熟年新米弁理士のひとり言

平成18年に59歳で弁理士試験に合格した企業内弁理士です。弁理士試験、企業での知的財産業務について、気軽にお話します。

ワイヤレスゲート

2011-01-31 12:51:46 | Weblog
沖縄滞在に備えて、モバイルPCとワイヤレスゲートを購入し、メールの設定も何とか終えて、自宅近くのマックでワイヤレスゲートでのアクセステストを実施しました。

無線アクセスポイントを設定して、ワイヤレスゲートのIDとパスワードを入力すると、IEが無事立ち上がりました。

次に、電子メールの送信テスト。
先ず、自分宛のテストメールを送信して、受信できることを確認。

次に、私のPCの師匠にテストメールを送信。
すぐに返信メールがあり、師匠もどこかのマックで送信したとのことでした。

いや~ 師匠は応答が速く、どんな質問にも応えてくれるので、頼りになります。

ワイヤレスゲートのテストも無事終了し、あとは沖縄への出発を待つばかりです。

天気予報では、沖縄も寒波がきているらしく、例年よりも寒いそうです。
それでも最高温度が17℃で最低温度が14℃ですから、神奈川県と比較するとかなり暖かい。

沖縄出発まで、まだ日にちがあるので、もう少し暖かく(できれば暑く)なることを期待しましょう。

沖縄滞在が待ち遠しい~。






ブログランキングに参加しています。よろしければ、以下のURLから投票して下さい。

日記@BlogRanking
コメント

ニッポン チャチャチャ

2011-01-30 17:51:01 | Weblog
サッカーのアジアカップ決勝は現地時間29日、カタールのドーハで行われ、日本は延長後半に李忠成が決勝ゴールを決め、オーストラリアに1―0で快勝しました。

2004年大会以来2大会ぶりにアジアカップ史上最多の4度目の優勝を果たし、大会最優秀選手には本田圭祐が選ばれました。

それにしても連日、厳しい試合が続きましたね。

予選のヨルダン戦から始まって決勝のオーストラリア戦まで、楽な展開と言えばサウジアラビア戦だけでしたね。

アジアのレベルが確実に上がっている証拠ですね。

アジアカップでの優勝は自信に繋がるので、今後のザックジャパンの試合が見ものですね。

今日一日、スポーツニュースを何回見たことか。

思いっきり、優勝の感動を味あうことにします。




ブログランキングに参加しています。よろしければ、以下のURLから投票して下さい。

日記@BlogRanking
コメント

モバイルPC

2011-01-29 19:19:06 | Weblog
沖縄滞在に備えて、モバイルPCとワイヤレスゲートを購入しました。

昨年の沖縄滞在にはノートPCを持っていきましたが、何しろ大きくて重いので、台湾製で展示品特価のモバイルPCを購入しました。
また、今年の滞在先のコンドミニアムはインターネット回線が設置されていないので、ヨドバシカメラでプリペイド方式のワイヤレスゲート(90日間使用で、1260円)も購入しました。
空港、主なホテル、マックで使用できるそうです。

早速、ワイヤレスゲートの有効化とPCの立ち上げを実施。
ワイヤレスゲートの有効化とインターネット接続はスムースにできましたが、Out Lookメールの設定が上手くいきません。
私が使用しているメールシステムが少し複雑なため手間取っています。

何とか、来週初めまでに設定を完了させて、自宅近くのマックでモバイルPCの作動テストを行いたいと考えています。

沖縄へ出発するまでにあまり時間がないので、少々焦っていますが、まあ~何とかなるでしょう。







ブログランキングに参加しています。よろしければ、以下のURLから投票して下さい。

日記@BlogRanking
コメント

何事もちょっと見たよりは

2011-01-28 20:11:46 | Weblog
企業勤務時代に先輩研究者から言われた言葉が、「何事もちょっと見たよりは時間が掛かり、難しい」です。

これは、仕事を頼まれたときに、仕事の難しさと完成までの時間をある程度予測しますが、そのときに少し多めに見積もっておくと、納期に間に合わない等の困った状況に陥ることが少ないという、戒めです。

先輩からの戒めを守って仕事をしているので、幸い、今までに納期に遅れたことはありませんでしたが、今回は、ちょっとあわてました。

弁理士自主勉強会に参加しており、私の発表が今月下旬にありますので、少し早目に準備を開始しましたが、発表内容が「中国における司法救済」という広範なテーマであるためか、調査する範囲が広く、あれもこれも含めようとすると発表内容がかなりのボリュームになってきます。

発表時間に合わせてボリュームを調整しましたが、それでもかなりの量です。

まあ、司法救済の第1回目ということなので、概論程度の発表でお許しいただこうかなと思っています。

発表日の1週間前に何とか纏まりましたが、冷や汗ものでした。

「何事もちょっと見たよりは時間が掛かり、難しい」ですね。





ブログランキングに参加しています。よろしければ、以下のURLから投票して下さい。

日記@BlogRanking
コメント

クリスマス?

2011-01-27 22:32:00 | Weblog
先日、飲み会に参加しての帰り、駅前広場を眺めていると、何やら派手な灯りが。

近づいてみると、「光のイルミネーション」という、分かったような分からないようなネーミングの掲示が出ていました。









一瞬、クリスマスがまだ続いているのかと、錯覚するほど鮮やかなイルミネーションです。

ヨーロッパのクリスマスマーケットで見たクリスマスイルミネーションと趣はかなり異なりますが、これはこれで楽しいですね。

いつまで続けてくれるのか分かりませんが、LEDを使用しているので省電力・高寿命でしょうから、しばらく楽しませてほしいですね。





ブログランキングに参加しています。よろしければ、以下のURLから投票して下さい。

日記@BlogRanking
コメント

日本 決勝へ

2011-01-26 12:49:18 | Weblog
サッカーのアジア杯カタール大会準決勝が行われ、日本が韓国をPK戦で破り、決勝に進出しました。

120分の激闘の末、宿命のライバル対決はPK戦にもつれこみました。

3人続けて失敗した韓国に対し、日本は4人目の今野が決めて、勝負を決めました。

前半の早い時間に、韓国にPKを決められ、リードされるという嫌な展開。

別のテレビ番組を見てから、チャンネルを切り替えると、延長戦前半で、スコアが1-1になっていました。

テレビの前で応援していると、岡崎のゴール前のドリブルに対して、韓国がファールをしてPK獲得。

本田圭佑のPKは相手GKに止められたましたが、途中出場していた細貝が猛然と走り込み、こぼれ球を蹴りこんで勝ち越しました。
良く詰めていましたね。
見事、見事。

前半戦が終了したので、お風呂に入り、ゆっくり温まって、テレビをつけると、何とPK戦に。
延長後半に追いつかれたようです。

PK戦は、GK川島の独り舞台。
韓国のPKを3人連続止めて、日本に勝利を呼び込みました。

決勝の相手は、予想通りオーストラリアです。

オーストラリアは決勝でウズベキスタンを6-0の大差で破り、勢いづいています。

日本、オーストラリア、ともに上り調子のチームの戦いなので、高度な激しいゲームになるでしょう。

どちらが優勝してもおかしくない拮抗した実力です。

ここまできたら日本代表チームに優勝を飾ってもらいたいですね。

頑張れ日本!!






ブログランキングに参加しています。よろしければ、以下のURLから投票して下さい。

日記@BlogRanking
コメント

スペイン・ポルトガル8日目(続き)

2011-01-25 19:26:33 | Weblog
スペイン・ポルトガル最終日の午後は、自由時間ということで、リスボン市内散策に出かけました。

先ずは、ロッシオ広場近くの「サンタジュスタのエレベーター」に乗ってリスボン市内を一望することに。






このエレベータで高台に昇ります。




いや~ 見晴らしがいいですね。






サンジョルジェ城が見えます。




リスボン市内散策をするのに便利な、1日カードを購入。




これで、地下鉄、バス、ケーブルカー、路面電車、サンタジュスタのエレベーターが乗り放題です。


先ずは、路面電車に乗って、市内遊覧。

クリスマスが近いのか、サンタクロースのふん装をした運転手さんが。






市内を遊覧して、サンジョルジェ城へ。

サンジョルジェ城は、古代ローマ時代の要塞に起源し、西ゴート人やイスラム教徒の支配下に置かれ、13世紀から16世紀にかけて歴代ポルトガル王の王宮となっていました。
市街を見下ろせる高台に位置し、城内は公園になっています。




高台からの眺めは抜群です。










サンジョルジェ城の内部に入り、城壁の上を歩くことにしました。
ヨーロッパのお城では、城壁ツアーがあり、私も、フランスのカルカッソンヌ、クロアチアのドブロブニクで経験しました。







さあ、城壁の上へ。






城壁の窓から眺める景色は、まるで絵画のようです。




サンジョルジェ城見学を終えて、ロッシオ広場まで散歩することに。
サンジョルジェ城が高台にあるので、広場までは下り坂で、ノンビリと景色を楽しみながら歩けますので、お勧めのコースです。

リスボン名物の路面電車が近づいてきます。
雰囲気がありますね。



カテドラルを見学して、広場へ。










楽しかったスペイン・ポルトガルの旅も、今日が最終日です。

旅の最終日は、市内散策がいいですね。

スペイン、ポルトガルは、フランス、ドイツ、イタリアとは、また違った趣のある国です。

バリセロナ、リスボンは、また来てみたいですね。


さて、次の海外旅行は、どこにしようかな~。



ブログランキングに参加しています。よろしければ、以下のURLから投票して下さい。

日記@BlogRanking
コメント

クラス会(続き)

2011-01-23 20:25:47 | Weblog
中学校のクラス会の2次会で行ったお店が、一品274円均一の居酒屋。

値段が手ごろで良いのですが、人件費削減が目的か、注文が全てタッチパネル方式。
それもかなり小型のディスプレイ。

早速注文しようと出席者の一人がタッチパネルに触れると、画面の文字が小さくて見えない。

少し離れている人が「右側をタッチ」「左側下段をタッチ」と指示して、なんとか二人がかりで注文完了。

しばらくすると、画面の表示が変わって「故障によりもう一度注文して下さい」のメッセージ。

イライラした出席者の一人が、飲み物を運んできたお姉さんに、「焼き鳥とつくね2皿」と注文すると、「注文パネルでお願いします」というつれないお返事。

しかたなく注文をし直すと、テーブルの反対側に座っていた仲間が、「俺達、老眼で見えないから、そっちで適当に注文してくれ」。

結局、20分以上かけて、何とか注文を終えました。

それにしても、このシステム熟年向きではありませんね。

もう少しパネルを大きくして、拡大機能を付けてもらいたい。

熟年層は購買意欲が高いので、熟年層向けのお店に変更すれば、繁盛すると思うのですが。




ブログランキングに参加しています。よろしければ、以下のURLから投票して下さい。

日記@BlogRanking
コメント

クラス会

2011-01-22 21:02:07 | Weblog
中学校のクラス会に出席してきました。

クラス会と言えば、年に1回開催が一般的ですが、私の中学のクラス会は、年に3~4回開かれます。

幹事が「還暦を過ぎたら何時お迎えが来るかわからないから、できるだけ多く集まろう」ということで、積極的にクラス会をセットしてくれます。

という訳で、今年第1回目のクラス会が、上野駅近くの「居酒屋 がんこ」で開催されました。

集まったのは、常連の12名。
皆さん元気です。

近況報告が終了すると、話題は、健康、介護、年金に集中します。
高齢者の話題ですね。
私は、もっぱら旅行の話ですが、なかなか話題をリード出来ません。

12名の内、仕事をしているのが、私を含めて9名。
皆さん生涯現役ですね。

出席者の一人が、「なんだかんだと言っても、クラス会に出席できるのは、健康、お金、家族、仕事に恵まれているか、少なくとも大きな問題がないからだよ」と言っていましたが、本当にそうですね。

2時間程で1次会が終了し、近くの居酒屋で2次会が始まりました。
飲み物、食べ物は、1次会と変化はありませんが、気持ちよく会話がはずめば、そんなことはどうでも良いことです。

2時間程で2次会が終了し、飲み足りない人は、3次会へと流れて行きました。

次のクラス会は、4月上旬に、桜を観賞する会にするそうです。

幹事さん、お世話を掛けます。




ブログランキングに参加しています。よろしければ、以下のURLから投票して下さい。

日記@BlogRanking
コメント

スペイン・ポルトガル8日目

2011-01-21 17:45:40 | Weblog
スペイン・ポルトガル旅行も最終日となりました。

今日は、リスボン市内観光です。

リスボンは、テージョ川の河口付近に位置するポルトガルの首都です。
西ヨーロッパで最も美しいと称されるほどに発展しましたが、1755年に大地震により街は壊滅状態になりました。
「7つの丘の街」と呼ばれる起伏の多い土地で、急な坂を走る路面電車が街の名物の一つです。

先ず、リスボンを出入りする船を監視する水上要塞、「べレンの塔」に向かいます。
「べレンの塔」は、16世紀初頭に建てられた塔で、内部は博物館になっています。




べレンの塔近くの公園に、なぜか飛行機の像が建てられていました。




べレンの塔に面しているテージョ川河口には、美しい建物が立ち並んでいます。





次に、見学するのは、「発見のモニュメント」です。
大航海時代に活躍した帆船型のモニュメントです。







ポルトガルの英雄エンリケ航海王子を先頭に約30人の像が立ち並んでいます。


広場中央地上には世界地図が描かれており、大航海時代にポルトガルが新しい国に到達した年が刻まれています。
日本は、1541年です。







次に、「ジェロニモス修道院」を見学します。
「ジェロニモス修道院」は、大航海時代の富によって建てられたポルトガルで最も華麗な修道院です。

マヌエル1世が16世紀初頭に建築を開始し、完成したのは19世紀です。
バスコ・ダ・ガマと詩人カモンエスの棺が安置されています。
天正少年使節団も立ち寄った記録が残されています。
















バスコ・ダ・ガマの棺です。




実に美しいタイル壁画です。













外壁の装飾も芸術的で、飛び出している彫刻は、雨水を排水する雨どいのようなものです。





午後は、フリータイムなので、リスボン名物路面電車に乗って市内散策に出かけましょう。



ブログランキングに参加しています。よろしければ、以下のURLから投票して下さい。

日記@BlogRanking
コメント