我が郷は足日木の垂水のほとり

文化芸術から政治経済まで、貧しくなった日本人の紐帯を再構築したいものです

アメ車に乗る。

2019年10月31日 | 軍事

ご案内 

2019 10 31 アメ車に乗る。【わが郷】

 映像・検索

  最初に ポチとお願いしますm(_ _)m

 

 

そもそも、日独伊。

此の、旧枢軸国側の

一般軍事装備なんて、ナンの意味も無い。

 

バッサリ、皮肉の刀で断ち切れば。

それって、旧枢軸国民は、植民地の住人にすぎない。

 

なので、高い軍事費を払わされて

米欧などの、カネもちを、べらぼうに富ませる。

奴隷には、奴隷なりの。重荷を担がせている。 

 

 

 

 

 自衛隊の航空機【岩水・防衛相装備】 自衛隊の航空機 【防衛省 装備

 

中国を圧倒する戦闘機を独自開発せよ

中国を圧倒する戦闘機を独自開発せよ

 20191024日(木)60分 JBpress

 日本には、日本の運用の考え方や地理的な特性に合わせ、日米の技術を結集しで米国の「F-16」戦闘機を改造開発した「F-2」戦闘機がある。

  それにもかかわらず、現在、青森県の三沢基地に「F-35」戦闘機の配備が粛々と進み、さらに「F-35B」戦闘機の導入が報道などで取り沙汰されている。

  日本が、日米共同で製造したF-2戦闘機の後継機となる次世代戦闘機を具体的に形作っていくことは非常に難しい状況になっている。

2019 10 24 中国を圧倒する戦闘機を独自開発せよ【保管記事】

 

5.独自開発こそ日本のため

   搭載する技術レベルが高ければ、開発に要する費用は必然的に高くなる。

  1機当たり200億円以上、総開発経費は1兆5000億円以上とも見積もられている。独自開発も共同開発も高コストになる。

   米国ロッキードや英国との共同開発によって取得することも視野に入れている。しかし、システムなどの設計が完全に日本側に開示される保証はない。

  これまでも重要な技術は開示されていないことから、採用した場合の不安材料はあまりにも多い。https://blog.goo.ne.jp/zendagisexorogy/e/81131cf1c80f95cdcad6019104ec1b0e

 

そもそもが、アメリカなんか信じていれば。

世の中の酸いも甘いも。知った大人からは、馬鹿にされてしまう。

 

大人は狡(ずる)い。 

アポロ計画がインチキだったように、バグダディが米軍の作戦で、死んだ。とかの話だって、只の「話し」 なのかも知れない。ならばこそ、上のような。テロの親分を担いで逃げる。トランプ氏の風刺画が、英語圏では出回っている。

 原子力発電は 軍事技術なのだが 2019 10 30 火の車【わが郷】韓国・現代と起亜、米のエンジン出火訴訟で和解へ

儂は、チェロキーとか、ベンツには懲り懲りだ。

もちろん、韓国車だとか。ましてや支那の車に乗るなんて、冗談でも言わない。

 

これからの軍用機は、様々な情報管理システムが、てんこ盛りに乗ることになる。ソフトのことは、嘘八百で、どうとでもお話をデッチあげられる。しかし、そのソフトを処理する、ハードの部分は。演算システムや記憶媒体。それを瞬時に遠くまで、正確に通信するシステムのハード。韓国への、半導体関連三品目の、実質禁輸で露見したこと。こうした基礎素材は、アメリカだって供給できない。殆どすべての、基礎中核素材とか、その技術は日本にしか無い。なのに、ニホンのマスコミは、「アメリカが、軍事技術を開示してくれない。」とかの、フィクションを書き散らす。

ホンダジェット【岩淸水・航空機】 MRJ【言葉の説明】三菱リージョナルジェット MRJ 世界の航空機

ホンダ独自の技術で開発した、ホンダジェットと。米国の技術の寄せ集め。三菱の旅客機の無様さ。これを診れば、日本独自開発の方が、圧倒的に有利だと知れる。トヨタのプリウス騒動を、米穀はしかけて。技術を盗もうとした。しかし、日本独自の、CPU(Central Processing Unit)技術は、あまりにも進化が進んだので、土人クラスの米国技術者には、解明できなかった。

 

とにかく、先進工業国間では、本格的な戦争なんか出来ない。核での、確証破壊が、確実に行政府や軍事指揮所に、雨あられと降り注いでくる。とくに、日本の小惑星探査で見せた。その遠隔地への、お土産をお届けする。その正確さを観れば、いかなお馬鹿の習近平氏だって。本当に日本に戦争を仕掛ける。その愚は、判っているはず。アメリカだって、日本を困らせて。日本が、圧倒的な核攻撃システムを築いてしまえば、もう完璧にお手上げだ。ならば、米国様のプライドも忖度して。『日本はアメリカと、戦略的国際安全保障戦略を構築してきた。』 みたいなことを、言う訳なのだ。此処でもし、アメリカが核での日本擁護を、出来ない。なんて、政府レベルで言ったのならば。日本だって、政府レベルで。核開発の 『ゴー』 に言及することになる。

こうした、戦略的軍事力学の均衡。これを考慮しない、軍事の床屋談義なんか、子供が言う。赤同鈴の助の真空切り。

なんて、大人からは、笑われるだけなのだろう。

 

とにかく、殆どの日本人は、アメ車になんか乗らなくなった。

自衛隊のパイロットだって、乗りたくないはずだ。

 

現代の戦争は、素人の見えない空域で、闘われている。

   そうかも知れない。とか、思ったら。   ポチとお願いします

 

 

 

 

 

 

(当ブログでは記事内容の重複を避けて、投稿記事をシンプルにするために、紺色 の文字で書かれた部分は、その関連記事にリンクするようになっています。クリックすれば、その記事が開きます。画像もクリックすれば、関連記事が開きます。開かない映像もあります。それはまだ、準備中ということで、なるべく早く整備したいと思っています。本日の記事に帰る場合には、一番下にあるHOME の部分をクリックすれば、戻ってこられます。)

 

 

 

  岩淸水映像での案内 かぐや編【記事索引】

 

本日の話題の記事

2019 10 30 英、急転直下の総選挙決定【保管記事】

ドイツだとか、ニホンの国際企業が。

更地にした英国内で、ユダヤたか。湯田屋の自動車を生産する。

ミニクーパーは売り飛ばされた

そして自動車会社は、東欧だか北アフリカからの労働者の、福利厚生費を払わずに、英国民の納税したカネでまかなっている。社会保障に、タダ乗りした。この真実を、マスコミは書かないし。反英国のエイコク議員らは、反英国企業に尻尾を振っている。真実に目覚めないイギリス人は、どんどん減っている。選挙を遣れば、どうなるのか。ユダヤ・マスコミは、世論調査のデータを載せて、アリバイ作りを始まった。

 

 

 

   本日は 34位です。 m(_ _)m  => ランキングを見る 

アクセスの記録  2019 10 29 (火)    4209  PV      985  UU      390位 /  2894490ブログ

 

2019年 10月【わが郷】 わが郷の顔  201910

2019年 09月【わが郷】 わが郷の顔  201909

 

 

 

 

 

映像による 記事検索

 

 

東京都尖閣諸島寄附金 受付状況 は、 こちら にサイトが設けてあります。 

 

わたしの里の美術館【索引】我が郷は足日木の垂水のほとり【HOME】岩淸水
わたしの里 美術館       わが郷 HOME

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

コメント