熟年新米弁理士のひとり言

平成18年に59歳で弁理士試験に合格した企業内弁理士です。弁理士試験、企業での知的財産業務について、気軽にお話します。

サイバスロン

2016-08-03 08:40:19 | Weblog
スイスの国立研究所(NCCR Robotics)が主催するサイバーオリンピック「Cybathlon(サイバスロン)」について、今朝のNHKの番組で特集していました。

このサイバスロンは、障がい者と研究者がタッグを組み、ロボット技術を用いた高度な補助具(サイバー義手や脳波コントロールを使った次世代の技術)を用いて様々な種目を競う障がい者スポーツの国際大会です。

開催日は2016年10月8日で、リオオリンピック・パラリンピックの閉幕後になります。

予定されている競技は、サイバー義手で細やかな操作を競う、階段を登ることができる車いすで障害物レース、脳波コントロールでコンピューター上のアバターを動かしてレースを行う、電気刺激で足を動かして車輪を漕ぐ四輪レース、義足で障害物レースを行う等が予定されています。

日本からは、国立大学法人 和歌山大学システム工学部 光メカトロニクス学科の中嶋教授が車いすロボット(パーソナルモビリティビークル)部門で参加することが表明されているので期待しましょう。

このサイバスロンの素晴らしいところは、障がい者の努力と技術の進歩の両方の発展が図られることです。

サイバスロンで優勝すると、プレーヤーである障がい者が称賛されるとともに、補助具を開発した研究者や企業も称賛され。企業が開発資金を投入する動機になります。

優れた補助具が商品化されることで障がい者の日常生活が豊かになれば、本当に素晴らしいことです。

世界中の多くの研究者、企業が参加して欲しいですね。

ビジネスチャンスです。








ブログランキングに参加しています。よろしければ、以下のURLから投票して下さい。


特許・知的財産 ブログランキングへ

 
弁理士 ブログランキングへ
コメント