久留百合子の生活者視点

仕事、旅行、日常のちょっとしたことから得た情報、生活者として感じたことなどを綴ってみます。

働き方改革と生活の変化

2020-08-07 10:18:18 | Weblog
 昨日ビスネットの取締役会を開催し、我社は今期半分を過ぎたので、今年の収支見通しを見ていたのですが、確実に売上が上がっている分野もありますが、思った以上に厳しい状況です。どの企業もそうでしょう。今朝の新聞では、地元交通大手の西鉄が存続危機の赤字と書いてありショックを受けています。

 そのような中、コロナによる緊急事態宣言、外出自粛などから、我社も4月、5月は交代勤務。私も30年以上フルタイムで仕事を続けてきて、初めての週2日勤務、ウークデーに3日も家にいる生活をしました。

 初めはとても不安でした。家で土日入れて5日もどうやって過ごすんだろうか。これまで3連休や夏休みは旅行に行ったりしていましたので、ずっと家にいる生活は考えられなかったのです。
 しかし、慣れてみると、結構楽しい。
 まず、決まった時間に朝起きて、お化粧してスーツ着て、通勤バスに乗って、気を張って仕事の毎日。仕事は好きで続けているのですが、この年齢になると思ったよりも疲れが溜まったり、ストレスも感じていたようです。

 それが、家にいると朝は1時間ぐらい遅く起きて、家のことが心置きなく十分出来る。花壇の手入れ、その花を摘んで部屋に飾る。家の中を心地よく整える。
 こんなことが出来て、とても気持ちいい自分がいました。

 勿論、在宅ワークもするので、いろいろ考えて、寝室に仕事用のデスクと椅子を新調。これがとても良く気に入っています。
 また、タブレットでメール見たり、書くので、タブレットに繋げるキーボードを購入。これで、返信したり、原稿書いたりがとても快適になりました。

 そして、6月、解除後からは、通常業務に。ビスネットオフィスには7人とはいえ全員来ると密になりますので、在宅勤務と併用にすることを決定。
 加えて、私初め取締役は、変則ではありますがウークデーに1日休みを取るようにしています。6月、7月そうして仕事してきましたが、集中して仕事して、ウークデーの1日はこれまで仕事帰りの夜行っていた美容院や諸々の用事が出来て、それは快適になりました。

 今回もっと発見したこと、成長?したことがありますので、それは次回に書きます。
コメント

シロクマくんにハマっています

2020-08-06 15:06:13 | Weblog
 今セブンのシロクマくんにハマっています。セブンのでなくてはダメなのです。セブンでももものシロクマではダメなのです。
 他の店のシロクマらしきのをいくつか食べてみましたが、他のではダメ。

 昨年ぐらいから知ってはいたのですが、今年のこの暑さ、コロナで夜も家にいることが多く、夕飯後、それもお風呂に入って9時とか10時、ゆったりとした時間。
 冷たい氷と練乳がたっぷりのこのミックスがたまりません。

 ももの方は、少し小ぶりですが似ているので間違って買ってしまい食べたのですが、練乳の味がしない!ももは入っているけれど、あのシロクマくんとは違う!

 昔のかき氷が懐かしー。子供の頃よく家族で近くの店に食べに行っていました。いちごや抹茶味のシロップに練乳がたっぷりかかったの。最後の頃には舌はしびれ、頭はギンギンして食べていた思い出。

 本当は本格的なかき氷が食べたいのですが、なかなかチャンスがなくて、今のところこのシロクマくんにハマっています。
コメント

外食レストランもがんばっている

2020-08-05 16:08:29 | Weblog
 昨日、仕事の帰り、ランチに入ったレストランです。
 昔からあるステーキやハンバーグ中心のファミレスになるのでしょうか。
 確か以前からサラダやパンなどはバイキングで提供していたと思います。
 
 今回久しぶりに行ってみて、コロナ禍ではあるし、ちょっと心配だったのですが、まあ、それは出来る限りの対策をしているなーと感心しました。
 まず、店に入る前のアプローチの所に消毒液。勿論レジ前にもあります。
 席は元々かなり高い背になっているボックス席のような作りになっているので、他のお客さんと接することなくちょっと安心。

 メインのメニューを中心に、スープ、パン、サラダはバイキング。
 「バイキングを取りに行く時はマスクを着用してください」という注意もありました。
 そこに行くと、スープなどのそれぞれのコーナーでは、上からビニールシートが下がっています。
 サラダなどの皿は何枚も重ねてあるのですが、一番上には、ラップで包まれたお皿に、「この下の皿からお取りください」と書かれています。
 その横に、使い捨てのビニール手袋が。今の時代、確かにビニール削減が叫ばれているので使い捨てはもったいないですが、このコロナの時期。サラダなど取るトングはとても不衛生です。それを手袋をして使うというのは、何とも安心感があります。パンもスープの所にも手袋が置いてありました。当然取り終わった後、横にあるゴミ箱にはたくさんの手袋が。

 ここまでするんだーと感心しました。
 私の席からお客の様子がよく見えたのですが、中には、何度も取りに行くので、いちいち手袋をしていない人もいましたが・・・

 私が行ったのは13時を過ぎていましたが、結構一杯で次々お客が来ていました。
 外食は大変だと思います。
 まず、これまで楽しみに、気分転換に外食していた人たちも何となく気分が乗らない、慎重になっている、やっぱり安心な家で食べようかな、という気持ちになっています。
 外食好き、おいしいもの大好きな私も、コロナの前に比べると、昼は別として、随分行く回数が減りましたものね。

 withコロナの生活。勿論これ以上広がらないように気を付けることは大事ですが、経済が動かないのも大変なことです。
 お店や企業が出来る限りの対策を取りながら、お客も出来る限りの対策をとり、それぞれの価値観に応じて、何とか消費をしていくということも大事かと思ったりもします。

 
コメント

ちょっとしたことで気分をup

2020-07-31 12:04:01 | Weblog
 自粛規制解除の後、やっとこれで少し落ち着くかと思いきや、感染者増加に一喜一憂してはと思っても、気が沈んでしまいます。
 私の周りでも、旅行にしても、食事に行くにしても、ショッピングも「何か気持ちがそうならないのよねー」と言っています。
 このままでは世の中の、特に消費の動きが鈍くなり、お金が回らないのではないかと心配になります。

 そのような中、ちょっと気分が変わる物を見つけました。「マスクピアス」ってご存じですか。
 このところ、マスクのおしゃれが言われていますが、シンプルな白のマスクの右端や左端上に、ピアスのように小さなアクセサリーを飾るのを見つけました。
 たまたま電池交換に行った時計・宝石の店で、そこの奥さんがしていらしたのです。本当に小さなアクセント。見ても素敵だし、実は私もすぐ買ったのですが、していても気持ちがちょっと楽しくなります。
 会った人からも「あら、素敵!」って声をかけられ、少し明るい話になります。

 ネールも随分前から1か月に1回、行っています。これも気づいた方からは、「わーまた違う色ですね。」「かわいいー」って言ってもらえ、ここから会話がはずんだりしますが、実は自分の気分UPのためにしているのです。
 季節やその時の気分で、今回は何色にしようか、どんな飾りをつけようか、考えるのが楽しい。
 仕事で疲れた時も、ちょっと爪に目が行って、明るく奇麗な色を見ると元気がでます。

 人それぞれ違うでしょうが、自分がちょっと元気になれること、ちょっと気分転換できることを知っておくといいかもしれませんね。
コメント

いいレストランなのに・・・・

2020-07-28 09:18:17 | Weblog
 2,3か月に一度定期的にランチをしながら情報交換している人がいます。
 昨日も久しぶりのランチ。
 
 30年ぐらい前、私が銀行に居た頃ごいっしよに仕事した人で、今回ビスネットの社員の大学の同窓と分かり、久しぶりに会ってランチしだしたのがきっかけ。結構話が弾むので、変わりばんこに場所を決めて、場所を決めた人がお勘定するというルールに。

 昨日は彼の番で、行ったことがない初めてのレストランでした。なかなか雰囲気も応対サービスも良く、料理も(ちょっと量が多いですが)丁寧でおいしくてとても満足しました。
 でもひとつ残念なことが・・・
 私たちは、久しぶりに近況報告して一杯おしゃべりをしようとこのランチを設定。ところが、突然大音量で”ハピバスデー”の音楽が流れるのです。「そうか、誕生日の人がいるんだー」と思って、話が途切れてしまいましたが、こちらもお付き合いで拍手。
 ところが、その後2回も、合計1時間半いた中で3回もこれが流れたのです。
 サービスは分かりますが、ちょっとねー。他のお客さんのことは?楽しいことなのでお付き合いください、ですか?

 実は来週も別の友達とランチをする約束をしています。
 その時も同じようなことがあったら、ちょっと一言言わせていただこーっと!他のお客さんの気持ち考えてますか?
コメント

被災地に心をよせて

2019-10-16 08:28:54 | Weblog
 昨日家に帰ってニュースを見る都度に、今回の19号台風による被災状況に胸が痛みます。
 昨日、自分の週末について書いたことが、同じ時期に大変な目に会っていた方々のことを考えず、良くなかったなーと反省しています。

 記憶は遠いのですが、私も小学校5、6年生の頃、近くの川が氾濫。いまでも2階から見た道が川のように水で覆われ流れていく光景が浮かびます。1階は泥が入って、畳を上げたり、応接間で炊事をしていた母の姿も覚えています。
 子供だったので、悲惨な気持ちは覚えていませんが、後がどんなに大変だったか想像できます。

 今回被災された方々が茫然となられる様子、一生懸命泥をかき出されている様子、これからのことを考えると不安でたまらないだろうなと考えると、普通に生活していることのありがたさと同時にすまない気持ちになります。
 お手伝いにもいけないですが、何か出来ることはないかと考えます。
コメント

充実の3連休

2019-10-15 17:11:05 | Weblog
 12日からの3連休、計画していたことがほぼすべて出来て大満足。充実した休みでした。

 その前の週、5日からは月曜休んで、これも3連休。こちらは、北海道の旭川でゴルフ、大好きなホテルでの食事、札幌では、感激のモリエールでの食事、思ったよりもサービス、ホスピタリティが良かった日航Hに宿泊。この年齢で北海道まで旅行し、車を運転し、ゴルフが出来、食事がおいしい。幸せなことですよね。とても充実したいい休みでした。


 そして、この3連休。土曜、まずいつも通りの健康ダンスに。2時間近く汗を流します。午後から仕事で2か所訪問。ここでもなかなか充実したいい話が出来ました。
 夕飯は栗ご飯。おいしい料理を作りました。


 日曜、午前中はシーツを洗ったり、日頃なかなか出来ない所の掃除。花壇の手入れ。衣替え。靴の入れ替え。早めに昼食を食べて半分仕事で、港のかもめ広場フェスタに。福岡市の商店街活性補助金の審査員を長年している関係で、ただ審査をするだけではなく、なるべく現場を見に行くようにしています。その一環。
 あの港あたりにふだんほとんど行くことがないので、どんな所でフェアするんだろーと思って行ってみました。目の前は海、斜め前に都市高が見え、真っ青な空、海からは爽やかな風。芝生の所で何台かのキッチンカー、いくつかのテントではアクセサリーやガラス製品、織物など売っています。芝生の真ん中では、素敵な生演奏。
 ちょっといい雰囲気でした。海を見ながら生絞りのレモンスカッシュを飲みしばらく音楽に浸っていました。

 家に帰ってからは、読書三昧。あー幸せ。

 月曜日は、朝から映画に。中井貴一主演の「記憶にございません」。ウイークデーはなかなか映画に行けないので、やっと実現。まったく娯楽映画ですが、ちょっと現政権に対しての風刺もきかせていておもしろかったー。一人でその世界に入り、くすくす笑い、楽しかったー。。

 その後、お気に入りのパンカフェで昼食。いつもは休みの日であれば長蛇の列、席がなかなか取れないのに、ガラガラ。増税のせい?

 帰りは本屋さんへ。探していた加藤陽子の「それでも、日本人は『戦争』を選んだ」を購入。レジに行く途中に三国志の本を見つけ、それも購入。
 帰ってから読書三昧。どちらもおもしろい。1冊目のは、今年は新聞、ニュース等で我国の戦争について考えることが多く、その整理を兼ねてこの本を(新聞の書評を見て)選びました。
 三国志は、今、九州国立博物館で三国志展を開催しているので、是非見に行こうと思っていましたし、以前TVドラマでハマっていたので、詳しく読んで整理したいということもあって買ってみました。

 これから週末が楽しみです。旅行や出かけるのも好きですが、読書の世界に浸るのも幸せなものです。
コメント

日本と戦争

2019-08-20 17:18:27 | Weblog
 8月に入ると特に今年は令和という新しい時代に入ったからか、天皇が変わったからか、先の戦争について、またその戦争と天皇の関係についての番組が多かったと思います。

 ニュースでは、勿論、広島、長崎の原爆投下日、8月6日、9日、そして、15日の終戦と毎日のように取り上げていました。
 しかし、今年はそれだけではなく、どうして第2次世界大戦が起こったのか、どう終結されたのか、それに天皇がどう係わっていたのかなど、新しい資料が出てきたこともあり、番組として詳しく取り上げられていました。

 私が見たのはどちらもNHKですが、二・二・六事件、そして昭和天皇の日本独立式典のスピーチ作りの話でした。
 二・二・六事件についてはある程度知ってはいましたが、陸軍の中の特殊若手集団が天皇の権威をかかげて突き進んだこと、それに天皇は立腹したこと、それを利用して陸軍が力を持ち、政治に介入して行ったこと、海軍はこの事件の計画を知っていたが、黙っていたことなど、知らないことだらけでした。
 そして、何よりも怖いと思ったのは、このように動き出したり、進みだすとだれも止められないということ。先の映画「アルキメデスの大戦」でも声と力の大きい人が一旦言い出すと止めるのには相当の力がいるということ。

 これはある新聞に載っていたある人の論調でしたが、日清戦争も清が戦略してきたので、それを止めるために戦争した、日露戦争はロシアが満州に攻め入ろうとしたので、阻止する戦争だった、第二次世界大戦もアメリカが石油輸出を止めたので、英国はドイツの侵略を防ぐために日米を戦わせてドイツもやっつけさせる思惑など、いろいろ理屈は続くようです。
 それではどうして清の侵略を日本が出て行って戦争しなくてはいけなかったのか、ロシアと闘わなくてはいけなかったのか、それは、日本もアジア各国に侵略しなくてはいけなくなったから?まだわたしにはすべて納得できていません。

 分かりませんが、昭和天皇のスピーチ作りに係わった初代宮内庁長官の記録では、天皇は大戦に大変責任を感じ、何とかそれを盛り込みたかったのに、その時の吉田茂総理大臣がやっと独立を果たした時に、戦争を思い出すようなことを入れてほしくないと進言したそうです。テレビのコメントとしては、それがこの大戦の本当の反省と検証がされないまま今日に至ったのではというのでした。

 考えさせられます。どれだけの人が犠牲になり、騙され、泣き、苦しんだことでしょう。
 どんな大義名分があっても戦争で人を殺すことがあっていいでしょうか。戦いが必要でしょうか。しかたないことでないことは、先の戦争で嫌というほど分かっているはずです。
 この気持ちをこの8月だけでなく、皆、ずっと持ち続けなくてはいけないと思っています。
コメント

6連休でした!

2019-08-16 15:00:46 | Weblog
 タグの付け方が分からなくて、適当に付けてます。これでいいのかな?
 しばらく書いていないうちにいろいろ変わって、まだ慣れていません。

 10日から6連休でした。これまでも6連休、9連休などありましたが、ほとんど海外旅行か家にいないことが多く、今回はちょっとゆっくり、まったり過ごしました。
 と言っても、前半10日~12日は息子夫婦、孫たちと九重へ。まず、1泊目の宿、ガンジーファームへ。ここは孫たちと何度も泊まっていますが、温泉があって、料理はまあまあ、子連れでも気を使わないので選んでいます。
 夜は、2晩ともトランプ大会。6才と8才になって、ババ抜きや七並べですが結構できるので、いつも商品を買っていって、買った人から好きな物を取っていくようにしています。子供はとても張り切ります。いや、結構大人も・・・

 次の日は、午前中初めてのガラス工房体験。ガラスはとても好きで、見には行きますが、作るのは初めて。2人の職人さんが、手取り足取り教えてくれ、今回、私、お嫁ちゃん、孫がトライ。
 私は冷酒を飲むグラスを作りました。結構大変でしたが、ほとんど手を添えてくれるので、形だけ自分で作ったような・・・テレビなどで見たことがある、初めてガラスを吹く経験をしました。ガラスって繊細ですね。特にドロドロの時は。
 出来上がったのは、ゆっくり冷まさなくてはいけないので、後日送ってくるそうです。楽しみー!
 
 午後からは、竹田の河川敷きプールに行って、子供たちは結構冷たい川でも平気で泳ぎ、途中雨も降ってきましたが、喜んで遊んでいました。
 この日の宿は大好きなアマファソン。10年ぐらい前から行っているので、オーナーとも馴染みです。オーベルジュのプチホテルですが、子供たちも大好きで料理を楽しみに行っています。
 期待にたがわず、素晴らしいディナーでした。子供はすでにお子様ランチよりもミニコースをよく食べますので、お任せ子供コース。毎回おいしくて完食。ワインも進みます。
 この夜は少し雲があったのですが、晴れてきたのでホテルのガレージにビニールシートを広げて星の観察。電気も消してもらって楽しみました。その後、花火大会。そして、またトランプ大会。
 2晩とも孫は私たちの部屋に寝て、何しろ子供は夜中に動くので、私はちょっと寝不足。夫はグーグー寝ていましたが。

 3日目は先日ビスネットの「わいわい塾」に出ていただいた「ベリージュファーム」へ。九重と行ってもちょっと離れた結構山の中。広い敷地にたくさんのブルーベリーがなっていました。本当はピザを食べたかったのですが、1時間待ちと言われ(土日はいつもそうらしい)ブルベリーをしっかり取った後、おいしいジュースとアイスクリームを食べて帰りました。

 今回、考えさせられたのですが、国民的休みがあるのはいいのですが、どこに行っても人が一杯。どうしても集中します。今回特に台風が来たり、お盆だったりで、大混乱になりましたよね。人が集中する所では、受ける側の人手不足。どうしても観光、レジャーには人手がいりますよね。これから人はどんどん減るのに、どうしていくのでしょう。もう少し休みを分散させるのか、一度に長期の休みにして、過ごし方を変えるのか・・・など考えなくてはいけないのでは・・・


 後半の3日間は、部屋の掃除したり、花壇の手入れをしたり、貯まったVTRを見たり。 そうそう14日は久しぶりに近所のレストラン「にしむら」に行きました。今回も素晴らしい料理の数々。小皿が11皿ぐらいでしょうか。素材を生かした、しかし味の工夫、取り合わせ、全体料理の流れ、どれもいつも感心させられます。お茶道具の棗に入った締めの一口ラーメンには感動。デザートも素晴らしい!
 この日お客さんが多くて、3時間かかりましたが、次はどんな感動が待っているか楽しみです。

 そして、昨日は午前中、少し風がありましたが、台風もたいしたことないので、会社に出ました。一人で集中して仕事、いいですねー。はかどりました。
 準備万端、今日は朝から張り切って仕事しています。


コメント

なっとく!認定企業、2社増えました!

2019-08-09 16:07:34 | Weblog
 今月、2社、「なっとく!認定」企業さん、増えました。嬉しいことです。

 「なっとく!認定」とは、ビスネットが独自に作り上げた「消費生活アドバイザー」が厳選なモニターをしていい企業、商品、お店を認定するものです。

 今回、春日市の「お掃除でつくるやさしい未来」という企業さんと久留米市の「黒棒本舗」さんです。
 「お掃除ー」ってどんな会社だろうとお思いでしょう。ちょっと一言では語りにくいのですが、オフィスは構えず、クラウドで情報共有し、組織も作らず、1対1で仕事契約して、オフィスやマンションの掃除を受け合う企業です。その考え方の中には、子育て中の特に女性が働き続けやすい働き方を作り上げています。仙台や兵庫、熊本にも仕事や働く人がいて、すべてウエブで連絡を取り合っています。こういう会社があるのですね。

 黒棒本舗さんは、皆さんよくご存じの大正時代から続いている黒棒の会社さん。従来の黒棒だけではなく、黒糖のまんじゅう、かりんとう、リーフパイ、ロールケーキなど種類も多く、どれもおいしいです。
 久留米の本社横にもお店、喫茶がありますが、福岡市南区高宮にもお店があります。ここは私の実家の近くなのでよく買いに行きます。生前の母もここのロールケーキが好きでよくいっしょに食べたものです。
 おいしいだけではなく、誠実に、丁寧に商品を作られています。原料にも大変こだわっています。

 どちらの企業さんにも認定のモニター報告(しっかりと評価した消費者の声)を社長さんに伝え、認定の盾をお渡ししていきました。

 これからもなっとく!認定のお仲間として、ごいっしょにいい商品作り、誠実な企業活動を応援していきたいと思っています。
コメント