林 住 記

寝言うわごと独り言 のようなもの

水やり

2012-08-31 | 親方ひとり

雨がちっとも降らない。
晴れるのも程度の問題で、これでは「良い天気」とは言えない。

このバカ天気では、鉢植えの植物は、日に2回水遣りをしないと枯れてしまう。
地植えの植物も、根が浅い皐月や躑躅、それに水を欲しがる紫陽花などは葉の色が変わり縮れてきた。

良い気候のころは、一日一回、朝の水遣りが楽しみだった。
だが、朝は蜘蛛の巣に顔を突っ込み、夕方は薮蚊の編隊に囲まれ、水遣りは苦役になり、親方を廃業したくなる。

今朝は、「ところにより雷雨」とか、「局地的に激しい雨」とか、いい加減な天気予報に儚い期待を抱かされた。
しかし午後になって少し雲が出ただけで、今日も西日がジリジリと町を焼いている。

・・・ ときにより過ぐれば民のなげきなり 八大龍王雨降らせたまへ ・・・

数年前から、ホームセンターで売っている簾は全て中国製になった。
当然、歪んだり、そっくり返ったり、ささくれたりと粗悪品ばかり。ニッポンの夏が危ない。                                                  

120831

コメント (5)

ポカリ空っぽ

2012-08-30 | 林住期

身体にいいはずがない。
家の中でごろごろしながら、アイスバー2本、シャーベット1個、カキ氷1個を食い、ポカリスウェットを1本飲んだ。
この4日間、毎日体重が2~500gずつ増え続き、そろそろ69kの大台に達する。

夏痩せせずに体重が増えるのは健康のシルシではない。単なる水膨れである。
それなのに、アタマは水切れ、
空っぽだぁ。
もちろん、書くこと、ありません

120830

コメント

前立腺について

2012-08-29 | 病院巡り

                                                       

前立腺肥大症の治療についての講演会に出かけた。
まるひろ百貨店飯能店の会場は満席。予約した受講者のほとんど全てがおじぃ。
普段着で出かけたが、じぃさんたちの身なりがいいので驚いた。

埼玉医大国際医療センター泌尿器腫瘍科上野宗久教授の講演はかなり露骨で面白く、うとうとする暇はなかった。
へぇ~、そうだったの!という新知識が随分あったけれど覚えておらず、ここではお伝えできません。

でもね、一ヶ月もすれば、突然思い出すと思う。
それはその時のことにして、今日は会場で配られた自己診断表をご覧下さい。

    

うーん、そうか、ヤバイな。中等度な症状に該当だな。
で、ご同輩は如何でしょうか?

前立腺肥大を診断する方法は、昔は医者が肛門に指を突っ込むいわゆる触診という乱暴なものだった。
突然のことにのけ反り、もう懲り懲りで、あの時以来、健康診断では断って断って、ん十年経つ。

ところが最近はエコー検査で済むという。ついでの血液検査では前立腺癌が簡単に発見できるとか。
それならやはり診てもらおうかな、と新しい悩みを抱え込むことになった。

最後に質疑応答の時間になった。
先生は「個人的な医療相談ではないからね」と言ったのに、質問したじじぃは延々と個人的医療相談をする。
二人目のじじぃも同じく、何が何だかよく分からない回りくどい個人的医療相談だった。

一般的に、無料の医療関連講演会での質疑応答は、初期認知症診断に役立つようだ。

 

なお質問は申込み時に受け付けていたので、「のこぎりやし」の効き目について質問しておいた。
先生の講演会での回答は「よく効きます」とあっさりしたもので拍子抜け。

でも、よく考えてみれば講演会の主催者は「旭化成ファーマ」という製薬会社で、飯能地区医師会が後援だった。
先生としては、サプリメントの効き目について、これ以上は言えないよね。

挿絵と表は会場で配布されたパンフから。

120829

コメント (2)

マックであれこれ考えた

2012-08-28 | 林住期

高麗川駅前のスーパー百貨店のマックに、珍しく照り焼きバーガーセットがあった。
ここのマックは厨房が狭く欠品だらけなので、ドナルドは付けてやらない。

注文した照り焼きバーガーを受け取り、空席を探したが満席である。この店の客は総じて長っ尻なのだ。
人がいないテーブルは幾つかあるが、椅子に荷物が置いてあり、買物に行っているらしい。のんびりしたものである。

しばらく立ちん棒のまま待っていたが、なかなか席が空かない。
仕方がないのでカウンターに戻り、トレイをレジカウンターに置き、立ったまま照り焼きバーガーを食い始めた。
マニュアル嬢は慌てたようだ。

  あのぅお客さま、こっちではなくあっちのお席でお食べれください。

  (ムッ!) あんたナニ言ってんの、空席なんかどこにも無いじゃないか。
  空席がなければ、ガツガツ売るなっ、て言うのっ。

  .......申し訳ありまっせん。(ふんっ、クソじじぃめ)

大声の遣り取りを聞いていた子連れママが、

  あの、席、空きましたからどうぞ。

  ...... ども、ども、ありがとうございます、ども。

そうしたら、店員、行列に向かって何て言ったと思う?

  お客さまにお願いしまーす。席を確保してからご注文をお願いしま~す。

だってさ。席を確保するのはテメエだろうが。
普段使っているマニュアル語は早口で聞き取れないが、やけにハッキリ言った。明らかに嫌がらせであるな。

一昔前の森生なら、ここで立ち上がってガツンと言い返してやるところだった。
しかしそうはしなかった。口の周りをくわんくわんにしながら照り焼きバーガーを頬張ってた。
そうだよ、そのとおりでもあるよな、と考えながら。

人は年をとると気が短くなる、という人が39%いる。
いや、円満になる、という人は61%もいる。

それでは森生は短気になったのか、円満になったのか。......どうも、よく分かりませんね。

森生は百近くになって、ようやく人からどう見られるかが気にならなくなった。また、エライ人もいなくなったと思う。
ここまでは確かに自覚している。

円満になるということは、呆けるということではないかと思う。

 

ところで、なりたいお年寄りのタイプは?という朝日新聞の調査。
短気だがこだわりの「頑固じじい」32%、呑気で何事も気にしない「好々爺」68%だった由。
好々爺になんかなりたくないね、ふんっ。

なおアンケートは朝日新聞8月18日(土)be版にありますが、「暴走老人」や「ご老人は謎だらけ」等も勉強になります。
「林住記」にも一度書いた記憶がありますが。

120828 

コメント (2)

さるすべり・百日紅

2012-08-27 | 高麗便り

日高市役所と巨大なセメント工場の北側に、通行量が少なく、市内でいちばん立派な道路がある。
いま、街路樹にしたさるすべり(百日紅)が満開になった。

炎天下、歩く人は誰もいない。いつも、誰もいない道。
デヴィ夫人東国原氏が出稼ぎに来た巨大パチンコパーラーや蕎麦屋に行く人なら知っている百日紅並木である。

道路が終わりかけたところ、ざわわな夏草の中に、知る人ぞ知る蕎麦屋「百日紅」はある。
この店は昼飯時は混んでいて、なかなか蕎麦にありつけない。

もの凄い蒸し暑さに堪らず、車を出して満開の百日紅並木を撮りに行ったら、百日紅は開店直後だった。
幸い駐車場に空きがあったので早い昼飯に。

十割蕎麦(800円)は、野暮な森生には、前歯で噛み切らないと喉を通らない腰の強さだ。
蕎麦つゆは好みの味だった。

だが、薬味は長葱と大根おろし。実は山葵の方が好きである。
また、漆塗りの箸を使っているが、蕎麦が滑りやすく、間伐材有効利用のためにも、割り箸にしていただきたい。

蕎麦屋としての外観はかなり侘しい。けれど蕎麦は優れている。
店内は外観より趣味が良く、年嵩な店員には愛嬌があり、お薦めできる蕎麦屋です。

この道路の交通量が少ないのは、直ぐ途切れて隣接する坂戸市に繋がっていないため。
噂では某市議がいち早く計画を察知し土地を安く取得。その後の用地取得交渉が、値段が折り合わず行き詰まっているためとか。
沿道は肥沃な畑地だったが、資材置き場や開発待ちの草地が増えています。

120827

コメント

暑くても詰襟

2012-08-25 | 重箱の隅

西日と、背広にノーネクタイという服装が嫌いである。
日本の夏は熱帯以上の熱さなのでノーネクタイは一向に構わない。
未練がましく、
背広を着用しているのが嫌いなのだ。

経験者は誰でも知っているとおり、真夏はネクタイよりも背広が暑苦しいのである。
背広を脱がずネクタイだけ外している議員先生、財界人、役人、アナを見ると、何てだらしない服装だろうと感じる。
背広をどうしても脱ぎたくないなら、やせ我慢してでもネクタイをきちんと締めろ、と叱咤したくなる。

白か単色の開襟シャツや沖縄の人たちのかりゆしウエアは、素晴しい夏の服装である。
ポロシャツだって無地なら、少しくだけたクールビズになると思う。

先に挙げた連中が、猛暑でもゼッタイに背広を脱がず、ノーネクタイでお茶を濁しているのは、連中の職場の冷房が効き過ぎているからに違いない。省エネは世を欺く単なるスローガンで、実は寒いのである。
ウソだと思ったら猫額亭へ来てごらん。パンツ一丁でも暑いから。

最近気付いたことだが、格別に暑苦しいセンセイがいた。国交相である羽田雄一郎センセイである。
背広だって暑苦しいのに、何を気取っているのか、それとも勘違いしたのか、半袖詰襟黒色人民服姿である▲
この奇観、見ている方が恥ずかしい。

センセイの父親羽田孜センセイも、大昔、大平首相と共に、こんなキテレツな格好をしていた。
雄一郎坊ちゃまはそれを見習っているのである。

しかし同じ孝行息子でも、金さんちのお坊ちゃまの方が少し賢そうだね。 そうだ! 脇を刈り上げたらいいかもよ。
ピーコさんのご意見をお聞きしたいものです。

それにしても、襟を開かなくては首が回らない。
尖閣諸島を守れるはずがないわ。

120825

コメント (6)

天を仰ぐ

2012-08-24 | 高麗便り

ふぅ...........。
毎日、へばっております。

埼玉県熊谷市の予想最高気温は、毎日、37度とか38度だ
同じ埼玉県民としては到底出歩くわけにはゆかないわな。
その結果、林住記はますます話題が枯渇する。他人の悪口が多くなる。

で、今朝も焼けた屋根に区切られた狭い天を仰ぐ。
ギンギンギラギラな日射しを遮る雲はない。

毎朝、お喋り局アナと涼しげな気象予報士は喋々喃々だ。

   「大気の状態は極めて不安定」、「山沿いでは局地的に大雨」、

と喜び合う。
ウソつくなっ。高麗の里だって山沿いだっ。
ゼンゼン雨が降らないぞ。

ふぅ............。

 

むくげの花は韓国の国花であります。
なでしこなんか町内で見たことはないけれど、むくげは盛んに咲いておりますな。

120824

コメント (2)

じいさんたちは夏休み

2012-08-23 | 高麗便り

植木班は、日高市シルバー人材センターにとって稼ぎ頭のはずである。
だがこの暑さだ。熱中症対策として夏休み中のようだ。

        

        周りの木立で、つくつく法師が騒がしい。
        これが鳴き始めると、なんだか追いかけられてるようで...........。

        120824B

コメント

大広間 冷えてます

2012-08-23 | 高麗便り

総合福祉センター「高麗の郷」は、多目的ホール、デイサービス室、それに知的障碍者支援室がある堂々の施設だ。
和風個室、電磁波寝椅子室、坪庭付き浴場、新聞閲覧場、お茶飲み場、ビリヤードルーム、その他も色々ある。
寝そべったり、高校野球観戦中のじじぃが3人しかいなかった大広間ほか、全館はしっかり冷えてます。




普段は地元のじじばばで賑わっているのに、猛烈に暑いこの日は閑散としていた。
地元の住民は木立に囲まれ、風が通り抜ける広い家に住んでるからだろう。



でもこれでは宝の持ち腐れ。この酷暑だ、ゲートボールは無理にしても、もっと利用しようね。
特に、ごちゃごちゃと暑い団地に住んでる流民じぃさんたちは。

食堂の今日の日替わり定食は「鰻の蒲焼ランチ」600円也。蒲焼の味はするけれど、何かが多く何かが足りない。
とは言いながら、今どき
600円の蒲焼に注文を付けるなんて無理難題。むしろ営業努力に感謝しよう。

館内は空間が広いわりに、椅子が少ないようだ。
別棟に、近隣市町村でいちばん立派なシルバー人材センターがありますが.......。
(次に続きます)

120823A

コメント

雷雨とふたり

2012-08-22 | うわごと

待ち遠しいもの。  雷雨。

さっさと消えて欲しいもの。  太平洋高気圧と、暑苦しいこの二人。
ちっともサワやかじゃないノダ。

120822 

コメント (2)

すいか

2012-08-21 | 知ったかぶり

若かった頃は、出されたら西瓜の半分くらい食えただろうが、今では四分の一だって持て余す。

扇形に切った西瓜は、出っ歯じゃないので頬がえとべとになる。
また、ナマゴミを少なくしたいので、近頃はカット西瓜なるものを食しておりまする。

少年の頃、黒いタネは縁側から庭に向かって、ペッ、ペッと吹き飛ばしたものだ。
それが今では箸でチマチマ除けるのである。
........情けないものです。

西瓜はナマ食がいちばんと思っていたら「西瓜のスープ」なんていう料理がありました。
以下にレシピを転記しますね。

    

    【材料】4人分

    すいか・・・430g(中玉で約1/8個分くらい)

    梅干の果肉(塩と赤紫蘇だけで漬けたもの)・・・25~30g(大粒約1つ)

    【作り方】

    1.西瓜は皮を切り落とし、薄く切り、タネを取り除く。

    2.1と梅干をミキサーで滑らかにする。

    3.2を予め冷やしておいた器に入れ、食べやすい大きさに切った西瓜(分量外)を添える。

なお、西瓜と梅干の分量を変えるとサラダになります、そうです。

    1.食べやすい大きさに切った西瓜を冷やしておいた器に盛る。

    2.皮を切り落とした西瓜150gと、タネを除いた梅干75gをミキサーで滑らかにし、1の上からかける。

それから、西瓜の皮は漬物になります。作り方は「クックパッド」をどうぞ。

以上3品とも、料理とも言えない簡単なしろものである。
スープとサラダは超人気フレンチレストラン主人、兼子大輔さんのレシピだが、完成品がいかにもみみっちい。

西瓜は扇型に切ったものに、塩を振りかけ、なりふり構わずがぶり付くのが、やっぱりいちばんだ。
タネは、ペッペッ、とね。

西瓜の皮の漬物は何度か頂きました。前身を知ってるだけに、廃物利用のようで「どうも......」でした。
だから。赤い果肉部分をキレイに取り除いた方がスキです。

写真はクックパッドから、よしこ姐さんの一品です。ごちそうさま。

120821

コメント

美しい夕暮れ

2012-08-20 | 歌の翼に

・・ 座せばすぐ居眠りつづく残暑かな ・・
                                ..........浅井青陽子

居眠りは残暑の所為だけではない。永年の勤続疲労の所為もある。

父が逝った年齢まであと2年になった。
ただ、父ほど偏食がないし、父よりは動いているので、あと少なくとも10年は生きられると思う。多分.....。

どちらにしても、もうすぐ永遠の眠りにつくというのに、毎日宵の口まで居眠りするとはもったいないことである。

夕方の空を仰ぎ見たい。秋の気配を探してみたい。

もう少し涼しければ散歩に出るのだけれど、ちっとも涼しくならない。

暑さにうな垂れた紫陽花に水をやろうと、夕暮れの庭に出れば、薮蚊どもの猛攻にさらされ退却する。

ドビュッシー作曲「美しい夕暮れ」の風景

は一体全体いつになったら訪れるのだろうか。

俳句は「季語別俳句歳時記・残暑」から。

120820

コメント

逃げ腰 腰抜け 強制送還

2012-08-19 | やぶにらみ

政府は尖閣諸島の魚釣島に上陸したごろつき14名を一旦逮捕し、すぐ強制送還した
中国人なら、警官に煉瓦を投げても、ボロ船をぶつけても無罪なのである。「法律に則って粛々と」とはお笑いだ。
強制送還というと勇ましく聞こえるが、ごろつき中国にとっては屁でもないいその場しのぎの処置である。

そもそもごろつき共は、とにかく上陸すれば目的を達成したのである。出稼ぎが目的なら強制送還は効果的なお仕置きかもしれない。
しかし中国から即時無条件釈放を要求されていた。
強制送還では中国政府の要求に日本は屈したと無知なジンミンは受け取る。
それは14人の英雄を生み出すことに野田が協力したことになるノダ。

野田は小泉のやり方を真似たらしいが、あの時とは全く情況が全く異なっているノダ。
こういうことが起きることは分かりきっていながら、野田民主党は何も準備していなかった。
TVを見ていれば、野田は「縮縮として」、弱腰というより逃げ腰であり、腰抜けであり卑怯者である。

海上保安庁や警察は魚釣島でごろつき共をお出迎えした。なんというバカバカしいことだろうか。
かれらを領海内に入れたことが先ず失敗で、上陸させたことは大失策である。
TVカメラ類は没収すべきだった。海に投げ込み、知らぬ存ぜぬで押し通せばよかった。
移送の際、ごろつきは後ろ手に縛り上げ、猿轡を噛ますか、青シートを被せ、デカイ態度を封じ篭めるべきだった。

今後は海上保安庁巡視船を砕氷船なみに改造し、領海に侵入したら直ちに侵略船を取り囲み、ごろつき船を衝突させ、自沈させてしまおう。お情けで、アップアップしている連中を救助してやってもいい。
または威嚇弾を連射して立ち往生させれば済む。

今回はごろつきが乗って来たボロ漁船を拿捕して那覇まで曳航した。
強制送還するなら、船底に細工をし、そのボロ漁船にごろつき共を乗せて台風の海へ叩き出し、沈没させてやろう。
飛行機で還した連中の移送費用を税金で賄うなどとはとんでもない話である。

領土問題は実効支配が大切と分かっていながら、中国に気を使い、何も対策をとっていなかった野田民主党。
官邸内で「未来志向」「友好関係を損なわない」などと阿呆陀羅経を唱えて首を竦めているだけなら、泥鰌より劣る。
唯一の目的である増税法案を成立させたのだから、野田と民主党はお払い箱にしよう。

野田が今直ぐしなければならないことは以下のとおりと考える。

   ・さっさと尖閣に野田自身が上陸すること。案山子や日の丸を立てるよりはましかもしれない。

   ・ヘリポートや灯台を突貫工事で設置し、自衛隊を常駐させること。

   ・侵略船に衝突させるために、海上保安庁の巡視船に砕氷船なみの装甲を施すこと。

   ・日本人の上陸を許可すること。しかし中国人の上陸は絶対阻止すること。

   ・フィリピンやベトナムと手を組み、中国の横暴を全世界に訴えること。

   ・今後も付き合いはやむを得ないが、中国の言う「未来志向」「中日友好」に騙されないこと。

ところで、民主党の国会議員たちは「地元で英気を養ってる」のかね? それとも靖国参拝かな? 
海上保安庁と警察の親玉である羽田国交相と松原国家公安委員長は、野田の靖国不参拝方針を無視して役所を抜け出し、「私的に」靖国神社へ出かけていたである。

     

実は中華思想に凝り固まった赤い貴族や、愚かなジンミンたちにはそれほど腹は立ちません。
普段からなりふり構わず自分の都合を押し通し、チベットやモンゴルやベトナムを侵略しているのだからね。
それよりも、こうなることが分かっていながら増税と保身に汲々として、なんら対策を立てない野田一派に猛烈に怒っております

今のところ、自民党・石破の「強制送還とは何事だ、公務執行妨害罪を犯してるじゃないか、これでも法治国家か」とする発言に同感。
しかし、その後をどうするのか?文句だけなら森生と同じ床屋政談 続けて質問しないマスコミは怠慢

明治時代、日本に併合された当時の朝鮮・李王朝と、現在の日本はそっくりなのではないだろうか。
クワバラクワバラであります

 

120819

コメント

不法入国

2012-08-17 | やぶにらみ

韓流俳優ソン・イルクグと歌手のキム・ジャンフンが竹島に上陸したそうだ。
竹島が日本領である以上、日本にとって二人は不法入国者であり、犯罪者である。

二人は日本でも人気があるそうだが、まさか二人が出演するドラマや歌番組を放送しないだろうな。

イ・ヨンバクを含めて3人には逮捕状を出し、日本本土に侵入した場合は即逮捕しよう。
少なくとも謝罪しない限り、3人の入国は無期限で差し止めよう。

小さなことのようだが、あの何かと尖がる劣等感に囚われた国にはそういうケジメの積み重ねが必要だと思う。
韓中と友好関係を築くという幻想は最早捨て去るべきでしょうね。

隣国なので付き合わざるをえないが、泥棒には泥棒の付き合い方がある。

「理解できない、遺憾です」だけの野田。実効支配を示すために、何故、尖閣へ飛んでゆかないのか。
あんたのバカはよく分かったし、首相の座に居続けることが遺憾なんだよ。

BS日テレとBSジャパンは、ソンが主演したドラマの放送を見合わせるそうです。

領土問題に関してはますます品格を欠いてくる森生です。

120817B

コメント (4)

終戦 なぜもっと早く

2012-08-17 | やぶにらみ

NHK特別番組「終戦 なぜもっと早く決められなかったのか」を見た。
当時の国家指導者たちの無責任な言動は、福島第一原発の事故とその後の大飯原発再稼動へと重なる。
いや、尖閣諸島や竹島騒動にも、身近では森生が勤めていた会社の崩壊にも重なる。

国家でも学校でも会社でも、エライ人たちの自覚の無さと無為無策は目を覆うばかりだ。
松下政経塾? あんなもの糞食らえだ。

われわれ日本人は反省し、責任を追及することがない。一億総懺悔と称し、責任を曖昧にする。
その結果、同じ過ちを何度でも犯すことになる。

「敗戦」を「終戦」という言葉に置き換えた人が語っていた。
敗戦では当時の日本人には受け入れられなかったろう、終戦はウソです、と。

なでしこジャパン絶叫放送や凱旋帰国は何度も何度も繰り返し放送し、年末にまた繰り返すのだろう。
しかしこういう番組こそ、何度も再放送してもらいたい。

120817A

コメント