林 住 記

寝言うわごと独り言 のようなもの

頑張って里歩き

2018-10-31 | 高麗便り

天気がいいので、秋を探しに高麗本郷・日向和田・清流・高岡の里をぶらぶら歩いた。ふぅ。
坂を下り坂を越え40分ほどかかるここらへんが、本物の高麗の里であります。



里の秋はまだ始まったばかり。4~5日早かったかな。
陽だまりの里は、新住民用北向の団地より秋が遅いようだ。頑張って欲しい。

清流にある小さな喫茶店で、先客のおばばさまと親しくなりましたよ。
おばばさまは85歳。近くで独り住まいとか。あぁ、あのお屋敷なら知っている。

美味いけど、森生は持て余したスパゲッティを、ぺろりと平らげたお姉さまの凄い食欲。
別れ際に「遊びに来なさいよ、ネ」だって。



まぁ、いいじゃないスか、そういうお誘いがあっても。人間だもの。うふふ
.......................なにかモンダイありますか?

 夜、歯医者の予約を思い出した。カレーンダーに「入歯型とり10時」と書いてある。
どうも時間・対人関係認知機能が、衰えて来たようだな。頑張らなくちゃ

181031

コメント (2)

ハロウィンは万愚祭

2018-10-30 | 知ったかぶり

ハロウィーンを前に、渋谷は仮装したバカモノたちで大騒動らしい。
ソフト警備は生ぬるい。浮かれアタマに水をぶっかけろ。ゾンビ・
魑魅魍魎は片っ端からブタ箱にぶち込め。
朝になったら街角清掃強制労働の罰だ。

エイプリル・フールは万愚節と意訳するそうだが、直訳で四月馬鹿がいいと思う。
ハロウィーンは万聖節ではなく万愚祭とし、日本語で表記しよう。

  

カタカナ語が矢鱈に多く、適切な日本語を思い出せなくなった。
例えば、グッズ・トラブル・コーナー・アイテム・サービス・ウィンウィン・・・等々である。
そしてハートもその一つ。

手許の電子辞書では、ハートは心臓・心または思いやり・心臓を赤で型どったトランプのカードの一つ。
ハート形は、心臓を型どった形、と回答するが、これでは少し物足りない。
そこでネットを探した結果、判明しました。

  ハートは「猪目・いのめ」であります。猪目は猪の目の形、だそうだがそうかなぁ。

  

  画像は、いずれもグーグル画像検索から拝借。
  猪目は、神社仏閣で見つかるようです。

  181030

コメント (4)

戦場のカメラマン

2018-10-29 | 重箱の隅

駿河台大学の「駿輝祭」で、戦場カメラマンこと渡部陽一の講演会があった。
森生はこの人を知らなかったが、大変な人気で広い講堂は満席。壁際で立って聞く人も多かった。

講演の内容は、普段からよく聞く人類愛に溢れた話で、特に新味はなかった。
ただ、なるほどなぁ、と感じたことがある。

それは紛争地帯に入る際、必ず守ることである。

  案内・通訳・警護をする3人を同伴し、単独行動はしない。
  必ず取材行動予定を当該国政府に提出し、取材許可証を受け取る。
  先ず紛争地域の住民感情を十分観察し、住民と親しくなった後に取材を始める。
  そして引き返す勇気を持つ。

等々だった。それでも生命の危険に晒されたことがあるそうだ。

講演は大変分かり易かった。
ただし、歌うように間延びした話し方と、舞台狭しと動き回る動作が、余りにも大袈裟で見苦しかった。
今日の聴衆は小学生並み、と見做されたようで不愉快だった。

聴衆は講師の「名調子」に聞き惚れていたようだが、へそ曲がりじじぃは草臥れてしまった。
途中退席する人が何人もいたのは、同じように感じた人かもしれない。

質問歓迎と煽っていながら、3人しか受け付けなかった。

  

  最近、シリアで反政府勢力に拘束されれていたフリージャーナリストが、開放され帰国した。
   マスコミは英雄凱旋のように報道するが、彼の取材活動の実態はどんなものだったのだろうか。
   自己責任論で彼を非難するつもりはないが、そこが気になるところだ。

  181029

コメント (2)

遊行期

2018-10-26 | 林住期

80の坂を越したら、誰憚ることない遊行期である。
林住期は2年前に卒業したのだ。記事がない時はがんばらず素直に休もう。

幣ブログ「林住記」は原則土日と祝日は記事の更新をしないことにしてきた
最近、休日でも記事を更新するのは、他にすることがあるのに、しないからであります。

突然、秋らしい日が続き、掃除洗濯草毟り。
布団の入れ替えほかご町内のパトロール。あれもこれもとやり過ぎた。
急な下り坂は、上り坂と同じように草臥れる。

今週は今日でお終い。明日から2連休します。

休み明けから、ブログを「遊行記」に改題しようかなと思う。
そして、猫やスイーツの写真を沢山載せれば、アクセス数がぐんと増えるかも。

  いやいや、ランキングなんか卒業したはずだった。

  
  
林住期と遊行期についてはこちらをお読みください。

  挿絵は五味太郎卓上暦から。

  181026

コメント (2)

小さく紅葉狩り

2018-10-25 | 林住期

本当の秋がきて、朝晩は冷え込む。
あちらこちらから紅葉の便りが聞こえてくる。
だが、わが団地は、し~ん。

人並みに、出かけようと思わないでもないが、先立つものも、気力もない。
とりあえずあるのはその日その日の時間ばっかり。残り時間がたっぷりあるとは言えないが..........。
それに、だぁれも誘ってくれないし。

紅葉の紅葉が紅葉ばかりではないと思う。
そこで、わが猫額亭の雪柳の紅葉を、しみじみと眺めておりました。

  秋深し隣はどこへ行ったやら
                 ........ 森生

   181025

コメント (2)

蚕と繭玉

2018-10-24 | 知ったかぶり

わが埼玉県の西部・秩父地方には、養蚕農家が8軒残っており、18日今年最後の出荷があった。
出荷時期は春・夏・晩秋・晩々秋蚕期と年4回あり、夏期は猛暑で生産量が落ちたが、最後は「いい出来」だった。
出荷先は長野県の製糸会社。年間売上高は計約3000万円。後継者難が深刻とか。

毎年12月の「秩父夜祭」は絹の大市の余興行事が発祥といわれ、別名「お蚕祭り」とも言われる由。

  ○○○

皇后陛下は蚕の世話をしている。品種は純国産希少種「小石丸」。
小石丸が作った絹は正倉院古代裂の復元や、国賓への贈り物に使われる。

代替わりに伴い皇室伝統の養蚕は、皇太子妃殿下が引き継がれることになった。
妃殿下はご幼少の頃から虫が大好きなので「蚕も喜んで」と報道された。妃殿下は虫愛ずる姫君だった!

  ○○○

日本語の数詞は難しい。兎は1羽、箪笥は2棹、お箸は3膳、刀は4振、蟹は5杯........そして遺骨は柱。
初歩的な数詞は、なぎら健壱が歌う「いっぽんでもにんじん」で勉強しよう。

ところで、繭玉を作る蚕の数え方をご存じですか? 1匹・2匹・3匹......。ブーです。
正解は1頭・2頭・3頭......でした。これは本当だからね。

  ○○○

  繭玉は? ご自分で調べて下さいね。

  181024

コメント

女子駅伝

2018-10-23 | 重箱の隅

見てはいけないものを見てしまった感じがする。
よろよろ走ってきた選手が折り返し点を間違え逆走し、道路脇の叢に倒れ込んだ。脱水症らしい。
膝小僧を擦りむきながら道路を這い、襷を渡そうとする選手。足を骨折したらしい。

わが子のため、家族のため、誰かを助けるためなら理解できるガンバリだが、たかが駅伝ではないか。
衰弱し、怪我をした選手を何がなんでも走らせる監督や主催者はマゾのようだ。
朝からTVの出演者は称賛しているが、とんでもないことである。

一個人として、カラダを鍛えるためのマラソンはいい。どうぞご自由にやってください。
だが、競技マラソンとなると、どうもいけません。
組織が出しゃばり、順位や地位・役職・団結が目的になる。カネも絡んでいるんだろう。

全てがオリンピックのためだ。

そもそも、一時的とはいえ公道を占拠し、交通を遮断するのがおかしい。
急用でもないのに、そんなに急いで走る必要はない。
よんどころない急用なら、タクシーがある。


大会の名前が「福岡プリンセス駅伝」だ。
プリンセスが半裸で道路を駆けるかよ。
笑っちゃうね。

  

  痛ましい2選手をどうしても見たい方は、こちらをどうぞ。

  181023

コメント (2)

今日もいい天気

2018-10-22 | 高麗便り

昨日は、この秋一番の天気だった。
天高く、林住記なんかを書いてる場合じゃなかった。

今日も快晴だ。
ブログなんか放り出して、外へ出よう。

では、また。

181022

コメント (2)

来てよし 帰ってよし

2018-10-19 | 林住期

都内に引っ越していったお隣の姫が、王子たちを見せにやってきてくれた。
嬉しかった。やきもきしていたのが通じたんだと思う。

この春、幼稚園に入った王子は背丈も舌も伸び、ちゃんとした会話ができるようになった。
8カ月の王子は、プルンとした肌が美味しそうで、目に入れるより食べてしまいたい。

昨夜突然電話があり、大童で室内を片付けたが、王子たちの行動力は想定外だった。

幼稚園王子はソファの下に潜り込み、ルンバに変身し、ひと働き。
赤ちゃん王子は座卓に摑まり立ちし、扇風機のコードを引っ張り寄せ、だっこをすればそり返る。

そんなこんなで2時間ほど猫額亭に滞在。
目が離せず、じじぃはくたくたに。姫ママは平気。

お土産には、買ったまま使わなかった24色組色鉛筆・大山土産の独楽たち・スヌーピー小皿などなどを持たせた。
お兄ちゃん王子は「じゃぁねぇ~」と叫びながら上機嫌で帰って行った。

  来て良し、帰って良し。ふぅ。

  

  お兄ちゃんの2年前の写真はこちらをどうぞ。

  181019

コメント (2)

別名コキア

2018-10-18 | 親方ひとり

台風で傾いた箒草(ほうきぐさ)が、赤く色づいてきた。
天声人語は「コキアの別名は箒草」と書いている(10月8日)が、コキアが別名で箒草が本名である。

ジニアは百日草、ホスタはぎぼうし、ハイドランジアは紫陽花、マムは菊、が本名だ。

すべてがカタカナ・ファーストのジャパンになった。
植物の名前は、形状や性質が分かる漢字にふりがながにしてもらいたい。
例えばファレノプシスより、胡蝶蘭(こちょうらん)の方が分かり易く覚えやすいでしょ?
カタカナでは単なる記号に過ぎず、覚えられないよ。

  

  箒草は枯れた後、紐で縛り、庭箒にした。
  実を塩漬けにしたのが秋田名物「とんぶり」で、畑のキャビアだそうだが、食べたことがない。
  利尿・強壮効果もあるらしい。お求めはこちらにどうぞ。

  コスモスは秋桜(あきざくら)、ダリアは天竺牡丹(てんじくぼたん)だけれど、このままでいいよ。

  181018

コメント (2)

時は妙薬

2018-10-17 | 歌の翼に

小学校の同窓会があった。
桃組生徒は5~60人はいたが、集まった人はわずか8人だった。

昔話が弾んだけれど、知らなかったか、覚えていないことが多かった。
同い年のじじばばが羨ましい。

年月が経つと、口惜しかったこと、悲しかったこと、恥ずかしかったことなど、負の記憶が和らげられる。
いや、むしろ懐かしくなっていることが多い。

時間は全てを美化してくれるようだ。解決できなかったことが自然に解決するか、消滅している。

まさに「時は妙薬」だと思う。
月旅行の記事ででFiy me to the Moonを探し出した時、ようつべ一覧にドリス・デイの歌があった。
老いてなお、老いたからこその、しみじみとした名歌名唱です。

  追 憶 The Way We were

  寂聴尼によると、京都では「日にち薬」というそうです。

  101017

コメント (4)

透明人間

2018-10-16 | 林住期

夕方、前歯の架橋工事がある能力で、昼飯はシッカリ食うつもりだった。

そこで、病院最上階にある三ツ星レストランへ行った。
職員たちの昼食時間を過ぎてたので空いていた。

チキンパイ風ランチが本日の定食で、他にシッカリしたものはない。

おばばに注文したが、持参した新聞3枚を読んでも、ランチは届かないかった。
職員はセルフサービスである。それで一向に差支えないが、じじぃには届けてくれることになっている。
よろけてトレイごとおんまけたら、後始末が大変だからそうしてるのにちがいない。

........後から来た人にはランチが出てる。だんだん空いた腹が立ってきた。
しかし大声を発し、おばばにペコペコされるのは恰好が悪い。
お茶だけ飲み食堂におさらばした。

  次に1階音入れでお茶を放水。森生は入口と出口が直結している。

  手洗場で手をかざしても水が出ない。
  ドライヤーで手をかざしても普通の空気さえ出なかった。

  じじぃは薄い影さえ消え、透明人間になった。

  181016

コメント (2)

いろいろな月旅行

2018-10-15 | 歌の翼に

 

衣料品通販サイトZOZOの社長が月旅行計画に飛びついた。
この計画に700億円以上もかけるそうだ。若社長は舞い上がってるな。
お客や社員のために「もっとましな使い方があるんじゃないの?」とじじぃは呆れた。

その後「月旅行には親しい女優を同伴したい」と聞き「堕ちろ」と思った。

他人が稼いだカネの使い方に、ケチをつけるのはこの辺で控えよう。
だけど、不愉快だからしょうがない。

  さて、ご同輩は如何ですか?
  月旅行はこちらの方がいいと思う。聴き較べてね。

  Fly me to the Moon

   181015

コメント (4)

寒い朝

2018-10-14 | 高麗便り

急に寒くなった。
開けておいた窓を閉め切り、
セーターを着て、膝下丈の股引と靴下を履いた。
エアコンのスイッチに手が伸びたが流石にそれは止め、ウォシュレットを暖かくした。

萩は散り、庭の山茶花は花びらを落とし、ほととぎすが咲いている。

爽やかな秋を楽しむ間もなく、このまま冬になるのか。
冗談じゃないよ。

  店先には防寒ものが並び始めた。
  奥日光は紅葉の盛りらしい。

  ・山里は冬ぞさびしさまさりける 人目も草もかれぬと思へば・
                                  ...... 源宗于朝臣

181014

コメント

どら焼きをもぅひとつ

2018-10-13 | 拍手

  

  前の記事「どら焼きのあん」は案の定、閲覧数がガタ減りだった。
  まぁ、これは書くチカラが足りないんだからしょうがない。

  ところが。

12日朝日新聞朝刊の「社説余滴」に高木智子という記者(?)が映画「あん」について書いていた。
これ、なかなかいい。知らなかったことや、触れなかったことを余すところなく書き、流石です。
またどら焼きで恐縮ですが、お読みください。

                                                  181013

コメント