美山たそがれメール

山村の四季情報や暮らしを発信します。

たそがれ世代のおばちゃんのブログです。

一日中雨  久しぶりの昼寝

2021年04月17日 | 日記

朝から雨。6時に起きて少なめにサンドイッチを作りプリンと共に配達してもらう。

昼食後久しぶりに昼寝をする。2週間分の疲れが蓄積したようだ。

畑仕事、病院行きと忙しかった。今までならそんなに疲れることもなかったのに。

年を取ることはこういうことかと実感させられる。

トラクターの音で目が覚めた。夫が雨のなか田んぼの荒起こしを始めたのだ。

今年の春は雨が少なく、田んぼに水が溜まらないと言っていた。

夜になると蛙の大合唱がしてきた。水のたまった田んぼに集まってきたらしい。

明日は晴れるだろうか?毎週末の雨にもう、うんざりだ。

 

 

 

 

コメント

疲れ気味です。

2021年04月15日 | 日記

2日前の京都行の疲れがまだ取れません。嫌になります。

以前なら京都市内まで自分で運転してカルチーセンターや通院に

月に2回は行っていたのに、今ではバスでの通院でこうも疲れるのです。

何か病気でもひそんでいるのではとか、コロナ感染でもと気を病んでいます。

午後生協が来て、そのご隣村の友人が京都の友人からもらってきた

バランの苗を取りに来ました。彼女は鯖すしを作って道の駅で売っています。

仕切にバランの葉は必要なのです。京都の友人の家はお寺でバランの大きな株が

あるのです。友人と二人で根っこを分けてきました。多分この地でも

着くと思います。笹の葉でもいいのですが、新芽の時に鹿が食べてしまうのです。

下の喫茶店で編み物をしながらコーヒータイムになりました。一歳違いで中学校まで

一緒だったので、何を気にすることなく話ができるのです。

コメント

「待たずにラク―だ」医療費あと払いサービス

2021年04月14日 | 日記

3カ月に一度の神経内科予約診察日。朝8時過ぎのJRバスで京都市へ。

千本丸太町のバス停に友人が迎えに来てくれて病院まで行った。

病院内は少し患者さんが少ないように感じた。神経内科も少なくて

10分待ちで診察。先生と会話をするだけ。7月の予約と投薬

「7月までには高齢者にワクチンが行渡ると思うので、それまで脳梗塞をおこさないように」

と念を押された。救急で入っても治療できないかもしれないから。

そして今回初めて医療費後払いサービス「待たずにラク―だ」を使った。今年の1月から

始まっていたがパソコンでの登録ができなかった。3月末に帰省した次男のお嫁さんに

登録してもらった。専用受付で保険証と診察券を提示するだけで10分ほどで済んだ。

清算手続きを待つのに1時間以上かかっていたので、うそのようだった。薬もファックス

で薬局に転送.取りにいくともうできていた。なんと早く終わったのだろう。

でも高齢者にとっては、なかなかパソコン登録はできない。もう少し簡単に

できればいいのだが。ワクチンの接種券も送ってきたが場所や日や場所などの

予約はパソコンか電話だそうだが、うまくいくだろうか?

コメント

花吹雪で桜終わり

2021年04月12日 | 日記

今日は3時過ぎまでいい天気であった。私は布団を干した。

時折風で桜の花びらが舞い花吹雪のようだった。

枝垂れ桜も明日からの雨で舞い散るだろう。今年は3月中旬に

京都市内の桜が咲き、約一カ月桜を楽しんだ。コロナの中でも

桜は例年のごとく咲いてくれる。束の間の春を満喫した。

向かいの山桜は今咲いている。杉の木の間に白く見える。

今日から京都市もまん延防止重点措置が適用されることになった。

コロナ感染が収まらないので色んな規制がされるが効かない。

ワクチン接種も今日から始まった。ワクチン接種が進めばコロナが収束

するようだ。しかし、ワクチンの輸入量が少なく時間がかかりそうだ。

今日新型コロナワクチン接種案内。クーポン券が届いた。

接種方法などの詳しい内容はワクチン入荷が確定次第改めて通知しますと

書かれていた。いったい何時になるのでしょう?

 

コメント (2)

桜の樹の下で

2021年04月11日 | 日記

朝5時過ぎに起きてサンドイッチ、プリン、筍ご飯を作った。

たけのこご飯は今年になって初めて作る。ふらっと美山で仕入れた

筍は糠で湯がいて晒してから使った。まだ値段的に高く原価率から

計算すると原価割れになる。フルーツサンドも苺、食パンが高いので

同じだ。だがあえて私は作る。なぜなら来てくれた人達に季節感を

味わってほしいからだ。苺の色は春が来たかを実感できる。筍も

春の味だ。儲けよりも作るのが好きで15年間色んな物を作ってきた。

まあ一種の自己満足かもしれない。

午後草ぬきをの後、満開の枝垂桜の樹の下で寝そべった。木の間から青空が

顔を出し暖かな陽光が私の頬を撫でた。静かな静かな空間に鳥の鳴き声だけが

響いていた。朝の疲れでしばらくうたたねをしていた。

 

 

コメント

舅のしだれ桜

2021年04月10日 | 日記

今日も寒かった。5時に起きてサンドイッチ、筍ごはん、プリンを作る。

配達に行ってもらう。家の中で編み物をする。

4時過ぎから村の入り口に植えてある枝垂れ桜を見に行った。

村人が「綺麗に桜が咲いているよ。クリスマスローズも満開よ」と教えてくれた。

この桜とクリスマローズは私が植えた。枝垂れ桜は舅の88歳の記念樹にした。

京都市内から植木屋さんを呼んで植えてもらった。舅が亡くなり10年になる。

植えてから15年になるのだ。本当に桜らしくなってきた。背景に神社の

大杉が植わっていて、コントラストもいい。スマホで写真を撮った。

クリスマスローズは美山町の環境美化の時苗代を補助してもらい

この空き地に植えた。幸い鹿も食べないので年々増えている。

人がいなくなっても桜は毎年咲く。

コメント

今日は寒い

2021年04月09日 | 日記

今日は強風が吹き荒れて寒い寒い。一日中家のなか。

夜の献立  小鯛のささみつけで手毬寿司を作った。

新芽の木の芽を鯛の間に挟む。甘エビの刺身 蕨の煮物

デザートは桜餅。桜つくしの献立になった。

蕨も初物。木灰で灰汁ぬきをして晒して煮る。

ストーブも点けたまま、4月なのにおかしいなあ?

移動販売車で筍の湯がいたんを買った。明日筍ごはんを炊く。

コメント

じゃが芋、里芋植えました。

2021年04月08日 | 日記

午前中、夫が耕耘機で畑を耕してくれました。

午後じゃが芋と里芋を植えました。じゃが芋の種芋は

大きなものは半分に切って木灰をつけます。作るのは2種類とも

簡単です。芽出しすれば一度油粕を追肥するだけで6月末の

収穫をまてばいいのです。それ相応に収穫できます。この地域では

保存用としてたくさん作りますが、私はじゃが芋は2キロ、里芋は

正月用の芋棒ように5個植え付けました。里芋は土が合うのか美山の

里芋は美味しいです。夫が知人からキャベツ苗とレタス苗ももらってきました。

私は春キャベツは作りません。蝶々が飛んできて青虫の卵を産み付けます。

気がついたら穴だらけになります。農薬は使わないので作らないのです。

一応植えましたが多分できないでしょう。レタスはできます。

2日続きの畑仕事で疲れましたので今日はお風呂にゆっくり入り寝ます。

コメント

そろそろ限界かなあ?

2021年04月07日 | 日記

午前中2時間、午後3時間畑の草ぬきをした。

はこべをはじめ雑草が一面はびこっていた。

抜いても抜いてもなくならない。熊手をもって引くのだが

数年前に手首を骨折しているので、力が入らない。

結婚して50年、10年後ぐらいから畑仕事を始めたが、もうそろそろ

限界かなあと思うことがある。無農薬で無化学肥料で作る野菜は

美味しいし安全であるが、私の体力の限界もきているようだ。

小さい頃から畑仕事などしたこともなかった。しかし大病後自分で

野菜を作ると奮い立たせつくってきた。今は食事の量が少ししか

取れないので、力が出ないのだ。今年が最後かもしれないと

思い草ぬきを始めた。向かいの枝垂れ桜が満開で独り言を

言いながらの畑仕事である。夕食後疲れて、うたた寝をした。

 

 

コメント

すみれ咲く

2021年04月06日 | 日記

教は穏やかな一日でした。午前中は編み物をして午後移動販売車の日で

下の喫茶店まで降りました。桜鯛とかで大きな鯛が入っていました。

私はひらめの刺身を買いました。今晩昆布占めにします。昆布のうまさが

平めに移り美味しくなります。

畔道で数種類の野生のすみれが咲いていました。私はこのすみれが大好きです。

名前はあるのですが面倒なので一括して野路すみれと名付けています。私の

ペンネームにもつかっています。これらのすみれは斜面や畔など咲きます。

踏みつけられても立ち上がるほど強いです。まるで雑草です。私も

彼らのようにたくましく生きていきたいと毎年思います。

枝垂れ桜も2本が咲きはじめ、チューリップ、水仙、すみれと春の花が一気に

咲いてきました。春盛りになってきました。

コメント

強風吹き荒れる

2021年04月05日 | 日記

雨は止んだが、風は一日中吹き荒れていた。

外に出らず、家の中で一日過ごす。編みかけの春物の

ベストを編んでいた。今日は休養日になった。

昼前に2日分の新聞が郵便で届いた。2日分の新聞を読むのは

時間がかかる。この頃は携帯やパソコンでニュースは早くに読める。

新聞の方が遅いように思う。ただ社説や特集記事は新聞にかぎる。

私は切り抜きも好きなので、新聞を取っているのかもしれない。

60年前、新聞を取る家は少なかっ。2軒で回し読みするのも、珍しくなかった。

祖母も父も新聞が大好きで、私は祖母の膝の上で新聞を覗いていた。

それ以来、私は新聞を読み続けているのだ。購買料金も高くなったが

新聞と本を買うのは、私の趣味の様なものでもある。

コメント (2)

春の雨

2021年04月04日 | 日記

4週続きの日曜日の雨にうんだりの一日でした。

朝から降り始めざーっと強く降ったり、しとしとと降ったり

春雨とは思えない降り方でした。たぶんソメイヨシノはこの雨で

終わりでしょう。3月中旬に咲きはじめなんとか2週間楽しめたのでは

ないでしょうか?かっては4月の入学式の頃に桜が満開が定番だったのに

近年は暖冬の影響か3月に咲いてしまいます。

我が家の枝垂れ桜も去年より1週間早く咲き始めました。

植えて40年経ちますのでもう相当大きく伸びました。

この雨の後の暖かさで満開になるのではないでしょうか?

桜に憧れるのは長くて寒い冬を耐えて、咲くからです。

いつ咲くかと待っている時期が楽しいのです。

季節が来ると咲いてわずか2週間で散ってしまいます。

その散り際にも人生を重ねてしまうのです。桜の花の

散る頃に潔く死ねたらと思います。紋次郎は桜の木の下で眠っています。

コメント

畑仕事始める

2021年04月03日 | 日記

朝から曇っていて11時過ぎから半年ぶりに畑に出た。

暖冬のせいで雑草が良く伸びている。耕運機を入れてもらうが

百合を植えているところは草を抜く。苺の所も引いた。

10日過ぎにジャガイモと里芋を植えるつもりだ。夏野菜の苗は

連休明けでいいので、そう急ぐことはないが近所のおばさんたちが

畑仕事に精を出すので、私もしぶしぶやりだした。ただ我が家は丘の上の

一軒家だから、だれも見に来ないが?

畑の畔に座って向かいの枝垂れ桜を見るもう満開だ。植えて40年になるが

大きく伸びている。雪の重みにも枝は折れない。適当に枝垂れているかもしれない。

色んな種類の桜を植え続けてきたが、ここでは四季桜と枝垂れ桜が適していると思う。

本当に疲れた。夕食後9時前までうたたねをした。

 

コメント

孫帰る

2021年04月02日 | 日記

朝食をすませて、9時に帰路についた。別れる時は寂しいものだが、

そう思うこともない。来年の春にはまた帰って来るだろう。

その間に私も彼らの家を訪れる。私が行く時期はさくらんぼか

シャインマスカットの時期に決めている。山梨はフルーツ県なので好きだ。

母屋に走りシーツなどの洗濯をして布団、毛布を干した。4泊5日の滞在だった。

ただ3人の去った母屋に入ると静かになっていて、すこし駿となったが。

午後佐々里峠を越えて広河原に行った。山一面にタムシバが咲き桜も

ちらほら咲いていた。頼まれていた灯油を友人の家に届けたのだ。

広河原は少し寒い。早めの夕食をすませて帰って来た。

佐々里集落の神社の前の空き地に私が植えたクリスマスローズが咲いていて

枝垂れ桜の蕾も紅未を帯びてもう咲きそうだった。私はこの集落内に

何本の桜や花を植えただろう。枯れた木や鹿に食べられた花もあるが

残ったものは、季節が来ると花を咲かせてくれる。

 

 

 

 

 

コメント (2)

今日も晴れ

2021年04月01日 | 日記

孫滞在4日目。朝から川へ魚釣りに行くと騒いでいた.

10時過ぎから行って川魚10尾釣ったとか。死ぬと可哀そうだからと

放してきたという。母屋で滞在させているので我が家との行ったり

来たりで、走りまわっている。私は3食の食事の用意に振り回されて

くたくただ。明日9時に出発だそうで今しばらくの辛抱だ。1年に一度の

帰省で来るのを待ってはいるが、なんとなく疲れる。

明日は彼らの帰った後シーツの洗濯と布団干しをする。それで終わり。

 

日本石楠花が数輪咲いた。1昨年鹿がほとんど葉を食べつくし上の方に

数枝残っていた。去年はほとんど咲かなかったのに今年は咲いた。

野生の石楠花の生命力に驚かされた。タムシバ、石楠花が咲いて

本当の春になった。

 

コメント