美山たそがれメール

山村の四季情報や暮らしを発信します。

たそがれ世代のおばちゃんのブログです。

11月終わり

2013年11月30日 | 日記
早いもので明日から12月。1年が早く過ぎてゆく。12月は何かと忙しい。寒さも一日ごとに寒くなっていく。今朝は昨日と比べて暖かく感じた。でも家の中ではストーブを点けないと寒い。今年は灯油が一缶2000円近くになるそうだ。当地のように寒いところは値段が高いのは応える。でも高いからと言って焚かないわけにはいかない。室温が20度を超えないようにしているが、そんなに始末もできない。雪囲いもしてもらったので、少しは寒さを防げるようになったが、これから2月終わりまで石油を焚きつづける。夫のガレージでは薪ストーブを設置して毎日焚いている。電気代も炬燵とテレビを点けるので冬場は燃料費がかさむ。
          
          ふらっと美山の売り場  冬野菜が並んでいます」
           
          
コメント

寒かった

2013年11月29日 | 日記
朝の気温マイナス6度寒かった。たまりみずに氷が張っていた。手を入れようとしてもかたくて入らない厚さの氷だった。真っ白で雪が降ったみたい。会う人会う人が「今日の朝は寒かったね」と言う。日中も寒い。ただ日差しはある。智ちゃんの家に寄る。薪ストーブと石油ストーブの両方焚いていた。ひさしぶりに話し込む。お好み焼きをして食べた。女二人が鉄板でお好み焼きを焼いて食べるランチタイムになった。智ちゃんのお好み焼きは大阪風でキャベツたっぷりのあっさり味で私は好きだ。細かく刻んでいれたイカは食べられなかった。


今日は小浜の移動販売車の来る日。村人全員集合。今晩の献立は魚中心になる。若狭のぐじは美味しい。紋次郎も頭を食べる。白身で上品な鰺できれいな魚である。

       
       手前は甘鯛(ぐじ)の焼いたん  後ろはスズキの刺身
コメント (2)

 三島亭のしぐれ煮

2013年11月28日 | 日記
配達。今日も寒い。夫は午後から母屋の雪囲い。夜には私の足の軽自動車のタイヤをスタッドレスタイヤに交換してくれた。雪が近いと思ってだろう。初雪は突然来る。一晩で20センチも積もると普通のタイヤでは走れない。よく滑るから。急に降った雪で近所のスタンドはタイヤ交換でいっぱいになり、何時間も待たないと交換してもらえない。数年前から私の車は夫がこうんかんしてくいれている。私は走るだけで車のことは何もわからない。パンクなどしたらたいへん

今私の好物の一つに三島亭のしぐれ煮がある。牛肉を刻んで煮たものだが美味しい。ふりかけにして食べている。紋次郎も好きである。80グラム800円で高いが京都に行くたびに買ってくる。
           
コメント

私は悪妻か?

2013年11月27日 | 日記
今朝も寒かった。今日は仕事を休んだのでゆっくりしようと思っていたら、夫が茅刈りをすると言った。私は手伝う気持ちがないが、お茶やお菓子の準備をしなければならない。夫は寒い中9時過ぎから茅刈りを始めた。茅葺の家を維持するために家の周囲の茅をこの時期に毎年刈る。刈った茅は掃除をして束ねて立てる。乾燥したら母屋の二階にあげる。姑がいるときは彼女の仕事だった。夫が引き継ぐとは思わなかった。しかし姑の死後、夫はやっている。私は米つくりの手伝いも茅刈りの手伝いもしない。そんな私に夫は文句も言わない。結婚の時の条件に農作業はさせない。親とは同居させない。父が相手方に出した条件だった。私は忠実にその条件を守っている。同一敷地内での別居であったが、夫の両親と同居しなかった。

           

それに私が癌になったとき、主治医は夫に「奥さんを生かすも殺すもあなたにかかっています。できるだけストレスをかけないように自由にさせてあげてください」と言われた。私は自分の好きなことしかしなかった。他人のことまで考える余裕は正直なかった。なんとか父の亡くなった60歳も遥かに超えた。二人の子供たちも家庭を持って孫もできた。

よくよく考えてみれば私は悪妻かもしれない。
コメント

三条 賑わい市でした。

2013年11月26日 | 日記
朝9時過ぎに美山を出て三条に10時半過ぎに着きました。野菜を並べて12時から始まった。最初の20分ほどでだいぶ売れて、その後はお客さんが少なくなりました。白菜、ニンジン、ネギなど野菜類はよく売れましたが、加工品はあまり売れませんでした。4時までやっていました。次回は12月10日です。秋野菜は嵩が高く荷物としてはたくさんになります。家に着いたのは7時前日暮れが早いこれからの時期はこの時間になります。12月2回で今季は終了です。

       


合間に近くの三島亭と平野豆腐店に行きました。三島亭ではいつものようにサイコロステーキやすき焼き用の牛肉など買いました。平野豆腐店で買った豆腐で湯豆腐をしました。やっぱり美味しい豆腐でした。

明日は仕事を休みます。
コメント

今日は 変な天気

2013年11月25日 | 日記
朝から突風が吹き荒れた。配達に行く路上は杉葉が敷いていた。よく滑るので注意が必要だ。午前中は曇っていたが、午後からは大雨になった。しかし6時過ぎには止んだ。8時過ぎに外に出て空を眺めると星が瞬いていた。飛行機が飛んでいるのが見える。8時過ぎはよくこの上を通る。最終便なのか、それとも海外に行く飛行機だろうか?たまには機上の人になって海外に行きたい。
 ここ数年行ってないので無性に行きたくなる。今年は行く寸前になって舅が危篤。その前は妹が意識不明の昏睡状態になった。舅は3月に亡くなったが61歳の妹はベッドの上で横たわっている。私は6月から喉に違和感を持つようになり、なんでも食べられなくなった。食事ができないと海外の旅は無理になる。台湾か香港など中華おかゆがあるところなら大丈夫か。もう行くところが限られてきた。長期の旅は無理だし、お肉主体の欧米は無理だ。今までに30回以上行っているから、そんなに後悔はないがヨーロッパにはまだ行きたい国は何か国はある。体調が回復すれば行けるかなあ?

明日は京都市三三条での賑わい市。今年は天候異変で秋野菜の出来がいまいちだ。今日の午後雨だったので農家さんの出荷がたくさんあるだろうか?私は十月桜を五束作った。友人が来ると言っているので大根とネギを持って行く。
コメント

秋の終わりの連休

2013年11月24日 | 日記
連休は晴天続きで、茅の里は朝から観光客でいっぱい。観光バスが続々と入ってきた。駐車場に警備員がたっていた。そこから一歩入る集落はがらんとしていた。今日が観光シーズンの最終日になるだろ。12月1日に放水があるがカメラマンが多くなるだけだ。

午後夫の友人がやってきた。彼は手作りが上手で今回もご飯用のしゃもじを持ってきてくれた。漆塗りのしゃもじだ。今回は木犀のプランターとまな板を頼んだ。プラスチック製のまな板は使いにくい。
          
コメント

のどぐろ料理2種

2013年11月23日 | 日記
昨日小浜の移動販売車でのどぐろを買った。大きかったので1尾2200円もした。三枚におろして2日に分けて食べた。昨日は塩焼き、あっさりしていて美味しかった。今晩は煮付けにした。頭のところを夫は丁寧に食べた。私は尾っぽのところを食べた、小骨が少しあるので気をつけて食べた。やっぱり美味しかった。少し残った身は紋次郎にやった。のどぐろと言う名前はグロテスクだが味は上品である。白身の魚である。
   
       のどぐろの煮付け
       
       
       のどぐろの塩焼き
       

昼食に隣村の蕎麦屋に夫と行った。奥さんはこの村出身で定年退職後、旦那さんと一緒に帰って来て蕎麦屋を始めた。私も夫も知り合いなので時々行く。明日で今年の営業は終わりなので行った。お客さんでいっぱいだった。お昼の定食を食べてコーヒーを飲んだ。帰りに蓬餅をもらってきた。
こうしてお店が閉まっていって冬になる。来春の営業は4月半ばからになるらしい。
コメント (1)

晴れたり曇ったり雨が降ったり

2013年11月22日 | 日記
今日はややこしい天気でした。晴れていて曇ったり。夕方には雨が降って今も降っています。明日は降水確率0%となっていますが、あまりあてになりません。配達に行って人に会って話したりして昼過ぎに帰ってきました。急にお弁当の注文が入り慌てています。

今日は小浜の移動販売車の日。のどぐろを買いました。この魚は値段が高いのですが、あまりきれいな魚なので買いました。半身は塩焼きにしました。ぐじとは少し味がちがいます。夫はあまり喜ばなかったです。「なんと高い魚を買うのやなあ」と言いました。夫と私の食べ物は違います。夫は漬物、納豆、みそ汁が好物で刺身や煮魚、ステーキなど食べません。それに反して私は刺身、ステーキ、うになどが好物です。簡単でいいのすが、料理のし甲斐がありません。紋次郎と私と分け合ってステーキなど食べています。


         
コメント

休みは忙しい

2013年11月21日 | 日記
今朝も0度で寒かった。夫は午前中から夕方まで母屋の雪囲いをしていた。茅葺屋根の家は大きいのでまだ半分しかできていない。雪が降らなければいいのだが一晩で50センチを超えると屋根の雪が一気に下りてくる。雪囲いをしてないと入り口がわからくなってしまう。それに屋根に積もってかたまった雪は重くなる。よくわからないが、雪が降ると大変になる。我が家は台所の前から意玄関の入り口までしてもらう。雪囲いをすると部屋は暖かくなる。

8月に植えたジャガイモを掘った。」菊芋も少し残っていたのでほった。3度の霜で雑草など枯れてしまった。畑の周囲が明るくなった。
コメント

今日も霜の朝

2013年11月20日 | 日記
朝の気温マイナス2度で真っ白の霜の朝。配達に行くとき車のフロントガラスにお湯をかけて暖房した。一ヶ月前まで冷房していたのに。2日ぶりに「ふらっと美山」に行く。野菜が少ない。京都のUさんが買い物に来たが、あまりやさいがなかった。帰り道初めて家に立ち寄られたがあまり奥で驚いていた。ネギ、大根などもって帰られた。午後はうつらうつらしていた。外が寒くて出る気がしなかった。8月に植えたジャガイモを掘らなければならないのに、明日にしようと思った。本当に日ごとに寒くなっていく。夜になって冷え込んできた。明日も寒くなると言っていた。明日は仕事を休む。朝がゆっくりできる。
コメント

霜で真っ白の朝

2013年11月19日 | 日記
今朝の冷え込みはすごかった。気温は0度でこの冬一番の冷え込みになった。あたり一面霜で真っ白。霜が降りると雪が近い。日中も北風が吹いて寒い。でもよく晴れている。紋次郎は外で日向ぼっこをしたり走り回っている。夫が配達にいってくれるので気分的に余裕がうまれる。朝いちをゆっくり見ることができる。

日曜日に携帯を落としてから通話不能になった。修理に行けばいいのだが、車で1時間ほどかかるのでそのまま。携帯の音が鳴らず静かだ。でもついつい画面をみてしまう。明日ドコモショップに行こうかと思っている。別に形態がなくてもいいがメールができないのが困る。私は声が出にくいので電話で相手が聞き取りにくいことがある。そんなときはメールがいい。忙しい友人たちともメールのやり取りがいい。やっとスマートホンが使えるようになったのに。夫に言うと「お前は慌てだから」と言われた。でも夫は携帯をごみと一緒に燃やしたことがある。それのほうがひどいのに。歳をとるといつも何かとドジをやる。      

10時のおやつに、京都北山の「マールブランㇱエ」のモンブランを食べました。私の一番好きなケーキです。この店が開店した時からのケーキです。ワンピース500円ぐらいなので、私はワンロール買います。五ピースに切れます。味は甘からず上品な味で栗の洋酒煮も美味しいです。今回は京都市内から来た従妹がお土産にくれました。私が指定したからです。

           
コメント

晩秋の山里

2013年11月18日 | 日記
今日は一日中晴天。まあまあ穏やかな一日。二階部屋を開け放し風を入れる。窓ガラスの桟にたまっているカメムシを外に出す。母屋も開けた、長い冬が来る前にできるだけ家に風を通さないとだめだ。加工場も窓を開けた。家の中も掃除機をかける。紋次郎は一日外で日向ぼっこをしていた。

私のマイカーも洗車した。3年になる。大きな事故はしてないが擦り傷が残っていた。私は運転が下手でバックあ大嫌いだ。ときどき端に寄りすぎてこすってくる。本当は運転などしたくはないが交通手段が限られている過疎の山村にすむには車が足でもある。水で洗い流し、乾いた布で拭いた。車内は紋次郎がよく乗るので紋次郎の毛が多い。できるだけ取った。

昼前に紋次郎を乗せて村の中を走る。紅葉も今週ぐらいで終わるので数枚写真を撮った。
         
コメント (2)

大枝の柿

2013年11月17日 | 日記
昨日帰り道に柿農園の直売所によって富有柿を買ってきた。ここは富有柿のブランドで値段も高い。一盛り300円から1000円まであった。どう違うのかと尋ねたら、農園のおじさんはサイズが違うだけだと言われた。私が家で食べる柿だからシールもいらなし味さえよければいい。500円のSサイズと700円のMサイズのものを買った。柿がりができるとあって大勢の人で賑わっていた。ここは京都市内の端ではあるが市内に近いので大勢来られる。さっそく家に帰って食べた。
色もよくて味も甘かった。本当ここの柿は美味しい。和歌山県の九度山の柿も美味しいが私は大枝の柿のほうが好きだ。美山でも柿ができる。でもこんなに甘くならない。柿は気温が大きく影響する。ここはすこし寒いのかもしれない。柿がすめばみかんになる。果物の旬は短い。

             
コメント

孫の七五三  長岡天神で

2013年11月16日 | 日記
朝9時過ぎに家を出た。伏見区羽束師に住む長男の子供の七五三。長岡天神に行くと言う。孫たちは着付けに行っていて長岡天神で待ち合わせ。今日は天気も良くて土曜日で七五三、御宮参りの人たちで賑わっていた。12時過ぎに来て本殿前で祈祷をしてもらった。紅葉も始まったばかりでお宮さんの中はきれいだった。着付けない着物と草履で歩きそうにしていたが、すぐに慣れた。馬子に衣装ではあったが似合っていた。三歳の時も長岡天神であった。あのときは泣いたりむずがったりしていたが、小学生になってよく聞き分けるようになった。双子なのでお互いを意識して生きている。千歳飴と風船をもらって喜んでいた。
             


そのご新居に行った。思ったほど狭くなくてほっとした。角地を買ったので車も2台置ける。部屋も二階は二間あって子供たちの部屋もとれて勉強部屋もとれた。下は和室とダイニングキッチンで今までのマンションに比べてずいぶん広くなった。ローンが大変だろうが二人で頑張ってやってほしい。3時半から食事が予約してあると言ってくれたが、お祝いだけ渡して帰ってきた。紋次郎は
車の中でお利口さんでした。今週は3日間も京都に行きました。つかれましt
コメント