我が郷は足日木の垂水のほとり

文化芸術から政治経済まで、貧しくなった日本人の紐帯を再構築したいものです

平和な、戦い。

2019年10月24日 | 軍事

ご案内 

2019 10 24 平和な、戦い【わが郷】

 映像・検索

  最初に ポチとお願いしますm(_ _)m

 

 

815日の終戦の日を、

敗戦の記念日と、呼ぶものは

大バカ者だと、わが郷・左近尉は思う。

 

あるいは、今でも残忍な

戦争を継続する者たちへの、

恥知らずな、追随者なのだろう。

 

 

 2018 12 25 マスコミは、諜報宣伝の 残地部隊。【わが郷】 マスコミは、諜報宣伝の 残地部隊。

 

虹の「即位の礼」令和皇室の決意に込めた幸せと平和

虹の「即位の礼」令和皇室の決意に込めた幸せと平和

  1.  20191023日  71

 天皇陛下が内外に即位を宣言する「即位礼正殿の儀」が22日、皇居・宮殿で行われた。陛下は、上皇さまの歩みに触れつつ「国民に寄り添いながら」象徴としてのつとめを果たすと誓われた。 

2019 10 23 虹の「即位の礼」令和皇室【保管記事】

 「令和」の考案者とされる中西進氏は、式後の取材に「陛下がお話になる時、かーっと日が照ってきた」と証言。首相もSNSに「朝から降り続いた雨が一転、澄明な陽光が差し込む中」とつづった。天気の好転を受けて、インターネット上では「天皇晴れ」「エンペラーウェザー」などのワードが並んだ。

 新憲法下で初めて催された平成時の正殿の儀は、戦前の様式にならったことから、憲法が定める国民主権や政教分離の原則に反するとの批判もあったが、政府は今回も前回の様式を踏襲した。
https://blog.goo.ne.jp/zendagisexorogy/e/19058497941f80a6a1a9503fc90882a0

 

終戦の詔【歴史】 終戦の詔 わが郷

 加之敵ハ新ニ残虐ナル爆彈ヲ使用シテ頻ニ無辜ヲ殺傷シ慘害ノ及フ所真ニ測ルヘカラサルニ至ル而モ尚交戰ヲ繼續セムカ終ニ我カ民族ノ滅亡ヲ招來スルノミナラス延テ人類ノ文明ヲモ破却スヘシ斯クノ如クムハ朕何ヲ似テカ億兆ノ赤子ヲ保シ皇祖皇宗ノ霊ニ謝セムヤ是レ朕カ帝國政府ヲシテ共同宣言ニ應セシムニ至レル所以ナリ
https://blog.goo.ne.jp/wagasato/e/8718349b5912fa2822149621edd9eac8 

 

憲法改正など、せずとも好い。

現憲法は、国際法上の論理から言っても、無効である。

その無効の憲法を、『改正する』等と謂うことは、現在の進駐軍憲法を。その違法性を没却して、あたかも此の。戦争勢力による支配が、正当な平和だと、欺瞞の概念を、人々に刷り込む、反日の利敵行為を成していることを、明白に確認せねばならない。

日本国内には、疑似的な 『ヘイワ』 があるが。世界各地には、米国軍。わが郷・左近尉の言い方では、米穀軍による過酷な戦争支配を、『ヘイワ維持のための、正当な統治行為』 だと、なんとなく認めてしまっている。わが郷では、50年ほど前の、反戦・沖縄闘争を回想的に書いたこともある。沖縄の米軍基地から、盛んに爆撃機が飛び立って、ベトナムの国土を破壊してきた。それに対する反対闘争は、単なる。ポーズに過ぎなかった。それが、当時の日本共産党や、今はなくなってしまった。社会党の欺瞞であった。 

B-52 戦略爆撃機【岩水・米軍装備】 B-52 戦略爆撃機 USA 軍装備

2019 05 12 悪の帝国【わが郷】 2019 05 13 自然な成り行き【わが郷】 

サヨクの共産党や、民主党の残差物。立憲だとか国民民主党は、米穀ゴロツキ軍の、世界支配を陰から支える。

左からの。つっかえ棒であった。ならばこそ、F35や、オスプレイなどの、ガラクタ購入を野田政権は許してしまった。

対して、アメちゃん鱈ギッチョンチョン。右翼の安倍政権は、イランとの平和外交で。シビリアンコントロールの(タガ)が外れた、米軍の牽制にある程度成功している。

でも、エネルギー政策では、今でも米穀の後塵を拝している。

日本は、石油による。日本への支配を返上せねばならない。わが郷は、原子力発電等の未来を描いてきた。でも、小学生に言って聞かせても、それは夢物語のように聞こえてしまうだけ。

  

例えば、上の画像は。今では当たり前。無数ともいえる、電子素子の表現描出している画像ではある。昔は、プロのカメラマンは、4×5インチのフィルムなんぞを使って、精密な画像を得ていた。今では、画像エンジンを用いて、電子的に画像を構成している。カメラ内蔵の記憶媒体で、その高精密な画像を、何百枚も保管できてしまう。

(こうした技術は、日本国が開発してきた、無数の基礎技術の集合で成り立っている。その技術を支える、たった三つの素材の実質禁輸。これで、韓国の政治も経済も、ガタガタではある。これが、昭和帝の示された、文明での戦いなのだろう。)

こうした技術開発を、日本国の工業技術が達成してきた。

40年前の左近尉には、想像もできなかった技術ではある。

その巧緻な技術が、スマホの付録みたいになっている。

 

新機軸の原子力発電。それ以外でも、マグマ近傍での、水素発生で。普通の水の燃料化。海洋開発で、風力のほかにも、海流発電も有望だ。

これらの工業技術開発と、その実用化は。サウジアラビアでの、お馬鹿な王子とべったり。米穀軍産の利権を大いに脅かす。

これらとの戦いは、ある意味で死闘ではある。

国際構造改革の雄。トヨタが、その利権を脅かす、水素電気発電の車だとか、燃費が半分。つまり、新機軸エンジンが、油生井を、どんだけ掘り当てたことか。我ら日本人の戦いは、過酷ではあるが。きわめて、平和裏に進められてきた。

是こそ、文明国日本の、平和の戦いなのだろう。

   人それぞれ。それぞれの畑で、油生井を掘り当てればよい。  ポチとお願いします

 

 

 

 

 

 

2017 10 23【わたしの里・花暦】寄り添う秋 寄り添う秋

   2017 10 23 AM10時ごろ 歌ヶ浜にて

 

(当ブログでは記事内容の重複を避けて、投稿記事をシンプルにするために、紺色 の文字で書かれた部分は、その関連記事にリンクするようになっています。クリックすれば、その記事が開きます。画像もクリックすれば、関連記事が開きます。開かない映像もあります。それはまだ、準備中ということで、なるべく早く整備したいと思っています。本日の記事に帰る場合には、一番下にあるHOME の部分をクリックすれば、戻ってこられます。)

 

 

 

  岩淸水映像での案内 かぐや編【記事索引】

 

本日の話題の記事

2019 10 24 虹の「即位の礼」令和皇室の決意に込めた幸せと平和 【日刊スポーツ】

 

 

   本日は 33位です。 m(_ _)m  => ランキングを見る 

アクセスの記録  2019 10 24 (木)    1927  PV      642  UU      872位 /  2893823ブログ

 

2019年 10月【わが郷】 わが郷の顔  201910

2019年 09月【わが郷】 わが郷の顔  201909

 

 

 

 

 

 

映像による 記事検索

 

 

東京都尖閣諸島寄附金 受付状況 は、 こちら にサイトが設けてあります。 

 

わたしの里の美術館【索引】我が郷は足日木の垂水のほとり【HOME】岩淸水
わたしの里 美術館       わが郷 HOME

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

コメント