goo

遮光フィルムの修正

数日前に焙煎室西側窓に遮光フィルムを張りましたが、素人作業のことを考えガラス面を完全に隠すような採寸はしなかったので下のところが20mmほど空いてしまいました。

昨日の夕方差し込む日差しがその隙間からでも随分と入り込んで気になってしまいました。フィルムの貼る要領を忘れないうちにその隙間を今朝の仕込み後に埋めました。

遮光フィルムの効果は絶大で日中は部屋の電気をつけないとよく見えません・・・ある意味不経済となってしまうかのようではありますが、これからの暑い日差しを少しでもさえぎる効果や焙煎時の豆ずらを正確に見ることのほうが大事です。

日の出が早くなってきましたので5時前には明るくなります。焙煎の熱源には炭を使いますので、暗い部屋の中で炭の火を見分けることも大切なことになります。

フィルム貼りがなかなかうまく出来たので、どこかにも張りたい気分になっています。










コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 6月上旬の営... 青空号のシス... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。