林 住 記

寝言うわごと独り言 のようなもの

別名コキア

2018-10-18 | 親方ひとり

台風で傾いた箒草(ほうきぐさ)が、赤く色づいてきた。
天声人語は「コキアの別名は箒草」と書いている(10月8日)が、コキアが別名で箒草が本名である。

ジニアは百日草、ホスタはぎぼうし、ハイドランジアは紫陽花、マムは菊、が本名だ。

すべてがカタカナ・ファーストのジャパンになった。
植物の名前は、形状や性質が分かる漢字にふりがながにしてもらいたい。
例えばファレノプシスより、胡蝶蘭(こちょうらん)の方が分かり易く覚えやすいでしょ?
カタカナでは単なる記号に過ぎず、覚えられないよ。

  

  箒草は枯れた後、紐で縛り、庭箒にした。
  実を塩漬けにしたのが秋田名物「とんぶり」で、畑のキャビアだそうだが、食べたことがない。
  利尿・強壮効果もあるらしい。お求めはこちらにどうぞ。

  コスモスは秋桜(あきざくら)、ダリアは天竺牡丹(てんじくぼたん)だけれど、このままでいいよ。

  181018

コメント (2)

ながみひなげし

2018-06-01 | 親方ひとり

この花は「ながみひなげし」という名前のケシ科の植物だ。
道路際で、風に揺られている可憐な立ち姿に気付いたのは数年前だった。

新聞によると、この花は猛烈な繁殖力で、在来の植物を駆逐してしまう。
根や葉から他の植物の成長を抑える物質を出し、花一つに1500粒もの種を付け、発芽力が強い。
栽培を禁止する「特定外来生物」にはまだ指定されていないが、埼玉県は駆除を指導し始めた。
わが日高市も隣の飯能市と同様に、今春から駆除を呼びかけている。

そんなことは露知らず、昨年の6月、この花を気に入った森生は種を大量に集め、庭や近所の空地に撒いた。
ところが何故か、全く芽生えなかった。どういうことなんだろうか。

  

  普通、ケシ類の種子は丸い実に入っているが、この花だけは長い実に入っている。
  なお、環境省外来生物対策室は「今は注視している段階」としているそうです。

  180601B

コメント

待望の雨

2018-05-24 | 親方ひとり

夜、雨が降り、庭は濡れている。
4日間続けた庭弄りは、これで一休みである。

作業は徒長枝の刈込、草毟り、散り積もった枯葉掃除だった。

背伸びはまだできるが、右目が効かないため剪定鋏が上手く使えない。
草毟りでしゃがむのが苦痛になった。両手を地面に着くか何かに摑まらないと立ち上がれなくなった。

あと少しで100だから、しょうょうがないよね。

作業をし易くするために、万両・柘植・雪柳は地面から切り払い、矢鱈に拡がる紫蘭・杜鵑・蛍袋は毟り取った。
咲き始めた皐月の整姿刈込を始め、うっかりと、都忘れや山百合の実生苗は踏みつぶしてしまった。

なかなか始めないのに、始めると熱中し徹底してしまう。
庭は大分サッパリスッキリしたけれど、身体のあちこちが軋んでいる。
倒れる前に雨が降ってくれ、助かった。

  サンデーモーニングで、日大側の緊急記者会見を視た。
  情けなくなるほど愚劣な連中だった。

  180524

コメント (2)

五月の空の下で

2018-05-21 | 親方ひとり

障子を開けると、眩い5月の日差し。
空気はからりと乾き、気持ちのいい朝だった。

病室にいるしゃもじぃに知らせてもらったマンドリン演奏会は、行かなかった。
写真を撮り溜めするつもりだった飯能ものづくりフェアにも行かなかった。

代わりにしたのは庭仕事だった。
徒長枝剪定、草毟り、昨年秋以来の枯葉掃除ほかあれもこれも。

夕方、よろめくほど一心不乱に働いた。
愉しかった。

  

  しゃもじぃには演奏会の報告ができない。でも、お互いに残る日々は多くない。
  いいじゃないかその日その日が愉しければ。

  作業用手袋は、よく使う右手がすぐ破れる。
  右手だけ売ってくれないかなぁ。

  180521

コメント

いちはつ

2018-05-15 | 親方ひとり

  

  いちはつ(多分?)が咲いた▲

いちはつはあやめ類では一番初めに咲くので「いちはつ」という名になった、と覚えている。
しかし、わが猫額亭の庭では、土が痩せているのか、いちはつが一番遅く開花した。

滝不動通りの歩道ででろりと咲いたジャーマンアイリス(多分?)散り、次いで庭のあやめが咲いた。
そうしてようやく、今、いちはつの開花である。

かきつばた、花菖蒲、あやめ、ジャーマンアイリス・・・・・。
適地は水辺から茅葺屋根の天辺まで、と幅広い。

しかしあやめ類は、花の区別がつきませんなぁ。
この花の名前は、頂いた時の言い違いか聞き違いで、本当は別のあやめ類かもしれない。

これも土のせいなのか、庭の紫蘭はいつの間にか白蘭が混じり、薄紫の蛍袋も白花が増えた。
黒かったじじぃの頭は、真っ白けになりました。

挿絵は河合玉堂「屋根草を刈る」です、

180515

コメント (2)

炎天でくらくら

2018-04-23 | 親方ひとり

寒い日が続き、屋内に引き籠っていた。
次は晴天の日々。庭いじりには絶好の日和のはずだったが、とにかく暑過ぎた。

今、しなければいけない園芸作業はいろいろあるが、炎天下の作業は、頭がクラクラする。
天気がじじぃを追い越し、ドリンク剤も効きまへん。

結局、朝夕、鉢に水を撒いただけで、退却。
おでこのシミが濃くなるし、ね。

今からこの暑さでは、真夏が思いやられますな。
ふ~ぅ。

日本桜草は暑さでぐったり。
深山苧環は紫色が撮れず、こちらさまから写真をお借りしました。

180423

コメント

2日間の成果

2017-09-13 | 親方ひとり

8月の長雨で勢力を拡げた雑草は、早くも種を付け、来年を狙っている。

珍しく晴天が続いたので、草毟りをした。
蒸暑く、狭い庭でしゃがんで行う草毟りは、相当キツイ。

それでも2日間で合計9時間あまり作業をし、大型のごみ袋2枚分の雑草が集まった。

3日目の今朝、腿の筋肉がパンパンに張り、立ったりしゃがんだりができない。
残念ながら数日の間、作業を中断せざるをえない状態である。

物事を最後まで成し遂げるということがなくなった今日この頃。
今日はごみ出しをする日だけれど、このごみ袋は来週まで玄関先に置いたままにしよう。
そうして「我ながらよくやった」と眺めているつもりだ。

新聞配達や宅急便のお兄さんへ。
気が付いたら、じじぃを褒めて下さいね。

170913

コメント

草ぼうぼう

2017-08-28 | 親方ひとり

春から空梅入りまでの2カ月あまり、懸命に草毟りをし、きれいになった庭を訪れて褒めてくれる人は誰もいなかった。

その庭も、8月梅雨の3週間で元の木阿弥、草ぼうぼうに。

いま、草毟りをすれば新しい種がこぼれず、来春の作業が楽になる。
それは分かってるけど、日差しが戻った時の蒸暑さには降参で、直ちに亭内に退却した。
オホーツク海高気圧とやらは、どこにいるんだ。

......というわけで、今日もひねもす引き籠り。

ぐ~たらしていたら、やまじぃから電話あり。
何と、裏山・多峯主山の山頂手前からケータイをかけてるとか。

きょうは体調がイマイチのため途中で引き返し、猫額亭には立ち寄らぬ由。
山登りは八十翁には無茶な健康法である。無理しないでもう止めたほうがいいと思うよ。

  ・八重葎(やえむぐら)しげれる宿のさびしきに 人こそ見えね秋は来にけり
                                     ...........恵慶法師

そういえば、鳴りを潜めていたツクツクホウシが、全山一斉に喚きだした。
夜、急に涼しくなり、秋の虫がすだく猫額亭でござりまする。

この蒸暑さ、いつまで続くのですかね。

  ・秋きぬと目にはさやかに見えねども 虫の音にぞおどろかれぬる
                                     ............森生

 

作業用の手袋は右手はぼろぼろで捨て、左手だけが綺麗に残っている。
右手だけ半額で売ってる店はないものでせうか?

170828 

コメント

雑草

2017-07-31 | 親方ひとり

地球上でいちばん繁栄している生き物は昆虫でアル、という説がある。
そうだろうか。

4月の始めから開始した猫額亭庭園の草毟りは、梅雨入り寸前に、ほぼ完璧に終了した。

しかし雨が続いた今、庭は元の木阿弥になりつつあり、昆虫よりも雑草の方が繁栄しているようだ。

雑草との戦いは後半戦に入らなければならないが、この猛烈な蒸し暑さじゃなぁ。

7月も今日でお終いだ。朝のラジオ体操にも行かなきゃなぁ。

170731

コメント

雨なし梅雨入り

2017-06-08 | 親方ひとり

強い刈込と移植。
今日も一日中皐月と格闘していた。

夕方、少しふらついた。かなり疲れてる。

梅雨入りしたのに雨が降らない。
ここらで一休みしたい。
紫陽花のこころだ。

170608

コメント

くたくた

2017-06-07 | 親方ひとり

今日は一日中、庭仕事をしていました。

くたくたに疲れてしまい、アタマが働きません。
今日の記事更新は、休ませていただきます。

明日また、お立ち寄り下さい。

170607


 

コメント

梅雨入り前に

2017-06-06 | 親方ひとり

ほととぎす、かくとらのを、しらん、いかりそう、みやこわすれ、りんどう、ぎぼうし、ほたるぶくろ、つわぶき。
いずれも洋花のような派手さはないが、可憐な花を咲かせる日本の花々である。

これらが猫額亭の東側の掃き出し窓の下で雑草化。
ごちゃごちゃとジャングルをつくり、見苦しく、手に負えない状況になった。
いったん根付くと、可憐か獰猛に変身する。その逞しさは、洋花以上かもしれない。
   これって、大きな声では言えませんが、お宅の奥方さまと、同じではありませんか?)

明日から、いよいよ梅雨入りらしい。
今日中に刈り取ってしまおう。

170606

コメント

姫うつぎ

2017-05-09 | 親方ひとり

まだ5月だというのに、真夏なみの暑さになった。
しゃがんで作業をしていると、背中や後頭部が焼けるように熱くなり、やがてふらふらよろよろしてきた。
これは熱中症の前ぶれか、軽い脳梗塞ではないだろうか.........。

作業は30分で切り上げ、亭内へ退避。

午後は、団地の外れに住むハンモックじぃさん宅を訪問した。
手土産は、丁度咲き始めた鉢植えの姫空木である。

玄関先の路上に折畳椅子を持ち出し、しばし閑談、道端会議。

  栃木県鹿沼市の山奥にあり、東照宮より古く、庭園が有名な神社の名前、何だっけ?

ほか、あれ誰だっけ?どこだっけ?何時だっけ?、が多いのは合計160歳になるのだから致し方あるまい。

持って来た姫空木の鉢をどうするかが問題になった。
敵もさるもの引っ掻くもの、森生じじぃと同じで「毎日の水遣りは御免蒙りたい」のだそうだ。

議論の結果は、「他人の土地だが、隣の林の木漏れ日が当たる斜面に、植え付ける」ことにした。
水遣りは基本、植え付けた今日の1回だけで済むからね。

  しめしめ、鉢数を減らすにはこういう手もあるナ。

話変わって、帰宅後の夕方である。
散歩帰りの風墨画先生に、椿(千代姫)の鉢を勧めてみたら、喜んで引き取ってくれた。
今日は外交努力により、2鉢減ったわぃ。

姫空木の写真は「道草の時間」さまからお借りしました。
神社の名前は栃木県在住の、ハンモックじぃの妹さんに電話した結果、古峰ヶ原(こぶがはら)の「古峰(ふるみね)神社」でした。

170509

コメント

一心不乱

2017-05-08 | 親方ひとり

  

大型連休中は何処へも行かなかった。
永久連休中のじじぃは猫額亭に閉じ篭り、庭の手入れに一心不乱だった。

毎日、朝から薄暗くなるまで庭で働き、夕食を済ませ、朝刊を読み始めると、意識が遠くなる。
風呂から出ると朦朧とし、日課の体操をする力はもうなかった。
手摺に縋り、2階の寝室に着くと、バタンキュー。

パソコンは日記と家計簿だけ。後は野となれ山となれ。だから、書き置きブログ記事の在庫は全然ありません。

しかし庭はサッパリした。
以前、シャモじぃが「野趣に富み、結構ですなぁ」と貶してくれた庭園は、見違えるほど整備された。
部分的には、足立美術館の名園に負けてないと思う。

鉢植えの皐月は庭に植え、余った鉢花は通り縋りの人に差し上げ、高くなった花木はぐんと低く切り、弱った木は伐採した。
狭い通路は広く、霜で浮き上がった石組みは組み直し、シンビジウムは捨て・・・・・・(以下省略)。

もうこの辺で終わりたいところだが、植物の生命力は逞しい。
生垣の正木や満天星は新芽で膨れ上がり、ぎぼうしや杜鵑や蛍袋は密かに勢力を拡大する。
高砂百合は所かまわず生えてくる。

梅と木瓜にはアブラムシが付き、葉が縮れてきた。

まだまだ休めない日々が続きそうです。

あ、そうそう。大型連休中は自治会費の集金のため、受け持ちのお宅15軒に夜討ち朝駆けもしました。
結果、年会費を集金し終わりましたが、その先が上手く運ばない。その辺のことはまた後でね。

170508

コメント (4)

庭自慢

2017-05-02 | 親方ひとり

4月の始めからの庭仕事は、飽きずにまだ続けている。
こうなると愉しむよりも、植物の成長に追いかけられて、あたふたしている感じがいないでもない。

作業の内容は、

 ・脚立なしでも手入れができるように、花木類の大幅な刈込・枝透かし・切り詰め。

 ・大量の落葉の清掃・雑草毟り・玉龍や竜の髭の除去。

 ・都忘れ・ぎぼうし・つわぶきなどの株分けと移植。

 ・植替えと水遣りを止めるために、鉢植えの皐月や草花を地面に植え付け。

 ・霜で浮き上がった石組みのやり直し。

 ・百合や桔梗の支柱づくり。

等々キリがない。

躑躅が咲き始めた。
根津神社や塩船観音や五大尊に較べれば、大分チマチマしているが、われながら見事な庭園でアルナ。

きのうは午後から少し雨が降り、今朝は地面が濡れているので、午前中は自治会費の集金だ。
午後から躑躅皐月の配置換えを検討しよう。

いやその前に、正木の生垣を刈込もう。
黒い小さな毛虫の発生前に済ませると、ごみの分量が少なくなるからね。

というわけで、娑婆は連休中であっても、じじいはシャカリキでありまする。

 

 皐月自慢は後日としますね。

 70502

コメント (7)