いつまで続くかBLOG

私(かにたま)の適当きまぐれブログです☆
気軽にコメント!よろしくメカドック

ほのぼの湯

2017年01月18日 | おんせんとー
※営業は17年1月22日(日)まで。建て替えの建物との連結のため4月まで休業。再オープン日までは未定。

内灘は夕焼けの時間に通るのが好きで、あの大きな橋を背景に暮れゆく景色を見るのがいい♪なーんて、ほのぼの湯…工事中やんと思ってたら「営業中」ののぼりがはためいていた。
で、雨の中…夕焼けの話どこやねんというノリで行ってきた(^^;

ただでさえ工事中のところ、入口は建物向かって右側に看板も無く設置されており…行ったことがなければ、なかなか近づきがたい感じ(・・;)
雨降ってたけれど夜に行ってよかったー!灯りに導かれたよ。

中に入ると靴置き場、そして進むと券売機と番台的なカウンター、400円で大人券を買ってお姉さんに手渡す仕組み。
以前来た時は内灘町の福祉センターの中をずいずい歩いて結構奥だった記憶なんだが、その部分が取り壊されて新しくなってるので、写真のしょんぼり入口からすぐそこなのである。何だか不思議(^^;;

えんじ色ののれんをくぐり、すぐに脱衣所。
ロッカーはナンバリングが100まであるので単純に100個…あとレストハウス用という高さのあるものが10個ちょいある。
行った時間が遅かったせいかお風呂から出る方ばかりで、ロッカーの場所も結構空いていた。もこもこの上着をきていたので、贅沢にロッカー2個使い~しても怒られないぜ♪(一応気を使って、あまり使われない上段に入れる辺り小心者)

さささと脱いで、道具を持ってお風呂場へ。
中はプールとは違うタイプの消毒臭が…うおぅと思うけれど、そういう面で気を遣ってるのだと。ちとヨードチンキとか、その辺りの香り(まさかの温泉臭じゃないよね?)
洗い場は全てホースがついたシャワーつき、右手にあるレバーをぐいっとすると一定時間かなりの水圧で湯が出るのがいい(^.^)って、ほんとかなりの水圧なので周りに人がいる時は浴びる時に注意必要そうだなぁ。

さらっと洗って湯船へGO!
こちらはメインの浴槽が深さ90cmもあり、チビッコ注意レベル。中へは階段を2段ばかり降りて行かねばならず、低い方の段に腰かけると丁度首まで浸かれてイイ気分なのだ(^-^)
お湯の体感は40~41℃、好みの湯加減♪色は、紅茶色レベル…前回がれもん湯さんだったってこともあるからか、余計にあっさり目の色に見えたわ(笑)香りはほぼ無し、独特の消毒臭のせいか?辛うじて鉄っぽい金気臭と土臭を感じるレベルだった。
きっとバリバリ循環してるんだろうなぁ~という雰囲気ながら、何だか湯の感じがやわらかくていい具合。
そうそう!こちらのおんせんとーは大きな窓がついてて景色が楽しめる(^.^)夜景は内灘からレベルなのでポチポチっとした灯りながら、ぼーっと見られるのがいい。お昼はかなりツイてれば立山連峰まで見られるはず!そうでなくとも海ならぬ潟の景色は見られるだろう。

メインの浴槽の隣りには座り湯っぽいジャグジー(多分白湯)、あとその反対側にはスロープ状の浅めの湯船があった…これは多分チビッコ向けと思われる。
お風呂スペースの真ん中にも丸い形の湯船があり、日替わり的なノリで変わり湯が楽しめるようだ…とはいえ、私が行った時は「河北放水路温泉」なる地下〇mから掘りました~という、メイン浴槽と何が違うのだ?というお湯だったのだが(;´д`)以前はヒアルロン湯や赤っぽい何か(ワイン湯?)だった覚えが。

そういえば、こちらのほのぼの湯の営業時間は21:30までなんだが~平日だからか?地元民たちの暗黙のルールなのか?21時をまわると、利用者は数人レベルになってしまった。その辺りになると、係のお姉さんが閉店のために色々チェックしにいらっしゃり…閉館10分前には蛍の光が流れるんだが、その頃には「もう帰らねば」と思わせる雰囲気であった。直接的なプレッシャーはないけれど~精神的にはある(爆)

慌てて着替え、髪を乾かして帰ったよ~
湯上りはつるつるよりもかなりサッパリというか脂取り系で、塩成分が強いのか結構な時間ポカポカしてた。ほのぼの湯じゃなくてぽかぽか湯がいいんじゃない?

てなわけで~勝手にインプレッション!

コスパ  ☆☆☆☆ 400円でサウナつき。お昼に来たら景色もっと良さそう。
深さ  ☆☆☆☆★ かなり深め…最後人がいなかったのでちみっと泳いだ(ぉぃ
リピる? ☆☆☆★ 時間によってのんびり出来そう…ほかほかなので夏以外向きかな

ナトリウム-塩化物泉でph7.1と中性。感覚的に塩気多そう~湯上り肌がぺったぺた後にさらさらで、汗止まらずでございました~。

営業時間:10~21:30(閉館時間)
休日:毎月第一火曜日・12月31日、1月1日
最初にも書いたけれど、今の形態での営業は1/22まで。再オープン(どうやら新しい建物の2階になるらしい)は4月予定なんだってさ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

透かし入り

2017年01月17日 | てきとう
私に任せると、ダメだということを最近悟ったダンナ氏が交換してきてくれた。

今年の年賀状についてきた「お年玉賞品」3等の切手シート☆
今まではめっちゃ「日本です!」って感じだったのが、あらら~今年は何だか女子ウケしそうで可愛くてよ(^.^)台紙の部分がちとメルヘンちっくながら、実際の切手部分はそれほど甘すぎないから「うわぁ」っておじさん困らずに済みそう(何目線?)

さらに、言われなきゃ気づかなかったんだけどね…

台紙が所々型抜かれてて、お花模様になってるの!きゃわわー
確かに切手の周りのミシン目の技術使えばできるものね~いいね!いいね!

我が家の今年の成績は切手シート3枚…ま、まぁまぁかな(^_^;)

当選はがきの交換は平成29年7月18日(火)までですって~
郵便年賀jp:お年玉商品のご案内
↑検索したら一発なんだけど、リンク貼ってみた。
私だったらきっと夏に交換してただろうなぁ~な年賀状のお年玉…ハッ!交換してない年もあった(°◇°)~ガーンってならないように、ぜひぜひ(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スパイス始め

2017年01月16日 | うちごはん
作ってからしばらく経ってるんだが~旅行UPしてたのでスライドして今更(^^;;;

正月明けて「そろそろスパイス系」と思って作ったのが、サブジ(白い皿の茶色いの)とチキンとひよこ豆のカレー(手前のガラス容器)

いや~ここんとこ、スパイス料理とご無沙汰だったんか、久々に作ったようで手順が抜けてる自分にびっくりさ!σ(^◇^;)
先生が「回数作ると感覚が出てくる」とおっしゃってたんだけど、逆も真なりというか、作らなかったらヌケヌケになっちゃうのね(笑)
そのくせ欲張って、サブジもカレーも両方一気に作ったら、焦げたわ(;´д`)

サブジは野菜の炒め煮のようなもの、通常のカレーよりも少々スパイス控えめにして、野菜の優しい甘みが美味しい料理だと思う。前に作った時は「教室の時のと全然違うな」としょんぼりだったんだけど、きみ犬先輩のアドバイスを思い出して調整したら美味しくできたよ♪
カレーについては…かなりのリサイクル感。スープを取った鶏ガラについてたお肉をはがして具にしたという(^_^;)通常お水いれるのをそのスープにしたからさ、焦げちゃってもその分フォローされた感。

失敗しちゃったーと思ってたら意外に美味しく出来てたのが、お料理の神様からのお年玉?!
ちゃんと回数作って精進しないとね~なのでした(*^^*ゞ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大阪・和歌山・奈良 添

2017年01月15日 | たべもの♪
旅行記は終わったんだけど…3つばかしオマケを(^^;;

和歌山で飲みに行った「多田屋」さんで、お隣になったMさんから戴いたお醤油
何かの話の途中で「醤油は和歌山が発祥なんだ」という展開から「美味い醤油がある」ということになり…銘柄を教えてもらえるのかな~って思ってたら「ちょっと待っててな」と携帯を手にされたと思うとある場所に電話…のち、飲んでるお店に届いたというシロモノ!!(@_@;)びっくりした!

純粋にお醤油という訳ではなく、少々甘めのもの。

戻ってきてから、おススメだというお刺身のほか、玉子ごはんにしても食べた。
お刺身は今自宅で使ってるものと比較したんだけどね、確かにこっちの方が美味しいの。ぺろりと舐めると自分ちの方が好きなんだけどね、お刺身に使うとね~甘いお醤油が合うんだね。
まさかお隣になっただけのご縁の方から、お醤油戴くとは思ってなかったのでとにかくビックリしたよ!


和歌山といえば、有田みかんを始め柑橘類がすごく多いイメージで…旅の楽しみとして、ダンナ氏と「みかん買おうぜ」とこっそり盛りあがってた``r(^^;)
大小あるみかん、左は和歌山から奈良に抜ける途中の道の駅「かつらぎ西」さんで買ったもの。2Lか3Lぐらいの大きさのが10個ぐらい入ってて230円とか!
右はマツゲンさんという地元っぽいスーパーで買った栗栖農園さんのみかん。こちらは通常というかMサイズが1袋で498円。
右のはかなり甘い、こっちの方で買うのは甘いとはいえ「何だか薄い?」って感じがするんだけど、こちらのは濃い味の甘さがあった~。
で、左のは懐かしい感じのみかん。皮がすごく分厚くて、筋は取りにくいわ中の袋は口に残り気味だわ…だけど、酸味がしっかりあって美味しいの。うわー!価格にビックリして「カスカスだったらどうしよう」って1袋だけにしたんだけど、2袋買ってきてもよかったなー(^_^;)和歌山みかん、いいね!


ラストは途中で寄ったケーキや「パティスリー シェ・タカタ」さん。
何だかフッと気になって、Uターンして戻ってケーキを買ってきた~多分京都の宇治の辺り。

おススメはタルトっぽかったけれど、ロールケーキが美味しかった♪ちょっと粉っぽい寸前のふわふわ加減なスポンジが新鮮だった(^-^)
チーズタルトは普通だったかな(あれ?何故か食べてる(笑)抹茶のも食べてみたかったー

旅には想像もしない出会いがあっていいね(*^。^*)ごちそうさまでした☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大阪・和歌山・奈良 5

2017年01月14日 | 旅・関西近畿
せっかく奈良に来たのだもの…

シカ公園…もとい、奈良公園にでも行ってみようかね?と車を走らせてみた。
が、雨脚は強くなるばかりで、小さな傘1つでは観光するパワーは無かった。っちゅーか、駐車場停めそこねて公園の周りをぐるぐるしただけであった(^^;;;

ここでは「動物飛び出し注意」のシカバージョン…絶対出てくるから気をつけて!!

うろろ~ん(笑)
しれっと来る。っつーかここは看板ついてなかったし!!
後ろがつまってなかったので、路肩に寄せ気味で通り過ぎるのを待つ…

頭の中はもののけ姫の妄想でいっぱいσ(^◇^;)
シカだらけ~!

ダンナ氏がシカの看板を撮りに行く!と雨の中走って行った間、待ってると目があったシカちゃん。
このコの仲間はシカせんべいを持った人をえんえんとおっかけていた…。
はるか昔、中学生の時の修学旅行でここに来ているんだけど、大仏の記憶はないんだが、シカせんべいを求めてシカ達がおじぎをしながら(メンチ切ってるのにしか見えない心の目)近づいてきたのと、せんべいかじってみたら草味だった記憶しか残ってない(爆)

いつか雨じゃない時にまた来る!
意外とシカ萌えというか大興奮だった2人は再訪を誓ったのでありました。

奈良公園まで来ると、京都は目の前のようなもの(距離感がおかしくなっている)
来た道を戻るように…ナビ子に「有料回避」オプションをつけたら、地元民でも通らないような高速道路の側道などを案内されたけれど、またも琵琶湖西側のタダ高速などなどを通り福井へ。

前回中国地方旅行の帰りに来て美味しかった秋吉の本店に再訪☆
今回も美味しゅうございました(*´∀`)

などなど、気がつけばまさかの「和歌山からほぼ一般道で帰ってくる」という記録を打ち立てたのでありました(*^^)/いや~タダ高速何ヶ所かあったしね…行きは高かったけれど、帰りはそんなもんだよ。
きっちり0kmスタートじゃなかったから大体の値ながら、総走行距離は740km、燃費は17.2/ℓでございましたとさ。さすがに道中エアコン点けたり(窓が曇った)冬タイヤだったりしたらそうだよね(^^;;;燃費低くて悔しいわっ
ほぼ思いつきながらでも無事に帰宅、それも雨に降られたこと以外は何ともタイミングが良かったというハッピーな旅だったよ♪
残るはあと…( ̄ー ̄)ニヤリッ
ダンナ氏ゲーセン全国行脚の旅の先はまだあれども、またいつかの日に続くのであります。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大阪・和歌山・奈良 4

2017年01月13日 | 旅・関西近畿
ホテルに戻り、寝落ち後…真夜中に起きて風呂る(・・;)翌朝起きたら、まだ寝足りないぜ~などと思いながらも、やわやわと朝食会場へ。今日は9時ぐらいには出発したいのだ。だ。

コンフォートホテルは朝食つきが標準仕様♪
タダ朝食の場合は、炭水化物系+サラダ+何か一品ぐらいなのが普通だが、ここは結構モリモリだった(^-^)
おにぎりは鮭や梅が選べ、太巻きも置いてあった。パンもあったけれど、おにぎりの誘惑には敵わず…あとは色んな具材のサラダとスクランブルエッグ(めっちゃタイプの食感!美味しっ)とボイルウインナー、味噌汁もあったけれど豆のスープにオレンジジュースでキメた。
あぁ、ワッフルとか、ちびパンみたいのもあったんだが~届かず。
写真に写ってないけれど、ヨーグルト(ノンシュガー)にフルーツのっけて食べたな。

食べるだけ食べて出発。今日は奈良を経由して帰宅の予定。
出がけに和歌山の美味しいものと思いホテル近くのスーパーに寄るが、なかなかのションボリ感(/_・、)
でも道中で色々寄って、ちまちま買っちゃったわ~(それらは後ほど)

そうそう!昨日はめっちゃいい天気だったけれど、翌日は雨だったのん

地図である程度ルートを見ていたんだが、和歌山から奈良へは一般道でも充分そう。相変わらずタダ高速みたいなバイパスが途中であったり~ナビ子が混んでる道を避けてくれたり(写真↑)
…しかしナビ子よ、どんだけマニアックな道を選ぶんぢゃ?(O.O;)こんなところで金沢ナンバーの車来たら二度見するやん(笑)

奈良ではもちろんゲーセンにも行くけれど、たまたまそのゲーセンの近くだった「麺 leads なかの」さんというラーメン屋さんでお昼の予定にしていた。
昨日のかしみん焼きのお店同様に、私の「行ってみたいお店」フォルダに入ってたところ…何キッカケやったんだろ?(^^;

しとしと冷たい雨の中、お店の前にはちょっとした列が( ̄□ ̄;)うわーと思ったけれど、前に2組ぐらいだったし(タイミングが良かったのか、その後列が伸びた)お店のお姉さんが素敵な笑顔の方だったので、軒下でぷるぷる震えながら待つことにした。って10分ちょっとぐらいしか待たなかった記憶。

お店のメニューは「TORI白湯らーめん」というのがメイン。通常は醤油味で、他に塩味がある。それに特製という味玉1つとレアチャーシューが3枚のったものがあり…旅財布はゆるゆるということで、2人とも「特製TORI白湯らーめん(980円)」を頼むことにした。味の違いを知りたいのでもちろん味は変えて、ダンナ氏がオーソドックスな醤油、私が塩味だ。
ちなみにこちらは先に券売機でチケットを買うシステム。この券売機がグルメで硬貨を受け付けない日だった(爆)札も好き嫌いがありそう(O.O;)ウケル

席につき、目の前で調理されるのを見ながら待つことしばし…

きたぁ♪真っ白なふわふわのスープのラーメン(@_@;)すごい、見たことない!
無化調の鶏スープ、白濁したそれをブレンダーで泡だててから温めて、それぞれのスープの素を入れて供するスタイル。私が食べた塩味はラーメンのスープというよりは、クリーム入ってないだろうけれどカルボナーラみたいな味わいだった。
想像外の味ながら美味しい!(*^。^*)
ほんのり効いたにんにく、どうやら昆布や椎茸も入ってるそうなんだけど~だし味すごいぞ♪

細かく泡だったスープがストレート気味の麺にからむ…ふわっとした食感が心地いいな。何でお店チェックしたのか忘れたけれど、ナイス自分!!(笑)

禁断のW炭水化物☆丼も食べちゃう。
言い訳するとダンナ氏と半分こだ(-_☆)キラーン ラーメンとセットで350円…少々お高めだけど、このチャーシューのゴロゴロ感に納得。しかし、このゴロゴロさんたちよりも、ラーメンの中のチャーシューがWIN!うますぎちゃん!
チャーシューは生ハムにも使われるというドルチェポルコという種類らしいよ。たまたま最近ちとはまってる市販品のベーコンもそれ…しっとりと美味しいのん。

ダンナ氏が撮った何だかうまそ気な1枚…今回はダンナ氏PHOTO多め``r(^^;)
こっちは醤油味…スープのふわふわの下にやや黒味を感じるゾーンがこんにちは。
パッと食べるならば断然醤油味が美味しい、けれど旅先で食べるならば塩だなというのが私の感想だった。何せ塩のインパクトがすごいのだ。

ラーメンの好みがあまり合わない、ウチら夫婦が2人とも満足♪
昨晩の和歌山ラーメンも美味しかったんだけどね、ランチもアタリだったよーーー!(^O^)vしあわせナリ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大阪・和歌山・奈良 3

2017年01月12日 | 旅・関西近畿

…おでん、美味しい♪
と、地味に前の投稿から引っ張ってます(^^;;;かにたま家IN多田屋さん@和歌山
手前に横たわるのはゴボウ天、気のせいかこっちのよりも大きい!

串も忘れちゃいけません。やげんなんこつ?とにかくなんこつがまぁ、適度に身がついてて食べがいのあるタイプ。
焼きとりで「おススメは?」って聞くと、大抵「塩」って返ってきて「じゃあ塩で」って頼むんだけどさ、ほとんど「タレがいいんじゃん」って思うのに、ここのは「塩」でしたなぁ。いや、タレもっと美味しかったらどうしよう(笑)

お店でお隣になった先輩常連Mさんのご指導の下、順当にお腹を満たしつつ~

こんなの呑んだよとばかり写真撮らせてもらったり。

じゃがバターも美味しいんだけど、こっちが安くて芋にも味付いてていいんだ…とばかり反則技。常連でも真似してはいけません系の「おでんにマヨ」。先輩が少年に見える瞬間!?

何の画像やねんという話だけど、こちらはお店の常連さん用のトイレ(ホントか?(爆))
普通の所(もちろん男女共用で1つ)でお酒やメニュー見ながら待ってたら、お店のお姉さんが「お嬢ちゃん、こっち使いな」とばかりに案内して下さった店の奥。
私の前に別の先輩が入ってらして「お!ここは常連のトイレだぞ」と…Mさんもそうおっしゃってて、途中いらしたお店のお姉さんも「まぁね」という(・・;)ま、店員さんのロッカーの前通ったしな、そういうことにしとこ♪

気がつけば、もう閉店の時間だった。
3時間ちょいとえらい長っ尻で、吉田類さんに怒られちゃう!(O.O;)(oo;)

夕飯の後、和歌山のゲーセンに寄ってからダンナ氏(自称ラーメン探究家)が行きたいラーメン屋さんに~と目論んでいたんだが、Mさんが「おススメのラーメン屋に連れて行ってやる」とおっしゃるので、かなり満腹ながらついていくことに…どんだけうちら子分体質やねん(^^;

駅から歩いて10分ぐらいかな?そう遠くないところにぼんやりとお店の灯りが見えた。
行ったのは「井出商店」さんというお店。中に入るとカップめん化した商品があったので、結構有名なお店なのかなと思ってたら~和歌山ラーメンと言えば?ぐらいの所だったらしい。
たまたまお客さんが途切れてたのか、入ったら自分たちだけだった。

有無を言わさずMさんの「中華そば4つ」のオーダー。
メニューには中華そばと特製中華そば、それぞれの大盛りしかないので、今頼むならばまさにソレなのだが、もう先輩号に乗って任せればよい状態に内心吹き出しそうになったσ(^◇^;)

やや濁った豚骨醤油のスープ。スープだけすすると、ちと濃い目…だけど濃すぎということはニャイ。
お店の周りでかなり豚骨フレグランスが漂ってたので、相当クセがあるのかな?と思ってたら、豚骨苦手でもいけるぐらいのかわいいもんだった。

テーブルの上には玉子と早寿司、そして何故だかハーフサイズの太巻きが鎮座。

テーブルの上には「早寿司」と呼ばれる鯖の押し寿司が置いてあって、それと食べるのがよいとは、こっちにもある和歌山ラーメンのお店「神仙」さんで学習済みであったんだが~その早寿司とのマリアージュ感といったら!
味変?豚骨の向こう側(どこだよ)にある香ばしさがドーンと出てきて、交互に食べるのがベストとすら思えるほどだった。

固めで(もちろん先輩オーダー)来た麺もヨシ!お腹いっぱいなはずなのにするすると入る。
このスープには固めがいいと思った~軟らかかったら濃いめのスープがからまりすぎて辛くなりそうだもの…

スタンダードなのに薄切りのチャーシューが3枚、あっさりとこれまたいいバランス(^-^)お腹空いてる時に来たら、早寿司もう1個はいってたな。

職人のようにほぼ無言で食べる4人。
ささーっと食べて、ささーっとお会計。中華そば700円×2人前+早寿司150円1つ=1550円と思ってダンナ氏が計算して出そうとしていたら~Mさんが「1000円でいい」とおっしゃって、残りは素直に奢ってもらった。っつーか、たまたまお店で隣りに座ってただけなのに、ありがとうございますm(__)m

お店の前で名残惜しく先輩方とお別れし、和歌山ゲーセンミッションも終えて、無事1日目の終了。ぷぷぷ、食べてばっかりだったのら(;´Д`)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大阪・和歌山・奈良 2

2017年01月11日 | 旅・関西近畿
かしみん焼き食べた後は岸和田のゲーセンに寄って「大阪府」ミッションクリア♪
岸和田の街はまだ昭和ちっくな雰囲気があり~海が近いからか、何となく富山でいうと魚津の街の雰囲気に似てる気がしたよ。

で…次は和歌山へ。
大阪もかなり南側だし、京都から岸和田まで思った以上に高速料金がかかったので、一般道でゆるりと行くことにした。とはいえ、ここも途中からまるでタダ高速みたいな感じで信号がなく、どんどこ新しい道を作ってるようで快適だった。
朝10時前に家を出て、寄り道しまくりながら和歌山に着いたのが18時ちょい前…8時間、まっすぐ走ってきたわけではないので正確ではないけれど、想像よりも近くてびっくりした。っつーか大阪入るまでが意外と近かったんだが、入ったら縦に長かった(笑)

今宵の宿は和歌山駅すぐ近くのコンフォートホテル和歌山さん。
出来たばかりではないらしいんだが~改装?全館禁煙化とやらで、想像以上にきれいだった(*^_^*)

泊まったのはツインルーム(8400円)
18㎡と広くもないけれど、狭くはないという感じながら、色々ついていて便利だった。イマドキのホテルはコンセントが多くていいね~

めっちゃコンパクトながら2人で座れるテーブルセットがあり、ハンガーかけも2ヶ所。
我が家はダンナ氏が出張慣れしてるからか、とにかく部屋に着いてからのハンガー占有率がハンパないのだが(一応女子である私が残り1つとか、結局使わないとかどうよ(爆))ここは写真見切れてるけれど左側にロッカーがあったので、そこを占有してやったわ(^^)vコートはもちろん、ズボンも次の日着たい服も掛けられる幸せ(ささやかだな)

気をよくしてバスルームも。
ビジネスホテルらしい造りであるけれど、シャワーカーテンのレールが弓型になってて広く使えたり、サーモスタットつきのシャワーで温度調整が楽だったりと、イマドキ仕様だった。
当初は奈良泊かで悩んだんだけど、時間的にも設備的にも和歌山泊まりにしてよかったー!

さてさて、荷物を置いたら次は今宵の酒場へGo!なのだ(*´∀`)
これまたよく見ている番組「吉田類の酒場放浪記」の年明けスペシャルがたまたま和歌山特集で、そこの1軒目だった「多田屋」さんというお店がよさそうだったので、そこに行こうと決めていた。ダンナ氏が予約の電話をしたところ、満席だが回転が速いから待っててもらえば空くとのことで、行ってみることに。

途中和歌山駅前を通り過ぎる。
駅前に若者が多い!!!和歌山のイメージとのギャップが(ぉぃ
ヒップホップっぽい踊りをしそうな若者が音楽にノッてたり、待ち合わせをしていたり…広島もそうだったけれど、若者多いって勢いあるなって思っちゃう(^^;

お店を後にした時に撮ったもの。入った時はほぼ満席

ホテルから駅ぐらいの距離で多田屋さんに到着☆
どうやらお隣がお酒屋さんのようで、まぁとにかくお酒の種類が多いのだとか…楽しみ!

まずは乾杯♪
ダンナ氏はとりあえずのビール、私はせっかく和歌山なので梅酒…何やらの梅酒。
お店に入ってすぐに目の前2ヶ所が空いてて、カウンター側に腰かけた瞬間ぐらいに「お飲み物は?」と聞かれるテンポのよさ(ポジティブ変換(笑))とりあえずが出来なくて正直に言うと勧められたのが、この梅酒だったわけで``r(^^;)
甘さ控えめで、どちらかというと酸味がある梅酒…うんまい♪

早々にビギナーっぷりを露呈したせいか、お隣のご夫婦が話しかけてこられた。どうやら結構常連さんらしく、これは先輩に習うしか!とばかりにおススメを聞いて乗ることに。
写真はおでんの「こいも」
まぁ里芋なんだけど、ぎりぎり皮が残ってて、芋の皮の近い部分の香りにムチムチの歯ごたえ、やや魚感の強いキレのあるおでんだしの組み合わせが良い!

写真は美味しすぎてお代わりした2皿目の牛筋どて(確か1串190円)これも、お隣さんおススメであった。
見た目以上に甘めでこっくりした味噌がとても美味しくて…この味噌だけでも飲める!ということで、2杯目以降は珍しく日本酒にした。

お隣の常連さん、どうやらMさんという方らしい…かつご夫婦だと思ってたら、元同僚さんと飲みにいらしてるらしい(^^;どうして敬語?とは思ってたけれど、阿吽のノリというかツッコミというかだったのに(笑)
てなわけで、Mさんおススメの日本酒たち。せっかく和歌山に来たんだしということで、まずは「紀土(きっど)」をいただいた。
店内には色んなところに冷蔵庫があって、そこに値札つきの瓶が置いてあり、好きなのをぐいのみに注いでもらうというシステムだった。商売上手というか目立つ所には1杯800円とか1000円近いお酒があって「結構するなぁ」と思ってたら、お酒にもそれぞれレベルがあるようで…
Mさん「〇〇ちゃん(お店のお姉さんの名前)紀土の安いんないの?」
と聞いて下さって、地酒のフレンドリーな価格帯のを攻めることが出来た(*^_^*)頼れる先輩!ダンナ氏は黒牛→太平洋→羅生門、私はこの後五郎八のにごりを呑んだよ♪すべて確か480円レベルの。それぞれ味が違ってて、まさに飲み比べだった~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大阪・和歌山・奈良 1

2017年01月10日 | 旅・関西近畿
旅の当日、朝から残っていたお餅でお雑煮を食べて10時前に出発。
金沢西ICから乗って敦賀IC、そこから琵琶湖の西側を走るタダ高速(国道161号線)に乗って京都東へ…休日のETC料金ながら2,330円で京都に行けて時間も+30分程度で済んでホクホクしてたんだが~そこから名神一瞬乗って、第二京阪→近畿→阪和→境泉北→阪神高速4号線とナビ子の言うとおりに進んで行ったら、すごく高かった!( ̄□ ̄;)大阪近辺の道って全然知らないから、ナビ子に言われるがままなんだよなぁ~。

お約束で南条SA辺りでおにぎり買って~とか、途中どこかでお昼ごはん~などと考えていたけれど、思いのほか餅の腹もちがよくて、結局「おやつにしよう」と言ってた岸和田のお店で遅めのお昼ごはんになった。

阪神高速4号線の岸和田南で降りて、ほぼすぐ…行ったのは、住宅街の中にある「大和」さんというお店。
ここは岸和田の海近くでよく食べられているという「かしみん焼き」が食べられるところである。
かしみん焼きというのは、ビジュアル的には(富山の人にしかワカランだろうけれど)どんどん焼きみたいな感じ…お好み焼きよりも薄く、クレープ状に広げた生地に具材であるかしわやミンチ(脂とおっしゃってたけれど、どうやら牛脂)をのせて焼いたもの…どうやら私の大好きな番組「おにぎりあたためますか」で見て美味しそう!とチェックしていた所っぽい(^^;

中に入ると、普通のおうちの台所みたいなところの横に大きめの鉄板、それを囲むように席が6~7席程度?ぐらいのこじんまりとした雰囲気だった。
なかなかのアウェイ感ながら、ほんわか~とした感じのお母さんとお父さんにいざなわれて席に。

かなりの腹ペコだったんだが、時間は15時とまさにおやつタイムで…夕飯のことを考えると「軽めにいこう」という気持ちであった。
看板メニュー(なの?)のかしみん焼きの中サイズ(450円)とねぎ焼き(かしわ:400円)を頼み、様子を見ることに…

へんな時間だったため、店内は私たちだけだった。
だけど結構な頻度で電話が入り、テイクアウトや出前の注文が入り、目の前の鉄板はなかなかの盛り上がりで見てて楽しかった♪
鉄板の上にある円柱状のものは中にお湯が入ってて、焼きそばの麺をほぐすのに使われているようだった。
メインはお母さんが調理されてたんだけど、合いの手のようにお父さんも作業されてて、ナイス分業!という感じ。

写真左側のが私たちが注文したもの。かしみん焼きには仕上げにミンチがのるみたい(^.^)
右手は電話で注文が入っていただろう品…モダン焼きなのかな?腹ペコで見てるので、これも食べたい!(笑)

お皿の左半分が、かしみん焼き。右がねぎ焼き。ねぎ焼きの方はソースではなく醤油味で♪

口コミには「コテで食べる」などと出てて、猫舌の私ピンチ!と思ってたら~ビギナー感が出まくってたのか、お母さんが「お皿に分けて食べる?」とダンナ氏と私の分を半分こずつにして下さった。(ToT)よかったー!
お母さん曰く「結構固くて分けるのが難しい」とのこと…確かに毎日焼いてらっしゃるお母さんですら力入る感じだったもの。

で、食べた…美味しいぃ♪(#^_^#)好きな味っ

かしみん焼きはある意味見た目通りの味ながら、さっくりというかいい具合の香ばしさ。ねぎ焼きはあっさり気味なんだけど、焦げてる部分とかしわのコクでぱくぱく食べられた。腹ペコなのもあってかめっちゃ軽い!かしみん焼き大サイズにすればよかった!!

食べながらダンナ氏とアイコンタクト気味に「焼きそば食べようか?」と(^^;;;
焼きそばは豚と肉(=牛らしい)、かしわとミンチがあり、迷った挙句豚(500円)をば。

軽快なコテさばき☆
あっという間に出来上がり、お皿が増えるのもアレなので、食べ終わったところに入れてもらった。

気持ちカレー風味っぽいソース味、うんまい(*^_^*)
これも半分こずつにしてもらったんだけど、本当はどれも全部一人前ずつ食べれたわ(ぉぃ

あっという間に平らげて「もう1つ食べたいよー」という誘惑にかられながらお水を飲んでると、沢山の男の子連れのファミリーが入ってらしたのでバトンタッチしてお店を後に…あぁ!また行きたい!!(岸和田遠いわ(爆)
旅の最初のお店からしてアタリで気持ちアゲアゲになってたのでありました♪


□大和さん 駐車場事情□
お店で借りてらっしゃる所が1台近くにあるらしく、軽四だとまた別に停められそうな雰囲気。お店の駐車場に関しては、空き状況を含めて要問合せかも。
私たちは近くの「浜工業公園」の駐車場に停めたよ~
公園の駐車場は17時までで、公園の中を通って大体5分ぐらいでお店まで着く感じ…遊具や運動場があってのどかな雰囲気のところだから、季節がよければテイクアウトして公園で食べてもいいかも。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大阪・和歌山・奈良 序章

2017年01月09日 | 旅・関西近畿
この連休、タイトルの通りの所へ行ってきた☆
大体この時期から春にかけてのダンナ氏は忙しく、連休をまるっと休めることなんてあまりないのだけれど、今回は休めるそうで…それを聞いた途端妄想してしまい「アホなこと言うけどいい?」と提案したら、あっさりと受け入れられたという。

前にも書いたけれど、ここんとこの我が家の旅というのはダンナ氏の「全国ゲーセン行脚」の旅であり、昨年の2月に行くつもりだった大阪・奈良・和歌山の3県が私の発熱で行けなくなってからずるずると先延ばしになってたのを「行くなら今でしょ」ぐらいの勢いで提案してみただけなのだが~縁がある時はパッと話がまとまるものなのだ。

で、我が家からは大阪(のゲーセン)→和歌山→奈良(以下同)で回ることにした。この場合宿泊地をどうするか?和歌山にするか~奈良にするか~でちと悩んだ。
大変失礼な話だけれど、和歌山って何があるんだろう?という素朴なギモンが(O.O;)かと言って、奈良にも何があるのだ?なんだけどね…最近便利なGoogleマップで調べてみたところ、奈良まで行くには時間がかかりすぎるということで和歌山泊に落ち着いた。あ、ちなみに1泊2日の予定である。

提案はしたものの、実は私にはほとんどメリットがない(爆)
なのに時間は取られるわ、運転しなくちゃいけないわ、お金かかるわ(そういや2017年も家計はダンナ氏がにぎる感じ)だったら面白くないので、自分で普段「行ってみたいところ」というタイトルのフォルダにまとめてた気になる一覧から、行けそうな場所をピックアップして2ヶ所寄ることにした。
あとは道中の道の駅やスーパーに寄って、そこにしか無さそうなのをチェック出来れば楽しいので…その辺りが私の旅のご褒美なのである♪

思いついてから行くまでがあっという間、思いつきの勢いバンザイな旅?!
時間にしばられないので、やわやわと出発当日を迎えたのでありました。

てなことで、今回はそんなに長くならない予定ながら~アホちゃんな旅をUPしていきまする(^O^)/今年もよろしくね(何を?)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加