いつまで続くかBLOG

私(かにたま)の適当きまぐれブログです☆
気軽にコメント!よろしくメカドック

春のごはん

2017年02月24日 | たべもの♪
先日スーパーに行ったら、びっくりするような価格でグリンピースが売られていたので買ってみた♪
…ここだけの話、鞘つきの状態で買うのは初めてである(大袈裟な(笑))
見た目、鞘がやわらかそうで「これスナップエンドウとどう違うんだろう?」と思いつつ、しばらく冷蔵庫で寝かせてたんだけど(ぉぃ)中から豆を取り出す時に「あーこりゃ鞘はこわい(かたい)な」と納得したのでありました(^^;

豆だけでなく、ごはんには押し麦混ぜてるマイブーム

朝に写真を撮るヨユーがなかったので、お弁当タイムにパチリ☆
豆少ないかな~と思ってたけれど、実際混ぜてみたら丁度いい量だった(^.^)

豆ごはんを炊くと「あぁ、春だなぁ」って思う。

参考にしたレシピがいいレシピで、塩加減も豆の仕上がりもよかったし、またいい出会いがあったら作ろうっと♪珍しく朝からダンナ氏がおかわりしたという( ̄ー ̄)だよねぇ~な美味しさだったのでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近の再お気に入り

2017年02月23日 | たべもの♪
しばらく実家に行ってなかったこともあり~ちょっと間があいていた「八橋ぱん」さんブーム…先日久々に行って復活気味(*´∀`)

その日の推しメンならぬ推しパンだったのがクリームパン。
ちょっと遅めに行ったから、もうないかな~と思ってたらあった。その上「出来たてのもありますし、そっちの方がいいかな」などとお店の方が、オーブンプレートの上にあったのを下さった♪

ブリオッシュ生地(だと思ってるのだが)のほんわかとした風味と、バニラしすぎてない自家製カスタードクリームが美味しい(^.^)クリームパンはこの生地のがタイプ。
そして、何だか鯛焼きのように皮よりも中身の方がアピール度高いぞ(笑)

個人的には、八橋ぱんさんのメイン層のパンとチースの相性がすごくいいと思っている。
カプレーゼは翌日温め直してから食べた~トマトソースがお子ちゃま味というか、少々甘めに仕上がってて、普通よりも少々多めにかかってるのがいい。
他にも冷蔵コーナーにあるチャバッタのサンドイッチにも、これでもかーとチーズが入っててたまらんかった( ̄m ̄)

津幡の大通りじゃない所にある上、駐車場もなかなかテクニックが要りそうな所なんだけど、実家に行く途中にひょひょーいと寄り道(笑)写真見てたらまた食べたくなってきた(;´Д`)このブームはセレブミートにやっばいぞ!(ぉぃ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

石引温泉 亀の湯

2017年02月22日 | おんせんとー
この道は近いのだろうか?遠いのだろうか?
何となくだらだらーっとまっすぐに走ると便利な道があり、地味に走りながら「これはきっと金沢城を中心に弧を描いているのだな」と思うのが国道8号線と、今回の石引温泉・亀の湯さんがある前の通り。いやいや、他にもともかく「まるでフランスかっ」というくらいに城が中心で道が出来ている街なのだが…(^^;まぁ通るたびに気になっていたところへ行ってきたのである。

金沢大学の病院近くの石引一丁目と笠舞三丁目を結ぶ坂道の途中、薄いグレーのビルみたいな建物に「石引温泉」と書いてあるのが目立っていた。よく見るとその横面に「亀の湯」ともある。
駐車場狭いな~と思ってたら、道を挟んだ斜向かいにもあるので、道が混む時間帯ならばそっちに停めた方が楽かもしれぬ。

写真の玄関口を入ると100円返却式のロッカーっぽい下駄箱が並ぶ。ほぼ地元の方々なのだろう、鍵をかけて使ってる方はほぼ皆無でそのまま使ったり、普通の家の玄関みたいに土間に靴が脱いであったりとなかなかのフリーダム感(・・;)ま、確かに下駄箱に100円入れて使うのは面倒だよね。

靴を脱いで中に入ると目の前にはエレベーター。
昔の情報だと2階と4階に休憩スペースがあったようなんだけれど、どうやら今は3階のお風呂場だけが使われている模様。

3階に着くと、もう1つの玄関がある。
建物が斜面に建っているため下の駐車場から行くと3階にお風呂の感覚なのだが、普通に住宅地の中にお風呂の階へ出入口もあるのだ。ご近所さんならここから来られそう。

3階玄関の横にある券売機で大人券(440円)を購入し、えらくにこやかな受付の方に渡して中へ。
なかなかにレトロな雰囲気…周りにロッカーと真ん中に島みたいな低めのロッカー、男湯との間は例によって鏡の壁になっており、昔は番台だったんだろうスペースには「いつからそこに?」的なデザインの垢すりが売られていた。

何となくの記憶ながら、中はこんな感じのレイアウトだった。
全て固定シャワーつきの赤・青カランな洗い場。昔ながらの感じか、若干お隣との間隔が狭いかな~

行った時間が比較的混む時間だったようで、なかなかのじゅうじゅう感(^_^;)久々に固定シャワーだと思い、頑張って頭を洗って~適温にするのが面倒だななど思いながらケロリン桶に湯を張り体を洗った。隣りからアワアワ水がだばーっと来るのはお約束的な…こっちも流しますよ、だばー。

噂によると露天風呂はかなりのぬる目でかけ流しなんだそう♪
さらーっと内湯に浸かり、そのあとウキウキしながら露天をのぞいたら…ビックリするくらいの混みっぷり(笑)3人入ってちょっと隣りと気を遣う…か…ぐらいのところに5人!一瞬近くまで行くも怯んで内湯に戻ってしまったよ。

内湯は三段階になっていた。
上流から深めのところ、二段目は超浅めのジャグジーっぽいの、三段目は少々深めの座湯(こっそりと背中側から湯が出ている)で、上流が少々熱めの41~42℃程度…流れ着く下流が40~41℃程の体感温度だった。
湯の色はアメリカンコーヒーと麦茶の間ぐらい。匂いはちょっとヨードな感じと、極々わずかにプール。何となくぬるりとした感じがあるけれど、先日の片山津ほどのパンチはなく優しめの肌触りだった。

内湯から露天の出入り口を眺めて待ってたら、今なら何となく入れそう(-_☆)キラーン
向かうとお地蔵さんみたいに動かない感じの方が2人入ってらして、3人目がそこに並ぶのに移動…そして私が4人目として角に収まるというレイアウトながら入る事が出来た。

…ぬるーーーーっ(°◇°)

体感は36~37℃。お風呂の中で寝落ちしちゃって「ハッ」ってなった時に、居心地いいけれど出ると寒いぐらいの湯温(どんなだ?)である。加水も加温もなく、むき出しの配管からドドドドと湯が落ちてくるだけの状態なのだ。
内湯とは色合いは同じよう(暗かったけどやや薄い?)だけど、香りと肌触りが違う。ヨードとかプールの感じが無くて、お湯自体ではなく露天スペースに石油とかガス系の香りが漂っており、肌触りはかなりのとろり感。そして移動するとちょっと体が浮く感じがあるので塩気も強そう。
やわらかいお湯でぬるいので、相当じわじわ入ってないと効かなそうというか寒そう(笑)でも、配管口から勢いよくしぶきが顔にかかるくらいに出てるお湯(源泉っすよね?)を思えば、今日はここを中心に入ろうと決めたのであった。

一旦露天(と書けども、何だか温室的な雰囲気)からあがり、しっかりと体を洗ってからまた戻り~と、今度はタイミング良く貸し切りだったヾ(@⌒▽⌒@)ノ
どうやったら気持ちよく浸かれるか…普通に座ってると肩が出て寒いので、首までずっぽりと浸かりたいのだ!といいバランスをとりながら寛いでいた。
ようやく体勢が整い「ふぅ♪」と思う頃にお一人いらっしゃった。
何となく端に寄って気遣いを見せたところ~なんと、なんとっ!その方、湯口からどどどと出てるお湯で顔を洗い始めたのだ( ̄□ ̄;)待てぃ!そのお湯そのまま湯船に入ってるやん!!泡こそなけれども、これはちょっと…と思い(そういうところはやや潔癖なのねん)出ることにした。なんか普通にシャワーみたいに体流してるし…
見えてないところならいいんだけど(ホントは良くないけれど、知らなかった事に出来るから)目の前でやる?

そしてほとぼりが冷めた頃、もう一度露天へ。今度こそ~と寛いでいると、今思えばさっきの方なんだろう、また顔を洗って~打たせ湯状態で湯口を陣取り始めた。いや、あの勢いある感じ、確かに打たせ湯?なノリかもだけどさ、

私はおば〇汁のかけ流しを楽しみに来たのではナーーーーイ!!

なんだろなー私が潔癖なだけなのだろうか…せめて貸し切りの時に一人で楽しんでくれよ、それ(-"-;)
すっかり気が削がれてしまい、内湯めぐりをして出てしまった。きっと長く浸かれたら、それはそれは楽しめそうなぬる湯だっただけに、残念無念なのである。

てなわけで~勝手にインプレッション!

コスパ  ☆☆☆ スチームサウナも楽しめると思えば得かな?ややレトロなので相殺して普通。
渋い度 ☆☆☆☆ 飲泉出来たのかな?露天の横に亀がのぞく小さな湯口があった。かわゆす。
リピる?  ☆☆ 状況次第では☆4か…ぬるい露天は夏にもってこいな環境。

利用時間 12:30~24:00 (月に数度休みアリ、金曜日らしい)
入浴料金440円(大人) ドライヤー料金20円/3分ほど

phは8.2。泉質はナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(低張性弱アルカリ低温泉)
露天はかなりぬるめ、最後は内湯で温まったからか?湯上りはそんなに暑くないんだけど、地味ぃにホカ?ホカ??ぐらいで温かいのが続く感覚。肌はさらっとすべすべ系。
あーかけ流し楽しみたかったよぅ(ToT)あれって普通なん?
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

いつかは我が身

2017年02月21日 | てきとう
すっかりおじーちゃん、ややおばーちゃんなMy両親ズ…の所に10㎏の米が届いたそうな。我が家でも1ヶ月で5㎏いくかな~ぐらいなので、なかなかの量である。ということで「とりに来い」ホットラインがきたので久々に実家に行ってきた。

ぐだぐだとしてて夕飯時「あんまりお腹空かんし、何作ればいいか分からんわ」というおかん、おとんは基本的に夜はごはん食べずに晩酌オンリーでつまみがあればよいらしく…じゃあとばかし、近所にあった定食屋に連れていってみた。

よくある、小鉢やおかずをトレイに好きなだけとって、最後に会計するシステムのお店。
そこでも「何食べていいか分からん」「食べられるか分からん」などなどいうので「食べれんかったら食べたげるから」と…まぁ正直美味しい!という訳ではないんだけど、ちょっとずつおかずを選んで食べられるのは楽しいかなと思ってたら、ダンナ両親ズと同じく楽しかったらしい。もちろん「やっぱりこんなに食べれん」といって、かぼちゃの煮たのとか揚げだし豆腐とか、焼き魚半分とかこっち来たけど(°◇°)~やっぱりかっ!

実家がまだ商売をしてた頃は、店の準備をしたり、近くに買いものに行ったりと細々してたらしいんだけど、こうして普通に家にいるだけになると手芸をするかテレビを見るしかなくて、動かないからお腹空かないんだとか。
それでも何も食べないという訳にもいかず、作るんだけど~そんなに量もいらないし、年を重ねてくるとお互いに食べられるものに違いが出てくる(入れ歯vs好き嫌い)ようで難しいのだとか。
前にも書いたかもしれないけれど、コンビニに最近小さいおかずがいっぱい売ってるの、うちの親世代の層にも受け入れられてるんだろうな~と思うと複雑になったわ(;´д`)

食堂の帰り道にスーパーにも寄ってきた。今日は「煮ものを作る」という目的があったようで比較的元気よく買いものしてたけれど…いつもはどうなのかなぁとか。すでにお友だち何人からか「将来は引きこもり」と予言されてる私としては、なんだか考えさせられたのでありましたとさ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

もつ煮でソイヤ

2017年02月20日 | そとごはん
週末は外食まつりだった…バレンタインデーで作った二軍さんたちをチビチビと消化しつつの贅沢まつりに、あっという間にセレブミートがさらに倍!状態( ̄□ ̄;)

そんな中、写真の点数がそんなに無いものからUP☆←ミートはスルーの方向

所用でダンナ氏をお迎えに行った日、丁度お昼時だったので定食屋にでも~と思ってたら、時間的にアウト!ダンナ氏の思惑通りにラーメンかカレーということになり…行ったのは西南部の方にある一世風靡さん。

初めて行ったお店なのに、レギュラーメニューで無く期間限定に心が動いてしまい「もつ煮みそらーめん(750円)」をオーダー。野菜不足だったので、せめてものあがきで「赤(辛味だれ付もやし・100円)」をトッピング。

ちょーっとクセが残ったもつが何ともいえず、後引く味だった。
見ためよりも結構あっさり♪(^.^)そして、そんなに辛くないと言われてた赤がじわりじわりと来る辛さで…でも食べられるギリギリで、じわりじわりしながら食べた(笑)
今までごはん食べて汗かいた事なかったけれど、さすがに汗だくだったわ!

麺はこんな感じ。ちょっと時間経ってから撮ったから、それほどでも無く見えるけれど、かなり細めのストレート。
もっちりとしてて、まとまり感のある麺がスープをまとったのをズズズと心のままに食べて、めっちゃ口の中火傷した(爆)水ぶくれできるレベルは久々(O.O;)あはは

見た目を裏切るあっさり感、麺の質感…そして後から後から無くならないもつの多さ、驚きとオトク感がある一杯だったよ~♪

ダンナ氏はとまと味噌らーめん(750円)に煮玉子(50円)をトッピングして食べてた。

ダンナ氏が某所にUPしてた画像を勝手にもらったぜぃ

ちょ!これ美味しい!!
トマト苦手なんだけどソースは好きという私…こちらはとんこつベースを感じさせながらも、トマトのいい具合の酸味が爽やかでよかった~チャーシューいらないと思うほど(でも煮玉子はおすすめかな)
トッピングでバターを入れるという手もありそうだけど、そのままあっさりの方が良さ気な気がした。試してもないのに、それも自分の皿でもないのに言うなという話だがσ(^◇^;)

いつもならば、餃子~とか小さな丼~などを追加してダンナ氏とシェアして食べるんだけど、トッピングしたのもあってかラーメンだけでお腹いっぱいだった。そしてここも珍しく、普段好みの合わない2人とも「美味しい」と思うお店だったので、またいつか行けたらなって思ったよ♪ごちそうさまでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

料理教室・65度目☆

2017年02月19日 | ネパール料理・教室
今月はお一人参戦…教室の日はかなり暖かかったので、道中眠気と闘うので必死だった(^^;春近しだね(え?

てなわけで、今月はこんな感じ↓

こっそりと変わった食材が多いというスペシャルメニューだったのら(*^_^*)

メインで習ったのは大好きなダール(豆のスープ)日本でいうところの味噌汁的なものというだけあって、同じようにダールと言えども、習う度にちょっとずつ違うのが面白いところ。
今回は緑豆(ムングダール)とウラド豆(マスコダル)を使ったもの、黒めに仕上げたいので黒豆を煮る時のように鉄を入れて作ってらしたよ~

仕上げには、タルカパンという小さな鍋というかフライパンのようなものでギー(発酵バターの上澄み的なもの)を熱し、写ってる材料(左からヒング、ジンブー、生姜)と唐辛子をジュワッとさせ…その熱々のタルカパンごと鍋に入れてジュージューさせるという作業がある。これで香りが格段に変わり、ダール本来の色もさらに黒めになるという。

今回は珍しくパパドも登場。
パパドは乾燥した薄い板状で売られてるようなんだけど、それを揚げたり焼いたりして食べるらしい。
今回のは胡椒が入ったもので、焼いた方が合いそうということからガスの直火で炙ったものが出てきた。パリパリのをごはんの上で崩して、ダールなどと混ぜ混ぜして食べるのだ♪

そのほかのおかずたち~左上から時計回りに
・グンドゥルク バトマス
バトマス(大豆)を使ったサラダ的なもの。茶色い山菜みたいなのは大根の葉のようなものを干して、葉っぱでくるんで発酵させた保存食のようなもの…これが今月の隠れたメイン食材(・・;)発酵してるので、やや酸味がかった香りがするんだけど、漬けもの文化からすると馴染みのある味わいだった。大豆、ちょっと硬いんだけどクセになる味。
・ククラコマス
鶏肉を煮込んだカレー。こってりとしたグレービーソースが美味しい。以前習った時はアジョワンシードを入れてもっとスープっぽいのになってたけれど、これもまたその1つ。
・シドラコ アチャル
煮干しのような魚を使った和えもの。ネパールって海無いし、お魚は川魚メインなのかなと思うんだけど、商業の盛んな民族(ネワール族だっけ)の方が変わった食材を仕入れていらっしゃるんだとか。小魚をおやつに育った自分としてはずっと食べられる味(笑)
・べにくるりん
先生の畑で育ったきれいな紅色の大根。シンプルにせん切りにしただけ。
・じゃがいものサブジ
優しい味わいのじゃがいものスパイス炒め…スパイスと書けども一般的に考える辛いものではなく、クミンシードとターメリックぐらいしか入ってない。全体的なメニューのバランスによって、スパイシーだったり優しかったりと変えているそうな。

全体的に好きなものが多くて、それぞれちょっとずつおかわりしたいと思ったけれど、全部は無理だった~大豆のサラダはボリボリと食感が面白かったので、それだけは…と(-_☆)ぼりぼり

食後はチヤ(スパイシーなミルクティ)と先生お手製のデザート。

何だか可愛かったので、アップで撮ってみた``r(^^;)
ショコラクレームブリュレとベリー系のクリームが挟まったマカロン。
2月はバレンタインデーがあるからか、デザートはチョコ系だな♪ちょうどいい甘さでこっくりと、そしてカカオの苦みもあって美味しい☆
マカロンは卵白が沢山出るからついでに作られたらしい…マカロン、私には鬼門のメニュー(前作って失敗した)で普段食べてもそんなに美味しいなとは思わないんだけど、先生のは美味しかった。ふふ、美味しかったばかりだな(^_^;)

お腹いっぱいで満足♪
さて、帰りも眠気と闘わなければ~と思ってたら、教室の後に先生が濃い目のお茶をふるまって下さった。それでもやっぱり眠かったけれど、無事帰宅。普段一緒に連れてって下さってるきみ犬先輩に改めて感謝!だったのでありました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

揺れる~

2017年02月18日 | 携帯
最近自分の目に入ったまつ毛が見えない…いや、痛いけれど入っているのかどうかすら分からない。
昔から視力が良かったからか、40過ぎた辺りから明らかに老眼の波がどぱーんと来てるんだけど、最近はもう夕方になるとボヤヤーンとなってメガネがありがたいレベルになってきた。遠くは変わらず見えるのに、近くなんてもうもう(O.O;)

で、携帯…相変わらずガラケーちゃん☆バリバリ使える現役なんだが、ガラケーちゃんからネット検索がどんどん出来なくなっており、お得なお知らせメールも非対応のものが増えてきた。

そんな折、イマドキハイテク機器を目の前にした。
大きくてクリアな画面♪使いやすそう~(*^.^*)

ずっとガラケーちゃんを使ってると、時々携帯会社(私は白いお父さん犬のキャリアだ)から「スマホデビューしませんか?今なら〇〇円~で入れます」という案内が届く。
でも知っている、お得な期間があるだけで、期間が過ぎれば今の携帯代の4倍ぐらいの料金がかかる事を( ̄□ ̄;)!

でも揺れる…いっそキャリアを抜けてSIMフリーになっちゃう?と思って調べると、鼻血ブーなんだよね~端末本体代が。キャリアだと分割や割引があるから、その辺りもやもやんとして「あれ?払えるんじゃない?」って思えるんだけど(笑)
りんごマークのが使いやすそうで慣れてる(新しく無くなったけれど、新しいおもちゃiPodTouchでね)から、それがいいんだ。

揺れるわ~揺れる。

そろそろ、年末ジャンボの結果でも見とくかな(ぉぃ
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

片山津温泉 総湯

2017年02月17日 | おんせんとー

以前からある足湯の公園から、柴山潟側へ行った先にまるで美術館のような外観…ネットで写真は見てはいたけれど、目の前にすると「これが片山津温泉の新しい総湯なの?」という驚きでいっぱいの建物があった。

何かの画像で「総湯」の部分が「街湯」になっていたのだけど、やはり馴染みがあるのは総湯だということで取り替えられたそうな~ちと総の文字だけ色合いが違うのと英文は変わってないのがニヤリ。
建物に入るとすぐに券売機、そして次の自動ドアが開くと目の前が受付…番台ではなく受付(^^;チケットを渡すと、今日のお風呂を案内される。行った日は奇数日だったので女湯は「潟の湯」という、窓から柴山潟の景色が見える方のお風呂だった。もう1つは「森の湯」、偶数日と奇数日で男女を入れ替えているらしい。
公式サイトにカレンダーがあるのでごっちゃになった場合はご確認を~

潟の湯へ向かう正面はガラス張り。景色はこんな感じ~
あまり長くない廊下を進むと目の前にいきなり洗面スペース、そして脱衣所。お風呂がそれぞれ完全に分かれてるので扉とか無いのが不思議だった。
白木な雰囲気の設えでロッカーが70ほどかな。建築士がデザインしました!って雰囲気の空間…THEシンプル!!なのだが~箱はそうでも、地元感があふれる部分がそこかしこに(*´∀`)トイレのマット代わり?とお風呂の足ふきマットが多分どこかのうちから来たであろう使い古しのバスタオルなのだ♪イカスっ!そこだけ家庭的な香り。それ以上に総湯なんだな~と思わせるのが地元のお姉さま方でじゅうじゅうしてるとこ…方言もバリバリ。

なんとなーくな見取り図…記憶に薄いけど、中はL字の浴槽を中心に対照な感じの造りだった。青い部分がガラスになってて、柴山潟の景色をみられるという具合。
洗い場にはサーモスタット&ホースつきのシャワーが全てについており、少々使いにくい高さであるが膝よりも低い位置に木製の台がある。室内は外から見えないようにする配慮か、かなり照明が落とされており暗め…裸電球のような明るさの灯りが天井と、各々の洗い場の鏡の上についてるだけで、夜はどうなるんだろうという不安?!(O.O;)
椅子は少し背もたれがついてて、湯桶は切れこみが入った、これまたデザイン感あふれる造り…多分シンカテックってところのものかな~椅子がクロビス、桶がデュローという組み合わせっぽい。かっちょいい。
で、で、さらにかっこいいのが~床。黒い滑りにくい大きめの石っぽいタイルなのだけど、排水フタが通常銀色なのにそこもタイルで覆われているため、何か石の間に水も石鹸の泡も吸い込まれていく様が素敵なのだ(@_@;)秘密基地っぽい!

あ…風呂入りに来たんだった(笑)

お風呂はガラスに面しててL字型。潟の中心に向かう側が普通の深さで湯温は低め…とはいえ、熱いと評判の片山津のお風呂、体感的に42~43℃。やや狭目の深い方は深さ70cmぐらいありそうな感じで湯温高め、43~44℃はありそう。浅い方で入って慣れると入れるけれど、長湯は無理!しかしねぇ~浴槽がインフィニティプールのような造りで柴山潟と一体とまでいかずとも、何だか景色が目の前に広がってて、露天風呂ではないけれど解放感抜群で長湯したくなるのだわ。
香りは成分表に硫化水素臭とあったけれど、ほぼ無しでややプールフレグランス。肌触りは優しくなくビリビリとする感じ…うおぅ効きそうという印象(^_^;)熱いのもあるけれど、体感的に長湯したらダメだろうな~と思い、いつもよりは短めに浸かったよ。

湯上りはさっぱり系。あまり汗は出ないんだけど熱い…体の中心がほかほかする系で、冬に入るにはぴったりだと思った♪あと肌はさっぱりでカサカサ一歩手前のさわり心地なんだけど、何故かしっとりしてるという不思議?!先日入った宮島温泉滝の荘とよく似たノリであった。

熱い熱いと思いながらも、地元の方々は慣れたものなのか、私がほぼ一通り浸かって洗って出る間中、浴槽の方で話し続けてる猛者たちがちらほらり~浅い方は階段状の所に腰かけると半身浴のような高さになり涼め、挙句は浴槽とガラスの間に座って完全に涼むという…流石にそれは外から見えるんじゃないか?と思いながらも、酸いも甘いも知りつくしたお姉様方にそんな心配なぞナンセンスというものだと自己完結した(ぉぃ)

何故にこうもスタイリッシュな雰囲気の総湯にしたんだろう?

箱はお洒落でも、入りにくる方々は昔の総湯のイメージのままなのだ。その違和感が「らしいな」と思わざるを得ない感じが味?!実際はどうなのかなぁ~(^_^;)と複雑な気持ちになったのでありましたとさ☆

てなわけで~勝手にインプレッション!

コスパ    ☆☆☆ 総湯と名のつくほどのシンプル感。手ぶら度は低めでござる
おしゃれ度☆☆☆☆☆ スタイリッシューー!旅先で入るんだったら楽しそう。造りはやや使いづらい。
リピる?  ☆☆☆★ あのビリビリとくる湯触りと景色が後を引く感じ

利用時間6~22:00(臨時休館アリ、2階のカフェは木曜定休10~17:00)
入浴料金440円(大人)

お湯のphは7.0とか7.3と書いてあった気がしたんだけど、サイトにはph6.6とありやや酸性気味の中性。ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(高張性中性高温泉)で、ラドンの表記もあったよな~よく分からんけれど、温泉成分の勉強したら面白そうだよね♪

あと3/31まで加賀市の三温泉四湯で「タダ湯めぐり」キャンペーン中!!
19~22歳(1994年4月2日~1998年4月1日生)の方々は身分証明を出来るものを受付に出せば、片山津温泉の総湯、山代温泉の総湯と古総湯、山中温泉の菊の湯が無料で利用できる他、若者限定のお得なプランで宿に泊まれるそうな。スキー場の「雪マジ!19(19歳はリフト券がタダ)」といい羨ましいぞ19歳!私の頃は辛うじてバブルだったからな~そんなん無かったぞ!!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北陸の

2017年02月16日 | てきとう

冬といえば鉛色がお約束な北陸の空。
お日様さんさんなところから見たら、写真の空は「薄曇り」なのかもしれないけれど、自分の感覚だとほぼ快晴だ(笑)
めっちゃいい天気で気持ち良かった~(^-^)寝そうになったぜ。

虫が飛んでたり(今日カメムシ見た!)ふきのとうの話題があちこちで出たり、そして暖かかったこともあって、もう春なんじゃない?と錯覚しそうになった。
あと4,50日したら桜の便りが聞けるんだな♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウルトラマンだ!

2017年02月15日 | 単管バリケード
2月8日、地元紙である北國新聞のある記事を、きみ犬さんとダンナ氏がLINEで送ってきてくれた。
「小松市内にウルトラマンの単管バリケードがあるらしい」
ヒントは小松市内と道路拡張工事中の現場ということだけ…そんなざっくりとした場所あかんやんと思ってたけれど、ネットで調べたら工事中じゃなくて道路の規制情報みたいなのは見つけることができたので、目星をつけて行ってみた→結果、暗くなっちゃって見つけられないままアウト!

ヒマ人か?なんだが、別の方法で調べた。
すると、現場が「国道8号線の拡張工事」であることが判明!何で前は分からなかったんだ?私!と思いつつリトライして、ようやく出会えましたヾ(@⌒▽⌒@)ノ
(日刊建設工業新聞さん、詳細な記事あげてて下さってありがとうございました!!)

すんごいいっぱい並んでた!
ただ通称加賀産業道路の中央分離帯近くだから、近寄ってハーイって撮れなかった…クリアなのは8日の北國新聞に載ってるから(本末転倒(笑))
工事の方が車停めるところ?みたいな路肩の広場にちょろんとお邪魔して、めいっぱい大きくして撮った。ダメやったらゴメンナサイ!反対側には歩道があるのだけど、角度的に無理そうだった~(実は近くを3往復もしたアホちゃんσ(^◇^;))

金沢市の保安用品の会社であるホクシン工業さんの商品で「ウルトラマンバリケード」という名前らしく、ウルトラマンの脚本をされていた方が能美市出身だったのもご縁で、手取フィッシュランドウルトラマンスタジアムがあるらしい)の協力もあって、円谷プロダクションとの間で利用承諾契約を交わして作られたらしい(長かった!)
ちなみにモデルは初代ウルトラマンなのだそう。

で、で…前々から話には聞いてたんだけど、ここにはリサイクルちゃん(私が勝手につけてたあだ名、正式には「エコキャラスタンド」というらしい)のレアキャラが2つともいるのだ。
流石にレアキャラとあって、数多ある中の数個だし、写真撮るのが難しいところにいたので…こちら興味のある方は、安全運転で現場にて確認して下せぇm(__)m
現場は8号線を福井方面に向かって走り、道の駅木場潟に抜けるICから粟津温泉に向かうICの間なり。

画像はホクシン工業さんのエコキャラスタンドのページからお借りしました

右の葉っぱのっけてるタヌキちゃんと、お魚くわえたニャンコ(もっとお魚は新鮮そうだった(笑))がそうだよ~

あぁ、もっと近くでちゃんと見たい(-。-) ボソッ
ウルトラマンに関しては、今後使用される現場が広がっていくようだから、いつかどこかで見つけられる事に期待だな♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加