美山たそがれメール

山村の四季情報や暮らしを発信します。

たそがれ世代のおばちゃんのブログです。

2日続きのお客さん

2017年11月30日 | 日記
昨日と今日と2日続きのお客さん。7時半に朝食の人が多いので6時前には起きなければなりません。9時前に帰られました。今晩のお客さんも7時半に朝食が食べたいとのこと、頑張ります。おまけに山梨から次男家族が来ていて4歳の孫のうるさいこと、いつも夫と紋次郎の静かな生活の中に一人小さい子供が入るだけで、にぎやかで疲れます。明日の朝に買えるので、明日は久しぶりに元の静かな生活に戻ると思います。

天気は雨が降ったり止んだりですが気温は15度前後で暖かく感じます。いつ雪がふるのでしょうか?12月中は雪はいりません。雪が降ると動きにくくなります。明日から12月、ふらっとみやまに出している弁当やサンドイッチは2月まで休みます。ときどきお菓子だけはy作ろかなあとも思っていますが、どうなりますことやら。民宿は雪がなければ受けるつもりです。12月29日から1月3日までは受けません。市営バスが運休するので園部まで迎えに行かなければならないので。

昨年私が編んだセーターを孫が着てくれました。
コメント

牡丹鍋

2017年11月29日 | 日記
昨日山梨の次男夫婦が帰ってきました。4歳の孫に振り回されています。朝から京都に行くことになり、動物病院で紋次郎の薬をもらうように頼みました。近くのカフェドルフでランチをしたようです。それから北山のマールブランシェでモンブランケーキを買って来てくれました電車の好きな孫は鞍馬電車に乗ってきたと話してくれました。夫は視察で帰りが遅いので3人ですき焼きをしました。こちらの牛肉は美味しいそうです。


泊りのお客さん2名は7時過ぎに来られました。私が猪肉を薄くに切りました。しゃぶしゃぶと牡丹鍋で食べられるように勧めました。朝食は7時半なので紋次郎は夫にたのみましお
コメント

霜の朝

2017年11月28日 | 日記
昨夜は冷え込んで朝は霜で真っ白になった。7時過ぎ表で温度計は1度だった。日中は温かく15度前後まで上がった。夫は視察とかで7時過ぎに出て行った.。夜には次男夫婦が帰って来る。小浜の移動販売車が来たのではまちの刺身と勢子ガニを買う。清里に住んでいるのだが山梨は海のない県になり魚類はおいしくないともいう。ただ鮪だけは静岡から入るのでよく食べるそうだ。そしてうどんすきをする。5時には帰ると最初言っていたが7時ぐらいになるだろう。それまで時間があるので編み物でもしようと思っている。

紋次郎は表で日向ぼっこをしたり、私の車の中で大人しく寝ている。夜が問題で毎晩3時と5時に起こされる。寒いので私の方が応える。老衰で静かに私の手の中で死ぬものだと思っていたのに、癌の末期症状で介護が必要になってきた。痛いとかしんどいとか言わないので、よけいに気にかかる。朝夫が包帯を巻きなおす時は怒っていた。
コメント

暖かな秋日和

2017年11月27日 | 日記
明け方雨が降っていたが、日中は被災ぶりに暖かな秋日和の一日となりました。山歩きに出かけるお客さんを9時に見送り、メールのチエックをして返事を書きました。先週MRIの検査をした友人は来年の2月に膝の手術をするらしい。70歳をまえにみんな身体のどこかに欠陥が見つかります。夫の友人も71歳で急死をしました。なんだか死が身近になってきました。紋ちゃんも家の外を出たり入ったりと落ち着きがありません。癌の末期で痛みがあるのかもしれません。

2時過ぎから畑に出てチューリップとアスパラを植えました。もう来春の準備です。でも本当に暖かくて気持ちがいいです。畑はもう冬眠状態です。白菜とネギと大根だけがのこっています。雪が来る前に大根は土を掘って埋めます。ネギは屋根でもしてもらいましょうか?白菜は取り込んで倉庫に置いておきます。以前はたくさん保存したのすが、今は道の駅でも新鮮な野菜が手に入るので、そんなにたくさんは保存しません。
コメント

牡丹鍋始めました。

2017年11月26日 | 日記
今日は6名のお客さん。今年初めて猪肉を使います。夫が近所の猟師さんから2キロ買ってきてくれました。お肉をスライサーで切ってもらいました。一鍋は白みそ仕立ての牡丹鍋にもう一鍋は昆布仕立てのしゃぶしゃぶにしました。特にすあぶしゃぶは珍しいようで美味しいと綺麗に食べてくださいました。友人グループで自分たちで炊いて9時前まで続きました。明日は山歩きだそうです。7時半に朝食を出します。

これから牡丹鍋を始めます。ぞうぞ、山里の味をお楽しみください。

昨夜は紋次郎が居間に寝て、夜中に何回も起こされました。午前中は外をうろうろしていましたが午後は炬燵で寝ていました。夕食後、足の包帯を巻きなおしました。カラーと包帯が嫌いな様でいつも包帯を巻くときは抵抗します。

今晩手つくりギョウーザをしました。近所にスーパーもないので皮から作りました。少し厚みがある皮になりました。水ギョウーザに向いているかもしれません。
コメント

秋晴れ  白菜を漬ける

2017年11月25日 | 日記
今日も一日中穏やかな秋晴れで気温はあまり上がらないが、風もなく洗濯ものも乾いた。
先週夫が山梨県の八ヶ岳清里に行った。いつも変なお土産を買ってくるので、この頃は野菜、果物、魚類を頼む。今回の山梨県は海がないので野菜を頼んだ。8月、9月ならぶどう、桃がるのだが今はない。高原野菜の産地があちこちにあるので、白菜を頼んだ。10個で20キロ近くあった。

昼前から漬け込みに入る。まず白菜を4つ割りにして樽に並べていく。重量の3%の塩を準備する。白菜の上から塩を振り込む。そこで一工夫。いつぞやテレビの番組で白菜の産地の奥さんが白菜漬けをしていた。並べ終わった樽の上に乗り重量をかける。こうすることで水の上りが早くなるそうだ。私もならべ終わった白菜の上にビニールを置いて新しい長靴に履き替えて乗った。本当に数時間たつと白菜はしんなりする。その上に重しをして1週間ほど下漬けをする。あとは糠漬けにしてもいいし、昆布や柚子をいれて漬けなおしをしてもいい。次男夫婦が来週帰って来るので、下漬けの白菜を小さな樽に入れて持って帰らせる。
コメント

晴れたり曇ったりの一日

2017年11月24日 | 日記
今日は朝は冷え込んで寒かった。4名のイタリア人の朝食を作る。パスタを作ったが残された。あまり食べなかった。9時に出て行った。今日から天橋立、伊根の舟屋を2日かけて回る。彼らの大きな荷物に驚くが、旅慣れたようで軽々と荷物を運ぶ。結局日吉駅まで送ったそうだ。ごみの始末も部屋の整頓もきちんしてあった。

その後シーツ、枕カバーの洗濯。久しぶりに戸外で干す。夕方まで晴れたり曇ったりで雨は降らなかった。夜は星が輝きお月さんまででている。明朝はよく冷えるようだ。

紋次郎が昨夜ガレージで寝てくれたので私も熟睡できた。今晩もガレージに行った。薪ストー
ブで暖かく段差がないので安心だ。包帯してもすぐにずりおとす。腫瘍を舐めないでほしい。
足をひきずりながらよく走るしよく食べる。本当に病気かと思うほどだ。今日包帯を巻きなおす時は、めずらしく嚙みついてきた。よっぽど傷口を触られるのが嫌なようだ。「紋ちゃん、本当に痛いのか?なんか言ってよ」と私が声をかけるが、紋次郎は何も言わない。
コメント

紋ちゃんの介護疲れ

2017年11月23日 | 日記
紋次郎の病気がわかってから約1週間、紋次郎は案外元気ですが夜中に2回起こされます。1時と3時です。おしっこがしたいらしく、玄関の戸を開けると一目算に走って行きます。深夜はは寒く、待っているだけで震えてしまいます。そんなわけでこのところ私の方が睡眠不足です、今日はカラーを少しの時間とってやりました。喜んで走り回っていたのですが、腫瘍のところを舐めていました。しっかり巻いてあった包帯もずれていました。夕方からガレージに毛布を敷いて寝かせました。ストーブが焚いてあるので暖かく、段差もないんので動きやすいかもしれません。今晩は久しぶりにゆっくり休ませてまらいます。

メールだけで受けていた外国人のお客さんはイタリアの人でした。2組のカップルです。さすがイタリア人らしく陽気で明るい人たちでした。夕食はいらないとのことで柿やプリンを差し入れしました。彼らはビールを飲んでいました。二度目と三度目の来訪だそうで、今回は天橋立、有馬温泉、美山などを回るそうで2週間滞在するそうです。

写真は夫が長野で買ってきた林檎です。
コメント

寒い雨の一日

2017年11月22日 | 日記
今日は一日中寒くストーブは点けたままでした。シンガポールの女の子は11時に帰りました。気に行ってくれたようです。朝ごはんもきちんと食べてふくの散歩もしてくれました。
一か月40万円の旅だそうです。あと10日間大阪の友人宅に泊まり12月1日に帰ると言っていました。いい思い出を作って帰ってほしと思います。中国系のインドネシア人でした。「サイ、チエン、See yoy again]」

紋次郎の包帯をかえました。やっぱり腫れていました。お薬はきちんと飲ませていますが効き目はないようです。紋次郎も首のカラーがうっとおしいらしく機嫌がよくありません。足も自由が効かないのであちこちで転んでいます。どうしてあげることもできず、こちらもストレスがたまります。私が一生懸命話してやるのですが、通じません。今まで元気印の紋ちゃんが高齢で病気になったので、なんともかわいそうです。彼はどう思っているのでしょうか?

コメント

あっちもこっちも道路工事

2017年11月21日 | 日記
本雪が当に久しぶりにお客さんを迎えに茅葺きの里に行った。10月の台風であちこちで道路工事がされていた。一番太規模な山の崩落現場はまだ手付かずの状態だ。対岸にう回路がつき、21日から通行止めが解除されたが、雪の時期除雪などできるだろうかとの疑問がよぎる。私に住んでいる地域を結ぶ唯一の道路だけに早急な対策をたててほしいと思う。あとは数か所業者が工事をしていた。茅葺きの里は観光客であふれていた。紅葉も終わりにちかづき今月で観光シーズンがおわりになるのだが、ここ数年前から冬でも台湾やシンガポール、中国香港からの観光客が雪を見に来るようになった。

今晩の泊りも若いシンガポールからの一人旅の女性だ。彼女は日本語も喋るしメールでも日本語で書いてきた。夕食も一緒に食べた。彼女は一か月日本国内を旅しているそうだ。明日から大阪に滞在すると言い、京都市内のホテル代は高いし予約が取れないとも言っていた。でも日本が大好きともいってくれた。
コメント

初雪

2017年11月20日 | 日記
昨夜雪が降りました。朝起きると向かいの山は雪化粧でした。例年より1週間は早いと思います。紋次郎が夜眠らず、うろうろしています。11時、3時、5時に起こされました。夜に徘徊して獣を追い回していた習性がまだあるようです。そして昼間はおとなしく寝ていました。多分思うように動けなくていらいらいていると思います。特に首のカラーは嫌そうです。今日は一日中底冷えの寒さでした。私も紋次郎が寝ている間に少し寝ました。府立医大の耳鼻科の診察もキャンセルしました。夫が八ヶ岳に行き留守なので、紋次郎を繋いで置いていくのは可哀そうだと思いました。紋次郎にとって私は母親なのかもしれません。

紋次郎を見ながら編み物をしています。今回のプルオーバーも時間がかかります。ロング丈にしたので相当の段数編まなければなりません。明日まで前身ごろ編み上げたいのですができるでしょうか?

今晩は徳島からB&Bのお客さんです。
コメント

冬近し 初あられ

2017年11月19日 | 日記
今日は一日晴れたり曇ったり雨が降ったりあられが降ったり、なんともややこしい天気だった。初あられでもある。冬近しだ。従姉妹からの電話では京都市も寒いと言う。十月桜(二度桜,不断桜、寒桜)の枝を手折ってもらった。母屋の玄関に生けた。寒い中凛と咲く十月桜は、私の好きな桜でもある。

紋次郎はカラーを嫌がっているが、昨日より慣れたようで歩いている。足もまだしっかりしているし、まだ食欲もある。急に悪くなることもあるそうだが、よくわからない。ただ20歳だけに仕方がないだろう?

丹後からきて食堂をやっているAさんの今年最後の営業日。昼食を食べに行く。道の駅で売っている丹後のばらずしを作ってもらった。鯖缶を使ったお寿司である。私も真似して作ってみたが上手くいかなかった。丹後の郷土料理でもある。昨日は岐阜の富有柿を買って来てもらった。彼女の息子さんが岐阜で仕事をされている。今の時期柿を持って来られる。私は富有柿が大好物だ。生協で奈良の美吉野の富有柿を買い来週は京都の大枝の富有柿を頼んでいる。そして夫は和歌山の九度山の富有柿を頼んでいる。すべての産地の柿を食べているのだが、今年は甘味が少ないように思う。
コメント

紋ちゃんの介護始まります

2017年11月18日 | 日記
昨日まで元気に走り回っていたのに、病院で診察を受けてカラーを首につけられて、紋ちゃんは病犬になってしまいました。外にでるのもままならず、食事も水も飲みにくくしています。でも本当に動かなくなりました。今日は一日中ほとんど寝ています。外は雨だから仕方がないですが、元気がありません。紋ちゃんの病名は肥満細胞腫で癌でした。紋ちゃんは20歳にもなっているので、手術も放射線も受けさせません。投薬だけ続けようと思っています。今日はハムに挟んで3錠を2度飲ませました。嫌がらずに飲んでくれました。

紋次郎は我が家に来てから20年になります。長男も次男も16歳で京都市内に行きました。私と暮らしたのは10年でした。その間に私が癌で入退院など繰り返していたのでもう少し少なかったのかもしれません。100日ぐらいの子犬で来たので私は3男だと思って育ててきました。彼は番犬として、または猟犬として過疎の山村で役にたってくれました。なんとか苦しまないで死んでいってほしいと願っていいます。今日から紋次郎の介護が始まります。
コメント

紋ちゃん癌のようです。

2017年11月17日 | 日記
今日も秋晴れの一日となりました。紋次郎は寝てばかりで動かなくなりました。
夕方右足の付け根に瘤のようなものが見えたのです。そして出血していたのです。私も夫も驚いて以前にかかっていた京都岩倉のH動物病院に電話しました。連れてきたら診るよと言われたので京都まで走りました。診察時間ぎりぎりの7時に着きました。先生は塊を診て「癌のようですね。少し前からできていたのでは。足も腫れているし」少し皮膚を切り取り顕微鏡で見られました。手術をするにも年をとっているので、このままお薬で様子をみようとも言われました。ステロイドの注射をしてもらい,腫れている患部を包帯で巻かれました。患部を舐めて出血すれば命がなくなるそうです。傷を舐めないようにエリザベスいうカバーもつけられました。今晩から紋次郎の介護が始まります。

以前ならエリザベスを嫌がって取ったのですが漬けています。今まで自由にしていたのにかわいそうな気もします。10日間薬を飲ませ患部を舐めさせないようにしなければなりません。
コメント

初雪くるかも?

2017年11月16日 | 日記
今日も晴れてはいるが寒い。何となく寒さがいつもと違う。風も冷たい。天気予報では東北、北海道では雪が降っていると言う。初雪のところが多かったらしい。まだ紅葉なのに雪とは。
でもこの地域で初雪の早い時は12月23日前後に降ることもある。下宿人のAさんはスタッドレスに履き替えたほうがいいのかと夫に相談していた。初雪のときはいつも大慌てになる。

午後、夫にブルベーりやプルーン、ぽろたんに支柱を立ててもらった。私は跡から縄を結わえてくくった。これらの果樹の苗は雪に弱い。きちんと結わえておけば枝が裂ける事もない。何度も何度も植えて失敗してきたが、やっとブルベーリーも収穫できるようになった。ブルーベ―りは買えば高い。自分で作っているとほしい時にとれるし、ふんだんに使える。ジャムにしたり生食で食べたり利用範囲の多い果樹である。10年前に植えたぽろたんは今年たくさん収穫できた。2年前に2本植えた。1本は雪でい折れて枯れてしまった。成木になるまで時間がかかるが植えないと何もできない。
コメント (1)