林 住 記

寝言うわごと独り言 のようなもの

「美しい日本」の秋の空

2018-10-10 | やぶにらみ

美しい日本の秋の空は、アメリカが占領している!
埼玉・群馬は全て、東京・神奈川は殆ど全て、富士山の上空はアメリカが占領している。
日本の制空権がアメリカに奪われていることは薄々知っていたが、これほど屈辱的な状態とは思わなかった。

敗戦後70年。日本を取り戻すと公約したアイツはどこにいる。
外交が難しいのは承知している。だが同じ敗戦国ドイツ・イタリアは空の主権を取り戻した。

外交のアベ、と評価する人が多い。

しかし、アイツは巨額な税金をばらまき、気まぐれトランプの言いなりではないか。
親友プーチンにはからかわれ、
親分トランプには完全に見くびられ、疎遠だった習近平の下心は見え見え。
カネを貰う国々が歓迎し、北朝鮮が相手にしないのは当り前だ。

積極的平和主義を主張する(した)なら、文在寅大統領の役割をアイツが引き受ければよかったのだ。
拉致被害者を救出できず、請求書だけがアメリカから回されるだろう。

昨日9日朝「羽鳥慎一モーニングショウ」の「羽田空港新ルートの壁」特集。

関東地方の立体地図が衝撃的だった。従来の平面地図では気付かなかった占領状態である。
現状のままでは、羽田のハブ空港化はゼッタイ無理。首都圏上空は極めて危険で、経済的損失は計り知れない。
日航ジャンボ機墜落事故はアメリカ軍の攻撃、という都市伝説は本当かも。

玉川の「ネット右翼、どうする?」発言に同感。



森生はアメリカの周到さと老獪さに舌を巻き、日本側の近視眼的愚かさと弱腰にあきれ果てた。
しかし、説明者として出演した人の、

  右翼も左翼もない。国民が現状に関心を持って欲しい。
  占領はまだ続いている。

という言葉は重い。

どう思いますか?ご同輩。 えっ、知らない?
そうだろうなぁ。ここまで分かり易い説明を聞いたことがなかったもの。
心ある方は、ようつべにこの特集を投稿してください。

  加計孝太郎理事長の記者会見は、ふざけたものだった。
  多弱野党は報道を追うだけでなく、新しい真実を自ら掘り起こせ。
  アイツの攻め所は、森加計麻生だけではない。貴乃花の政界出馬を阻止しろ。

  追記・当初の記事タイトルを、長くなりますが変更しました。
     アイツの公約を確認作業中、こちらさまの記事を発見しました。併せてご覧下さい。

  181010

コメント

全員野球内閣

2018-10-04 | やぶにらみ

第4次安倍千三つ内閣は「全員野球内閣」だそうだ。
改造前の内閣は「仕事人内閣」と自称したはずだが、どれだけ後々役に立つ仕事をしたのかぇ?
ま、どんぐりばかりで、実態は村の草野球程度の内閣だろうよ。

多弱野党は「在庫一掃安売り内閣」とか「女性一人しかい内閣」とかからかっている。
自民村の元閣僚は「お友だち内閣」、天敵朝日新聞は「内向き内閣」と批判している。

だが安倍千三つにそういう雑音は聞こえない。
忖度専従役人や追従者に囲まれ、会食・会議・ゴルフ・昭恵対策に忙しく、読売新聞以外は眼中にあるまい。
仮に批判や意見を読み聞きしたところで、丁寧・説明・真摯・謙虚・反省・未来・平和などの意味を取り違えている。

ごろつき麻生・腰抜け岸田と河野が続投し、二階の化石はそのまんま。
紅濁点片山は増上慢の色が濃く、卑怯者甘利・愚か者稲田は自民党内で復活した。

  

中央官庁や大企業に不祥事が続き、大災害が頻発するのは、国の中心が腐っているからである。
では腐れを早く取り除くにはどうしたらいいのか。

答えは簡単。新内閣を歓迎し、褒め殺せ。
どんぐりたちは舞い上がり、暴言を発し、暴走するはずだ。麻生二階は妄言を総選挙まで続ける。
それでも岩盤支持層は目覚めないだろう。

ならば、千三つの悪政に関心がある人は自民党に入党しよう。
外野でガヤガヤ言うよりも、党内でイロイロ注文を付けた方が生産性が高い。

党費は年4000円だったかな?
それはご同輩の選挙区のセンセイ方に、肩代わりしてもらえばいいと思うよ。
政党助成金をたっぷり貰ってるはずだから。

  

  食べられるどんぐりの見分け方と処理方法はこちらをご覧くださいね。

  181004

コメント (2)

一面記事

2018-09-27 | やぶにらみ

26日付朝日新聞朝刊の一面記事は、貴乃花親方の退職騒動だった。
相撲よりも、一面左隅に押し込んだ「新潮45」の休刊騒動の方が、重要な問題ではないだろうか。
依怙地な貴乃花と、姑息な相撲協会のごたごたなんか放っておけばいい。

昨日のTV各局は一日中、肝が小さい大男たちのドタバタを、ああでもないこうでもない、と繰り返していた。
そんなことより、逃げ隠れてる杉田水脈議員を捕まえ、いま、どう考えているかを報道してもらいたい。


問題の「新潮45」は発行部数が激減していたそうだ。
そこで増殖した右翼におもねり、部数を増やすために杉田議員を庇った、という事情通の解説を聞いた。
そのとおりだろうと思う。

朝日新聞とTV各局は、販売部数や視聴率を稼ぐために、貴乃花の辞職引退騒動を優先している。
普段は偉そうなこと言っているが、結局「新潮45」と同じで、商売優先なのである。

180927

コメント (2)

風刺漫画を見て

2018-09-14 | やぶにらみ

大姉御セリーナ・ウィリアムズの猛烈な抗議には驚いた。
あの剣幕で噛みつかれたら、森生なんか審判席から転げ落ち、逃げ出すよ。
ちょっとやり過ぎで見苦しい。

早速、風刺漫画がオーストラリアの新聞に載り、人種差別だと話題になっている。
激怒し、地団太を踏むセリーナ・ウィリアムズです▼

森生は問題の風刺漫画を見て、人種差別だなんて思わず、巧いなぁと笑った。
非難する人は人種差別意識を持っているから、人種差別に見えるのではないだろうか。
ただ、そういわれれば人種差別かなぁ、とも感じる。

風刺漫画には、当然、毒がある。その毒がいいのだ。
画家も、セリーナの猛烈な抗議をやり過ぎと感じ、不快感を強調したのだろう。

  憧れのセリーナを打ち負かした大坂なおみ。
  可愛いし、綺麗だ。何よりも健康さと天然さがよろしい。
  寿司50貫は別にして、じじぃは大好きになった。

  

  180914

コメント (2)

権力闘争

2018-09-12 | やぶにらみ

塚原光男・千恵子夫妻が、日本体操協会から職務一時停止処分にされた。まぁ当然のこと。
処分される前に、夫妻から職務一時自粛を申し出るか、以前ちらつかせた録音テープを公開すればよかった。

夫妻はこの騒動を「権力闘争」と言う。森生もそのとおりだと思う。
スポーツマンは上昇志向、権力欲、支配欲、執着心などが異常に強いようだから。

具志堅副会長の「18歳の少女が嘘をつくはずがない」と。これ、カマトト発言ですな。
未成年でも、おじおばに負けずに嘘をつく。誰にだって覚えはあるでしょ?

パワハラ告発の連鎖は、具志堅副会長のお膝元、日体大陸上部に波及する模様だ。
果たして日本体操協会会長の椅子が廻って来るか。

  塚原・具志堅ともお爺さんだ。これからは、暇を愉しむほうがいいと思う。

  180912

コメント (2)

電源喪失

2018-09-07 | やぶにらみ

平成30年北海道胆振東部地震。
土砂崩れで9人死亡、31人安否不明、には胸が痛む。
空撮で見えてきた大規模な山崩れには唖然茫然。これでは手が付けられない。

北海道全域停電にも魂消た。
原因の説明がいろいろされているが、泊原子力発電所の全電源喪失にはゾッとさせられた。
東電福島原発事故の再来があり得たのである。

大災害の後、報道がどうしても情緒的になるのはやむを得まい。
だが、発電所の配置や原発の存続について、全国的に徹底的な検証が必要だ。

全ての火力発電所や原発が活断層上にあると見做すべきで、津波の危険がある海べりにある。

明日は何が起きるか分からない。
脆いのは日本列島だけでなく、インフラも脆弱なのである。

180907

コメント (2)

災害列島

2018-09-06 | やぶにらみ

近畿地方に甚大な暴風高潮被害が出た直後、今度は北海道に大地震だ。
次はどこかの火山の大噴火か。

日本列島はどうなってるんだろうか。

きのう今日の茹だるような蒸し暑さぐらい我慢我慢。
あれこれ御託を並べている場合ではない。

180906

コメント (2)

妄想する楽しみ

2018-09-03 | やぶにらみ

最新のTV情報では、全面反撃の塚原光男・千恵子夫妻が全面降伏である。
だが森生には何が何だかよく分からない。

雨が降ったり止んだりしていた。
そこでヒマ潰しのために、いま話題の体操村パワハラ騒動について、いろいろ調べてみた。
調査対象にした人物と組織は以下のとおりです。

  日本体操協会会長・二木永徳(82歳)
  同副会長・塚原光男(70歳)日本体育大卒・朝日生命体操クラブ 妻・千恵子(71歳)
  同副会長・具志堅幸司(61歳)日本体育大卒・現学長

  速水祐斗コーチ(35歳)日本体育大学卒
  宮川紗江選手(18歳)

  日本体育大学
  朝日生命体操クラブ
  日本体操協会

  パワハラ・セクハラ・・・サド・マゾ

  日本オリンピックパラリンピック協会会長・竹田恒和
  東京オリンピックパラリンピック競技大会会長・森喜朗
  東京都知事・小池百合子
  スポーツ庁長官・鈴木大地
  オリンピックパラリンピック担当大臣・鈴木俊一

いやぁ、タイヘンだったけど面白かった。これだけ揃えるといろんなことが見えてくる。

先輩と後輩、18歳少女のウソ。
会長の跡目争い、日体大と朝日生命の勢力争い、コーチと選手の只ならぬ関係、嫉妬・反目・告げ口・上昇志向。
弁護士稼業、乱立する第三者委員会。等々想像いや妄想かな、は膨らむばかりだ。
この騒動は、単なる暴力やパワハラ騒動ではありませんな。

  

  本当は自民党総裁選について考えた方が、大切だけれど........。
  いやぁ、面白い。

  180903

コメント

オリンピックの弊害

2018-08-31 | やぶにらみ

今度は体操むらのゴタゴタである。
宮川紗江18歳。じじぃはどうも釈然としない。オトメ心は秋の空か。
弁護士の差し金か、村の中の縄張り争いではないか。

塚原光男副会長70歳。昔、大選手だったらしいが、18乙女に告発され、随分感情的である。
先ずは軽~くいなすゆとりが欲しい。

はっきりしていることは、東京オリンピックに弊害が多いことである。

  いじめ・暴力・パワハラ・嫉妬・陰謀を誘発する。

  ほんの2週間のために、税金を湯水のように浪費し、その後の維持管理にまた税金を使う。

  運動能力だけが異常に発達した、非常識な人間を量産する。

  オリンピック以上に大切なことを、忘れさせる。

度重なる騒動をいちばん喜んでるのは、安倍官邸だろう。
事実上次の首相を決める、自民党の総裁選を報道する紙面や時間が減るからである。

  夢だ希望だレガシーだ、と東京オリンピックの支持者が多いのは、マスコミが煽るからだ。
  マスコミは目を覚ませ。サマータイムに賛成する普通の人々もね。

 

  挿絵は五味太郎卓上暦から。

  180831

コメント (4)

マラソンという迷惑

2018-08-24 | やぶにらみ

クソ熱い日に、マラソンで皇居を一周する人々がいる。
体力を浪費せず、尾畑さんのように災害地に駆け付けろ。急ぎの用なら、バスを使え。

マラソンを一人で楽しむなら構わない。
だけど集団で走るマラソンや、競技マラソンは、傍迷惑である。
交通を止め、警察官を集中させ、税金を使う。

東京オリンピックのマラソンの暑さ対策として、サマータイム制導入は、凶器の沙汰である。

  

サマータイムが健康に悪影響があることが分かった。
経済効果は逆効果と相殺しない丼勘定だったことも分かった。
先行するヨーロッパではフィンランドから廃止論が出て、EUで検討し始めた。

ゴルフが楽しめると言ってた恵MDも、どっちでも良かった長嶋一茂くんも、サマータイム反対派に変わった。
サマータイムを詳しく知れば、まともな人は反対論者になる。

  

安倍は賛成が多いという認識だが、アンケート調査方法に問題がある。
熱い盛り場で「熱さ対策としてのサマータイムに賛成か」と問われれば、つい「賛成」となる。

老害・森喜朗は、サマータイムを自分のレガシーにしたくてガマンできない。
視野狭窄なじじぃには、オリンピックのマラソンしか眼中にない。
自分が首相に選ばれた時のように、裏口から運動を始めた。

栃木県選出の船田元議員は首相の意向を忖度し、真面目な日本人には問題なく導入できる、と発信。
ネット世論の反撃にさらされた。ネットでは何故か賛成論が殆ど見当たらない。

  

猛暑に日本人の脳味噌は融け、自民のセンセイたちはヒラメになり永田町を泳ぐだけ。
安倍周辺の忖度役人が屁理屈をこね、サマータイムを導入させる恐れがある。

森生はマラソンは午前5時にスタートさせればいいと思う。全国民を巻き添えにしないでくれ。
そもそも7月開催がマチガイで、秋に延期するよう、何故IOCに働きかけないのか。

もしかすると、2年後は、記録的冷夏かもしれないけどね。

  

  挿絵は五味太郎卓上暦から。

  180824

コメント (2)

精神論の先

2018-08-09 | やぶにらみ

国営放送が東京五輪を煽るのは、当然かもしれない。
しかし、日頃から日の丸が嫌いな朝日新聞が、大政翼賛会に参加するのは、商売優先だからだと思う。
直近の朝日新聞世論調査によれば、サマータイム賛成55%、反対32%である(8月7日朝刊)。

だが文春オンラインは流石である。

  ピンチはチャンス 東京オリンピックはなぜ「太平洋戦争化」してしまうのか

と題し、森生が感じていたがうまく纏められず、書けなかった意見を発表した。
その内容をかいつまんでみます。

  

  森喜朗会長は会見で答えた。
  酷暑でもやれるという確信を持たなければならない。
  五輪関係者にとって酷暑はチャンスで、どう酷暑に打ち勝つかを試すいい機会である。

  これは典型的な「ピンチはチャンス論法」だ。
  戦時下の指導者たちも、敗色が濃くなるほど「絶好な機会だ、神機到来だ」と空手形を切り続けた。

  小池都知事は、「木陰・打ち水・よしず・浴衣・かち割り氷など総力戦で臨む」という。
  これは敗戦直前の竹槍精神そのものである。

  

  新国立競技場のエアコン設置を見送らせたのは、安倍晋三である。

  戦時下の軍人や官僚が狂っていたわけではない。
  何もかもが不足し、米英に負けることが分かっていたが、勝たなければならない。
  ではどうするか。精神論である。「日本には精神力がある・ピンチはチャンスで秘策がある」と叫ぶしかない。

  疲弊した現代日本。よりにもよって猛暑の夏。
  やらなくてもよい五輪の開催を捻じ込んだのは誰か。本当に効果的な対策は立てられるのか。

  東京五輪に過剰適応してはならない。
   「決まったことに文句を言うまい・一人一人が協力しよう」などと言ってしまえば、問題点が曖昧になる。
  五輪関係者の責任や、利権が問われなくなる。

  感動・応援の同調圧力の中で、疑念・懸念に対する問いは、続けなければならない。
  精神論とその犠牲の繰り返しは御免蒙りたい。

  

如何でですか? 本文には戦時下の事も詳しく書いてある。
是非本文をお読みください。

  余談ですが、今朝、TV朝日に日本ボクシング連盟吉森副会長が登場した。
  あまりのお粗末さに唖然とし茫然とした。この方、東大卒の弁護士だそうだが本当だろうか。
  会話能力が無さ過ぎる。非常識、感情的。山根前会長のオモシロサが皆無。
   「12時過ぎてもお早うございます」である。
  前会長にも呆れたが、副会長も酷い。こんな連中が幹部である連盟は解散させるべきだ。
  スポーツ団体の多くは、概ねこの程度ではないのだろうか。
  スポーツ村の人々が崇めるオリンピックは恐ろしい。

  ぼけ茄子の写真はこちらさまから拝借。

  180809

コメント (2)

威張る人 従う人々

2018-08-03 | やぶにらみ

日大アメフト事件が田中理事長に波及し片付かないうちに、今度はボクシング連盟山根会長である。

反乱派の暴露話は、野次馬じじぃにとって分かり易くお笑いの世界だ。
今朝、山根会長のインタビューを見たが、まるでヤクザの親分で、話し合いでは解決しないと思う。
333人の反乱派は新しい連盟を作り、現連盟から賛同する会員を引き抜いたらどうか。

諸悪の根源は巨大化したオリンピックにある。
見て見ぬ振りをしていたマスコミ。今になって尤もらしいことを言うスポーツ評論家や事情通どもも同じ穴の貉だ。
会長独裁に従っていた選手は弱虫だった。

スポーツ庁は不祥事が発覚した後、はじめて事情聴取することだけが存在理由になっている。
同様なスポーツ団体はまだまだありそうだ。

 ◀ 田中理事長と山根会長。類は友を呼ぶ証拠写真。

オリンピックの火遊びマラソンの経路が決まり、ちんけなマスコットの愚劣な愛称が決まった。
馬鹿馬鹿しい開閉会式の演出家が決まったが、その名はチーフ・エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクターだ。
マスコミはレガシーだ、レジェンドだ、東北復興だ、鎮魂だ、夢だ、希望だ、
など囃したてるばかりである。

特に東京オリンピック開催に顔をしかめる人々もかなりいるはずである。
提灯持ち記者や評論家の意見を否定する、真っ当な記者・評論家・事情通はいないのだろうか。
スポーツやオリンピックの負の側面を暴くスポーツ記者・評論家が現れてほしい。

今のままでは、弱虫を食い物にする同じような
イバリ虫が生き延びるだろう。

  

  日大田中理事長はこれほど批判されても、逃げ隠れている弱虫卑怯者だった。
  日大在校生も一向に立ち上がらない。腰抜けばかりだ。

  180803

コメント (6)

暑中マラソン

2018-07-17 | やぶにらみ

 d-newsから

東京都で一番暑いとされる練馬区は、35度だった。
気象庁の寒暖計は地上からの照り返しを防ぐために、百葉箱の中に設置してあるので、街なかの温度はもっと高い。

同時刻、某TV局のアナ君が皇居前広場で測ったら、案の定、手持ちの寒暖計は40度を示した。
アナ君の目的は、皇居を一周するマラソンランナーから取材するためである。

脳天気の一人は「これから皇居を3周する」と得意げにいう。
バカですね、あいつは。そんなクソ馬力があるなら「被災地へ駆けつけろ」と怒鳴ってやりたい。
その馬鹿に較べ、現場で汗を流すボランティアの方々の行為は尊い。

 全国社会福祉協議会サイトから。

森生は防塵マスクをし、ヘルメットを冠っただけで倒れそうだ。

好きなことを続けていた羽生・羽生君には国民栄誉賞をあげた。それはそれでいい。
だが、ボランティアは違う。

出来ることなら、できるようにして、ボランティアの方々に国民栄誉賞を差し上げてもらいたい。
団体にあげたノーベル賞の例もある。現場のパフォ-マンスで邪魔するヒマがあったら、涼しい官邸で考えろよ。

  水害の直後、東京オリンピックの聖火リレーの発表があった。
  時と場合を考えない、森喜朗河馬組織委員長による再三の愚かな行為である。

  いいオトナが、松明掲げて全国を巡るバカバカしい計画はさておき、リレーは暑いさ中に行う
  暑さ対策に、ン億円使うのか。止めろ止めろ。

  北名古屋お天気センターのサイトを最後まで読んだ。
  最近は、強制通風筒に入れた白金抵抗温度計で温度を測っているそうです。

  180717

コメント (2)

猛烈な雨のあとに

2018-07-09 | やぶにらみ

これまでに経験したことがない猛烈な豪雨が、西日本各地に甚大な被害をもたらした。
最近の気候の激しさは凄まじく、年々、対応が難しくなってきている。

報道される映像を見るたびに、われわれ日本人は危険な場所に住んでいるものだ、とつくずく思う。
崖下、急流沿い、扇状地、埋め立て地など、人が定住する適地ではなかった場所だ。

家を失った高齢者の先行きを考えると暗澹たる思いにとらわれる
もしも自分が同じような大きな災害に遇ったら........。

国土の強靭化とは、堤防を嵩上げし、コンクリで固め、新しい排水路を設ける事ではあるまい。

損壊した個々の住宅を、元の場所に立て直すのは無理ではないか。

安全な場所に強固な集合住宅を建て、家を失った人々に安価で提供し、拡がり過ぎた町を小さくまとめる必要がある。
川の流れを変えるよりも、今こそ防災と復旧方針の変更が必要なのではあるまいか。

早くから、気象庁はよくやった。
消防団も行政も、警察も自衛隊も、頑張っていると思う。

一昨日の夜、水害を伝えるTVを見ている時、またもや千葉県沖を震源とする震度5弱の地震が発生した。
関東地方は、今回の豪雨禍は幸運にも免れたが、大きな災厄が近付いているようで不気味である。

現実から目を逸らし、サッカーに熱狂し、オリンピックに期待し、株価の上昇を喜ぶ日本人である。
古臭い考え方だが、もっと酷い天罰が下りそうな気がしてならない。

亡くなられた方々のご冥福を祈ると共に、被害者の方々にお見舞い申し上げます。

180709

コメント

良心の呵責

2018-06-29 | やぶにらみ

国会の党首討論で、岡田克也が安倍首相に対し、

  良心の呵責を感じないのか

と質問したが、安倍は答えなかった。
そりゃそうだ。「云々」も「未曾有」も読めない安倍や麻生に、難しい言葉は通じない。
そもそも野党に対する「良心」なぞあるはずがない。

新聞を読まず、追従する連中に囲まれ、高価なバーで飲み食いし、ゴルフ三昧では、批判する声は耳に入らない。

前回の党首討論で、全く噛み合わなかった枝野幸男は「党首討論の使命が終わった」と言った。
今回の党首討論では安倍が「党首討論の歴史的使命が終わった」と枝野の発言をなぞった。

国民の民度が低いので、支持率は下げ止まりし、最近は持ち直しているらしい。
野党は完全に舐められている。使い古した正攻法では手が付けられまい。

もう一度、73年前まで堕ちないと済まないようだ。

  過去記事「新・戦争論」をご覧ください。
  佐藤勝と池上彰が話していたことが、現実になってきた。

180629

コメント