いつまで続くかBLOG

私(かにたま)の適当きまぐれブログです☆
気軽にコメント!よろしくメカドック

弱くなりながら続く

2017年02月28日 | 携帯
先日、携帯電話の件で揺れてると書いていたけれど~いまだに揺れてる(O.O;)
地道に悩みすぎて、もうごちそうさまな気持ちになりつつあり「このままでいいんじゃない?」とすら思ってる(笑)

ここいらで自分を整理してみよう。

■現状
・結構前のガラケー持ち
・iPodTouchでWi-fi環境があればネットにつながれるし、カメラとしても使用

■やりたいこと
・外にいても地図や調べ物の検索がしたい
・気軽にカメラを使いたい
・なるべく大きな画面で見たい

■困っている事
・ガラケーちゃんが古すぎて、ネットがほぼ使えない(クーポンも対応してない)
・道に迷った時や近道を知りたい時に紙の地図では分かりにくい
・iPodtouchちゃんが、そろそろ最近のアップデートに耐えきれない

ガラケーちゃんに対しては、ネットにつながらなくなってる事以外不満はない。そもそも電話もほとんどしないし、メールが来るのもお友だちと宣伝程度なので大層な設備は不要。

今基本的にApple系の機種を使ってて(持ち歩きはiPodtouch、家ではお下がりのiPad2)アンドロイド系は使いなれないのと、画面の切り変わりの待ち時間が気になってストレスに感じる(この辺り、気のせいかApple系では感じない)

てなことで、一時ベストなのは
・ガラケーちゃんを今のネットに対応した機種に変える
・小さめのタブレット(iPad mini辺り)を持って、SIMフリーのデータ通信で賄う
なんて思ってたんだけどね…これ、少し大きめのiPhpneで全部まかなえるんじゃないかなぁとも思ったのよ。そう思ったら6sか7のPlus辺りに思いきればいいのでは?と。それならカメラとしても辛うじて使いやすいし(変な日本語だ)まぁまぁ全てに対応してるしなぁ~と。

でもってここで、1つまとめ。


ふふ、お金が降ってこればね~(爆)ヽ(*´∀`)ノ
iPhone6sとか7のPlusにしたらさ、画面が大きくて見やすくて(あぁ老眼)って思うんだけど、あれでカメラ撮るのってどう?(誰に聞いてる)あと、慣れないからかあれで電話するのがちとイヤン。
そもそも大きな画面で見たいのとカメラとしての使い勝手の良さを同時に追求するのが間違ってる気もするし(^^;

日々機種について調べながらも、ある情報によるとiPhone10周年で新しいの出るんじゃない?なんて言われるとさ~「今はまだ待つべし?」なんて思っちゃうし。アナログに暮らせばそんなのいらないんじゃない?とも思う。
優柔不断なので、よーっぽど我慢出来なくなるか、気持ちにストンと落ちてくるまではきっと現状維持の模様(ぉぃ
あぁ、思いきりの良さがほしいぜ~
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ごちそうまつり 3

2017年02月27日 | そとごはん
思いもしない某所でご主人とお会いして「そういや…記念日ごはん行ってないね、行くならそこだ」とばかりに行ったのが、東金沢駅近くにある焼肉店「有牛」さん。
昔はそうではなかったんだけど、今では予約必須!なので珍しくちゃんと予約して行きましたよ``r(^^;)

まずは極厚切り上タン塩…我が家にしてはかなり清水ジャンプ(清水の舞台から飛び降りる勢い)なお値段だったんだけど~「き、記念日だもの」とエーーイと頼んでみた。

…どうやって食べればいいの?(笑)

ひとまず大きなのをドーンと焼いて、それを一口大にカットしてから食べるそうな。
焼いている間、岩塩をすりすりすり下ろして待つ♪
ご主人おススメは「しっかり目に焼く」だったので、ちょっと頑張って待ってみた。すり下ろした岩塩は甘みも感じられるやわらかな味で、炭火に炙られたタンの風味と相まって激ウマ!!清水ジャンプしてみて良かった!

手前が有牛カルビ、奥が今回の目的であった有牛焼きしゃぶとろろ☆

タンと闘っていたら、ちと脂がしっとりんになってきてた(^^;;;
焼きしゃぶとろろは、これをじゅわっと焼いてね~

とろろが入った少々甘めのタレにつけて食べるのだ!これと白飯が最強っ!!
わさびがどれにもついてきてるんだけど、マグロのトロの時みたいにガンコにつけても辛さを感じない(^^;とろろとタレとわさびをつけてぱくり…はぁ~たまらんっ!
以前は秋~冬の限定メニューだったんだけど、ご主人が「レギュラーにしちゃおうかな」とおっしゃってたので、今度から年中食べられるのね♪(#^_^#)あとはお金を貯めるだけだな…

リッチなサシ多めのお肉ばかりを食べていたら、赤身系が欲しくなりました(;´д`)若くないわねぇ~
モモ肉…うん、しっとりといいね♪ちょっと飛ばし過ぎましたわ(笑)

一品一品結構素敵な価格なんだけど、ボリュームがあるので満足感が高いなぁと(--)(__)帰り道ダンナ氏と「また行きたいね」ってテカテカの顔で再訪を誓ったのでありましたとさ。次はいつ行けるかなぁ~
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ごちそうまつり 2

2017年02月26日 | そとごはん
自然派ラーメンという無化調にこだわったものを出してらっしゃる神楽さんで、何やら土曜日の夜に「自然派中華の会」というのが催されているらしい。
毎週土曜日、予約限定4人1組(案内によっては3人~というのもあったが)で、全5品3500円というコース。
面白いのが、飲みもののメインが自然派ワイン(ビオワイン)ということ…中華にワイン?!なのである。あとはウーロン茶かビールのみ。中華でお約束の紹興酒なぞはない。

と、偉そうに書いているけれど、メンバー4人目が揃わなかったので声をかけていただいたという私σ(^◇^;)「中華?神楽さんで??へぇ~」ぐらいの勢いで参戦しただけという。

Eさんにピックアップしていただいて、神楽さんへ。
面々が揃い、時間もきたことでコーススタート♪

お迎えに来ていただいた事に甘えてビオワインの白をお伴にまずは前菜。
トマトが入った玉子焼き、しっとりとレアチャーシュー、蒸し鶏の中華ソース、中華くらげと海老。
どれも優しい味で、確かにワインと合わせても違和感がニャイ…お店の方が無化調の自然派中華だと、こんなワインが合うんだとおっしゃってたな(*^_^*)
パクチーお好きですか?と別皿にパクチー登場し、鶏肉と合わせたらまた格別だった。中華くらげは今まで食べてたのとは全然違って「こんな味付けもあるんだ」って思ったよ~
えと、今思うとコース一覧の中に前菜が無かったので、これは別料金分(多分4500円のコース)と思われ(^^ゞ←ただついて行ったためあやふやでスマン!

お次は小海老のチリソース煮。
これまた普段食べる海老チリと違って、ビリビリとした味付けではない。トマトソースを思わせる味に、海老がかなりの存在感で「小海老?」と思う食感だった。ベースとなるスープがしっかりしてると、色々入れなくともしっかりと味わい深くなるらしい。あと通常のものよりもお砂糖が控えてあるんだとか。

無添加餃子。
野菜の甘さが感じられる餃子。気のせいか皮が普通のよりもモッチリ感があって(薄い普通の皮っぽいんだが)これも何故かワインに合うなぁという不思議。地味ぃにパクパクと食べ続けられそうな餃子だった(笑)

国産牛と色々野菜の炒め物。
和牛を使ったという炒めもの、お肉がいい具合にやわらかく、それに対して野菜がシャクシャクと食感があり、みんなでうんまいうんまいと食べた``r(^^;)
通常この手の炒めものは油がどーんと使われているんだけど、お砂糖同様油も全体的に抑えてあるので、もたれがコワイ中年としては嬉しいのだ。

蟹と豆腐の能登塩煮込み。
…私の中で今回のコースのMVPがこれだった(^.^)少々磯臭さすら感じられる蟹につるんとやわらかい味わいのお豆腐。内心ごはん下さい!と言いたくなるような~これ、ごはんにかけてエンドレスで食べたい。

そしてコースのラスト、牡蠣貝と野菜の餡かけ炒麺。
炒麺をすっかりチャーハンと思いこんでいた( ̄□ ̄;)麺で来てびっくり…最近読み間違い本当に多い(笑)焼きつけて香ばしさをプラスした麺に牡蠣のうまみがしみた餡がからんでつるりと食べられた♪
お代わりしたビオワイン2杯目はロゼタイプだったんだが~ちょっと、お酒の存在忘れつつあった(あれ?お店の方の目的が(O.O;))

お腹に余裕があれば、もう一品ぐらいなら出せますよとのことで、お隣の団体さんとタイミングを同じくして今度こそ「チャーハン」を追加!赤いのが人参?と思ってたら何やら酸味があって、それがさっぱりとしててよかった。全体的に多めに戴いていてちょっとお腹いっぱい気味だったくせに、ついついこれも普通に食べてしもうたよ。

お店の方が自然派のメニューに相当こだわりがあるようで、時折説明されるのを聞くと何だかおばあちゃんのごはん的な…って思うのは私だけかもしれないが、自慢のメニューをみんなに食べてほしい!というのが伝わってきた。
そういやここまで食べたなら、食後にコーヒー飲んだり、何か甘いもの食べたりしたいって思うんだけど、ここのは「あーおなかいっぱい、ごちそうさま」ってそのままで満足だった。こ、これが自然派マジックなのか?(分かってないだけに思い込みがすごい(笑))

神楽さんにラーメン食べに行ったのって1回しか無くて、自然派中華の会のことなんてひとっつも知らなかったのに、思いだして声かけて下さってAちゃんに感謝☆ちゃっかりがっつり…新しい世界を見せていただいてありがとう!そして改めてピックアップして下さったEさん、一緒にテーブルを囲んで下さったKさんとKさん(あら偶然一緒)にも感謝感謝なのでございましたとさ(*´∀`)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ごちそうまつり 1

2017年02月25日 | そとごはん
UPしてたつもりが…あれ?なかった的な振り返りごちそうから。
卯月さんちで結構前にUPされてたけれど~Y'sさんと3人で、ちょい遅めの新年会で高岡の「Ventuno alla taiki(ヴェントゥーノアッラタイキ)」さんに行ってきた。前々から名前は聞いてて行ってみたかった「オステリアタイキ」さんが移転&改名されたお店らしい。

ちょっとバブルの頃を思い起こさせるようなモード感のある建物。2階にお店があり、道路に面してせり出した部分がテラスっぽく感じられる席にてスタート。建物はモードちっくだったけれど、内装はブルックリンスタイル?!(ちょっと使ってみたかった単語)木の色と黒が印象的で、広めのスタジオのような段差を活かした変わった造りが建物好きとしては、まず面白い(^-^)

まーったく来た事がないので、先輩方についていくのみ(-_☆)キラーン
メニューを選んでオーダーしたら、今回卯月さんが運転手をかって出て下さったのでノンアル、Y's部長は安定のビール(ブレない!)私はワインで乾杯☆

まずはトリッパが来た♪ホルモン好きなのでワクワク。
!!っと、なかなかのパンチがある香りがする( ̄□ ̄;)こりゃーと思いながらも、恐る恐る口に入れると「あれ?美味しい」という具合(笑)
さらーっとした味付けにチーズがこっくりとしてて、たぷんとしたトリッパがいいバランスだった。しかし、あの最初のパンチは何だったんだろう?

ここに来たら外せないという前菜の盛り合わせ。たしか2人前程度のものだったはず~
メニューを見て「どれにする?」って悩んでいて「盛り合わせなら、とりあえずおススメ入ってくるやろ」的な(^^;
キッシュやテリーヌなどなど…テケトーにカットして、何となくそれぞれの好みで取り分けた。この辺りO型3人ならではの雑な感じが心地よいのである(笑)

海老のアヒージョ。自家製というパンがついてくるのだが、この量の美味しいオイル…パンはおかわりせねばならぬと全員一致し、パンおかわりしてじっくり楽しんだ。海老の存在感もよかったけれど、アヒージョのオイルって「油だよねぇ」と内心思ってもついつい、ついつい(O.O;)(oo;)ちょっと温められてカリっとしたパンとオイルが染みたところの合わせ技に参るのであります。

今見返すと濃いところ行ってるなぁ~確かボロニア風ラグー(^^;;;
ちょっと味噌っぽい感じの味でつるつる入るよ。

アヒージョのパンを食べすぎ、品数の割にそろそろお腹いっぱい気味?と思いつつも、お腹はまだ入る!ということで、ラストにまた炭水化物系を頼んでしまう(°◇°)~えへへ
リゾット食べたい♪っていう話になって、焼きリゾットを…その日出来たのがほうれん草のものだったので、それをオーダー。
むっちりとこうばしい食感が面白い!お腹空いてたらがつがつ食べちゃいそうなものだった。さすがにお腹いっぱいだわ(O.O;)

このままの勢いでドルチェまで食べちゃおうかと悩んだんだけど、河岸を変えて時間の許すまでお茶して締め☆
念願のお店に行けてラッキー!近くにあったらちょっとずつ色んなものを試して通いたい感じ…ランチは混んでそうだなと思うけれど、いつか行ってみたいなとも思ったのでありました。連れてってくれてありがとー!(*^。^*)

□高岡はよく分からんが□
お店の場所、万葉線の沿線で坂下町電停の近くだった。地図で見ると高岡駅から約1kmだし、天気よければ歩けそう。
で、今回初めて文中のお店のリンクにFacebookのつけてみたんだけど、会員になって無くても見られるのかなぁ~(多分見られたはず、表示が邪魔っ気だけどね)駐車場の場所が分かりにくいらしく、その記事たちの中で2016年10月6日にお店と駐車場の位置が載ってたので、地図と照らし合わせて行くのがよいと思われまする。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

春のごはん

2017年02月24日 | たべもの♪
先日スーパーに行ったら、びっくりするような価格でグリンピースが売られていたので買ってみた♪
…ここだけの話、鞘つきの状態で買うのは初めてである(大袈裟な(笑))
見た目、鞘がやわらかそうで「これスナップエンドウとどう違うんだろう?」と思いつつ、しばらく冷蔵庫で寝かせてたんだけど(ぉぃ)中から豆を取り出す時に「あーこりゃ鞘はこわい(かたい)な」と納得したのでありました(^^;

豆だけでなく、ごはんには押し麦混ぜてるマイブーム

朝に写真を撮るヨユーがなかったので、お弁当タイムにパチリ☆
豆少ないかな~と思ってたけれど、実際混ぜてみたら丁度いい量だった(^.^)

豆ごはんを炊くと「あぁ、春だなぁ」って思う。

参考にしたレシピがいいレシピで、塩加減も豆の仕上がりもよかったし、またいい出会いがあったら作ろうっと♪珍しく朝からダンナ氏がおかわりしたという( ̄ー ̄)だよねぇ~な美味しさだったのでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近の再お気に入り

2017年02月23日 | たべもの♪
しばらく実家に行ってなかったこともあり~ちょっと間があいていた「八橋ぱん」さんブーム…先日久々に行って復活気味(*´∀`)

その日の推しメンならぬ推しパンだったのがクリームパン。
ちょっと遅めに行ったから、もうないかな~と思ってたらあった。その上「出来たてのもありますし、そっちの方がいいかな」などとお店の方が、オーブンプレートの上にあったのを下さった♪

ブリオッシュ生地(だと思ってるのだが)のほんわかとした風味と、バニラしすぎてない自家製カスタードクリームが美味しい(^.^)クリームパンはこの生地のがタイプ。
そして、何だか鯛焼きのように皮よりも中身の方がアピール度高いぞ(笑)

個人的には、八橋ぱんさんのメイン層のパンとチースの相性がすごくいいと思っている。
カプレーゼは翌日温め直してから食べた~トマトソースがお子ちゃま味というか、少々甘めに仕上がってて、普通よりも少々多めにかかってるのがいい。
他にも冷蔵コーナーにあるチャバッタのサンドイッチにも、これでもかーとチーズが入っててたまらんかった( ̄m ̄)

津幡の大通りじゃない所にある上、駐車場もなかなかテクニックが要りそうな所なんだけど、実家に行く途中にひょひょーいと寄り道(笑)写真見てたらまた食べたくなってきた(;´Д`)このブームはセレブミートにやっばいぞ!(ぉぃ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

石引温泉 亀の湯

2017年02月22日 | おんせんとー
この道は近いのだろうか?遠いのだろうか?
何となくだらだらーっとまっすぐに走ると便利な道があり、地味に走りながら「これはきっと金沢城を中心に弧を描いているのだな」と思うのが国道8号線と、今回の石引温泉・亀の湯さんがある前の通り。いやいや、他にもともかく「まるでフランスかっ」というくらいに城が中心で道が出来ている街なのだが…(^^;まぁ通るたびに気になっていたところへ行ってきたのである。

金沢大学の病院近くの石引一丁目と笠舞三丁目を結ぶ坂道の途中、薄いグレーのビルみたいな建物に「石引温泉」と書いてあるのが目立っていた。よく見るとその横面に「亀の湯」ともある。
駐車場狭いな~と思ってたら、道を挟んだ斜向かいにもあるので、道が混む時間帯ならばそっちに停めた方が楽かもしれぬ。

写真の玄関口を入ると100円返却式のロッカーっぽい下駄箱が並ぶ。ほぼ地元の方々なのだろう、鍵をかけて使ってる方はほぼ皆無でそのまま使ったり、普通の家の玄関みたいに土間に靴が脱いであったりとなかなかのフリーダム感(・・;)ま、確かに下駄箱に100円入れて使うのは面倒だよね。

靴を脱いで中に入ると目の前にはエレベーター。
昔の情報だと2階と4階に休憩スペースがあったようなんだけれど、どうやら今は3階のお風呂場だけが使われている模様。

3階に着くと、もう1つの玄関がある。
建物が斜面に建っているため下の駐車場から行くと3階にお風呂の感覚なのだが、普通に住宅地の中にお風呂の階へ出入口もあるのだ。ご近所さんならここから来られそう。

3階玄関の横にある券売機で大人券(440円)を購入し、えらくにこやかな受付の方に渡して中へ。
なかなかにレトロな雰囲気…周りにロッカーと真ん中に島みたいな低めのロッカー、男湯との間は例によって鏡の壁になっており、昔は番台だったんだろうスペースには「いつからそこに?」的なデザインの垢すりが売られていた。

何となくの記憶ながら、中はこんな感じのレイアウトだった。
全て固定シャワーつきの赤・青カランな洗い場。昔ながらの感じか、若干お隣との間隔が狭いかな~

行った時間が比較的混む時間だったようで、なかなかのじゅうじゅう感(^_^;)久々に固定シャワーだと思い、頑張って頭を洗って~適温にするのが面倒だななど思いながらケロリン桶に湯を張り体を洗った。隣りからアワアワ水がだばーっと来るのはお約束的な…こっちも流しますよ、だばー。

噂によると露天風呂はかなりのぬる目でかけ流しなんだそう♪
さらーっと内湯に浸かり、そのあとウキウキしながら露天をのぞいたら…ビックリするくらいの混みっぷり(笑)3人入ってちょっと隣りと気を遣う…か…ぐらいのところに5人!一瞬近くまで行くも怯んで内湯に戻ってしまったよ。

内湯は三段階になっていた。
上流から深めのところ、二段目は超浅めのジャグジーっぽいの、三段目は少々深めの座湯(こっそりと背中側から湯が出ている)で、上流が少々熱めの41~42℃程度…流れ着く下流が40~41℃程の体感温度だった。
湯の色はアメリカンコーヒーと麦茶の間ぐらい。匂いはちょっとヨードな感じと、極々わずかにプール。何となくぬるりとした感じがあるけれど、先日の片山津ほどのパンチはなく優しめの肌触りだった。

内湯から露天の出入り口を眺めて待ってたら、今なら何となく入れそう(-_☆)キラーン
向かうとお地蔵さんみたいに動かない感じの方が2人入ってらして、3人目がそこに並ぶのに移動…そして私が4人目として角に収まるというレイアウトながら入る事が出来た。

…ぬるーーーーっ(°◇°)

体感は36~37℃。お風呂の中で寝落ちしちゃって「ハッ」ってなった時に、居心地いいけれど出ると寒いぐらいの湯温(どんなだ?)である。加水も加温もなく、むき出しの配管からドドドドと湯が落ちてくるだけの状態なのだ。
内湯とは色合いは同じよう(暗かったけどやや薄い?)だけど、香りと肌触りが違う。ヨードとかプールの感じが無くて、お湯自体ではなく露天スペースに石油とかガス系の香りが漂っており、肌触りはかなりのとろり感。そして移動するとちょっと体が浮く感じがあるので塩気も強そう。
やわらかいお湯でぬるいので、相当じわじわ入ってないと効かなそうというか寒そう(笑)でも、配管口から勢いよくしぶきが顔にかかるくらいに出てるお湯(源泉っすよね?)を思えば、今日はここを中心に入ろうと決めたのであった。

一旦露天(と書けども、何だか温室的な雰囲気)からあがり、しっかりと体を洗ってからまた戻り~と、今度はタイミング良く貸し切りだったヾ(@⌒▽⌒@)ノ
どうやったら気持ちよく浸かれるか…普通に座ってると肩が出て寒いので、首までずっぽりと浸かりたいのだ!といいバランスをとりながら寛いでいた。
ようやく体勢が整い「ふぅ♪」と思う頃にお一人いらっしゃった。
何となく端に寄って気遣いを見せたところ~なんと、なんとっ!その方、湯口からどどどと出てるお湯で顔を洗い始めたのだ( ̄□ ̄;)待てぃ!そのお湯そのまま湯船に入ってるやん!!泡こそなけれども、これはちょっと…と思い(そういうところはやや潔癖なのねん)出ることにした。なんか普通にシャワーみたいに体流してるし…
見えてないところならいいんだけど(ホントは良くないけれど、知らなかった事に出来るから)目の前でやる?

そしてほとぼりが冷めた頃、もう一度露天へ。今度こそ~と寛いでいると、今思えばさっきの方なんだろう、また顔を洗って~打たせ湯状態で湯口を陣取り始めた。いや、あの勢いある感じ、確かに打たせ湯?なノリかもだけどさ、

私はおば〇汁のかけ流しを楽しみに来たのではナーーーーイ!!

なんだろなー私が潔癖なだけなのだろうか…せめて貸し切りの時に一人で楽しんでくれよ、それ(-"-;)
すっかり気が削がれてしまい、内湯めぐりをして出てしまった。きっと長く浸かれたら、それはそれは楽しめそうなぬる湯だっただけに、残念無念なのである。

てなわけで~勝手にインプレッション!

コスパ  ☆☆☆ スチームサウナも楽しめると思えば得かな?ややレトロなので相殺して普通。
渋い度 ☆☆☆☆ 飲泉出来たのかな?露天の横に亀がのぞく小さな湯口があった。かわゆす。
リピる?  ☆☆ 状況次第では☆4か…ぬるい露天は夏にもってこいな環境。

利用時間 12:30~24:00 (月に数度休みアリ、金曜日らしい)
入浴料金440円(大人) ドライヤー料金20円/3分ほど

phは8.2。泉質はナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(低張性弱アルカリ低温泉)
露天はかなりぬるめ、最後は内湯で温まったからか?湯上りはそんなに暑くないんだけど、地味ぃにホカ?ホカ??ぐらいで温かいのが続く感覚。肌はさらっとすべすべ系。
あーかけ流し楽しみたかったよぅ(ToT)あれって普通なん?
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

いつかは我が身

2017年02月21日 | てきとう
すっかりおじーちゃん、ややおばーちゃんなMy両親ズ…の所に10㎏の米が届いたそうな。我が家でも1ヶ月で5㎏いくかな~ぐらいなので、なかなかの量である。ということで「とりに来い」ホットラインがきたので久々に実家に行ってきた。

ぐだぐだとしてて夕飯時「あんまりお腹空かんし、何作ればいいか分からんわ」というおかん、おとんは基本的に夜はごはん食べずに晩酌オンリーでつまみがあればよいらしく…じゃあとばかし、近所にあった定食屋に連れていってみた。

よくある、小鉢やおかずをトレイに好きなだけとって、最後に会計するシステムのお店。
そこでも「何食べていいか分からん」「食べられるか分からん」などなどいうので「食べれんかったら食べたげるから」と…まぁ正直美味しい!という訳ではないんだけど、ちょっとずつおかずを選んで食べられるのは楽しいかなと思ってたら、ダンナ両親ズと同じく楽しかったらしい。もちろん「やっぱりこんなに食べれん」といって、かぼちゃの煮たのとか揚げだし豆腐とか、焼き魚半分とかこっち来たけど(°◇°)~やっぱりかっ!

実家がまだ商売をしてた頃は、店の準備をしたり、近くに買いものに行ったりと細々してたらしいんだけど、こうして普通に家にいるだけになると手芸をするかテレビを見るしかなくて、動かないからお腹空かないんだとか。
それでも何も食べないという訳にもいかず、作るんだけど~そんなに量もいらないし、年を重ねてくるとお互いに食べられるものに違いが出てくる(入れ歯vs好き嫌い)ようで難しいのだとか。
前にも書いたかもしれないけれど、コンビニに最近小さいおかずがいっぱい売ってるの、うちの親世代の層にも受け入れられてるんだろうな~と思うと複雑になったわ(;´д`)

食堂の帰り道にスーパーにも寄ってきた。今日は「煮ものを作る」という目的があったようで比較的元気よく買いものしてたけれど…いつもはどうなのかなぁとか。すでにお友だち何人からか「将来は引きこもり」と予言されてる私としては、なんだか考えさせられたのでありましたとさ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

もつ煮でソイヤ

2017年02月20日 | そとごはん
週末は外食まつりだった…バレンタインデーで作った二軍さんたちをチビチビと消化しつつの贅沢まつりに、あっという間にセレブミートがさらに倍!状態( ̄□ ̄;)

そんな中、写真の点数がそんなに無いものからUP☆←ミートはスルーの方向

所用でダンナ氏をお迎えに行った日、丁度お昼時だったので定食屋にでも~と思ってたら、時間的にアウト!ダンナ氏の思惑通りにラーメンかカレーということになり…行ったのは西南部の方にある一世風靡さん。

初めて行ったお店なのに、レギュラーメニューで無く期間限定に心が動いてしまい「もつ煮みそらーめん(750円)」をオーダー。野菜不足だったので、せめてものあがきで「赤(辛味だれ付もやし・100円)」をトッピング。

ちょーっとクセが残ったもつが何ともいえず、後引く味だった。
見ためよりも結構あっさり♪(^.^)そして、そんなに辛くないと言われてた赤がじわりじわりと来る辛さで…でも食べられるギリギリで、じわりじわりしながら食べた(笑)
今までごはん食べて汗かいた事なかったけれど、さすがに汗だくだったわ!

麺はこんな感じ。ちょっと時間経ってから撮ったから、それほどでも無く見えるけれど、かなり細めのストレート。
もっちりとしてて、まとまり感のある麺がスープをまとったのをズズズと心のままに食べて、めっちゃ口の中火傷した(爆)水ぶくれできるレベルは久々(O.O;)あはは

見た目を裏切るあっさり感、麺の質感…そして後から後から無くならないもつの多さ、驚きとオトク感がある一杯だったよ~♪

ダンナ氏はとまと味噌らーめん(750円)に煮玉子(50円)をトッピングして食べてた。

ダンナ氏が某所にUPしてた画像を勝手にもらったぜぃ

ちょ!これ美味しい!!
トマト苦手なんだけどソースは好きという私…こちらはとんこつベースを感じさせながらも、トマトのいい具合の酸味が爽やかでよかった~チャーシューいらないと思うほど(でも煮玉子はおすすめかな)
トッピングでバターを入れるという手もありそうだけど、そのままあっさりの方が良さ気な気がした。試してもないのに、それも自分の皿でもないのに言うなという話だがσ(^◇^;)

いつもならば、餃子~とか小さな丼~などを追加してダンナ氏とシェアして食べるんだけど、トッピングしたのもあってかラーメンだけでお腹いっぱいだった。そしてここも珍しく、普段好みの合わない2人とも「美味しい」と思うお店だったので、またいつか行けたらなって思ったよ♪ごちそうさまでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

料理教室・65度目☆

2017年02月19日 | ネパール料理・教室
今月はお一人参戦…教室の日はかなり暖かかったので、道中眠気と闘うので必死だった(^^;春近しだね(え?

てなわけで、今月はこんな感じ↓

こっそりと変わった食材が多いというスペシャルメニューだったのら(*^_^*)

メインで習ったのは大好きなダール(豆のスープ)日本でいうところの味噌汁的なものというだけあって、同じようにダールと言えども、習う度にちょっとずつ違うのが面白いところ。
今回は緑豆(ムングダール)とウラド豆(マスコダル)を使ったもの、黒めに仕上げたいので黒豆を煮る時のように鉄を入れて作ってらしたよ~

仕上げには、タルカパンという小さな鍋というかフライパンのようなものでギー(発酵バターの上澄み的なもの)を熱し、写ってる材料(左からヒング、ジンブー、生姜)と唐辛子をジュワッとさせ…その熱々のタルカパンごと鍋に入れてジュージューさせるという作業がある。これで香りが格段に変わり、ダール本来の色もさらに黒めになるという。

今回は珍しくパパドも登場。
パパドは乾燥した薄い板状で売られてるようなんだけど、それを揚げたり焼いたりして食べるらしい。
今回のは胡椒が入ったもので、焼いた方が合いそうということからガスの直火で炙ったものが出てきた。パリパリのをごはんの上で崩して、ダールなどと混ぜ混ぜして食べるのだ♪

そのほかのおかずたち~左上から時計回りに
・グンドゥルク バトマス
バトマス(大豆)を使ったサラダ的なもの。茶色い山菜みたいなのは大根の葉のようなものを干して、葉っぱでくるんで発酵させた保存食のようなもの…これが今月の隠れたメイン食材(・・;)発酵してるので、やや酸味がかった香りがするんだけど、漬けもの文化からすると馴染みのある味わいだった。大豆、ちょっと硬いんだけどクセになる味。
・ククラコマス
鶏肉を煮込んだカレー。こってりとしたグレービーソースが美味しい。以前習った時はアジョワンシードを入れてもっとスープっぽいのになってたけれど、これもまたその1つ。
・シドラコ アチャル
煮干しのような魚を使った和えもの。ネパールって海無いし、お魚は川魚メインなのかなと思うんだけど、商業の盛んな民族(ネワール族だっけ)の方が変わった食材を仕入れていらっしゃるんだとか。小魚をおやつに育った自分としてはずっと食べられる味(笑)
・べにくるりん
先生の畑で育ったきれいな紅色の大根。シンプルにせん切りにしただけ。
・じゃがいものサブジ
優しい味わいのじゃがいものスパイス炒め…スパイスと書けども一般的に考える辛いものではなく、クミンシードとターメリックぐらいしか入ってない。全体的なメニューのバランスによって、スパイシーだったり優しかったりと変えているそうな。

全体的に好きなものが多くて、それぞれちょっとずつおかわりしたいと思ったけれど、全部は無理だった~大豆のサラダはボリボリと食感が面白かったので、それだけは…と(-_☆)ぼりぼり

食後はチヤ(スパイシーなミルクティ)と先生お手製のデザート。

何だか可愛かったので、アップで撮ってみた``r(^^;)
ショコラクレームブリュレとベリー系のクリームが挟まったマカロン。
2月はバレンタインデーがあるからか、デザートはチョコ系だな♪ちょうどいい甘さでこっくりと、そしてカカオの苦みもあって美味しい☆
マカロンは卵白が沢山出るからついでに作られたらしい…マカロン、私には鬼門のメニュー(前作って失敗した)で普段食べてもそんなに美味しいなとは思わないんだけど、先生のは美味しかった。ふふ、美味しかったばかりだな(^_^;)

お腹いっぱいで満足♪
さて、帰りも眠気と闘わなければ~と思ってたら、教室の後に先生が濃い目のお茶をふるまって下さった。それでもやっぱり眠かったけれど、無事帰宅。普段一緒に連れてって下さってるきみ犬先輩に改めて感謝!だったのでありました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加