熟年新米弁理士のひとり言

平成18年に59歳で弁理士試験に合格した企業内弁理士です。弁理士試験、企業での知的財産業務について、気軽にお話します。

哲学なき五輪

2019-08-12 23:58:05 | 五輪
私と同じ考えの方の記事を読みました。

その方は真山仁さんです。

以下に真山さんの意見を記します。

「7月28日早朝、取材旅行でシンガポールから帰国し、羽田空港の到着口を出た私がまず目にしたのが、「1 Year to Go! 開催まであと1年!」という文字だった。

 東京五輪開催1年前を告知するその看板の前を歩きながら、いよいよか、と思う私の横で、外国人親子が記念撮影をしていた。

 東京が開催地に決定した2013年から、なぜ、今さらオリンピックなんだ、とずっと疑問を抱かせた東京五輪まで、ついに1年を切った。

 最終選考の際に、福島第一原子力発電所の汚染水について「アンダーコントロール(統御されている)」というとんでもない演説をした安倍晋三首相に怒りを覚えた。あるいは、大会のエンブレムが既存のデザインと酷似していると抗議を受け、変更したことにあきれた。さらには、五輪誘致以前より全面建て替えが決まっていた新国立競技場の設計デザインが、当初の予定をはるかに超える高額となったことで、15年7月に白紙撤回された。

 まるで、今の日本の迷走ぶりを象徴しているようじゃないか、と思った。」

こんなにドタバタしているのが、今の日本を象徴していると続きます。

私も全く同じ意見で、何で今頃東京五輪を開催するのか、一部の人の利益に踊らされている人達が騒いでいるだけのオリンピックと言う気がしますね。

オリンピックに費やす莫大なお金があれば、年金、介護、教育、大学研究資金等に有効に使えるのに、経済効果の試算という詐欺まがいの手口に騙されて狂乱した人達が、オリンピック後に「騙された。こんなはずではなかった」といっても後の祭りです。

バブルに踊らされた愚かな人達を見ていたので良く分かりますが、今回も同じような人達がいますね。

君子危うきに近寄らず。





ブログランキングに参加しています。よろしければ、以下のURLから投票して下さい。


特許・知的財産 ブログランキングへ

 
弁理士 ブログランキングへ

コメント

何で今頃?

2019-08-11 21:21:04 | 五輪
真夏に開催される東京オリンピックの暑さ対策で、バタバタしているようです。

何で今頃騒いでいるのか。

東京の真夏の暑さは半端ではなく、熱中症を避けるために日中の外出を控えるようにという警告が出ているのに、オリンピックを開催するという無謀な行為。

私は当初から反対でしたが、予想道りの結果になりそうですね。

東京新聞の記事です。

「水泳オープンウオーター(OWS)の東京五輪テスト大会が11日、東京・お台場海浜公園で行われ、参加した選手から水温や水質を懸念する声が相次いだ。国際水連のマルクレスク事務局長は、暑さによる高水温下での競技を避けるため、午前7時に予定されている五輪の開始時刻の前倒しを検討する意向を示した。」とあります。

ここでも開催時間を繰り上げるしかないのかも知れませんね。

男子で2012年ロンドン五輪金メダルのウサマ・メルーリ(チュニジア)は「これまで経験した中で最も水温が高く感じた」とぐったりとした様子。女子の貴田裕美(コナミスポーツ)は「熱中症の不安が拭えなかった」と漏らしているということです。

マラソンも競歩も屋外で開催される競技は、熱中症の危険性が高くなりますね。

観戦する人も熱中症に警戒が必要です。

オリンピック開催事務局が「観戦者は自己責任」と言ったと伝わると、直ぐに否定しましたが、事務局の本音でしょうね。

それにしても今頃何を言っているのか、バタバタしているのか、真夏の開催は熱中症だけでなく、台風の恐れもあるし、地震や集中豪雨も怖い。

このような自然現象に対応できるのか、おそらく無理ですね。

結局、自己責任になるのか。

オリンピックを誘致した人達の責任は免れないと思うのですが。

無事に開催して終わることを祈るしかないですね。





ブログランキングに参加しています。よろしければ、以下のURLから投票して下さい。


特許・知的財産 ブログランキングへ

 
弁理士 ブログランキングへ

コメント