若女将の修行日記

『写真館の若女将・成長記録』のはずが、いつのまにか『若女将のおとぼけな毎日』になっていました。

radikoさいこー

2016-10-30 22:53:28 | 音楽(足利市民合唱団)

最近、radikoという新しい技を知りました。パソコンで(スマホも)いつでも好きなラジオ局を聴けるというとても便利なシステム。なんと放送済みの番組さえも!深夜パソコンに向かうことの多いこの時期、最高の併走者を手に入れた気分です。普段は東京FMをかけっ放しの私のデスクですが、時々どうにもつまんない(失礼!)番組もあります。そんなとき集中力が途切れがちだったけど、昔よく聞いていたFMヨコハマとか、聴いたことがなかったAMとか、合唱団の練習と時間がカブってしまい聴けなかったセカオワさんの番組とか、いろいろ聴けてとても楽しいです。

 

で、なんといまあの「吉永小百合」さんの番組聴いてます。流れている曲はタップの音を聞きたいという70歳台男性のリクエストで「雨にうたえば」。

 

なんか、素敵♪


運の貯金?

2016-10-13 21:43:47 | Sekai no Owari

sekai no owariのライブにまた懲りずに行ってきました(前回、ライブ後に1週間体調を崩したので、もう2度と行かないだろう……と弱気に呟いていましたがバカなのですぐ忘れまーす)。今年の春夏コンサートツアーは何回応募しても当たらず結局行かれなかったのですが、チャリティで企画された2日間のみのライブチケットに何気に当たってしまったので、家族のみんなに頭を下げて、行かせてもらいました。

 

オペラやミュージカルのときは、出来るだけ最前列を買うようにしています。いわゆる「砂かぶり席」。せっかく生で観るならば、字幕や舞台設備が観にくかったり、聴きにくかったりしても、息遣いや細かい仕草が見えるくらい近くで「感じたい!」から。最近では、前から5列目くらいが確保できないときは、そのチケットを再考するほど、前の方にこだわりを見せていました。ところが、昨年初めてセカオワさんのライブチケットの買い方を学んだところ、自分で席(および席種)を選ぶことができない!しかも、今回に至っては当日、入口に行くまで席が決まらない!なんとも、運命を天に任せたシステムであることよ。

 

ただ、まぁ、前回のライブのときに「前から3列目」という良席に恵まれて、後ろを振り向き、自分の運の良さにクラクラした経験があったので(何せ7万人)、「ま、今回は2階席の最後列とか、そんな感じだろうな。」と覚悟していました。別に平等に当たる訳じゃないんでしょうけど。

 

開場時刻に入口でピピピっとデジタルチケットなるものを(QRコード)機械を通した私に与えられた番号は、なんと2列目!しかも、結構真ん中辺り……。ひーー。

私って、小さい運をコツコツ貯めてどっばーーと使うタイプみたい。このあと暫くまた、小さい火傷とか切り傷とかずっこけとか雨天とかを我慢して、生きていくことにします。セカオワさんのアコースティックライブ、最高でしたー☆