ギャラリー樟楠&あるぴいの銀花ギャラリー日記

作家の紹介から展覧会の様子。 ギャラリーのあるアルピーノ村の季節のお知らせ。

関井一夫・ひろみ 金工展 游~ゆらゆら~ はじまりました。(銀花)

2018-09-07 | あるぴいの銀花ギャラ...
あるぴいの銀花ギャラリーにて
関井一夫・ひろみ 金工展 游~ゆらゆら~ はじまりました。





出品作品は、万華鏡、レリーフ、アクセサリー(チョーカーやイヤリング)、茶匙など。








 
万華鏡は、見た目も 1本ずつ違いますので、じっくり時間を作って見に来てくださいませ。
 
レリーフも裸婦のイメージを残しながら、植物なども美しく表現されています。


 
游~ゆらゆら~
関井一夫・ひろみ 金工展
9/7(金)~ 9/17(月)
11:00 ~18:00(最終日16時) 火・水定休
関井一夫 9/14・15・16在廊
ひろみ 会期中13時~在廊予定
 
美しい万華鏡とともに関井一夫さんのレリーフを久しぶりに見た。
儚げでありながら、しなやかな強さを併せ持つ女性の姿のなんと美しいことか。
エッチング技法と鏨と金槌と当金…
彫鍛金技法の融合は、金属板材を鎚起するという原点に立ち、絵画と工芸と彫刻の狭間を彷徨う関井さんのドローイングスタイル。
傍らに寄り添う浩美さんの作品は上品で軽やかなシルバーのアクセサリー。
奇しくも還暦を過ぎてなお、ゆらゆらとどこに行くのか、行き着くのかは この先のお楽しみと関井さん。
じっくりと楽しませてもらいます。
(木村昭子)
 
あるぴいの銀花ギャラリー
さいたま市大宮区北袋町1-130-9
TEL 048-647-2856
 
 

『クラフト・ハンドメイド』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
«  Sheep Horn | トップ | 関井一夫 万華鏡「狼」 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。