美山たそがれメール

山村の四季情報や暮らしを発信します。

たそがれ世代のおばちゃんのブログです。

柿取り マッサージ 忙しかった一日

2013年10月31日 | 日記
朝8時に家を出て9時半に着いた。10時から柿とりを始めた。夫がばけつを持って柿の木に登り取り、下で私たちが受けて柿をふいて箱に詰めていった。今年は少なく350個ほどとった。
12時半からおばんざいの店「あだち」に行った。この店は今私が気にいっている店だ。棚におばんざいが並んでいて好きなもの3種とメインの料理を選べる。タラと鰯のフライがメイン料理、ほうれんそうの知らあえ、ぜんまいの煮物。おでんを頼んだ。味がよい。味噌汁とごはんもついてランチは800円。満足して帰ってきた。それから予約していた針灸えんでマツサージをしてもらった。1時間近くマッサージをしてもらい、体がかるくなった。忙しい一日だった。

京の惣菜 あだち  京都市上京区丸太町通り千本東入ル
     定休日は日曜日 祝日
     営業時間 昼12時~2時半  夜6時半~10時
コメント

松茸うどん

2013年10月30日 | 日記
          
午前中はよく晴れていたのに午後からくもり夕方一時雨になった。カサブランカの球根を植えて鉢植えのバラを定植した。畑に行って菊芋を掘り,カンパニューラの小さな球根も植えた。

夜はご飯が少し足りなかったので松茸うどんを作った。小さかったが軸は堅くしっかりしていた。冷凍うどんだったが美味しかった。10年ぐらい前、松茸がよく取れたころは安掛の「たけよし」で松茸うどんがでた。私は京都の友人に電話してよく食べに行った。この頃は松茸うどんはでない。秋の名産であった松茸が出なくなって久しい。私が小学校の頃は父と朝の5時過ぎに近くの山に登って篭いっぱい取ってきた。焼き松茸、松茸ご飯が夕食に出てきた。近所に配った残りは辛子漬けにした。これはお正月の父の酒の肴になった。山が荒れ、松くい虫が発生して、松枯病になって松が枯れていった。山がいつ再生するかはわからない。山に登るたびに枯れていく松を見るのはつらい。ただ私の代は家の松山の松茸は少しだが出てくれる。

明日は京都の友人のお寺の柿もぎに行く。紋次郎もt
コメント (2)

イチジクのワイン煮

2013年10月29日 | 日記
"
家のイチジクは生で食べるより加工品にしたほうがいい。2,3日摘んでためておいたイチジクをワインで煮ることにした。重量の半分の砂糖を入れて一晩置いておく。砂糖がイチジクの水分をよぶ。鍋に入れて火にかける。15分ほど煮てそこに赤ワインを振り込む。あまり長く煮るとワインの香りがとぶので、数分煮る。冷凍すれば長期保存もきく。ほのかなワイン色に仕上がった。

今日は昼間の気温は14度で肌寒かった。昨日畑の草を引いてもらったので、アスパラの苗も植えこんだ。
コメント

松茸山最終回(5)

2013年10月28日 | 日記
今日は秋晴れで快晴。朝の気温6度で寒かった。近所のおばさん草引きに来てくれた。畑が綺麗になっていった。いちご苗も植えた。これで大根の収穫の11月末まで畑はほおっておける。

紋次郎と早昼をして、松茸山に登った。雨続きで地面は滑りやすかった。何も見えないので帰ろうと思っていたら土が盛り上がっているのが見えた。掘ると松茸が頭をあげていた。小さいのでどうしようかと思案して、今日が採集にするつもりなので採ることにした。5本ほどあった。でも今年は少なかった。最初はよかったのに途中からでなくなった。松の木が枯れているのも原因だが気候が大きく影響していると思う。松茸の地温は19度ぐらいが最適だそうだが、今年の10月は暑くて雨が少なかったのだ。栽培できない松茸は出てくるのを待つしかない。来年を期待して山にお礼を言って山をあとにした。紋次郎も毎回ついてきてくれた。「紋ちゃん、松茸山に登るのは今日でおしまい。来年またこようね」

秋は確実に深まっている。
コメント

午後は忙しかった。

2013年10月27日 | 日記
昼食後テレビを見た。そのご紋次郎を車に乗せて近所の喫茶店で一服。帰ってきて残っていた鷹の爪を全部摘んだ。夕食をはさんで9時前までかかって23束できた。しんどかった。5月の連休明けに植えて10月末で終わったことになる。それだけ手間はかからないが風で倒れることがある。
苗代を差し引くとそんなに儲けはないが空き地にしておくより植えておくと畑が真っ赤になってきれいである。これで畑も冬野菜の白菜、キャベツ、大根だけになった。いちごの苗が届いたので植える。空き地の雑草を引いてもらってから、秋仕舞になる。もう一カ月ぐらいだ。今年の秋は霜がおりないので、雑草など枯れない。

いちじくがたくさんできたのでワイン煮をするつもりだ。鍋にイチジクを並べてグラニュー糖をふりかけた。水分を引き出そうとしている。
コメント

台風の余波で一日雨

2013年10月25日 | 日記
明方雨の音で目が覚めた。仕事は休むことにした。台風の進路はそれたが秋雨前線を刺激して雨が降る。一日中降ったり止んだり。紋次郎も外に出たり家の中に入ったり忙しい一日。夜はガレージに行った。自分の犬小屋には雨が吹き込むこむからかもしれない。10月は週末になると雨でよくなかった。台風通過後、晴天の日が続くらしい。11月はどうなるのだろう?早いもので生協の予約注文でお歳暮やおせちのパンフレットが入ってきた。1年が過ぎるのが本当に早い。座敷の裏にある南天も色づきき始めた。
           
コメント

台風は来るのかしら?

2013年10月24日 | 日記
               裏山の竜胆です  
         。
連日の台風予報でいつ来るのかと気にかかるが、今日は日中はあまり雨が降らなかった。配達。帰り道智ちゃんの家に寄る。朝から家出した紋次郎が繋がれていた。シーちゃんの子供はまだ産まれる気配なし。小春ちゃんと遊ぶ。チーズトーストを昼食に食べて1時過ぎに帰ってきた。生協がやってきた。前に配達にきていたAさんがやめて、こんどの人とはまだ会話が成立しない。
夜はプリンとチーズケーキを焼く。週末の天気が気がかりだ。
コメント

雨が降り出しました。

2013年10月23日 | 日記
10月に入って5個目の台風がやって来るそうです。動きが遅いのに秋雨前線を刺激して雨の日が土曜日まで続くと言っています。今日も昼前から降り始め降ったり止んだりの一日となりました。
夜に入っても降ったり止んだりです。気温も上がらず寒くなってきました。今日は仕事休みました。昨日の疲れと1週間休んでいなかったので休日にしました。午前中雨の止んでいる間に裏山を散歩して竜胆を探して写真に撮りました。野生の竜胆はきゃしゃで隠れるようにひっそり咲いています。色も園芸種のように濃くなくて薄紫です。以前に山の奥で採取してきた大文字草も写真に撮りました。群生地が林道新設で根こそぎなくなりました。今は自生の大文字草も少なくなりました。我が家の畔で毎年咲いてくれます。栗も終わりです。いちじくが毎日1、2個取れます。

先日来の寒さで山々が少しずつ色づいてきました。ト月桜もちらほら咲き始めました。霜が降りるまでのほんの短い間の開花ですがきれいです。
コメント

今日は時代祭でした。

2013年10月22日 | 日記
三条の賑わい市で京都に行きました。御池通りの道端に椅子が並べてありました。時代祭の行列が午後ここを通るようです。賑わい市は野菜が多く売れました。天候と台風で野菜の値段が高騰しているよです。キャベツ、白菜、青物野菜は完売でした。加工品も鷹の爪もよく売れました。2時過ぎに三条通りを時代祭の行列が通ると教えてもらい見にいましたが人の多さで少ししか見ることができませんでした。3時過ぎから三条商店街にまで人があふれてきました。結局4時前までやりました。家に帰ってきたのは7時前でした。買い物に来るはずだった友人は御池通りの通行止めで来れませんでした。夜は鞍馬の火祭で京都は祭り一色の一日です。明日は雨だとの予報で仕事を休もうかと思っていたのですが11時過ぎに外に出ると星と月が瞬いていました。明日の朝の天気で検見タイト思っています。
コメント

今日は忙しかった。

2013年10月21日 | 日記
朝から雨。昼前に止んだ。配達は夫に頼んだ。1時過ぎから報恩講のお参りで住職が来られた。お茶の用意と座敷の掃除などやった。正信偈を久しぶりに読経する。読経の後雑談して2時前に帰られた。1年に1回はお参りにきてもらう。来年の春には姑の7回忌と舅の1年をやらなければならない。

従妹と友人の神ちゃんが2時過ぎにやってきた。茅葺の母屋で松茸のすき焼きをした。残しておいた3本の松茸を入れた。お土産に「塩芳軒」の生菓子を頼んだ。ここのお菓子は本当に美味しが1個390円もするのでそう再々食べられない。季節の栗菓子も入っていた。三島亭のすき焼き用のお肉も柔らかく美味しかった。明日も少し買って来よう。従妹は「あなたは、贅沢ね」というが堅い肉や野菜は食べられない。私はお肉と焼き豆腐だけ食べた。食べて喋って5時半に帰った。今日は忙しい一日となった。
コメント

今日も雨

2013年10月20日 | 日記
今日は一日中雨。配達後、昼食は近くの蕎麦屋「ちしゃの木庵」へ行った。雨だから空いていると思っていたのに満席状態。いつものそば定食を頼む。ご飯はむかごめし、茄子のゴマ味噌和えなど。お客さんが多かったのですぐに帰ってきた。電話があって11月3、4日のイヴェントの弁当を試食して言われる。来た知人と集落ないの「よっといで食堂でコーヒーを飲む。ここのおばちゃんは丹後から来ているので丹後ばらずしをもらった。夕食は弁当とばらずしで充分まにあう。おすましだけしようと思っている。10月の週末は雨の日が多い。夏に雨が少なかったのでその分降るのかもしれない。雨が降ると紋次郎も困っている。犬小屋と居間を行ったり来たりしている。

ゴルフの試合は中止。競馬の菊花賞は不良馬場で行われた。




ご飯とポテトサラダ なます、きんぴら 鶏肉のからあげ 野菜のてんぷら
私は50食受け持つ
コメント

松茸山に登る(5)

2013年10月19日 | 日記
朝まで雨。配達後松茸山に登った。雨で斜面が滑りやすく怖かった。残して置いた1本しか見つからず落胆した。しかし登ってきた紋次郎と松の根元で一服。自然の物だけに出ないからといってどうすることもできない。紋次郎と「また来年があるからね」と話す。尾根を紋次郎と降りて行く。もう一回最終的に来ることになるだろう。25日にぐらいに行こう。21日に京都から友人たちがくるのでこの松茸を入れてすきやきにする。


   松茸山の話
この山は亡くなった舅が好きな山で暇があれば山の手入れをしていた。でも密植して杉を植えたので箒林のようになっている。舅は杉さえ植えておけばお金になると思っていた。尾根すじに松がたくさんあって、かっては松茸がよく出たそうだ。舅がこの山を買う時に持ち主の人がいい松を売ったそうだ。今その残りの松に松茸が出るのだ。松枯れ病が入ってきたのかその松が毎年数本ずつ枯れて行く。私の代で終わりになりそうだ。亡くなった姑も舅も松茸山には登らなかった。夫もほとんど登らない。他所から嫁いできた私だけが毎年登るのだ。おかしな話だ。

コメント

朝の気温6度

2013年10月18日 | 日記
今朝は寒かった。この秋一番の寒さになった。夫が配達に行ってくれた。栗を拾いに行ったがもう少ない。もう終わりの時期だ。今年も少しは拾えた。

3時すぎに移動販売車がきた。村のおばちゃんたちと雑談タイム。週2回の買い物を兼ねて。村の近況がよくわかる。天気ははっきりしない。雨が降るのか降らないのか?

伊豆大島の被害は大きい。
コメント

寒い一日

2013年10月17日 | 日記
今日は朝から寒い。配達に行って銀行まで行ってきた。銀行も家からは遠いのでたまにしか行かない。用事をすませて久しぶりに智ちゃんの家に寄る。臨月のシーちゃんの出産日が未定で困っていた。2人目も1週間早く生まれたので3人目はもっと早くになるのではと言っていた。京都の病院まで遠いので連れていくのも大変だ。シーちゃんのお腹も大きくなっていた。
帰ってきたら夫が倉庫の隅の薪ストーブを点けていた。私も炬燵に電気をいれた。夫は夕飯の時に家に来て石油ストーブを点けた。夜も気温が下がってきた。8度ぐらいになている。お風呂に入り温まってから寝よう。
コメント

台風の余波で大荒れの一日

2013年10月16日 | 日記
夜中の2時過ぎから6時頃まで風と雨が強かった。今回は強風が吹き荒れた。うつらうつらと眠りながら朝を迎えた。仕事は休むことにした。夫はお寺の研修会で雨、風の中小浜に行った。台風ははるか離れたところを進んでいるのに強風の時間が長く続いた。雨も降ったり止んだりしながら夜まで続いた。でも何の被害もなかった。伊豆の大島では大きな被害が出ている。雨量がすごくて火山砂が土石流となって山から海まで押し流したと言っている。映像でみるかぎり人家も根こそぎ流されていた。死者の数も増えていっている。自然の脅威に驚かされる。北海道では初雪が降っていた。ここも寒くなって炬燵に電気を入れた。紋次郎は炬燵に入っていた。二人で一日おとなしくしていた。
コメント