ハミアトくんの釣行記

鮎の生息の証ハミアト(食み跡) BLOGによる趣味と郷土に関する私の「ハミアト」です。

神流川のようす

2019年06月07日 | 鮎釣り

6月1日に解禁した神流川南甘地区

 

解禁日は沢山の釣り人が入ったらしい、中流~上流は川幅が狭いうえに超渇水なので隙間のないほどの混雑だったとか・・・

釣れるアユは13~18cmのおチビちゃんで2日間で150匹釣った人も・・・

 

自分は混雑を避けて解禁4日目にKさんが釣っている16番に合流。

 

6月4日は真夏日、顔のシミを気にするお年頃なので月光仮面のコスプレで釣りました。

 

午前中は追いが悪くオトリにならないような小型も含めて7匹。

上流で釣っていたKさんも同じ様な状況らしい。爆釣の噂は本当だったのか疑ってしまう。

午後は駐車場前に陣取る。活性が上がり飽きない程度に掛かるが空中でのバレが多発。

3時半までなんとか22匹を捕獲。

 

 

6月5日も懲りずに同じ川原へ行き下流に向って釣り歩く。

 

前日のバレ対策として柔らかい穂先に変えてみた。バレは解消したがアオモが仕掛けに絡みつきオトリの泳ぎの邪魔をする。

18cm前後の美アユも混じり約4時間で11匹。 2日間とも時速にすると3匹くらい。

水中にたくさんのアユが見える。冷水病が気にかかるが水が増えればまた状況が変わるだろう。

 

 

神流川のアユは美味い

 

 

 


  

 

 

コメント (4)