美山たそがれメール

山村の四季情報や暮らしを発信します。

たそがれ世代のおばちゃんのブログです。

鯛の子を煮る

2020年01月07日 | 日記
今日は七草、朝起きて大根葉、キャベツを刻み大根、人参も輪切りに
した。土鍋に昆布を敷いて出汁を取る。その中にご飯を入れて煮る。最後に
刻んだ野菜とドライ野菜を振り込む。味付けは塩だけ。あっさりしていて
美味しい。遅く起きてきた夫もたべた。お粥は朝食に適している。台湾や
香港に旅したときは朝はお粥を食べに行く。台湾や香港では、海鮮や鶏肉
などのスープに拘りがある。日本の出汁とは少し違うが。

鯛の子を煮た。お正月には炊くことにしているが鯛の子は高い。年末に
小浜の移動販売車で買った物を冷凍していた。数の子より高かった。
お兄ちゃんは「小浜ではお正月に食べるもんや。さっと煮ても美味いで」
と言ったが、私は甘辛く煮たものの方が好きだ。
酒と同量の水を入れてまず煮切りする。アルコール分も飛ばす。そこに
鯛の子を入れて砂糖、醤油をいれて煮る。10分けほどで煮あげておく。
それから反射式ストーブの上で煮詰める。やっぱり美味しい。口の中で
ぷちぷちしている。これで正月食料はほぼ食べられた。でも今年の
反省は市販のおせちはもうやめよう。たくさん食材を買わないことだ。
高齢者夫婦にはそんなに食べられない。特に私は。
コメント (2)