みちのくの山野草

みちのく花巻の野面から発信。

『賢治の真実と露の濡れ衣』出来

2017-05-31 19:00:00 | ・濡れ衣を着せられた高瀬露
 さて、先に『「羅須地人協会時代」再検証-「賢治研究」の更なる発展のために-』を出版したところであるが、残部が残り少なくなったので同書を少しスリム化した『賢治の真実と露の濡れ衣』をこの度出版した。  ちなみに、この二書の間の違いの第一点目は一部を割愛したことである。  具体的には、目次がそれぞれ下掲のようになっているように、               左が『賢治の真実と露の濡れ衣』の目次     . . . 本文を読む
コメント

北上市国見山(5/29、ホタルカズラ)

2017-05-31 16:00:00 | 北上・江刺周辺
 国見山のホタルカズラは密集度は高くないが、そちこちに点在している。 《1 》(平成29年5月29日撮影) 《2 》(平成29年5月29日撮影) 《3 》(平成29年5月29日撮影) 《4 》(平成29年5月29日撮影) 《5 》(平成29年5月29日撮影) 《6 》(平成29年5月29日撮影) 《7 》(平成29年5月29日撮影) 《8 》(平成29年5月29日撮影) 《9 》( . . . 本文を読む
コメント

北上市岩沢(5/28、黄色い花)

2017-05-31 14:00:00 | 北上・江刺周辺
 では今度は黄色い花である。 《1 コケイラン》(平成29年5月28日撮影) 《2 サワオグルマ》(平成29年5月28日撮影) 《3 》(平成29年5月28日撮影) 《4 》(平成29年5月28日撮影) 《5 これは花弁が細いけれども》(平成29年5月28日撮影) 《6 葉っぱを見ればやはりサワオグルマか》(平成29年5月28日撮影) 《7 ニガナ》(平成29年5月28日撮影) 《8 . . . 本文を読む
コメント

北上市岩沢(5/28、白い花)

2017-05-31 12:00:00 | 北上・江刺周辺
 では岩沢の白い花の残りを報告する。 《1 サワフタギ》(平成29年5月28日撮影) 《2 ここでも我が物顔で進出しているランスギク》(平成29年5月28日撮影) 《3 コンロンソウ》(平成29年5月28日撮影) 《4 ヤグルマソウ》(平成29年5月28日撮影) 《5 》(平成29年5月28日撮影) 《6 ナルコユリ》(平成29年5月28日撮影) 《7 〃 の前はオニシモツケ》(平成2 . . . 本文を読む
コメント

㈢「ヒデリノトキニ涙ヲ流サナカッタ」賢治

2017-05-31 10:00:00 | ・「羅須地人協会時代」検証
            『「羅須地人協会時代」再検証-「賢治研究」の更なる発展のために-』  続きへ。 前へ 。  “『「羅須地人協会時代」再検証-「賢治研究」の更なる発展のために-』の目次”へ。  ”みちのくの山野草”のトップに戻る。 《宮澤賢治関連の鈴木 守著作既刊案内》 ◇『「羅須地人協会時代」再検証-「賢治研究」の更なる発展のために-』 (定価 500円、税込 . . . 本文を読む
コメント

北上市岩沢(5/28、ヤブデマリ等)

2017-05-31 08:00:00 | 北上・江刺周辺
 さて、サカハチチョウが止まっているこのムシカリに似た花は何という木の花なのだろうか? 《1 まずはカンボク》(平成29年5月28日撮影) 《2 これは葉っぱの形が違うから区別できる》(平成29年5月28日撮影) 《3 》(平成29年5月28日撮影) 《4 さてサカハチチョウが止まっていたものはタニウツギの》(平成29年5月28日撮影) 《5 隣のこれ》(平成29年5月28日撮影) 《6 . . . 本文を読む
コメント

遠野五百羅漢(5/27、残り)

2017-05-30 14:00:00 | 遠野周辺
 では遠野の五百羅漢の残りの報告である。 《1 ウラシマソウ》(平成29年5月27日撮影) 《2 》(平成29年5月27日撮影) 《3 マムシグサ》(平成29年5月27日撮影) 《4 クルマムグラ》(平成29年5月27日撮影) 《5 シャガ》(平成29年5月27日撮影) 《6 ウワバミソウ》(平成29年5月27日撮影) 《7 ニリンソウ》(平成29年5月27日撮影) 《8 ラショウモ . . . 本文を読む
コメント

遠野五百羅漢(5/27、エゾノタチツボスミレ)

2017-05-30 12:00:00 | 遠野周辺
 今まで気付いていなかったが、遠野の五百羅漢には草丈の高いこんなスミレがあった。あそっか、区界で一度見たことがあるあれだ。 《1 エゾノタチツボスミレ》(平成29年5月27日撮影) 《2 しかも岩手のものはこのように白花のエゾノタチツボスミレが多いという》(平成29年5月27日撮影) 《3 一方、これはスノープリンセスが野生化したものだろうか?》(平成29年5月27日撮影)  『岩手のスミ . . . 本文を読む
コメント

㈡「大正15年12月2日の上京」の牽強付会

2017-05-30 10:00:00 | ・「羅須地人協会時代」検証
            『「羅須地人協会時代」再検証-「賢治研究」の更なる発展のために-』  続きへ。 前へ 。  “『「羅須地人協会時代」再検証-「賢治研究」の更なる発展のために-』の目次”へ。  ”みちのくの山野草”のトップに戻る。 《宮澤賢治関連の鈴木 守著作既刊案内》 ◇『「羅須地人協会時代」再検証-「賢治研究」の更なる発展のために-』 (定価 500円、税込み)  本書は『宮沢 . . . 本文を読む
コメント

遠野五百羅漢(5/27)

2017-05-30 08:00:00 | 遠野周辺
 5月27日、所用があって遠野まで出掛けた。そういえば、この時期五百羅漢にはクリンソウが咲いているはずだと思って立ち寄ってみた。  《1 昔はもっと沢山あったはずだが、たった一株のみだった》(平成29年5月27日撮影) 《2 》(平成29年5月27日撮影) 《3 キショウブ》(平成29年5月27日撮影) 《4 クサノオウ》(平成29年5月27日撮影) 《5 ミツバウツギ》(平成29年5月2 . . . 本文を読む
コメント

稲荷穴(5/27、後編)

2017-05-29 14:00:00 | 遠野周辺
 では稲荷穴の残りの報告である。 《1 コケイラン》(平成29年5月27日撮影) 《2 》(平成29年5月27日撮影) 《3 テングクワガタ》(平成29年5月27日撮影) 《4 ラショウモンカズラ》(平成29年5月27日撮影) 《5 クルマバソウ》(平成29年5月27日撮影) 《6 クルマムグラ》(平成29年5月27日撮影) 《7 ツボスミレ》(平成29年5月27日撮影) 《8 オオ . . . 本文を読む
コメント

稲荷穴(5/27、前編)

2017-05-29 12:00:00 | 遠野周辺
 5月27日、約一ヶ月ぶりに稲荷穴を訪れてみた。 《1 初見の緑色の花、何という木なのだろうか》(平成29年5月27日撮影) 《2 この辺りのオオハナウドはまだ咲いておらず》(平成29年5月27日撮影) 《3 これも気になった葉っぱだが、あそっかサラシナショウマだ》(平成29年5月27日撮影) 《4 ハルザキヤマガラシ》(平成29年5月27日撮影) 《5 キュウリグサ》(平成29年5月27 . . . 本文を読む
コメント

㈠「独居自炊」とは言い切れない

2017-05-29 10:00:00 | ・「羅須地人協会時代」検証
            『「羅須地人協会時代」再検証-「賢治研究」の更なる発展のために-』  続きへ。 前へ 。  “『「羅須地人協会時代」再検証-「賢治研究」の更なる発展のために-』の目次”へ。  ”みちのくの山野草”のトップに戻る。 《宮澤賢治関連の鈴木 守著作既刊案内》 ◇『「羅須地人協会時代」再検証-「賢治研究」の更なる発展のために-』 (定価 500円、税込み)  本書は『宮沢賢治 . . . 本文を読む
コメント

大森山(残り、5/27)

2017-05-29 08:00:00 | 花巻周辺
 では、5月27日に訪れた大森山の残りの報告である。 《1 アヤメ》(平成29年5月27日撮影) 《3 》(平成29年5月27日撮影) 《4 ヤマオダマキ》(平成29年5月27日撮影) 《5 》(平成29年5月27日撮影) 《6 これも? こんな色のものは初めてだから、園芸種が野生化?》(平成29年5月27日撮影) 《7 ノアザミ》(平成29年5月27日撮影) 《8 》(平成29年5月 . . . 本文を読む
コメント

「修訂 宮澤賢治年譜」

2017-05-28 14:00:00 | ・「羅須地人協会時代」検証
            『「羅須地人協会時代」再検証-「賢治研究」の更なる発展のために-』  続きへ。 前へ 。  “『「羅須地人協会時代」再検証-「賢治研究」の更なる発展のために-』の目次”へ。  ”みちのくの山野草”のトップに戻る。 《宮澤賢治関連の鈴木 守著作既刊案内》 ◇『「羅須地人協会時代」再検証-「賢治研究」の更なる発展のために-』 (定価 500円、税込み)   . . . 本文を読む
コメント