いつまで続くかBLOG

私(かにたま)の適当きまぐれブログです☆
気軽にコメント!よろしくメカドック

中華おこわ?

2015年01月31日 | うちごはん
むっちりしたごはんが好きだ。
お正月にホームベーカリーでお餅を作ろうと買っておいたもち米が余っていたので、思い立って中華おこわ(っぽいもの)を作ることにした。
おこわといえば、本当は蒸して作るものらしいが…蒸し器をもっていないので、材料は中華おこわっぽくして、後はふつーに炊飯器で炊いてやった。

4合も炊いちゃった(^^;;;
写真は炊けてすぐのもの…見た目通り?ごはんが「めっこごはん」気味だったんだけど、しばらくジャーで蒸らしてたら、いい塩梅になったよ♪
って「めっこごはん」って方言みたいね~。んと、ごはん粒に芯がある状態のことねん。

で、例によってバカチンなので、妙な所に凝った。
中に入れる豚肉、バラ肉を角煮っぽくするところからスタート(笑)
肉から出るダシ以外にも、干し海老と干し椎茸からもダシをとり、刻んでいれた。干し海老は時間をかけて戻すと、食感が気にならなくなるのねφ(..)メモメモ

そうそう、こっそりとおでんからの材料も流用してて、大根の皮(厚めにむいたのが残ってた)と、ダシをとった時の昆布やかつお節もIN!きっとそれぞれからも旨味でてるはず(-_☆)キラーン

炊きたてのが美味しくて、結構な量を食べちゃった(*´∀`)
…あとはおにぎり&お弁当用のタッパーに分けて冷凍。
やる気にムラがあるのでね、こうして作業の貯金をしておくのであった。ぱちぱち(自画自賛(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

意外と美味しい

2015年01月30日 | たべもの♪
実は先日までダンナ氏が出張に出ており…箍というか、ダンナ氏と言う枠というか、堤防が無くなった私は自堕落街道まっしぐら!な暮らしをしていた。えとね、たった数日間だけど、職場のログインID忘れちゃう程度にぼやーんとなっていた(O.O;)(oo;)

で、お弁当もテヌッキー!
冷凍しておいた中華おこわと、インスタント春雨スープ…それじゃあ物足りないなと出勤途中にコンビニに立寄って、おかずを物色。
頭の中ではお弁当っぽいの~と思ってたら、最近じゃアレね、お弁当の類とは別におかずだけがパックされたの(お容器ではなく普通に袋詰めされてるもの)がお弁当の棚以上に幅取って並んでるのね(・・;)
最初はおかずっぽいサラダを狙っていったけど、生野菜ちべたそうだなぁと思って、その中から筑前煮をセレクト。

で…お昼休み、袋を開けてお皿にあけてレンジでチン♪

きっとべたっとした甘ーい煮ものなんだろうなぁと思ってたら、想像よりも濃すぎず甘すぎず、失礼ながら意外と美味しかったのだ。

筑前煮なんて作ろうと思えば、材料切って炒めて、だし(えと、普段は顆粒のですが(^^;;;)で煮たところに、お砂糖とみりんとお酒、それにお醤油足して煮ればいいんだよね?多少材料揃えて切るのが面倒程度のもので大した技術はいらないのだ。

でもこれから歳を重ねて家族が減ったら…沢山食べる人がいなかったら、こうした煮ものって迂闊に作ると何日続くの?ってことになりかねないからねぇ~
そう考えると、どこにでもあるコンビニがお野菜や果物を小量で売ったり、簡単なお薬売ったり、その中でこうした袋詰めの個食なお惣菜を扱うコーナーが増えるというのは、流れなのかなぁって実感したよ。今更なんかもしれないけどね。
宅配のお弁当がうけてるのも納得!?でありましたとさ``r(^^;)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

単純なので

2015年01月29日 | うちごはん
やまとやさんで食べた大根が美味しかったので、大根中心のおでん的なものを作りたくなった。
おでんのだしの作り方ってのは、何が正しくて何がハズレなのかはワカランのだけど、ひとまず肉系と魚系のだしを合わせて味を整えればいいんじゃね?と思って、久々に丁寧にだしをとってみた。

まずは鶏系のだし。
これは検索かけると、手羽っぽいのとネギの青いところを焼いて煮るのが一番楽で早いっぽい。多少アレンジして煮だすこと2時間ほど、白濁した濃い目のが出来た。

次は魚系のだし。
いつもよりもちょっと大きめの昆布を鍋に入れて水を注いでしばらく放置(と書きつつ、水はぬるま湯だ)気が向いた頃に沸騰直前まで煮だして取り出し、だし向きの厚めのかつお節を投入~しばしグラッと煮たのちに消火で冷めたら完成。
普段は横着で顆粒のんをサササーなので、こういうのをちゃんととってる方はすごいなぁといつも思う。

どちらも味見してみる。ウマー!ってことはないけど香りがすごくいい♪
インスタントな顆粒のんとは違うなぁと納得(--)(__)←今更か?(笑)

2つのだしを合わせて、美味しいお塩とお醤油、酒少々をテケトーに入れて味見。
…かなり美味しい(*^o^*)
ノッてきたので、餅巾着まで追加で作って入れ、シャトルシェフさんに一晩お任せして完成☆

えと、文章的には出来たての画のはずが~写真撮ったのは2日目の(^^;;;

いやー大根美味しかった♪
やまとやさんのとはまた違った味だけど、味が染みてるのはいいねぇ(*^_^*)お豆腐もじゃがいももエエ感じ。

だしをとるって大切だなぁ~と改めて思いましたとさ。
(思ってはいても、普段とるとは言わぬがね(*´∀`))
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぷち東京 6

2015年01月28日 | 旅・関東
隅田川沿いさんぽ~両国ぶらり@江戸東京博物館と結構歩いたために、駅近くのドトールで休憩♪のち…きっとダンナ氏が一番楽しみにしていたのでは?という立ち飲み屋さんへGO!(^^;;;

行ったのは、以前一人旅で行ったやまとや」さん。
私が土産話に楽しかったーって言うのをうけて、ダンナ氏が出張中に行ったらしいのだが、それで大層気に入ったのだとか?悔しいことに私が今度食べてみたいってのを食べて「美味しかった」って言うからさぁ(-"-;)あらら?うなぎ屋さんと話がかぶってる感…デジャヴ??

てなわけで、店内へ。
以前はお一人様だったのでカウンターへ直行だったのが、2人以上になると入口から左手にあるテーブル席に案内されるのだ。
ただし、テーブル席と言っても、大きな樽の上に小さなちゃぶ台大の板が置いてあり、もちろんスタンディング♪ってな具合(笑)

以前も書いたけど、このお店は「キャッシュオンデリバリー」で、注文したものが届くと、配膳して下さった方が机の上のざるからその都度会計して下さるというシステム。ざるにはひとまず3000円入れて乾杯☆
くー!これが食べてみたかったもつ煮込み(400円)かー!ちょうどいい味付けでホッとする(*^_^*)
壁メニューだった馬刺し(たしか600円)は、まぁそれなり(ぉぃ)ダンナ氏が頼んだマグロ納豆(確か350円?)もそんな感じ。気持ちのままなのか写真ナシ(笑)

野菜物がほしくなって、お店の兄さんに「おでんの大根だけ頂戴」って言ったら「通ですね」って褒められた(O.O;)(oo;)褒めるとこ??
記憶には無かったんだけど、前も同じように大根だけ頼んでた私…単にあっさりと美味しいものが食べたかっただけという話。でも兄さん曰く「大根はおでんのうまみを一番含んでるから、一番美味しいのだ」と。それには納得♪激ウマちゃん(*^_^*)

ライム色のお酒は「雷門サワー」
ライム&レモン→ライモン→雷・門…というシャレらしい(^-^; 350円にゃり。

この辺りで焼きもの~って、ネギ塩タン(2本で400円)をば。
コリコリっとしてて食べ応えがあるなぁ~ネギ塩シリーズは他にレバーとハツがあるそうな。

あとは左からダンナ氏のみのぼんじり(私はあまり好きではない)カシラ、レバ。
メニューには通常ももや若鶏などから書かれることが多いのにレバ(レバー)が最初ってことは自信があるんだよ!というダンナ氏持論にて注文したのだ。確かに…でも今度頼む時はタレだなと(--)(__)

食べたいものがまだまだあったんだけど、何せ時間がまだ早い(16時とかその辺)なので思ってたよりも食べられなかった…こりゃーまた今度だな。
悔しいので、いつかこれを見返した時に悩む用のメニューをパチリ☆あぁバカでスマンね(;´Д`)

正直煮込みとおでん以外はこっちでも食べられそうなんだけど(ぉぃ)なんだろねぇ~こういうお店の雰囲気ってあんまりこっちにないし、人気の立ち飲み屋さんみたいにガツガツした感じがないから居心地がいいのだ☆
ようやくダンナ氏と行けたのが今回の収穫だったな(*´∀`)←どんだけ単独行動な夫婦やねん?

何だか食べて飲んでばかりで、めっちゃ交通費の高い外食ってな具合になっちゃった感があれども、これにてぷち東京は終了。
新しいところも試してみたいなぁと思いつつも、居心地がよかったら同じお店に通っちゃうんだろうなぁ(^_^;)
そうそう、やまとやさん…ざるにはもう一枚千円札足して、2・300円が残ってる感じだったよ。2人で2,000円弱でほろ酔いってのもいい感じよね♪

次回は2人か単独か??とにもかくにも肝臓を整えて、仕事に励むのだ(^O^)/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぷち東京 5

2015年01月27日 | 旅・関東
えと、今日のは全体的に写真大きめっす(^^;;;

てなわけで、念願の鰻(ちょうど冬の土用中ではあったな)を食べた後、次はここから電車で行くには面倒な場所に行くので、腹ごなし兼ねて歩くことにした。バス…1時間に1本のが出たばかりだったんだよね(;´д`)トホホ

さすがの墨田区、振り返るとスカイツリーがドーン!だった。
写真で見るとふつーな感じだけど、実際見るとかなりの迫力でびっくり(°◇°)~あれだ、実際近くで見た方がデカいんだろうけど、こう少し遠巻きの方が迫力あるのは山みたいなものかなと。

本所吾妻橋から隅田川方面へ歩くと、橋向こうがもう浅草だからか…例の金色のう○こちゃんがキラリーンと光ってるのが、これまたふつーのなんてことない小路向こうに見えた。
う○こちゃん(実際は炎をかたどったモニュメントらしいが)この角度で見ることなんてないのでパチリ☆
妙な質感…ますます炎よりもう○こちゃんにしか見え…な…(笑)

隅田川の川岸は歩いたり走ったりするのにちょうどいいコースになっている。
たっぷりとした隅田川の流れにナゾのテンションMAXになりながら(ダンナ氏に大層不思議がられたが、たぷんとぷんと打ち寄せる感じがツボだったのよ)次の目的地へ向かっててくてく。

…今日もいい天気だなぁ(*^o^*)
と、顔文字はニコニコしているけれど、生まれた時から冬の空が鉛色ベースの北陸っ子としては、この時期にこの光量が強すぎてっ!目をしばしばさせながら歩いた。
ほんと眩しい!そしてハンパなく乾燥してて、マスク必須やったよ~ヘナチョコか?!私。

青空に映える黄色い蔵前橋…カワイイ!
橋の脚部分に看板があり(こういうのも、ここを歩かないと見られないよね)現在「蔵前橋長寿命化工事」ってのを行ってるらしい。なんでも蔵前橋は完成してから既に85年なんだとか!!さらに長寿命を目指すとはすごいねぇ。

土地柄か、橋の欄干が相撲の土俵入りなのがまたイイ!
両手広げているから不知火型?

信号変わっちゃったから慌てて撮ってズレまくりだけど~次の行き先は両国だった。
ちょうど1月場所だったので、賑やかしくのぼりが沢山立てられてて、らしい時に行けてラッキー♪
国技館に入るお相撲さんの姿もちらりんと見られたしね(^-^)

にぎわう国技館を横目に目的地だった「江戸東京博物館」へ。
今はちょっと大きなリニューアル工事中で「探検!発見!江戸東京」という企画展(~3/8)だけしていたのだけど…それだけでもかなり面白かった。
写真は入場口の横にあった、バカみたいに大きな熊手。これまた写真で見ると大したことなく思えるけど、床から天井まで使ってドーンとあるので、小心者としては「これ倒れてこないよね?」的なドキドキ感で、違う意味でも迫力がある(O.O;)(oo;)

中央のおかめさんの大きさは、マンホールのふたよりもまだ大きいくらいでは?だるまさんが見えると思うけど、このだるまさんが大きな方のサイズ…っつーか、ほぼ何もかもかなり大きなものでモリモリしてるのがすごい(笑)
スカイツリーがあるのはもうお約束なんだね♪

これまで何度も東京に足を運んでいるくせに、行きたいと思いながらなかなか行けてなかった両国に行けてよかった(*^_^*)後から地図見たら3km弱歩いたんかな?ちっと疲れたけど、天気がよければ歩いて移動もいいね~(普段から歩いてばかりのくせに)
今度リニューアルが終わったら、また足を運びたいなって思えたよ。
春~初夏あたり、またチャンスがあればなぁ~見たいものがいっぱいなので、気になるぜお江戸!なのだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぷち東京 4

2015年01月26日 | 旅・関東
朝ごはん…は、微ヨッパーになりながら駅ビルで買ったサラダとパンと、なぜかシュークリーム(笑)
お昼ごはんが早いため、気合いを入れておきたい(=早めに食べておきたい)ダンナ氏が食べかけ~だったために、写真はナシ(^^;; 結果→シュークリームは普通がいいね♪

で、のんびりホテルを出て京急蒲田駅に向かい、電車に揺られてきたのはこちら↓

鰻禅」さん@本所吾妻橋。
以前の東京旅の時に行きそびれた鰻のお店というのがここだったのだ。
ちなみに開店時間は11時、京急1本でここまで来た(京急高いな!)ので開店まであと25分ほど?で、ダンナ氏がスマホでお店の場所を調べてくれたら、お互いの記憶の場所とは違うところにマークがあり…どうやら移転されたそうなのだ。同じ道路に面しているけれど、以前は駅から出て両国側だったのが、スカイツリー側になった感じ。

多少迷って着いたところ、先客が数名。学生さんっぽい雰囲気で列をつくってるのか?と思いつつ~ふわーっとお店から離れて行っちゃったのでさらっと並んでやった(^^;;;←ぉぃ
開店前だというのにお店のお母さんが出てらして「名前と注文したいもの書いて、11時になったらまたおいで。外にいるの寒いでしょ」と…ぶっきらぼうな雰囲気ながら気を利かせて下さったのだ。

てなわけで開店♪
鰻は待つのが仕事と言われるそうなので、焼きあがるまでの間に日本酒をちびりっと(*^o^*)
お酒が出た~と思ったら、黒っぽいのがのった小皿がゴトっと置かれた…ナンナンダ?コレハ??
どう考えてもつまみだと思ったので、黒いのをこれまたちびりちびりと口に運んだ。
肝っぽいのと~頭っぽいの~と思ってたら、どうやら正解だったよう(笑)後から大将に教えてもらったよ。どちらも佃煮系で…もうちょい飲めた感じ。
で、しばらくして写真右の串ものがドンっと来た。擬音があるのは、そういうぶっきらぼうな感じだったから(^_^;)これは~ツボれば大丈夫だと思うけど、ダメな人はダメな部分だと思う。
そうそう串はネギをひれ(尾の部分)で巻いたものなんだそうな。口に運ぶとかなり香ばしく、そしてタレが好みだった♪甘くてべっちゃりってんじゃなく、サラーッとキレがある味。期待値がぐーん!ってなった。

お待ちかねのうな重登場。注文してあったからかお店に入ってから30分もしないうちに出てきたよ~
ちなみに手前が特上で奥が上。
普段なら奥ゆかしい私が上なんだけど、ダンナ氏があの後出し抜いて一人で特上を食べたことがあると言ったので、今回は私が特上!なのだ(^^)vイェイ

比較画像(笑)
パッと見た目はごはんの盛りの違いかなぁ~ってな具合なんだけど…食べ比べてみると、明らかに特上の方が特上だった(--)(__)←どんなだ?
お店に入った時にちらんと見えた鰻ちゃんたちにビジュアル的な違いが見受けられなかったんだけど、やはりレベルの差があるのだ。身の厚みが全然違う。
ちなみに特上は3500円、上は3000円、500円の違いはあれども、何かを節約してでも特上に行け!と思うほどの違い(かにたま家調べ)

てなわけで、全体画像~夜中に見た人ごめんなさいm(__)m

もうね、来てよかったよ。念願果たせてよかった。
どちらかというと軟らかい系の鰻さん、でも端っこの少々カリッと焼かれた部分が超ツボでたまらんっ!
あっさりと、でも物足りない感じも生臭い感じも無く、さらーっと食べることが出来た。

あぁ~贅沢っ!!大人になってよかった!!


お店は自分たちよりも若い人ばかりだった。大人の食べ物はこういうお店があって敷居が低くなるんだなぁ~と思えた。う、羨ましいぞ!みんな!!
かと思えば、隣の席の若いカップルはどうやら記念日ごはんだったようで(#^_^#)ほほえましい♪
そうそう、お母さん曰く「最初っからお酒頼めば、おつまみ同じの出てきたのに」ということで、私の日本酒を見て昼は飲まないと言ってたダンナ氏がつられて瓶ビールを頼んだのだが、敢えてのサービスでひれ焼き(串のあれね)が出てきたのがラッキーなレベル。なので飲むと決めたら最初からGO!で(^O^)/
あと週末と祝日は予約不可らしいので(お母さんが電話口で言ってた)そのタイミングの人は開店狙いか、少々外して行くのがいいと思うよ~

はぁ~念願果たせて満足。お腹も膨れたので、てくてく歩いて消化するのだ☆


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぷち東京 3

2015年01月25日 | 旅・関東
お昼からのお散歩で場所を確認しておいたお店「うえ山」さん。
今度(あるのかっ!)のための覚書き…JR蒲田駅の西口から伸びるアーケードを抜けきった先の踏切の手前ね。

中にお邪魔すると、今回はテーブル席だった。カウンターは既にほぼ埋まってる状態(空いてる1席もキープされてるっぽかった)。気のせいか以前お邪魔した時と内装が変わったような?!

こちらは席料として600円設定されている。が、お通しとして当日のおばんざいから3品を選べるという…うーん、そんな席料ならウエルカムなのだよね(*´∀`)
飲みものはこの辺りで作ってるという割材「コダマサワー」で焼酎を割ったレモンサワーで♪

手前左から、きのこのラタトゥイユ→ポテサラ1→鯖味噌煮→もずく酢→ポテサラ2→切干大根のサラダ。ひとまずはこれをあてに飲むのだ( ̄ー ̄)ニヤリッ

落ち着いたところで、このお店のメインであろう鶏の素揚げ☆
ムネとモモのセットで1400円ナリ…ほぼ半身なのでデカイ(^^;;;そしてこのアチアチの素揚げの下には、口をさわやかーにする(のか?それとも??な)玉ねぎのスライスがドンと鎮座しているのだ。

うっすらピンクに見えるけど、写真を撮ってふと見ると白くなってた。余熱でちょうど火が入るというドンピシャ(死語か?)な揚げ具合~たまらんっ(*^o^*)
お昼のワンタンともまた違う、肉汁なちゅるんちゅるんと皮のパリパリでいい食感。塩加減もエエなぁ♪

ってね、ダンナ氏の胃腸がちみっと調子悪かったので、ほぼ私が食べたという(え?)

締めは手羽先(300円)
本当は初めて見た「首」ってのが食べたかったんだけど(お一人様1つ限り150円)こちらは予約でもう出ちゃったらしい…く、くそぅ…そう聞くとさらに気になるわっ。

この後河岸を変えてちっと炭水化物が欲しいなぁと思いつつも、やや戦力外(誰とは言わぬがダンナ氏だ)がいるので今回はこの辺りで…以前はカウンターで楽しかったんだけど、テーブル席はなんだかちっと離れ小島感だったので、次回(あ、あるのかっ)はぜひカウンター純情派でお願いしたい。そして首を予約で(笑)

それにしても、どうしてこう「鶏をあげたもの」は私の心と胃袋をはやらせるだろうか!!美味しかったぞ~うおーっ!(ナゾの雄たけび)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぷち東京 2

2015年01月24日 | 旅・関東
さて、ちゅるんちゅるんとわんたんを飲みこんだ後は~ヒマーになっちゃった。
昼過ぎから合流というダンナ氏は、この時点で連絡ナシだし…ま、天気もいいしブラブラするか。

と、まずはJRの駅近辺をうろうろ。
そして、今晩行く予定のお店の場所がうろ覚えだったので、記憶を頼りに探し…とにかく歩いてこの辺りの地図を頭にインプット♪ってな具合だった。
っつーか、こうなるのが分かってれば、ちゃんと誰かと連絡とってお茶でもすればよかったなと(*_*)

東急池上線沿線には小さなお店がいっぱいだった。
面白そうなところあるなぁ~とウロウロしてたら、トラックの上でまったりしているこの子を発見。
えと、3枚撮ったけど3枚ともこの顔だったよ(笑)目の前に居ても微動だにせずっ!

ちょいと長く歩くには~な靴を履いていたために、いつもよりもお疲れちゃんになってた。
結局わんたんから約3時間、うろうろうろうろしすぎて、ダンナ氏と合流した後一旦宿泊先にチェックインしてごろりとすることに。

今回は、JRと京急の蒲田の間にある「相鉄フレッサイン東京蒲田」さんにお泊りしたよ☆元々三井ガーデンホテル蒲田ってところだったのが、リブランドされたそうな。
毎度のツイン。クーポンやポイントで調整して10000円/泊。
予約時に喫煙しか空いてなかったけど、当日禁煙に変えてもらえたよ♪

で…ごろりとしたのも束の間、蒲田にきたら是非!と思っていたお店、オープン時じゃないと予約できないようで、すぐに出発することになった。
予約って言っても問い合わせして「今から行くから2席よろしく」なノリ(^^;;;
以前行って「また行きたい」と思ったあのお店(思い出すための予習済み)にGOなのだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぷち東京 1

2015年01月23日 | 旅・関東
キャンセル出来なくなって出発することになった1泊2日@東京(^^;;;いつもに増してぐだぐだ感満載&再訪多しなんだけど~思い出UP!?
今回は贅沢飛行機旅♪たまたま新しい機体「JAL SKY NEXT」で、前に乗った時に見られなかったLED照明のサービスがあったのでパチリ☆

小松を出た時は暴風雨で安定の鉛色の空だったのが~太平洋側に抜けると青空に…と思ってたら、空に合わせてかふわっと機内の照明が青くなった。
そして着陸後には写真右のようなピンク(朱鷺色)へ…アナウンスによるとお見送りの気持ちを表したものなんだそうな(ほんとか?)

羽田に着くと、お昼ちょい前だったので、目的のお店に向かってレッツゴー(^O^)/
お店は蒲田駅に近いところ…先に所用を済ませてるダンナ氏とは別行動だったので、のんびりとバスで向かうことにした。

…空青いなぁ(-。-) ボソッ
絶対こっちは晴れてると思ったから、傘が邪魔になると判断し置いてきて正解。小松じゃー雨風にさらされてちべたかったのに、ほんと同じ日本とは思えない(笑)
バス終点一つ前で降り(ちなみにバスだと空港から270円ほど)知らない道をてくてく。
相変わらずスマホなんて持ってないので、パソコンの画面を写真に撮ったものを地図代わりに…バス、想定と違うルートだったからさ~テケトーに歩いたよ。

粉ものラブな私、今回はワンタン屋さんへとしゃれこむことにした(*´∀`)
行ったのは「上海わんたん」さん。一方通行の道沿いにこじんまりと建つ小さなお店。
イートインスペースは4席!並んでいるかなぁと思ってたら、私の前に一組ですぐに案内され、5分も待たずに私も入ることが出来た。私のすぐ後にも一人、〇〇●〇←こんな感じで4人ギュギュっと並び、私以外の方(〇)は何度かいらしてる常連さんっぽい…なんだこのアウェイ感(笑)

ワンタン屋さんだが、春巻きも美味しいらしい。
先輩方も頼んでらしたので、習って私も1本(*^^*ゞ
揚げたてのはパリッパリの中がとろりんで美味しい!お醤油のように見えるのは黒酢、つけるとさっぱりするけど、そのままのがタイプだった。
私の後からいらしてた方が紹興酒をぐびりとやってて「私も♪」と思ったけど、好きな味じゃないとつらそうなのでお茶で…お冷のようなノリでジャスミン茶がきたよ~

んで、こちらがメインのワンタン☆いやいやお店のお名前の通りにわんたんと書くべきか?
通常8個を一人前と定義されてるようなんだが、食べられる自信があったので2個プラスして10個入りにしてもらった。
ミックスわんたん(10個896円)
こちらのワンタンは2種類で「海老わんたん」と「椎茸わんたん」。海老は臭みもなく、普段の海老ラブな私ならば海老一択なんだろうけど~冒険してよかった!椎茸わんたんの方がタイプなくらいだった。椎茸というか野菜のあまさがありつつも、肉感もしっかりの餡…普段目にしてるワンタンはふわふわ~ひらひら~って感じだけど、ここのはしっかりとした中身をちゅるんとした皮(餃子ほど厚くなく、それでいて薄すぎない)が包んでるのだ。
小さな玉子ぐらいの大きさのが、優しい味わいのスープにひたってて、アチアチなんだけど~ちゅるんちゅるんと休みなく口に運びたくなる(;´Д`)恐ろしい食べ物だよ。

猫舌なくせに、美味しさの誘惑に負けて次々と口に入れてしまい~冬だというのにめっちゃ暑い。
お茶をぐびぐびと飲んでクールダウンしてると、さり気なく継ぎ足されていた。
私の左隣に座られてた常連さんご夫婦は久々だったらしく、お店の方とかなり楽しそうに談笑されてた。けれど最初に感じていたアウェイ感はいつの間にか薄らいで、話しをしつつもテキパキと作業をされ、気がつけばお茶も注いでもらってるというサービスは、なるほど常連さんが多いわけだと納得だった(*^_^*)

「うるさかったでしょ~ごめんね」
お会計の時にお店のお姉さんにもダンナさんにも言われた。いえいえ大丈夫です(笑)
風が強くて天気の割に寒いなぁと思ってたのに、お店を後にする時にはホカホカになってたよ。蒲田…餃子も食べたいし、小龍包も食べたい、そしてさらにこれからはワンタンまで選択肢に入ってしまった!!( ̄□ ̄;)どうすんのさ!食べるけどっ!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

保険

2015年01月22日 | てきとう
我が家でお世話になってる保険屋さんはかなりマメな方で(近所ということもあるが)新しいのが出ると結構頻繁に連絡を下さる…ってそれが仕事なんだといえばそれまでの話なのだが(^^;;;

私は葬式代程度の死亡保険がついたものと、入院などの掛け捨ての2つに入っているのだが、内心掛け捨ての方は「ちょっとムダかもなぁ」と思いながらも、まさに保険の名の通りの気持ちで続けている。

で、保険屋さんから「おすすめのんありまっせ」と連絡が入ったので、ダンナ氏と2人で話を聞き~きっと保険屋さんは金に結びつきそうなダンナ氏の方を何とかしたかったんだと思うが、あんまり戦力にならない私の方をちまーっと見直して…まるでパズルのように掛け方を変えて、あまり金額が変わらないように新しい商品に変えることにした。

ところで、たまーに風邪ひいたり、鼻の調子が悪かったりする程度で、自分は健康だと思っていた。
が、実際蓋をあけてみると~この鼻の調子が悪いってので先日2カ月近く薬をもらってたのや、一昨年前にちまっと出来やがった石さんのおかげで「条件つき」というのになり、一部契約が出来ない状態だと分かった。
鼻なんてよ~季節のお約束みたいなもんだし、大したことない(まぁ数日寝られない程度に辛いけど)のに保険の契約に影響するんだと思ったら、内心ビミョーだったよ(-"-;)
保険屋さんも商売だしね、その辺りは(査定する人も)慎重なのである。

保険は結局保険でしかないので、使わなければムダ。
でも、いざ何かあった時には…という気持ちでかけてるので、お世話にならなければそれはそれでヨシという、どっちに転がっても結局はモヤモヤするもの。
でもこれからどんどん歳を重ねていって、新しいステージ!?になると体にもガタがくるんだろうなぁ~と思うとね、まだ元気なうちに見直せるものは見直さなくちゃと改めて感じたのでありましたとさ。
支払った分に見合う分を回収したいような?お世話にならずに元気に過ごしたいような??だよねぇ(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加