みちのくの山野草

みちのく花巻の野面から発信。

早坂高原大森山(9/18、リンドウ)

2018-09-22 12:00:00 | 岩手県北
《1 》(平成30年9月18日撮影) 《2 》(平成30年9月18日撮影) 《3 》(平成30年9月18日撮影)  続きへ。 前へ 。  ”みちのくの山野草”のトップに戻る。  賢治の甥の教え子である著者が、本当の宮澤賢治を私たちの手に取り戻したいと願って、賢治の真実を明らかにした『本統の賢治と本当の露』              〈平成30年6月28日付『岩手日報』一面〉 を先頃出版 . . . 本文を読む
コメント

早坂高原大森山(9/18、ノコンギク)

2018-09-22 10:00:00 | 岩手県北
《1 》(平成30年9月18日撮影) 《2 》(平成30年9月18日撮影) 《3 》(平成30年9月18日撮影) ここのノコンギクは色が濃い。伊藤左千夫が見た野菊はきっとこんな色だったに違いない。  続きへ。 前へ 。  ”みちのくの山野草”のトップに戻る。  賢治の甥の教え子である著者が、本当の宮澤賢治を私たちの手に取り戻したいと願って、賢治の真実を明らかにした『本統の賢治と本当の露』 . . . 本文を読む
コメント

早坂高原大森山(9/18、ヤマハハコ)

2018-09-22 08:00:00 | 岩手県北
《1 》(平成30年9月18日撮影) 《2 》(平成30年9月18日撮影) 《3 》(平成30年9月18日撮影) 《4 》(平成30年9月18日撮影)  続きへ。 前へ 。  ”みちのくの山野草”のトップに戻る。  賢治の甥の教え子である著者が、本当の宮澤賢治を私たちの手に取り戻したいと願って、賢治の真実を明らかにした『本統の賢治と本当の露』              〈平成30年6 . . . 本文を読む
コメント

早坂高原大森山(9/18、ヤナギタンポポ)

2018-09-21 20:00:00 | 岩手県北
 今の時期でも、早坂高原の大森山ではあちこちにヤナギタンポポが咲いていた。 《1 》(平成30年9月18日撮影) 《2 》(平成30年9月18日撮影) 《3 》(平成30年9月18日撮影) 《4 》(平成30年9月18日撮影) 《5 》(平成30年9月18日撮影) 《6 そして結実しているものも》(平成30年9月18日撮影)  続きへ。 前へ 。  ”みちのくの山野草”のトップに戻る . . . 本文を読む
コメント

嬉しいことがあった、サンコタケだった

2018-09-21 19:00:00 | 沢内・湯田周辺
 今夕(平成30年9月21日)、岩手放送TVの夕方のニュースを見ていたならばあのキノコの影像が出てきた。  それは以前〝真昼岳(「標識六」まで)〟で取り上げた、 《15 ?》(平成26年7日15日撮影) 《16 かなり幾何学的、キノコ?》(平成26年7日15日撮影) 及び〝真昼岳(7/19、キノコ類)〟でも取り上げた、 《7 今回も出会った変な形のキノコ?》(平成30年7月19日撮影) と同 . . . 本文を読む
コメント

早坂高原入口(9/18)

2018-09-21 18:00:00 | 岩手県北
《1 ヤマゼリ》(平成30年9月18日撮影) 《2 カンボク》(平成30年9月18日撮影) 《3 ゴマナ》(平成30年9月18日撮影) 《4 ツリフネソウ》(平成30年9月18日撮影) 《5 ハンゴンソウ》(平成30年9月18日撮影) 《6 ノイバラ》(平成30年9月18日撮影) 《7 シロヨメナ》(平成30年9月18日撮影) 《8 タマブキ》(平成30年9月18日撮影) 《9 ソ . . . 本文を読む
コメント

賢治も見上げていたであろうセンノキは枯れた(9/20)

2018-09-21 16:00:00 | 下根子桜八景
 明日(9/21)の下根子桜の羅須地人協会跡地は混み合うだろうと思ったので、本日(9/20)訪ねてみた。 《1 》(平成30年9月20日撮影) 《2 》(平成30年9月20日撮影) 《3 今年の初め頃にほんの僅かだがあったこのセンノキ(ハリギリ)の葉っぱは一枚もなくなっていた》(平成30年9月20日撮影) 《4 結局、賢治も見上げていたであろうこの大木のセンノキは、今年とうとう枯死してしまっ . . . 本文を読む
コメント

早坂高原(9/18、オオバセンキュウ)

2018-09-21 14:00:00 | 岩手県北
《1 さてこの大型のセリ科は何者?》(平成30年9月18日撮影) 《2 エゾノヨロイグサに似てはいるが、雰囲気がちょっと違う》(平成30年9月18日撮影) 《3 複散形花序の天辺が平べったいからだ》(平成30年9月18日撮影) 《4 総苞片はなし》(平成30年9月18日撮影) 《5 小総苞片はあり》(平成30年9月18日撮影) 《6 葉の先が弓状に曲がり、下方を向いるいるからオオバセンキ . . . 本文を読む
コメント

早坂高原(9/18、ハナイカリ)

2018-09-21 12:00:00 | 岩手県北
《1 》(平成30年9月18日撮影) 《2 花は変わった形をしているが、上から実を見てみるとたしかにリンドウ科の形だ》(平成30年9月18日撮影) 《3 》(平成30年9月18日撮影) 《4 》(平成30年9月18日撮影)  続きへ。 前へ 。  ”みちのくの山野草”のトップに戻る。  賢治の甥の教え子である著者が、本当の宮澤賢治を私たちの手に取り戻したいと願って、賢治の真実を明らかに . . . 本文を読む
コメント

早坂高原(9/18、ヤナギタンポポ)

2018-09-21 10:00:00 | 岩手県北
 こんな立派なヤナギタンポポが咲き競っていた。 《1 》(平成30年9月18日撮影) 《2 》(平成30年9月18日撮影) 《3 》(平成30年9月18日撮影) 《4 》(平成30年9月18日撮影)  続きへ。 前へ 。  ”みちのくの山野草”のトップに戻る。  賢治の甥の教え子である著者が、本当の宮澤賢治を私たちの手に取り戻したいと願って、賢治の真実を明らかにした『本統の賢治と本当の . . . 本文を読む
コメント

早坂高原(9/18、モリアザミ)

2018-09-21 08:00:00 | 岩手県北
 今までモリアザミについてはどうも自信がなかったのだが、今回この時期に早坂を訪ねてこれがそうだと確信できた。 《1 》(平成30年9月18日撮影) 《2 》(平成30年9月18日撮影) 《3 》(平成30年9月18日撮影) 《4 》(平成30年9月18日撮影) 《5 》(平成30年9月18日撮影) 《6 》(平成30年9月18日撮影) 《7 》(平成30年9月18日撮影) 《8 》( . . . 本文を読む
コメント

早坂高原(9/18、ヒメイズイ)

2018-09-20 20:00:00 | 岩手県北
 今回の早坂高原行の最大の目的はヒメイズイの実を見ることだった。  よくよく振り返って見れば、今までヒメイズイの実を見たことが全くなかったことに気付いたからだ。 《1 最初、枯れたヒメイズイは見つかるのだが》(平成30年9月18日撮影) 《2 なかなかその実は見つからない》(平成30年9月18日撮影) 《3 おっ、》(平成30年9月18日撮影) 《4 あったあった、これか》(平成30年9月1 . . . 本文を読む
コメント

外山高原藪川地区(9/18、残り後編)

2018-09-20 18:00:00 | 伊藤勇雄関連
 さて、アスファルト道路は途絶え、砂利道があるだけなのでさらに進むことは諦めた。  周りを眺めてみると、自然が豊で山野草等が足元に沢山見られる。 《1 ナンブアザミ》(平成30年9月18日撮影) 《2 ユウガギク》(平成30年9月18日撮影) 《3 ノコンギク》(平成30年9月18日撮影) 《4 ハンゴンソウ》(平成30年9月18日撮影) 《5 ゴマナ》(平成30年9月18日撮影) 《6 . . . 本文を読む
コメント

外山高原藪川地区(9/18、残り前編)

2018-09-20 16:00:00 | 伊藤勇雄関連
 さて、伊藤勇雄の入植場所は見つからないのだが、ここの開拓地の雰囲気は大体了解できた。 《1 少し紅葉も始まっている》(平成30年9月18日撮影) 《3 ユウガギク》(平成30年9月18日撮影) 《4 ノイバラ》(平成30年9月18日撮影) 《5 ハンゴンソウ》(平成30年9月18日撮影) 《6 ウド》(平成30年9月18日撮影) 《7 キツリフネなど》(平成30年9月18日撮影) 《 . . . 本文を読む
コメント

外山高原藪川地区(9/18、廃屋)

2018-09-20 14:00:00 | 伊藤勇雄関連
 さて、伊藤勇雄が外山藪川を後にし、南米移住のために「あるぜんちな丸」に乗船したのは昭和43年3月2日だというから、かつて伊藤が住んでいた家にはその後誰も住んでいないので、今やそれから50年、半世紀も経つわけだから荒れ果ててしまっているだろう。、 《1 そんな家屋を探しながら道を進んで行くと》(平成30年9月18日撮影) 《2 サイロがあり》(平成30年9月18日撮影) 《3 こんな》(平成3 . . . 本文を読む
コメント