性能とデザイン いい家大研究

こちら 住まいの雑誌・Replan編集長三木奎吾です 
いい家ってなんだろう、を考え続けます

建築家イベント28日(土)開催!

2009年02月26日 06時58分47秒 | Weblog



さて、今週末も「建築家セミナー・無料相談会」を開催します。
建築家のみなさんも2巡目を迎えますが、
前回聞き逃した、という方、初めて参加してみようかという方、
ぜひ多くのみなさんにご参加いただければと思います。
今回の参加建築家の簡単なご紹介を・・・。
染谷哲行・日野桂子・宮島 豊・山本亜耕さんの4名の建築家が登場。
染谷さんは、木造の陰影感のある建物が特徴的なベテラン建築家。癒し系の作風。
日野さんは、女性らしいやわらかで大胆な空間デザインが引きつけられます。
宮島さんは、Replan誌面でも数多くの住宅を紹介。新築なのに馴染む家、が人気ポイント。
山本さんは、JIA北海道支部・環境部会代表。エコロジー建築への造詣が深い自然派。

それぞれ個性的な建築家のみなさんです。
プレゼンも2度目になるので、趣向を変えた作戦で来るのか?
お楽しみ(笑)というところであります。
で、きのうからいろいろユーザーのみなさんにご案内を送付。
で、リストを見ながらメールをお送りしたのですが、
遠くはなんと、現在福島県在住という方も登録されていました。
さっそく返信もいただけて、ご相談内容を承っています。
ほかにもさまざまに反響をいただいたのですが、
とくに遠隔地の方からも、メール返信をいただき感激いたしました。
その中のひとりの方からは、
すでに建築家に家を建ててもらって満足しているけれど、
札幌ならいざ知らず、やはり地方ではなかなか知り合うチャンスがない、
いかにメールという便利な手段が発達してきても、
直接連絡を取る、というのはなかなかできることではない。
そういう人は数多く存在していると思う。
なのでこういう建築家セミナー、貴重だと思う、というありがたい声も。

本当に今回のわたしたちの取り組みはまさにこういう声にお応えしたいというものなんですね。
そしてそういう機会をできるだけ数多く、
しかも定期開催が可能で、そう大きくはないけれどアットホームな環境で、
って考えたイベントなんです。
まぁ、毎回参加者をどう集めていくのか、という部分はなかなかきびしいのですが、
息の長い定期性を持ったイベント企画として、
住宅ユーザーの間に根付かせていきたいと考えています。
建築家に家を頼みたい、と考えたときに
あ、そういえばReplanがやっているイベントがあったよなぁ、
って、思い出していただけるようになるためには、やはり継続が一番の力。
しかし、すでに現実に、数多くの住宅相談が現に進行していて
楽しい家づくりプランが盛り上がってきています。
そういう様子を励みにしながら、知恵を絞っていきたいと思います。

イベントでは、
来場されたときに、まず当方スタッフがさりげなく希望や、質問などをお聞きいたします。
小さいこどもさんのために、読書とキッズーナーも準備。
会場に隣接しているので、目をやりながら建築家との話し合いが可能になっています。
運営は、
最初の1時間が建築家の自己紹介的なプレゼンタイム。
中休みをはさんで、来場されたみなさんから聞き取ったテーマでの建築家インタビュー30~40分。
さらに休憩から、具体的な住宅相談へ、という流れになっています。
また、今回は、北海道建設部建築指導課から、「北方型住宅」についての講演もいただきます。
いい家にはデザインと同時に、性能も欠かせない要件。
ぜひ、みなさんの積極的なご参加をお願い申し上げる次第です。
建築家と知り合うチャンスを生かしてください。
また、大好評の「建築家住宅バス見学会」については、3月20日(祝日・金)に予定していますが、参加資格は定期イベントに参加のみなさん限定としておりますので、ぜひイベントにご来場ください。
駐車場も9台分完備しています。(その他、付近にはパーキングもあります)

参加申し込みは、

建築家イベント参加申し込み

からログインしてご記入ください、お待ちしています。


北のくらしデザインセンター
NPO住宅クレーム110番|イザというときに役立つ 住まいのQ&A
北海道・東北の住宅雑誌[Replan(リプラン)]|家づくり・住まいの相談・会社選び
コメント   この記事についてブログを書く
« 住宅の会議掛け持ち | トップ | 北上川の水運 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事