高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟

世界平和に導く為の語録

世界は僅か38人の者たちが支配しています。

2019-10-17 00:05:00 | 危機です!

世界は僅か38人の者たちが支配しています!! 日本がくしゃみをすると円相場が激変する! 

世界は僅か38人の者たちが支配しています。

彼らの思うままに世界人類は操られ淘汰されています。

陰済的にはユダヤ人が握っているのは間違いないでしょう。

円安が進んでいますが、ドイツ銀行の破綻により「超円高」が仕掛けられています!!

戦争を起こしたり、災害を起こしたりして「相場」を乱高下させて大儲けをしたりします。

大儲けするためには「円相場」が、彼らに最大の利益をもたらすためやたらと日本にちょっかいを出して「円相場」を操作し大儲けをしているのです・・・。

ゲーム感覚で戦争を起こしたり、災害を起こしたりするのですから恐るべき者たちです!!

アメリカ経済は、ユダヤの意向には、逆らえないのが現実で、政治もユダヤ経済に支配されています。

もう一つの現実として華僑の経済力は、全世界に一定の力を発揮します。

華僑の力は、一点集中型では無く分散型ですから,一国の経済や政治を牛耳るまでには至っていません。

今後、華僑の力が増す事は、間違いなく、大陸中国へ投資を集中させると仮定すれば共産政権など一気に吹っ飛ぶでしょう。

ただ中国人の気質は、自分の儲けに集中し、民族の為に力を合わせるのは考えにくいのでは?

元々、国家なんてものを信頼しない中国人にとって大陸の政治体制なんて、取るに足らない話なのでしょう。

中国4000年の歴史と言えば聞こえは良いですが、国家としてまとまっているのはせいぜい、ここ60年程度です。

ユダヤの場合は宗教的意義からもアメリカに寄生してユダヤ鏡の下請けのキリスト鏡を利用するという構図が確立しています。

00年後は、予測がつきませんが、当面、この構図は変わらないでしょう。

 

日本の天皇家は、血統的には世界一の位置に有りますが、政治的権力を持った時期も短く、経済的には民間に依存していますから世界支配なんておぼつきません。

イギリス王家は、血統もコロコロ変わり支配するよりも倒されないかのほうが心配です。

他の人も富豪や政治的に高い位置にいたというだけの事で、世界支配は遠い夢です。

今後の予測をすれば、イスラム国家の台頭です。

もしイスラム国家が国家の枠を取っ払って宗教で一致すれば、ユダヤを凌ぐ事も可能かと思われます。

資産も多く資源も有る。

そしてなによりもイスラム人口は、爆発的に増えています。

キリスト国家の人口減少に喘ぐ中、イスラムは人の輸出で支配階層になる可能性が有ります。

問題も多く有りますが、一番の問題は、同じイスラムでも宗派によって考え方の相違が大きくイスラム内の紛争が絶えない事です。

これが克服できれば可能性が広がります。

世界の紛争地域

世界人口の3人に1人は、 戦禍に巻きこまれている!!

紛争地域に住む人、23億3000万人
世界では武力紛争があちこちでおきている。イラクでは国の内部で混乱がおきているし、 イスラエルとパレスチナの紛争は解決のめどが立っていない。
2005年のデータによると、27カ国で32の武力紛争がおこっている。

その地域に住む人の合計は、23億3000万人。

じつに世界人口の3人に1人は、 戦禍に巻きこまれている計算になる。

どんな戦争であろうと、 いちばん被害を受けるのは、そこにくらす民だ

紛争の質も変化した。

1994年に起こったルワンダの大虐殺では大量破壊兵器は使用されていない。

ラジオという原始的なメディアに煽られ、ナタという原始的な生活用品を武器として振りかざす隣人に、100日間で少なくとも80万人が殺された。

当時人口1000万人弱の国だったルワンダにとっては10人に1人。

犠牲者の数はユダヤのホロコースト虐殺者の3倍。

 

連日のように報道される新疆ウイグル自治区の暴動、アフガニスタン・イラクでの「対テロ戦争」、日本も決して例外ではなく多くの国際問題を抱えています。このほか、昨年の北京オリンピック前に起こったチベット紛争、北朝鮮による拉致問題や核問題、報復復につながるパレスチナ問題、海賊で注目されるソマリア紛争など、世界各地で紛争が勃発しています。

紛争はその内容や対立点から大まかに分類されている。独立や分離の紛争であれば「独立紛争」、民族間での紛争であれば「民族紛争」、国家や国境間での紛争であれば「国際紛争」、などが挙げられる。 またアメリカ軍では紛争をその規模から三つに大きく分類している。

 

世界飢餓指

世界各国の飢餓状況を多元的に解析して求めた指標。世界飢餓指数は地球上の飢餓対策の成功と失敗を表すものであり、年に1回更新される。

この指標はドイツNGO飢餓援助機構ドイツ語版2006年に発表し、国際食糧政策研究所英語版(IFPRI)が発展させたものである。2007年以降はアイルランドのNGO、コンサーン・ワールドワイド英語版も協力している。

2009年には121の開発途上国新興工業経済地域で調査が行われ、その中の84について順位が付けられた。

年毎に、重点的に調べられた項目が付け加えられる。

2009年には指数と男女同権との関係、財政危機の指数への影響が分析された。

2008年にはインド各州の状況がインド各州飢餓指数英語版(ISHI)として、2009年にはエチオピア各州の状況が発表されている。


世界の水不足

 

「水不足はいまや地球規模の問題である事実が、私たちの研究で実証されました」フークストラ氏は続けた。「世界経済フォーラムはここ数年、水不足問題を気候変動やテロリズムと並ぶ世界3大問題と捉えています」。

SCIENCE JOURNALS

世界の人口の約3分の2が、年に1カ月以上の水不足に直面している。

深刻な水不足は、消費量が供給可能量の2倍になったときに起きる。

結果として水不足被害の半分は、世界第1、第2の人口を持つ国々で起きている。

インドと中国だ!!

また深刻な水不足は、大規模な灌漑農業地域(アメリカのグレートプレーンズのような)や、自然の真水を入手しにくい地域(アラビア砂漠のような)にも広がっていることを研究結果は示す。

そういった地域は人口も比較的密集している。

アメリカの南部や西部でも似た現象が見られ、カリフォルニア州のように人口の激しく密集した地域では何年も渇水続いている

水不足は結果として作物の不作や食料不足、ひいては事業不振による経済的損失につながり、生物多様性を損なう環境問題もひき起こす。水不足に悩む地域は、不足を解消しようと地下水の汲みあげに依存しがちだが、それが資源の永久的枯渇にもつながりかねない。

水不足はまた、中東やアフリカのような地域では国際紛争の火種にもなり得る。

「真水の不足は世界経済にとって大きなリスクです。

40億の人々に直接影響を及ぼすのですから・・・。

 

クックして応援を宜しくお願いしますFAX

 

 

 

 クックして応援を宜しくお願いします! 

 

   

 

 

 

年商10億円で20%の利益が出る会社がありますが、購入希望の方は下記までご連絡ください!! 事業参加も可。 FAX 042-361-9202

 

 

 

・ソマチッドでガン患者1000人の内、750人(75%)を完治させた。 

 

 

 

・ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備え「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。最低、半年は飲んでください!!

 

 

 

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 送料は着払いに成り 

 

 

 

 

 

 

 

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします。 

 

 

 

 

 

 人気ブログランキング  

 

 

 

 



この記事についてブログを書く
« 日銀の金融緩和政策で恩恵を... | トップ | 摩訶不思議な台風19号の残し... »
最近の画像もっと見る

危機です!」カテゴリの最新記事