「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログ。

日本と世界のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
重要なことはメルマガで展開していますので、ご購読下さい。

大阪湾に放射能汚染水放出を主張する大阪維新、松井大阪市長等に暴挙を実行させるな!

2019-09-18 07:47:19 | 福島第一原発と放射能
  大阪湾に福島第一原発由来の放射能汚染水を放出して解決をと、突然に橋下氏が言い出しました。
どうして彼が突然にこういうことを言いだしたのかは、わかりません。
 しかし、韓国などをはじめとして、汚染水放出の反対が海外からも起きていて、
更に原田前環境大臣による「汚染水放出すべし」発言→小泉新環境大臣が地元陳謝の流れを見ての動きと思います。

 橋下氏の思いつきを大阪維新の松井大阪市長等が肯定する発言を繰り返しています。
 放射能汚染拡散は本来止めるべきという立場の私から見れば、ありえない異常な話です。
専門家に見解を聞きました。

 放射能の海洋汚染にも詳しい、山崎近畿大学元教授です。
「ありえない話をいいだしていて、困惑するだけですが、まず大阪湾、さらに瀬戸内海は閉鎖水系で、外洋とは大きく異なります。
現在、原発からトリチウム汚染水を出していることが無害とは思いませんが、その影響が低くなるとすれば、
外洋放出による希釈効果が大きいです。
それが大阪湾だとあまり期待できません。
こんな場所に、大量のトリチウム汚染水を放出することは、リスクが大きすぎます。
また、当然ながら、汚染水の中身がトリチウムだけとは限りません。
あの除去システムが本当に全てそのように稼働できているのかは、完全に検証はできませんから。
こんなものを福島から大阪湾に運ぶなど、正常な話ではありません。
大阪湾は漁場としても実はメリットがいろいろあるのに、すべてを捨て去ることになりかねません。」

 なんというか呆れ果てる暴挙を大阪から展開しようとしている大阪維新。
彼らが市長や知事を握っているために、現実化する可能性は否定はできません。
 とりあえず反対の場所として、フェイスブックにグループを立ち上げました。
ぜひ参加ください。

「大阪湾に放射能汚染水を放出させない会」

https://www.facebook.com/groups/428563067631982/

=====================================

情勢の急変で東京でも「大阪湾に汚染水放出を目論む維新」問題から話します。

23名【9/23(祝)木下黄太と自由が丘で話す会】
受付13時 13時15分-15時30分
自由が丘駅徒歩すぐ
(場所は、申込者にメールお知らせ)
申込→ 9月23日 9/23(祝)木下黄太と自由が丘で話す会(東京都)
 
====================================

6年ぶり神戸で講演会開催
情勢の大きな変化で、
大阪湾に放射能汚染水放出を言う大阪維新問題がメインテーマとなります。

【 10/13(日)木下黄太神戸講演 】
今の日本が置かれている現状、放射能と被曝に関する問題を、皆さまとじっくり話したいです。
受付13時、13時半〜15時半
葺合文化センター(神戸芸術センター6階) 地下鉄新神戸駅歩4分
申込→
コメント   この記事についてブログを書く
« 長期化する千葉大停電で思う... | トップ | 本日14時から、大阪市政クラ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。