若女将の修行日記

『写真館の若女将・成長記録』のはずが、いつのまにか『若女将のおとぼけな毎日』になっていました。

琴奨菊関、ほんっとーーーにおめでとう!!!!!

2016-01-25 11:21:37 | 相撲

はぁぁぁぁ……疲れた15日間だった……。いや、7日間くらいかな。途中辺りから意識したから。毎日6時ちょっと前に雄叫びをあげて、ご近所さまにはご迷惑をおかけしました……。

 

いつになく怖い顔で土俵にあがって勝ったあとは「ドヤ顔」、勝って花道を下がっていった後若い衆に会ってもいつものニコニコ顔にならない。「あぁ、今場所の琴ちゃんは今までと違うんだ」と、私のようなファンの端くれでも、びしびし伝わってきました。昨夜のニュースに生出演した琴ちゃんが迷いなく自分がやってきたトレーニングを語るお顔をみて、ある程度こうなることは予想範囲内だ、くらいの自信があったんだなぁ、とものすごく頼もしく思いました。「優勝」や「全勝」なんてコトバがちらちらしたから、ドキドキして毎日観ていたけど、少し前の「怪我」や「カド番」と闘っていた頃の不安な気持ちとは全然違ったもん。いい予感しかしなかったもん。「大丈夫だな、今場所の琴ちゃんは♪」って感じで。それでも、「2ケタ勝利は確実だな」程度で、まさか「優勝しちゃうな」とは思ってなかったんですけどね、私ほどの盲目的なファンですら(笑)。

 

あー、嬉しい。一晩経っても、にこにこが止まりません。「優勝記念セール」したいくらいです。まわしで写真が撮れますとか?準備しとけばよかった!

 

1週間後には結婚披露宴ですと!ちょっと、琴ちゃん、でーきーすーぎーー♡ おめでとうございまーーーーーす♪♡ これからも応援します!!

 

 


雪2016

2016-01-20 09:15:29 | 忘備録

遂に足利にも雪が降りました~(一昨日は、全国の雪模様をTVで「へぇー」と眺めておりましたが)。

 

大人になると色々大変なことが付きまとう雪だけど……。でも、やっぱりなんとなくウキウキします!!(雪がすくない地域なので)

 

という訳で、雪かきも、今日の仕事の心配もとりあえず置いといて……。マツモト写真の目の前にある鑁阿寺(大日さま)さんにカメラ持ってお散歩してきました♪ (このときは青空も出ていましたが、9時現在、また随分降ってきたようです)

 

しかし、このサラサラ雪じゃあ、恒例の二代目による巨大雪だるま造りは困難を極めるだろうなぁ。

       

 

 


名物旨いもんだらけ その3

2016-01-17 08:51:58 | 忘備録

珍しく行きも帰りも時間ギリギリで写真が撮れませんでしたが、久しぶりに新幹線に乗りました。1泊2日の短い旅で、二代目はお仕事が忙しくお留守番。私は静岡在住のお友達3人(含む先輩)を訪ねるべく、ひとり静岡へ向かいました。

今回の旅で、またしても想いを強くした「名物ってもんはやっぱり旨いだよ」シリーズ、いってみよう。

 かけつけ一杯。最初の海鮮丼。お刺身がねぇ。やっぱり大好きねぇ。

 そんでもってこっちは鮪三色丼(大トロ・中トロ・赤身)。コトバは要らん。

 お友達お手製のブラウニー。狙うわたし。

  かま!ど迫力!

 頭よくなる系お土産。そうよ、鰻にカツオよ、静岡よ。

 お友達に頂いたお土産たち。お茶にわさびに……どんだけ名物あるんだ、静岡!

 この出汁の元が、超美味で。試飲で一目惚れ♡ 先輩が買ってくれた♪

 そうよ、定番こそ!自宅用に買って、もうあと2個しかない(ほぼ私が食べた)。

でも一番だったのは……、モチロン友だちとの「時間」。3人とも仕事の休みをとってくれて、体調的にもスケジュール的にも、正直わたしの都合のみの迷惑千万な訪問だったのに、そんな申し訳なさを忘れちゃってたな、滞在中。全身で歓迎してくれて本当にありがとう。ちびまるこちゃんが時々「たまちゃ~ん、大好きだよ~~」って言うけど、私も今なら照れずに言えそう。「みんな、大好きだよ~~」 (あ、まるちゃんも確か静岡の名物)。

 

 

 


元合唱部員でーす

2016-01-13 19:26:12 | Sekai no Owari

SMAPのニュースに揺れる今日、SMAPを愛し、彼らのコンサートのためならどんな苦労もいとわず、それにより驚異の若さと可愛らしさをキープしている私の行きつけの美容師さんがとても心配です。噂だけだといいな、と親戚のおばちゃんレベルで結構本気で心配してます、実は。

 

ということで、今日はファン繋がりで久しぶりにセカオワさんのお話を。意外な事にわたしの「Sekai no owari」熱、継続しています。我ながら吃驚。ファンクラブに入っている唯一の理由であるコンサートのチケット取得に外れてばかりいるのに、結局契約も更新してしまったし(笑)。まぁ、こんな自分らしくない娯楽もいいかもしれない。自分で自分を裏切る意外性。結構、気に入っています。最近じゃあ、恥ずかしくなくセカオワのファンです、と言えるようにまでなりました。

 

で、紅白歌合戦で彼らが披露した「プレゼント」という曲のPVが発表になりました。私はこの手の「感動ソング」は基本的にはパス!な方なんですが、このPVはずるい。「元合唱部員」だった人なら、なんとなく同じような思いをしているんじゃないかな。私も変な意地はってた時期があったなぁ。7クラス280人の学年で7人だけの合唱部員でも胸をはって、「合唱部です」と答えてやるって思っていたこと、運動部に入れば良かったって何回も後悔した(当時も、卒業後も)こと、それでもこの年になって「趣味」と呼べる合唱がわたしの近くに居てくれること、それがあの合唱部員だった時代が無関係なはずは絶対にないこと。つい、しみじみ思っちゃった。

「プレゼント」https://www.youtube.com/watch?v=q6Ylz-EhtDo

 

でーもー。本当のとこ、私が一番好きなセカオワさんの世界はこっちです。

「Mr. Heartache」https://www.youtube.com/watch?v=q9iozQDEO_U


活字脳

2016-01-03 15:07:25 | 映画と本

私のある友人のように「活字中毒」って訳でもありませんが、割と活字を追っているのが好きな方かな、と思います。でも最近、1年に数か月の間、いわゆる「本」から遠ざかる時期があります。ちょうど数日前にその期間を終え、今は「活字復帰週間」、ちょっとした本の虫と化しています。

昨日も書きましたが、写真屋さんは忙しい時期と閑な時期の差が激しいお仕事です。私は残念ながら、手際も勘も器用さも何もかもがない生き物なので、多忙期になるとそれはそれはアップアップ。ケアレス・ミスは多いわ、パニックになって人格崩壊するわ、運転中にどこに向かっているのか忘れるわ、1人で来たのに駐車場で助手席に乗り込んでしまい茫然とするわ、まぁ、ひどい有様になります。そんな時期になってくると、「のんびりソファで読書」という時間は当然無くなるのですが、それ以外の「湯殿読書」や「ベッ読書」という貴重な時間にも、本を読もうという気力が全くなくなってしまうんです。でも、何か脳が情報を欲しがるので、とりあえず大昔買ったマンガ本を引っ張り出してきて、読むでもなく読んでいます。毎年毎年、同じマンガ本を繰り返し(笑)。我ながら何やってんだかって思うのですが、求めるのだから仕方もなくて。

と言う訳で、「アラブの王さまの息子がお忍びで留学しているアメリカで日本人の女の子と恋に落ちるお話」だの、「NYで双子の超イケメン俳優男子があーだこーだするお話」だの、「クッキーモンスターを愛するドヂで可愛いママと家族の微笑ましいお話」だのを、繰り返し読んで、今年も多忙期を終えました。来年まで開かない本棚。でも、決してBOOKOFFには持って行かないマンガ本たちです。

コメント (3)

繰り返される悩み

2016-01-02 11:51:14 | 映画と本

電車で東京へ行きましょう、というとき、お友達と一緒であればいいけれど一人ぼっちだと、一体どの本を帯同するかというのは大きな問題です。さまざまな状況を想像して最適な一冊を選ばなくてはなりません。でも、さぁ明日は東京へ行く日です、って時に限って読み残しが50ページくらい的なビミョ~~な量ってことが多いんです。

「うー。どうするかなぁ。これだと越谷辺りで終了してしまう恐れが……」

「いや、でも途中で居眠りしてしまえば意外ともつかも、しれない」

「そうよ!行きに読み終わってしまったら、帰りにルミネ北千住の本屋さんで買えばいいじゃない!」

「いや、待てよ。前回その手を使ってもんのすごい重い想いをしてちっとも読まずに居眠りしたじゃないか」

「じゃあ、新たに読み始めるやつを持って行くか?」

「でもなー。ハードカバーは却下でしょー、重いから。」

「この友達に借りた本は頁数的にはちょうどいいけど、どうやらめっちゃ怖いらしいから、電車でビビリ最高潮になるとまずいしな。」

「(読みかけの本の)結論も気になるっちゃなるしなぁ……」

 

と、忙しい準備中にあーだこーだと悩んで、いつも大体失敗。

 

という訳で、先日の東京行きの時も、東武動物公園辺りで読み切ってしまって、帰りはルミネで4冊も買ってしまって(ネットでいつでも買えるのーにー。なーぜー)、めっちゃ重かったバージョンでした。進歩のない私。 (そして奥の鍋セットも買ってきたのー。めっちゃ重かったけどかわいくて安くなっていたのだから仕方がない♪ 料理しないけど)。


さぁ、2016年出発。

2016-01-01 10:52:38 | マツモト写真

あけましておめでとうございます。

昨年は本当にさまざまな場面でマツモト写真をご利用いただき、本当にありがとうございました。今年も私たちに出来る限りの努力をして頑張っていきますので、宜しくお願い致します。

 

と、オフィシャルなご挨拶もして、若女将っぽく決めましたが、はぁぁぁぁぁ、やっとこの時がきました。毎年分かっちゃいるのに夏に遊び過ぎて、結局秋にすべての仕事が集まってしまい(まぁ、私に調整できないこともいっぱいありますが)、10~12月、多忙を極めました。今年は特に色々と大変なことが重なり、例年にないピンチを迎えたりもしましたが、「はぁぁぁぁ」と元旦を迎えることが出来て、本当に幸せ。ありがたいことです。

 

いつも多忙極める時期に体調も崩してしまうのを、自分でも何とかしたいと思っていました。でも、どうしても忙しくなってくると食欲が減退し、「食べるぞ!!」とおっきいお肉を目の前に置いてみても、結局2口3口でギブアップ。不規則な生活と疲れに後押しされて、みるみる体調を崩してしまうのが常でした。それでも、つい「仕事だけの毎日じゃ、心が枯れてしまうぞ」と、無理をして合唱の練習に行ったり、お友達と食事に行ったりしていましたが、今年はすべてを「諦める」と比較的早い段階で決意。とにかく「起きていられる時間はすべて仕事。その替わり、少しでも長く睡眠をとる」を実行しました。

 

その結果、ちょっとコンコンしたけれど、最後まで元気なままでいることができました。大切なんだなぁ、眠るって。

 

という訳で、仕事も落ち着いて体調も万全。あーそーぶーぞーーー。

(……あ。遅れまくってる合唱の練習、こそこそしようっと……)。