心と神経の哲学/あるいは/脳と精神の哲学

心の哲学と美学、その他なんでもあり

心の臨床哲学の可能性

2019-01-12 07:56:31 | 備忘録

心の哲学と臨床哲学を合わせて「心の臨床哲学」というものを造れないだろうか。

心の哲学は現代英米において主流をなしている哲学の一大潮流である。

それは一世代前の分析哲学を心身問題の方向で深めたもので、心の概念を脳科学(神経科学と認知科学)と対話しつつ分析している。

しかし、その方法は分析哲学と違って、単に言語使用の規則や概念分析や論理的議論に尽きるものではなく、心と身体、心と脳の関係を事実性の次元に置いて解明しようとする点に特徴がある。

ところで、臨床哲学とは臨床医学や生命倫理と対話しつつ、人間の心と生命の意味を考えようとするもので、基本的に人間学的である。

それゆえ、臨床哲学は分析哲学よりは実存哲学や現象学と親近性がある。

人間の心をテーマとする点で心の哲学と臨床哲学は接点をもっているが、方法という点では乖離している。

過去の哲学者で心の哲学と臨床哲学の両要素をもち、この二つを統合するような思索をしていた人というとジェームズやメルロ=ポンティを思い出す。

ただしこの二人には分析哲学的な心の哲学の資質がない。

そこで、パットナムなどの思想を加味して、新たな心の臨床哲学を構築することが求められる。

とにかく、心の臨床哲学は心の諸科学(神経科学、認知科学、精神医学、臨床心理学)と対話しつつ、心身問題と心脳問題を考究していかなければならない。

その際、生命の本質へと食い入るまなざしが要求される。

私自身、数年後に『心の臨床哲学』という本を書こうと思っているのだが、このブログはそのための覚書という性格をもっている。

文学者の病跡の話題もそれに含まれる。

英米の分析哲学経由の心の哲学、実存哲学と現象学の影響を受けた臨床哲学、さらに心の諸科学、これらをすべて取り入れて、総合的な心の臨床哲学を構築しようと思っている。

ちなみに、一般市民の闘病記も参考になる。

それテーマとしたブログも多数存在する。

病に苦しむ人と心の本質に科学的にアプローチする人双方に興味がもてるような心の哲学を構築したいものである。


東京六大学の由来

2019-01-11 10:55:20 | 受験・学歴

東京六大学と言えば、老若男女のほとんどが知っている我国の有名大学のグループである。

その内訳は、東大、早稲田、慶応、立教、明治、法政である。

これらはすべて在京の総合大学であるが、よく優秀な名門大学のグループと誤解されている。

それでも完全に間違いとは言えないが、実質は違う。

単に首都圏の大学野球リーグの一グループを指しているだけなのである。

そもそも東大と明治、立教、法政を同列の名門大学という人はいない。

早慶ならまだしも、その他の三大学は、はっきり言って東大目線で言ったらFラン(俗な意味で)である。

ちなみに、勉強が一番できる東大が六大学リーグ戦で毎回のごとく最下位なのは有名だ。

そもそも東大が、その他の五大学と一緒になって野球をやっていることに違和感がある。

東大は完全に場違い、仲間外れである。

それではなぜ、東大が六大学リーグに居座っているのだろうか。

その理由をうまく説明しているものが、ヤフー知恵袋にあったので紹介しよう。

 

「早慶戦」を起源とする東京六大学野球は、東大が加盟するまで早慶明法立の5校のリーグ戦が行われていました。
大正末期に明治の近所にある中央大学に声をかけたが、中央は白門と称し法律では有名な大学だったので、「野球などにうつつを抜かす時間はない」と言う理由で断った為、小石川区(現文京区)にある東洋大学に声をかけたのである。東洋大学の前身は東洋哲学館と称していたほどで有名な大学であった。当時世間は『中央の白門』と『東洋の哲門』と言うほど有名だったらしい。中央大学と同じ理由か定かではないが、東洋も断った。
それらの理由から、本郷区(現文京区)にある東京帝国大学(現東京大学)に声をかけたら帝大は快諾した。これにより早稲田・慶応義塾・明治・法政・立教そして東大の六校がそろうことになったのである。まもなくこの六校は名称を『東京六大学野球定期戦』となり、春・秋にリーグ戦形式の試合を行なうことになって現在に至る。
(追記)
現在の野球部に繋がる学生組織が成立する以前、東京五大学野球連盟(現東京六大学野球連盟)から東京帝国大学等とともに新規加盟を打診された経緯を持つが、当時東京帝国大学との民法典論争の中にあり、これを理由に辞退したと云う説もある。何れにせよ加盟は打診されていた。

 

これを読むと、中央と東洋はうまい話を逃したことになる。

今からでも野球の強い東洋を東大の代わりに六大学リーグ戦に入れたらどうだろうか。

六大学リーグ戦が盛り上がることは間違いなかろう。

 


猫と火山

2019-01-06 22:11:07 | 備忘録

私は猫好きである。

それゆえ猫のユニークな画像をブログに載せることに情熱を燃やしている。

次の画像はきわめてユニークである。

猫と火山のコントラストが素晴らしい。


スズキGS750の美

2018-12-31 22:37:18 | バイク ・ 自動車

2ストローク・バイクをメインにしていたスズキは、1976年に突如4ストロークの大型バイクを発表した。

それはDOHC4気筒750ccのエンジンを搭載したGS750である。

それまでのスズキのバイクは重厚な感じはもっていたが、美しさは欠いていた。

ただし、このブログで前に紹介したロータリーエンジンのRE-5は別であり、世界最高峰の美を所有していた。

スズキ初の4スト・バイクGS750は、このRE-5のように美しいボディをもって現れた。

そのデザインは2スト水冷のGT750の末期モデルとRE-5を併せたようなイメージで、均整がとれており、動と静を兼ね備えた美しさをもっていた。

それはカワサキ750RS(Z2)とは別の格調の高さであり、似ているようで全く別の感覚を見る人に与えた。

最高出力68ps/8500rpmで最大トルク6kgf.m/7000rpmであった。

 






このように「円」を基調としたデザインであり、それまでのいささかダサいスズキ2スト・バイクのイメージを払拭する、洗練されたボディである。

タンクとリアカウルの形もマッチしており、非常に綺麗である。

4in2のマフラーはZ2の4本マフラーとは別の味をもち、軽快さを演出している。

サイドカバーが黒なのもいい。

これによって派手目のブルーやレッドのカラーリングが抑えられて、格調が高くなっている。

なんか見ていて落ち着くし、吸い込まれるような感じがある。

 


猫は液体か

2018-12-16 10:42:58 | 日記

私は猫好きである。

それゆえ猫のユニークな写真を偏愛している。

次の載せる画像は極めて珍しく、猫の液体性を示している。

私は猫好きである。

それゆえ、まだ生きていく。


巨大な招き猫の顔とそれを見る二匹の猫

2018-12-16 09:04:15 | 日記

愛知県常滑市は全国一の招き猫の生産地として有名である。

そこには、頭だけの巨大な招き猫が住んでいる。

次の画像はそれとそれを眺める本物の二匹の猫である。

 

 

しかし、よく見ると、本物に思えた二匹の茶色の猫も作り物であることが分かる。


東京23区内の謎のJR二駅

2018-12-02 11:35:28 | 社会・政治

23区内のJR駅は山手線各駅を初めとして名の通ったものが多い。

その中で最もマイナーな謎の駅が二つある。

それは東北本線(東北線と高崎線、あるいは上野・東京ライン)の尾久駅と京浜東北線の上中里駅である。

この二つの駅は謎めいている。

しかも二つはかなり近い位置にある。

歩いて15~20分の距離である。

尾久駅は東北本線では上野駅の次であり、その次は赤羽駅である。

上野と赤羽は有名だし、乗降客も桁外れに多い。

それに対して尾久駅は桁外れに少なく、駅周辺は何もない。

そもそも名前しか知らない人も多いし、名前すら知らない人も多い。

また、上中里駅は京浜東北線の王子駅の次の駅だが、これまた乗降客、知名度どもに桁外れに低い。

駅周辺は尾久駅よりさらに寂れ、ほとんど何もない。

とにかく何もない!!

私は40年近く東京とその近辺に住んでいるが、実は先週の金曜日まで、一度も降りたことがなかった。

しかし、赤羽駅での人身事故のために、高崎線の列車は尾久駅で一時間停車することになった。

待ちきれないので、改札で清算してもらって、動いている京浜東北線の最寄りの駅、上中里駅に向かった。

駅員から簡単な地図を渡された。

40年間で初めて降りた尾久駅と初めて使った上中里駅は、何もなかった。

この奇遇は何か今後の幸運につながることを祈って、京浜東北線に乗った。

それにしても、尾久駅の前で地元のジジイが言っていた「京浜東北も動いていないよ」というデマは忘れない。

駅員ははっきりと動いていると言っていたし、行ったらちゃんと動いていた。

いい加減なジジイだ。

 

尾久駅

上中里駅


「叫び」から「フィヨルドに昇る太陽」へ  ムンクにおける自然との和解

2018-11-26 10:58:32 | 哲学

北欧ノルウェーの天才画家エドヴァルド・ムンクは精神を病んでいた。

おそらく幻聴があったものと思われ、それは彼の代名詞ともなっている「叫び」に表れている。

「叫び」は1893年、ムンクが30歳のときに製作され、世界美術史に不滅の金字塔を打ち立てた名作である。

この絵に描かれた場所はフィヨルドのほとりの道であり、ムンクはこのとき「自然を貫く叫び」を聴いたのである。

雲が血のように赤く、畝っているのは、喀血を象徴しているらしい。

ムンクがいかなる精神病に罹っていたかは詳細な記録がないが、幻聴があるとするなら統合失調症が疑われる。

いずれにせよ、ムンクは自己の存在を根底から揺るがすような、強烈な不安を感じたのであり、それは幻聴を伴っていたのである。

そして、この「存在の不安に共鳴する幻聴」に対して耳をふさぐ幽霊のような自画像を、阿鼻叫喚を象徴する血の色を背景にして描いたのである。

ここでは自然と自己は対立している。

自己に救いはなく、自然は脅威の相を呈して威嚇してくるかのようだ。

ムンクはそれをありのままに描いたのだ。

それは心象の風景であった。

しかし、ムンクは16年後の1914年に長年の苦悩から解放され、自然との和解・合一に至る。

それを彼は太陽の光が少ない地域である北欧の生命の源としての太陽の光のみを強調した巨大な壁画として描き出した。

それは「フィヨルドに昇る太陽」としてオスロ大学に寄贈され、現在に至るまで大講堂に装飾されている。

二つの色合いが違う画像でそれを観てみよう。

まさに生命の源たる太陽の光の拡散である。

この光をムンクは自己の苦悩の消滅と自然との和解・合一として描いたのである。

この強烈な光は、一切の対立と否定を止揚し、すべてを肯定する、自然の大生命の弁証法的力を象徴しているのだ!!

私は「君自身にではなく自然に還れ」という思想を創案したとき、ムンクから大きな示唆を受けた。

人生に不安や苦悩は尽きず、人はつい心が折れて、絶望し、悲観し、厭世的になる。

そして自然は敵となる。

これは自己の主観的内面性に囚われ、悪循環にはまったことを意味する。

しかし、我々が自己の内面を脱して、自然へと脱自するなら、不安と苦悩は外界へと放散され、自然の大生命へと吸収されるのである。

これは至福以外のなにものでもない。

それは普通対立するものと考えられている幸福と不幸の彼岸にある自然との合一という至福である。

暗闇と極寒の象徴たるフィヨルドを突き破って上る太陽の強烈な光は、それを象徴しているのである。

 


『白い巨塔』の浪速大学のモデルは大阪大学

2018-11-26 10:58:03 | テレビドラマ

このブログで何度も取り上げた山崎豊子原作の映画とドラマ『白い巨塔』の主舞台・浪速大学医学部のモデルは国立大阪大学医学部である。

山崎は複数の大学をモデルにしたと言っているが、直接のモデルとなったのはどう考えても大阪大学である。

1966年の田宮二郎主演の映画『白い巨塔』で戝前助教授(田宮)は関西弁を使っているし、東都大学から来た東教授以外ほとんどそうである。

なぜか、浪速大学で戝前と同級であった里見助教授は標準語だったが。

1978年のフジテレビのドラマ版では田宮の演じる戝前は標準語になっているし、大学と医学関係はみな標準語である。

ただし、佐々木庸平の家族などその他の庶民は関西弁を使う、という変な設定になっていた。

それはともあれ、浪速大学のモデルは明らかに大阪大学なのであり、浪速大学医学部付属病院は大阪大学医学部付属病院なのである。

これは2004年の唐沢・江口版でも同じである。

それらすべてにおいて浪速大以外の大学で有力なものは別名になっている。

東京大学は東都大学、京都大学は洛北大学、鳥取大学(?)は山陰大学である。

しかし、千葉大学、東北大学、金沢大学、愛媛大学、岡山大学などはそのままの名前で出てくる。

東大と京大と里見が飛ばされる予定だった鳥取大の名前を伏せたことは、「浪速大学=大阪大学」だからである。

それをあからさまにしないためにそうしたのである。

とにかく、あのドラマで浪速大学医学部は大阪の企業や財閥との癒着が指摘され、大阪という商人の街で絶大な信頼を得、権力を振るっていたことが描かれている。

阪大医学部も実はそうなのである。

少し古い本だが、和田努の『大学医学部 その人脈と名医たち』(1991年、日新報道)では阪大医学部は「東大、京大を凌ぐ町人の町の実力派」として紹介されている。

旧帝大の中で六番目にできた大阪大学の医学部は、その後急成長し、医学部旧御三家の九州大を抜いて、新御三家となった。

つまり、東大・京大・阪大が医学部新御三家なのである。

この中で阪大が一番臨床に力を入れ、病院としての信頼を獲得し、商人の町の財力のバックアップを受けつつ、戝前のようなやり手教授を生み出しているのである。

実は東大も京大も医学部は看板学部ではない。

それに対して阪大は医学部が看板なのである。

そして、旧帝大として研究にも強く、かつ臨床は東大と京大を凌いでいる。

この点は実は私学の勇・慶應医学部に似ている。

事実、阪大医学部と慶應医学部は東大・京大に次ぐ三位の座を常に争っている。

大阪では病院と言えば「阪大病院」なのであり、そこなら死なないし死んでもかまわない、という絶大な信頼を集めている。

財界のお金持ちに特に人気なのは慶應と同じである。

ちなみに、1978年のドラマ版『白い巨塔』では中之島に巨大な船のように浮かぶ大阪大医学部病院がはっきり出ていた。

次の画像は、建設中のものであるが、中之島にあった旧阪大病院のビルである。

周知のように、このビルはもう取り壊され、郊外の吹田市に移転し、次のような立派なビルの病院に生まれ変わった。

 


このブログで閲覧数の多い記事

2018-11-26 10:52:07 | 日記

2012年の7月にこのブログを開設して以来、最も閲覧数が多い記事が二つあります。

一つは「『白い巨塔』の浪花大学のモデルは大阪大学」。

もう一つは「「叫び」から「フィヨルドに昇る太陽」へ   ムンクにおける自然との和解」です。

このうち「白い巨塔」はものすごく多いです。

最近、この二つ記事の閲覧がまた爆発しているので、何かあったのかな、と思っていたら、

来年、朝日テレビで『白い巨塔』が五夜連続ドラマで復刻される、とのこと。

また、今上野の美術館でムンク展やってるんだね。

ということで、二つの記事を再度トップにもってきます。