若女将の修行日記

『写真館の若女将・成長記録』のはずが、いつのまにか『若女将のおとぼけな毎日』になっていました。

真っ白な猫ってそれだけで随分色っぽい

2015-12-05 12:31:28 | 音楽(足利市民合唱団)

(2007年にブログを始めて以来、こんなに長い間書かなかったのは初めてでした、まだ読んで下さる方……本当にいるかなぁ。)

 

二代目と私はそれぞれ作業部屋を定めて(二代目は倉庫の片隅、私はプリンター部屋の片隅)、日々仕事をしています。撮影のピークを越えた今、11月に撮影しまくったお写真をひたすら形にする作業が続いています。少しでも早くお手元にお届けできるよう、頑張らなくちゃいけません。うちは頑固に、セレクトからリタッチ、プリント・台紙貼りまで全て家内作業しているので、「働いた時間=できあがりの早さ」に直結。気力と根気の試される時期です。

 

そんな中、音楽は背中を押してくれる大切な道具です。

 

二代目は多忙度によって選曲がかわってきます。

 

「頑張れ、俺!」程度のときは、洋楽のハードロック系

「が・がんばれ、負けるな、俺!!」レベルで、中島みゆき

「う……ぐ・ぐるしい……助けて、神様、仏様、なおみさま!!」レベルまでくると、演歌(しかも歌っているのが中森明菜だったりする)

 

そして、さっき明菜ちゃんがどすの効いた声で、「あまぎぃ~~ごぉ~え~~♪」と歌っている部分で、外の駐車場から、「にゃにゃにゃーーん、にゃおぉぉ~ん♪」と真っ白な猫が鳴き上げてました。色っぽかったわぁー。