熟年新米弁理士のひとり言

平成18年に59歳で弁理士試験に合格した企業内弁理士です。弁理士試験、企業での知的財産業務について、気軽にお話します。

化石賞

2019-12-05 21:34:16 | 災害
梶山経済産業大臣が「石炭火力発電所は選択肢として残していきたい」と述べたのを受けて、スペインで開かれている「COP25」の会場では、国際NGOが、温暖化対策に消極的な国に贈る「化石賞」に日本を選びました。

「化石賞」は、国際的な環境NGOのグループがCOPの会期中、温暖化対策に消極的だと判断した国や地域を毎日選び、皮肉をこめて贈っています。

「化石賞」には、日本とオーストラリア、ブラジルが選ばれました。

このうち日本について担当者は、国連のグテーレス事務総長が、COPの開幕にあたって温暖化対策の強化と石炭火力発電の利用をやめるよう各国に求めた翌日に、梶山経済産業大臣が「石炭火力発電など化石燃料の発電所は選択肢として残していきたい」と述べたことを理由にあげています。

このニュースと関連する報道が。

気象災害の被害が昨年、最もひどかった国は日本だったとの報告書をドイツの環境シンクタンク「ジャーマンウオッチ」がまとめたそうです。

西日本豪雨や猛暑に襲われたことが要因で、豪雨や熱波といった異常気象は地球温暖化により深刻さを増すとみられており「対策強化が不可欠だ」と強調しています。

気象災害による死者数や損害額など4項目で各国の被害状況を分析すると、2017年は36位だった日本が1位となり、フィリピン、ドイツが続いています。

日本は再生可能エネルギーへの転換に後ろ向きで、地球温暖化の影響をもろに受けていますね。

このままでは、毎年、地球温暖化による災害を受け続けることは間違いありません。

一日も早く政権交代して、地球温暖化対策への積極的参加、核兵器禁止条約批准、集団的自衛権に関する閣議決定の見直し等の安倍政権の危険な決定をすべて覆して(トランプがオバマの政策を覆したように ⇒ トランプの覆しは間違いですが)、正しい姿の日本を取り戻しましょう。

安倍独裁政権は、即刻退場して二度と表舞台に立たせない。




ブログランキングに参加しています。よろしければ、以下のURLから投票して下さい。


特許・知的財産 ブログランキングへ

 
弁理士 ブログランキングへ


コメント

日本の未来は暗いのか?

2019-12-04 14:46:03 | 意識調査
日本財団が実施した各国の若者の意識調査結果の発表がありました。

この結果を見る限りでは、日本の未来は暗いですね。

「日本財団は2019年9月下旬から10月上旬にかけた20回目の「18歳意識調査」で、インド、インドネシア、韓国、ベトナム、中国、イギリス、アメリカ、ドイツと日本の17~19歳各1000人を対象に国や社会に対する意識を聞きました。

この結果、「自分を大人」、「責任ある社会の一員」と考える日本の若者は約30~40%と他国の3分の1から半数近くにとどまり、「将来の夢を持っている」、「国に解決したい社会課題がある」との回答も他国に比べ30%近く低い数字となっています。

さらに「自分で国や社会を変えられると思う」人は5人に1人、残る8カ国で最も低い韓国の半数以下にとどまり、国の将来像に関しても「良くなる」という答えはトップの中国(96.2%)の10分の1。

全体に途上国、欧米先進国のいずれと比べても数字の低さが際立つ調査結果となっています。」

日本の将来に対して夢を持っておらず、自分で社会を革新しようとも思っていない。

何か、白けた年寄りじみた若者の姿が見えてきますね。

香港の若者が中国共産党の自由を奪うような権力行使に反対して、命がけで抗議デモを行う姿と比較すると暗澹たる思いがします。

私は、全共闘世代の最後の生き残り見たいな年代ですが、あの頃は真剣に社会を変えたいと思っていましたね。

それも研究者として社会を変えたいと勉強に明け暮れていました。

10月にアジアクルーズでベトナムを訪れたときに、若者が多く、しかも活発で生き生きと暮らしている姿に感動しました。

自分の未来と国の未来に夢を持ち、変革したいという気持ちを持って生きている姿はまぶしかったですね。

日本に限らず先進国では、若者が未来に希望を持ちにくくなるのかも知れませんが、少なくとも日本の現状、安倍政権の公私混同、権力者のおごりを許してはいけないと思うことから始めましょう。

日本の未来を生きるのは、若者です。

年寄りの政治家や官僚に騙されてはいけない。

自分の頭で考えて行動しましょう。





ブログランキングに参加しています。よろしければ、以下のURLから投票して下さい。


特許・知的財産 ブログランキングへ

 
弁理士 ブログランキングへ
コメント

人間ドック

2019-12-03 22:35:24 | 健康
毎年11月~12月に人間ドックを受診しています。

今年も受診してきました。

詳細な結果報告は年末に送付されてきますが、血液検査等の中間結果に基づいて医師との面談を行いました。

結果は予想通り、大きな問題はないが、経過観察と適切な内容の食事及び運動の継続が必要とのことでした。

食事についてはかなり改善していますが、やはり運動が不足しているようですね。

毎日のウォーキングに加えて、筋肉トレーニングを増やす必要がありそうです。

さっそく始めることにします。

来年の人間ドックの結果に反映されるように、運動を継続してい来たいですね。

まだまだ衰えるわけにはいきません。





ブログランキングに参加しています。よろしければ、以下のURLから投票して下さい。


特許・知的財産 ブログランキングへ

 
弁理士 ブログランキングへ
コメント