我が郷は足日木の垂水のほとり

文化芸術から政治経済まで、貧しくなった日本人の紐帯を再構築したいものです

台風の後

2019年10月13日 | 軍事

ご案内 

2019 10 13 台風の後【わが郷・軍事】
幻覚患者、 妄想の防衛論

 映像・検索

  最初に ポチとお願いしますm(_ _)m

 

台風一過、

晴れですが、風はまだ強いです。

 

河の様子を見てきました。

わが郷は、治山治水が行き届いて、ほぼ安全なので、

大丈夫です。

 

まずは、水田ですが、

ごらんのように、『何があったの。』

とか、涼しい顔をしていました。

 まったく、倒伏していません。

これも、農業技術の進歩でしょうか。

 

さて、鬼怒川の下流では、自然堤防を削ったので、大水害もありました。

ごらんの絵は、鬼怒川上流部の、今朝の様子です。緑のグリーン、ゴルフ練習場では、人も出ていました。この部分は河川敷で、堤防は。もっと、外側にあります。そして、普通よりまるっきり。水かさが増えていても、流れは緑のグリーンコースまでも、上がって来てしません。

とにかく、写真では。それほど、実感出来ませんが。ムチャクチャ河川敷が広い。

 上の絵では、増水した川の水。その様子です。

普段は、この濁流の満々と満たされている河の。その十分の一、位にしか川筋はありません。なので、今朝の水量は、いつもの何百倍か。でも、増水しても、河川敷にまでは、水は届いていません。両岸には、100メートル幅、両岸合わせれば、まだ 200メートルの河川敷で、余裕の良っちゃんです。

左近尉が生まれた、70年頃と比較して。今の河床は、多分 2メートルほど低くなっている。なぜならば、日本国土改造に使うので、川砂や砂利をとりまくった。その結果が、相対的に。堤防が。2メートルほどかさ上げした格好になっている。それで、河床の流域と、人の遊ぶ河川敷とは、2メートルほどの高低差が出来た。

 

これは、今朝のニュースで報道された。千曲川の氾濫の様子です。

まるで、中州の中に民家があるような、酷い景色になって、しまっています。 

 

 2011 03 16 巨大震災から立ちあがる 【わが郷・政治】スーパー堤防巨大震災から立ちあがる わが郷

巾が、300メートルで、高さが 17メートルの大堤防をつくる。この事業に参加すれば日当は、1万2千円だ。重機や測量の操縦あるいは、建設現場管理の担当者ならば、年収が 600万円以上は保障する。これを経済学上のヘンテコな述語で言い換えれば、"信用創造"となる。https://blog.goo.ne.jp/wagasato/e/ae7518b8b9162f838baa522571a0f4a5  

 

日本の河川整備事業は、構造改革路線以降は、止まってしまったかのよう。

とりわけ、小泉構造改革では、三位一体とか、何処の宗派のこと。まるで、キリシタン一揆にあったごとく。治水の予算は、ごっそりと米倉から、売国・反日の徒によって、海外に流出させられてしまいました。

やはり、人家の密集地帯では、家とかビルをどかして、堤防を作る。なんて、無理です。ならば、河川の隣接地の土地を、300メートルほど堤防と、増水時には水を遊ばせる幅、100メートル程度の河川敷とする。残りの 200メートルの土地を、10何メートルほどかさ上げする。盛り土は、主に河川の浚渫で、川底を掘り下げる。その時出る土砂を使う。ならば、人々は元から住む土地を離れないですむ。予算は、もちろん政府紙幣を刷り散らかす。是ならば、直接資金が、土建の現場に届く。アベノミクスでは、金融ゴロが海外などに、遺漏させたので、それほど経済効果は。無くて、あっても薄かった。まあ、いろいろな手はあるだろうが、カーパー堤防も、賃金アップの有効な手段なのだろう。

やっぱり、一度には無理でも。堤防が壊れて、氾濫したような場所では。幅が、300メートルとかの、スーパー堤防建設は急務だと思われます。予算は、これこそ財政出動。住民や地方自治体には負担させない。政府が、お金を刷れば良い。儂・左近尉の郷では、ごらんのように平穏そのもの。でも、建設国債等で、物価が、1パーセント程度上がっても、それは応分の保険料だと思う。

 

とにかく、痛みを伴う改革が、日本の強靱化を妨げた。

 

     日本全体が、

     あまねく豊かで、

     安心になる。

 

ならば、どの国民だって、わが国土を愛する。

この日本国を守らねばと、実感するのだと思われる。

   やっぱり、小泉改革は、ダメだった。   ポチとお願いします

 

 

 

 

 

 

(当ブログでは記事内容の重複を避けて、投稿記事をシンプルにするために、紺色 の文字で書かれた部分は、その関連記事にリンクするようになっています。クリックすれば、その記事が開きます。画像もクリックすれば、関連記事が開きます。開かない映像もあります。それはまだ、準備中ということで、なるべく早く整備したいと思っています。本日の記事に帰る場合には、一番下にあるHOME の部分をクリックすれば、戻ってこられます。)

 

 

 

  岩淸水映像での案内 かぐや編【記事索引】

 

 

 

   本日は 35位です。 m(_ _)m  => ランキングを見る 

アクセスの記録  2019 10 13 (日)    2241  PV      653  UU      838位 /  2892149ブログ

 

2019年 10月【わが郷】 わが郷の顔  201910

2019年 09月【わが郷】 わが郷の顔  201909

わが郷の顔 2019年 08月【我が郷の顔】 わが郷の顔  201908その他 

わが郷の顔 2019年 07月【我が郷の顔】 わが郷の顔  201907 その他 

 

 

 

 

 

映像による 記事検索

 

 

東京都尖閣諸島寄附金 受付状況 は、 こちら にサイトが設けてあります。 

 

わたしの里の美術館【索引】我が郷は足日木の垂水のほとり【HOME】岩淸水
わたしの里 美術館       わが郷 HOME

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

コメント