今日の「いのちのパンと祈り」

毎日の生活の中で、いのちのパンを食べて神様と共に歩きましょう。デボーション(祈り・黙想)のブログです。

主をほめたたえていますか

2022-06-02 00:02:14 | 詩篇

 

詩篇103:1

わがたましいよ。主をほめたたえよ。私のうちにあるすべてのものよ。聖なる御名をほめたたえよ。

 

神の前に出た時にどんなことばが最初に出てきますか。

 

神をたたえることばですか。

感謝することばですか。

 

多くの詩篇はダビデが書きましたが、ダビデの神への態度から学ぶことがとても多いです。

 

神様をたたえる姿、詩と賛美をもって神を礼拝する姿が詩篇の中ににじみ出ています。

真の礼拝者の姿を見たいならば、ダビデを見ると良いですね。

 

苦しい時、悲しい時、どんな時も神様に対して恐れる心、敬う心、感謝の心を忘れたことがないです。

 

荒野で40年間、あらゆる神の恵みを受けながら生きたイスラエルの民は、口を開けばつぶやきのことばや、神を侮辱することばを言いました。

 

まるで記憶喪失にかかった病人のような姿でした。

『何か恵みを下さったでしょうか?受けていないですが。』と、彼らはいつもそのような態度を取りました。

 

王の王、主の主、偉大な神、尊厳がある神様であることを絶対に忘れてはならないです。

 

神をほめたたえることは、人間にとって一番重要なことです。

 

【関連聖句】

詩篇106:1

ハレルヤ。主に感謝せよ。主はまことにいつくしみ深い。その恵みはとこしえまで。

 

【聖書通読】

-将来の審判-

  • ゼパニヤ書1-2章

 

3分バイブルボイス 


この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 五つのパンと二匹の魚 | トップ | 神の愛を知っていますか »
最新の画像もっと見る

詩篇」カテゴリの最新記事