美山たそがれメール

山村の四季情報や暮らしを発信します。

たそがれ世代のおばちゃんのブログです。

大過なき一年 

2016年12月31日 | 日記
今日は12月31日、天気も良くて大過なくこの一年が過ぎていく。この一年本当に波風がたたなかった。

健康面では胃婁をいつするかで先生方の意見が分かれて一年が過ぎた。私としては、遅い方がいいのだけれど。体重減少は確実に進んでいるが、日常生活にまだ異常はない。できるだけ食べられる物を探している毎日。このごろはみかんが食べられるようになり、ほっと一安心。慌てて食べると喉に詰まるときがあるが一袋ずつゆっくりと果汁だけすする。そんな気長な食べ方をするよりジュースの方がいいと言われるが、私はジュースは好きでない。納豆、卵も毎日食べるようにしている。たんぱく質の確保のためでもある。自分流の食事療法でここまで持っているのが不思議だ。

B&B は何も宣伝しないのに適当にお客さんが来てくれて喜んで帰られる。弁当類は週のうち半分にした。主治医が「仕事を半分に減らすと身体が楽になるよ」と言われたので、アドバイスに従った。仕事面はこのままいこう。


70歳で本を出版したいのだが原稿が書けていない。来年は少し書き溜めよう。

最後にいつも私の拙いブログを読んでくださる皆さんにお礼を申し上げます。来年も書きます。
コメント

鰊漬け成功

2016年12月30日 | 日記
雪は降らないが寒い。夫とかみ合わない会話が続く日々。3時過ぎ近所の親戚のおばさんから電話。「お餅できたから取りに来いいや」と紋次郎と2人で歩いて取りに行く。これでお供え餅と雑煮用の餅の準備ができた。旅番組を見ていたら車が上がってきた。昨日のお客さんが来ないと思っていたら今日の予約だった。夕食がいらないB&Bのお客さんなので何とかなった。明日の朝食が7時だとのことで早い。あとは一棟貸しなので母屋から帰ってきた。

鰊漬けが気になっていたので味見にあげてきた。大根の色も白く塩辛くなくまあまあのできあがりだ。12月初旬に漬けた友人たちは酸味が出て食べられないと言っていた。去年私も失敗しているので、私は漬ける時期を中旬にして塩も4%にした。麹も大根10キロに1キロにした。鰊も10本にした。去年は麹も鰊も多すぎたようだ。年々暖冬で日中の気温が高いので発酵すのが早くなる。このままでは酸味がでるかもしれないので、業務用冷蔵庫に入れようと思っている。次男の嫁が好きなので正月明けに送るつもりだ。白菜漬けと一緒に。彼らの住んでいる山梨県北杜市は日中の気温はマイナスになるい日も多い。外に置いておけば問題なさそうだ。

夫は美味しいとも言わないでほとんど平らげた。漬け物がないと機嫌が悪くなる。このごろ、私は「自分で漬けてみたら」と皮肉をいう。
コメント

静かな村に

2016年12月29日 | 日記
戸数12戸の村ではあるが、お正月になると子供のところに出かけていく人やスキーに出かける人、老人ホームにショートステイに行く人で一気に村の人口は減り静かな村になった。特にお正月は雪の影響で都会に住む子供たちは帰って来ないのだ。2日前に降った雪はもだ溶けない。これいぐらいの雪でも雪に慣れていない人たちには怖いにちがいない。今晩予約していたお客さんも来なかった。仕方がない。

明日からは掃除と煮ものつくりを始める。二人の正月なので何もいらないが棒鱈と小芋は煮る。それに昆布巻き作る。少し遅めに漬けた鰊漬けも漬けあがってきた。これだけは私のお正月の定番料理になる。あとはミニおせちを買う。
コメント

雪の一日

2016年12月28日 | 日記
朝起きたら5センチの積雪。たった一晩の間に雪があたり一面を覆っている。雪が降ると一段と寒く感じる。外に出ることもできず、編み掛けのセーターを出してきて編み物を始める。紋次郎も出たりはいっつたりしている。テレビは特番になってきた。あまり見るものはない。再放送の物も多い。アマゾンで昨日注文した紋次郎のドッグフードと私がお正月の読む本が届いた。あまり早く届くので驚く。雪道を届けてくれたドライバーに感謝。明日は生協の宅配最終回。雪道を登って来るのが大変だなあ。私はどこにも行かない。お正月に移動する人が多いが、夫はここから動こうとしない。以前は私はお正月が過ぎてから海外に行くのが通例になっていたが、軽い脳梗塞を起こしてからは独りでの長期海外旅行はドクターストップがかり行けなくなった。ストレスがかかるので日常生活に工夫を凝らさなければならない。それに雪も嫌いなので雪が降ると機嫌が悪くなる。

雪とお正月、私にとっては面白くない日々が続く。
コメント

よく降りますね。雨。

2016年12月27日 | 日記
12月下旬だというのに雨がよく降ります。雪はほとんど降りません。一日中雨。午後は今日が最終の小浜の移動販売車の日。本当に1年が早く過ぎました。来年は1月10日から来てくれるようです。しばらく間があくので冷蔵庫、冷凍庫の掃除で保存食品の整理になります。村の高齢者全員集合で雑談とコーヒータイム。お正月は都会に住む子供たちの家に行く人も多くお正月のこの集落は静かになります。我が家も子供たちは帰って来ないので夫婦二人だけのお正月になります。だからあまりお正月料理は作りません。市販のおせちを買い棒鱈の煮物と昆布まきだけ作ります。今年の正月も読書三昧になりそうです。今日アマゾンで新刊単行本を2冊注文しました。それと編み掛けのセーターも編み始めようと思っています。年末に雪がないと動きやすくていいです。

テーブルセンターをかえました。ブータンの学生がお土産にくれた生地をテーブルクロスにしました。少ししぶいですがまあまあかしら?
コメント (2)

みかんと花とわさびずし

2016年12月26日 | 日記
夫たちは昨日和歌山までみかんを買いに行っていた。9時過ぎ夫の知人がみかんを持ってきてくれた。20年以上買いに行くみかん農園がある。私が行けばみかん山まで行きみかん狩りをするのだが夫たちは農家で買ってくる。ことしもいいみかんがきた。一個味見をするだけで味がわかる。今年は少し価格があがったそうだ。我が家は子供たちもお正月帰って来ないのでそういらない。私は北杜市清里に住む次男夫婦に漬け物と一緒に送る。11時過ぎまで雑談して帰った。夫はみかんの宅配に行った。

私は夫が買って来てくれた花を生ける。和歌山は花が安いのでいつも頼む。何の花がくるかわからいが、今回はバラ、スイトピー、葉ボタン、仏花など買って来てくれた。日本水仙がなかったが、まあまあの買い物になっていた。

それに夫が単身赴任で行っていた清水町でわさびずしも買ってきた。以前に比べて上品なできになっていたが野性味が消えていた。

ゆっくりするつもりが、忙しか
コメント

休日の一日なれど

2016年12月26日 | 日記
コメント

一足先に仕事おさめ

2016年12月25日 | 日記
今日は一日中よく晴れた。でも風は冷たかった。配達に行く。私の宅配仕事は今日で終わり。サンドイッチ、弁当、かやくごはん、チーズケーキを棚に並べてきた。店の女の子たちからクリスマスプレゼントをもらう。ジュース、スープ、プリンなど。お互いさまでおせわになっているのにみんな親切だ。I君と今年最後の100円コーヒーを飲む。今年1年よく働いた。昨年は病気にもなりしんどかったのに、今年はなんとか大過なく過ごせた。来年は1月6日から仕事を始める。3人の女の子たちにお礼を言ってきた。

帰りに仕出し屋さん「たけよし」で握りと巻きずしを作ってもらう。福島の干し柿と魚の味噌漬けももらった。もう一人の友人と畑に白菜、キャベツの収穫に行く。1個200円で5個買ってきた。お茶を飲んで餅をもらい帰ってきた。

夫は朝の8時過ぎから和歌山へミカン狩に行った。毎年この時期に行く。

私は白菜を計り塩漬けをした。次男の嫁が私の漬け物を喜ぶ。梅干し、鰊漬け、白菜漬けを毎年送る。山梨県北杜市清里に住んでいる。ここのように湿気を含んだ雪は降らないが、毎日マイナスの日々が続くらしい。漬物には最適の環境だ。関東(朝霞市)育ちの嫁だが京野菜、京漬物が大好きである。次男も私の漬け物は喜んで食べてくれる。ただ私が喉に食べが通りにくなり、漬物、野菜をほとんど食べなくなった。だから味見もきちんとできなくて自信もなくなってきた。
コメント

雨の寒い一日

2016年12月24日 | 日記
連日暖かだったので、今日の寒さは応えた。帰り道頼まれていた栃餅を届ける。玄関わきの畑の表情がおかしい。猿が入ったようだ。白菜もキャベツも引っ張られて倒れている。おばさんが「何かが入ってむちゃくちゃにされた」と私に言う。「「猿やと思う」と私。「もうあきらめたほうがいいよ」この家の畑には山の動物たちがよくはいる

家に戻り中家の畑に行ったが誰も入っていなかった。丸大根を抜く。ベーコンと煮る。洋風煮物に大根が返信。でも私は好きだ。

夜半過ぎ長男の嫁から電話。昨日クリスマスプレゼントとお年玉を送った。孫が礼を言う。「おばあちゃん、英語の試験合格したよ」と報告。双子の孫は英会話を習っている。「二人とも受かったの?」とママに尋ねる。「お母さん二人とも合格でした」私もほっとする。どうしても比較するので2人とも受かってよかった。私の送った英語辞典を上手に使ってほしいと思う。仕事は明日で今年最終日。夫は明日和歌山へミカン狩りとか?
コメント

高齢者サロン

2016年12月23日 | 日記
この地区では毎月高齢者を集めて一度サロンを行っている。この月は12月でもり、クリスマスと忘年会を兼ねての集まりになった。私は6時に起きて弁当を12食作った。10時過ぎに
公民館に行くとほとんどの人たちがあつまっていた。本当は12名いるのだが入院中の人、ここまで来れない人も4あり8名の参加になった。一人はお漬物数種類持ってきてくれてもう一人は大きなおはぎを2個ずつパックに詰めてきた。なめことねぎのおつゆも作った。ショートケーキもつけた。2時前まで紅茶とケーキ、昼食をして雑談タイム。2時に散会。やっと1年間のサロン活動終了。次回は1月新年会になる。

紋次郎と久しぶりにいつもの河原に行く。雪は溶けていたが木が折れていた。昨夜からの雨で川の流れが早くパン屑があっというまに流れていった。小魚がパン屑にぱくついていた。家の周囲の雪も昨夜の大雨で消えていた。12月にしては暖かである。天気も回復傾向で明日は晴れそうだ。
コメント

冬の嵐

2016年12月22日 | 日記
午前中はわりと穏やかで気温は14度と暖かだった。配達から帰る途中弟との養鶏場に行こうと思ったら手前でおじさんが通行止めだと言った。迂回して行こうと思ったらまたそこでも止められた。「どこに行くの?」と尋ねられ「養鶏場に行きたいのですが」と言うとおじさんが無線で「きれいなおばさんを通してあげて」と言われ、また元の道に引き返し何とか養鶏場まで行って卵をとってきた。実家に行き弟に「きれいなおばさんって言われたよ」と言うと「お世辞にきまっているやろ」と一言。私としては気分良かったのだけれど。帰り道、突風に合う。夜になって大雨と風が吹き荒れた。今晩一晩続くのかと心配したが9時過ぎに雨も風もぴたりと止んだ。

新潟の糸魚川市では大火災が起きている。強風で火が消えなくて延焼しているのだ。火事は怖いい。
コメント

冬至

2016年12月21日 | 日記
今日は朝から晴天で暖かだ。15度前後かなあ?先週の雪もほとんど溶けたので畑に行く。昨日タキイから届いたアスパラの苗を植えた。大根もキャベツもブロッコリーも収穫。

夫が今晩会食で夕食がいらないとい言うので昼食にかぼちゃを焚き、ブルの照り焼きをした。

午後2時過ぎからハウスに行き柚子を収穫。5個取って近所に配る。5年前に植えた。去年3個なり今年は10個なった。ここは冬の気温が零下になる日が多いので、戸外で作ると数年のうちに枯死することがある。私は以前に50本畑に植えて失敗しているので、ハウスに植えている。
3時過ぎから薪でお風呂を焚く。煙の臭いがあたりに漂う。日が明るいうちにお風呂に入るつもりだ。家の柚子と和歌山から届いて小粒のみかんを湯船に入れた。

今日が一年で一番昼間が短くて明日から少しずつ日が伸びていくと言われるが山間部に住んでいるとそんなことより、これから冬本番というのが実感だ。
コメント

雑談タイム

2016年12月20日 | 日記
午後は小浜の移動販売車の日で久しぶりに村の高齢者がほとんどそろった。棒たらの戻したものや数の子、イクラなど正月の食品が並んでいた。私ともうひとりが戻した棒たらを買った。まだ煮物にするには日があるので冷凍することにした。生協にも頼んである。小芋と棒たらの煮物は
正月の煮物である。私は好きだ。

そ鰊漬け用の身欠き鰊も15本買った。今晩米のとぎ汁につけてすこし灰汁を抜く。私はこのごろ漬物をたべないが、鰊漬けは作る。次男が好きなのだが関東育ちの次男の嫁さんが好物だという。先日電話で「お母さん、今年鰊漬け作った?」と言われ、「もう少し待ってね」と応えた。鰊漬け用の丸大根のできはよくなかったが、鰊漬け用の10キロは確保できた。明日、下漬けしてある丸大根と麹を入れて本漬けしようと思っている。なんとか正月には間に合うだろう。

今日は4時すぎまでみんないた。帰ってきたら夫が「長い買い物やなあ」と皮肉をい
コメント

晴れて暖かな一日

2016年12月19日 | 日記
朝の気温は0度で家の周囲の路面は凍っていた。久しぶりに配達に行く。走らせていくたびに雪はなくなる。茅の里周辺からはほとんどない。ふらっとの周辺は雪など見当たらない。1時間ほど皆と雑談と買い物をして帰ってきた。1年分のはちみつ代を養蜂店に振り込む。多額だったので、ほっとした。日中は気温も上がったが雪に囲まれているので、そんなに暖かく感じない。でも、少しの日差しにほっとする。21日は冬至。

家に帰ったら夫が寝ころんでいた。母屋の雪囲いはできていた。
午後は近所の家に大根や白菜を運ぶ。ここは不便なところなので自分で買い物に行けない人は大変だ。頼まれたら買い物をしてあげる。ただ週に2回来てくれる小浜の移動販売車はありがたい。少々値段は高くなるが仕方がないと思う。それに小浜から来るので魚は新鮮でおいしい。私は京都生協にも加入しているので、生協も週に一度来る。日用品は生協で買う。

コメント

穏やかな晴れの日

2016年12月18日 | 日記
今日は朝から晴れている。私は母屋の片づけに行った。シーツと枕カバーを洗濯気に入れ毛布を干した。冬季の泊まり客には毛布、布団などたくさんいる。特にここは寒い地域だから大変だ。特に台湾からのお客さんには気を遣う。雪や寒さを知らないので、相当部屋も暖房する必要がある。ストーブなど使用する習慣もないので、こちらがきちんと消火や点火について言わなければならない。3時過ぎに毛布など取り入れた。晴れの日はとても大切な日でもある

夫は母屋の雪囲いを始めた。大きい家なので周囲を囲むためには時間がかかる。寒いとできないので外でストーブを焚きながらやっている。雪囲いをしてもらわないと落ちてくる雪で窓ガラスが割れることもある。それに雪囲いをしてもらうだけで部屋が暖かくなる。2日前の雪でしなければと思ったらしい。ほぼ毎年するのでトタンや木は保存してある。桟になるように横に木をいれてトタンを張る。夕方までにできるだろうか?
コメント