北海道知内町)

場   所 : 上磯郡知内町湯ノ里284

T  E  L:01392-6-2341

入 浴 時 間:7:00~21:00

料   金 :¥460

泉   質 :ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉

正面のロビーには雑然と物があり、高級感はあまり感じないが宿泊費も安めなので

部屋はフロント上の2階、 建物も建て替えられて快適

エレベーターはなかったような

驚いたのは部屋が洋室、ベッドが2つありホテルのツインルームのような雰囲気

和室も好きなのですが洋室はなんか落ち着きます

ベッドの方が寝やすいオイラ

部屋が3箇所の風呂の中間に位置しているので便利

Wi-Fiも飛んでました。

夕食は一階の食堂で頂きます

中華料理店にあるような丸いテーブルが並んでました

海の近くなので刺身が本当に旨い、久しぶりに旨い鮭の刺身を頂きました

説明がなかったので白身魚の詳細は不明

板前が拘って造る懐石ではなく、素材を活かした素朴な料理

野菜が多くてヘルシー

途中で運ばれてきた揚物はカキフライ  揚げての提供

部屋と食事はオイラがイメージしていたのとは少し違いましたが

温泉はホンマにいい湯、オイラのド・ストライク

夜遅くまで日帰り客と外でバーベキューをされており外が騒がしいのが少し残念

9月24日(日)

7時までは日帰り客も居ないのでお風呂は貸し切り状態

幸せな時間でした

朝食を頂きに食堂へ

夕食と同じ一階の食堂で頂きます。

温泉宿定番のような朝食で鮭の切身、すじこ、温泉玉子、納豆、ホウレン草のおひたし、味噌汁

どれも美味しく米がとても進む

食後にはコーヒーの提供、嬉しいですね

オイラは部屋より食事より温泉が印象に残るお宿でした

 

 

 

 

 

コメント