熟年新米弁理士のひとり言

平成18年に59歳で弁理士試験に合格した企業内弁理士です。弁理士試験、企業での知的財産業務について、気軽にお話します。

富士山

2015-11-29 19:37:41 | Weblog
寒さが厳しくなってくると、空気が澄んできて、富士山が良く見えるようになりますね。

私の家からも富士山が良く見えます。

35年ほど前に自宅を新築した時は、周りに住宅が少なかったので、遮るものがなく富士山が良く見えました。

最近は、以前ほど良く見えませんが、それでも自宅の2階からお隣さんの屋根越しに富士山が見えます。




自宅近くの道路から見ると、もう少し良く見えますね。




毎日午前中に行く、コミセンの駐車場からは、富士山のほぼ全景を見ることができます。




寒さが厳しくなりますが、雪を被った富士山を見ることができるのは嬉しいですね。







ブログランキングに参加しています。よろしければ、以下のURLから投票して下さい。


特許・知的財産 ブログランキングへ

 
弁理士 ブログランキングへ
コメント

表現の自由

2015-11-28 14:49:00 | Weblog
国連の「表現の自由」をめぐる訪問調査を日本政府がドタキャンしていたことが発覚し、大騒ぎになっています。

内幕をバクロしたのは、国連で「表現の自由」に関する特別報告を担当する国際法学者のデビッド・ケイ氏です。

18日付のツイッターなどによると、ケイ氏は12月1~8日の日程で来日し、報道の自由や特定秘密保護法などについて調査する予定だったが、先週になって突然、ジュネーブ国際機関の日本政府代表部からドタキャンの連絡が入ったということだそうです。

国連の公式調査を2週間前にドタキャンするなんて、国際社会から見たら異例の状況ですね。

岸田外相は「予算編成作業などの関係で、政府として十分に受け入れ態勢を整えることが困難だった」なんて言い訳していますが、臨時国会を開かない安倍政権が忙しいワケがないでしょう。

「表現の自由」に詳しい前・立大教授の服部孝章氏は、「昨年の総選挙以来、政府・自民党は報道や表現の自由にどんどん介入してきている。それが国連に調べられて海外に発信されると、世界から『異常な国』と思われるから、避けたのでしょう。おそらく来夏の参院選後まで調査実施を引き延ばすつもりだろうが、こういう異常な状況をメディアがきちんと報じないと、大変な事態を招きますよ」と言いていました。

本当のその通りですね。

それにしても、今回の国連の公式調査拒否を全国紙やテレビ報道がほとんどないのは異常ですね。

今の日本で「表現・言論の自由」や「報道の自由」が“危篤状態”に陥りつつあることがよくわかりました。

日本政府は、2016年の秋に訪問を延期することを示唆したという。ケイ氏は、訪問日程が再び調整されることを希望しています。

ケイ氏は、特定秘密保護法の施行や、自民党が2014年の衆院選を前に在京テレビ局関係者を呼びつけた問題など、日本の表現の自由をめぐる状況について、政府関係者らに面談して調査することになっていました。

「国連調査拒否」となれば、国際社会は「日本は隠したいことでもあるのか」と不信感を抱くだろうと思われますね。

国際人権基準を軽視する姿勢の表れと国際社会から受け取られ、国内の人権問題を改善する意思が欠如しているとみなされる可能性があります。

ケイ氏は日本の現状を、「日本の今の政府は、以前ほど オープンではないという感覚がある。日本に行って政府関係者や市民団体と話をして、本当に懸念すべきことなのか、政府の努力で改善できるか評価したい」と評価しています。

正しい評価ですね。

それにしても、参議院選挙に影響があるので、調査を選挙後まで延期するとは、安倍独裁政権の厚顔無恥なやり方にはあきれるばかりです。

日本のイメージが悪くなるのは困るのですが。










ブログランキングに参加しています。よろしければ、以下のURLから投票して下さい。


特許・知的財産 ブログランキングへ

 
弁理士 ブログランキングへ
コメント

一票の格差

2015-11-26 21:43:27 | Weblog
「一票の格差」が最大2・13倍だった昨年12月の衆院選小選挙区は、投票の平等に反しており憲法違反だとして、二つの弁護士グループが選挙無効を求めた17件の訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は25日、選挙は「違憲状態」とする判断を示しました。

しかし、残念ながら、選挙無効の訴えは退けられました。

これで、最高裁が「違憲状態」と判断したのは、2009年、12年の衆院選に続いて3回連続で、国会は今後、速やかな是正が求められることになります。

大法廷はこの日、国会が0増5減などの是正をしたものの、13選挙区で格差が2倍を超えるなど、多くの都道府県では議席配分が改められていないと指摘して、「憲法が求める投票価値の平等に反する状態だ」と判断しました。

違憲と違憲状態とは何が異なるのか。

一票の格差が、(1)著しい不平等状態にあるか(2)是正のための合理的期間を経過したかの二点に着目し、いずれも該当しなければ「合憲」、(1)のみ満たす場合は「違憲状態」、(1)(2)を満たせば「違憲」とされます。

したがって、今回の最高裁判決は、一票の格差が著しい不平等状態ににあることは間違いないが、もう少し是正の期間を与えるというものです。

つまり、違憲状態は「イエローカード」、違憲は「レッドカード」ですね。

それでも「イエローカード」が3回連続出されているので、サッカーなら「レッドカード」で退場ですね。

次の衆議院選挙までに、根本的な制度改正をしないと「違憲」になるという最後通告ですね。

逆に言えば、選挙制度を改正するまでは、衆議院の解散はできないということです。

これで野党は、参議院選挙で選挙協力を積極的に行い、自公政権を過半数割れに追い込む、衆議院選挙では独自の政策で政権交代を目指すという二段階の戦略を立てることが可能になります。

参議院選挙は政権交代の選挙ではないので、自公政権を過半数割れに追い込むのに最善の対策を立てればいいと思います。

民主党も大胆な選挙協力を。









ブログランキングに参加しています。よろしければ、以下のURLから投票して下さい。


特許・知的財産 ブログランキングへ

 
弁理士 ブログランキングへ
コメント

合同研修

2015-11-25 18:27:44 | Weblog
横浜弁護士会と弁理士会関東支部との合同研修会に参加してきました。

研修内容は、「特許権の存続期間の延長について」と「特定不正競争に関する最近の判例概観」です。

講師は、両方ともに横浜弁護士会の弁護士です。

前半の「特許権の存続期間の延長について」は、特許権の存続期間延長登録制度の概観、従前の裁判例、パシーフカプセル30mg事件最高裁判決、べバシズマブ事件知財高裁判決の説明があった後に、最近出されたべバシズマブ事件最高裁判決の説明がありました(最高裁判決が出された時には、資料を複写した後だそうで、配布資料には反映されていません)。

特許権の存続期間延長登録制度と関連する裁判例が分かりやすく説明されていますので、参考になりましたね。

後半の「特定不正競争に関する最近の判例概観」は、特定不正競争の概要、各類型ごとの最近の裁判例の説明がありました。

H26.1.1~H27.11.20の間の特定不正競争に関連する判決一覧資料が添付されていたので、参考になりますね。

ただ残念なのは、合同研修なので、弁理士による発表もあって良かったのではないでしょうか。

私に依頼があれば引き受けるのですが。









ブログランキングに参加しています。よろしければ、以下のURLから投票して下さい。


特許・知的財産 ブログランキングへ

 
弁理士 ブログランキングへ
コメント

横浜

2015-11-24 19:21:55 | Weblog
横浜弁護士会と弁理士会関東支部との合同主催の研修会に参加してきました。

研修の内容は後日アップするとして、今日は、研修前の楽しみである横浜散策についてアップします。

横浜で研修があるときの昼食は、中華街でいただきます。

久しぶりの中華街です。




平日なのに混雑していますね。




中華街での昼食は、毎回、四五六菜館でいただきます。




本日の日替わりは、マーボ茄子定食です。



ボリューム満点のマーボ茄子にスープ(もう飲んでしまいました)、ザーサイ、杏仁豆腐、ご飯で650円というお手頃な値段です。

どの料理を食べても美味しい。


昼食後に、山下公園を散策してから研修会場の関内へ。

山下公園も黄葉がきれいでしたね。










氷川丸にカモメが群がっています。





今日の大桟橋には、残念ながらクルーズ船は停泊していませんね。










赤レンガ倉庫が見えます。




横浜は、異国情緒たっぷりな建物が多いですね。




これは象の鼻テラス。




久しぶりの横浜を満喫しました。







ブログランキングに参加しています。よろしければ、以下のURLから投票して下さい。


特許・知的財産 ブログランキングへ

 
弁理士 ブログランキングへ


コメント

飛鳥も?

2015-11-23 23:10:19 | Weblog
郵船クルーズが日本におけるクルーズブームの先駆けとして、1996(平成8)年から毎年行ってきた「世界一周クルーズ」が今年2015年で、20周年を前に途絶えるそうです。

これにより来年2016年、日本籍船での世界一周クルーズが行われないことが確定しました。

寂しくなりますね。

この数年、「飛鳥II」を運航する郵船クルーズを悩ませてきたのはコースの選定でした。

2000年代から出没し始めたソマリアの海賊対策、飛鳥IIは安全対策のためスエズ運河の航行を断念し、世界一周は全てアフリカ大陸の南端部、喜望峰回りとし、人気の地中海へ入る場合でもスエズ運河を通らず、西のジブラルタル側から大回りするコースを強いられていました。

そうしたなか2015年春からようやく、紅海へ行く前に乗客全員を下船させ、陸路ツアーで移動させるといった安全対策を講じ、スエズ運河を通すことにします。

しかし中東の治安悪化や、チュニスにおける観光客へのテロもあり、陸路ツアーは中止になりました。

無寄港でスエズ運河を航行するコースに変更しますが、不安に思った多くの参加者がキャンセルするという事態に至っていました。

中東、地中海における治安の悪化が、“ゴールデンコース”と呼ばれる中東から地中海へ抜ける典型的な世界一周クルーズを妨げたわけです。

そしてついに「飛鳥II」は2016年のクルーズコース決定に際して、欧州には向かわないことになりました。

「2017年以降もこうした状態が続くなら……」(郵船クルーズ)と、日本籍船での世界一周クルーズがしばらく途絶える可能性もささやかれています。

私達夫婦が憧れていた、飛鳥Ⅱによる世界一周クルーズはどうなるのでしょうか。

世界の安全が保たれて、世界一周クルーズが再開されることを祈っています。






ブログランキングに参加しています。よろしければ、以下のURLから投票して下さい。


特許・知的財産 ブログランキングへ

 
弁理士 ブログランキングへ
コメント

御殿場時之栖(続き)

2015-11-22 19:21:03 | Weblog
日帰りバスツアー、最後は、御殿場時之栖イルミネーション見学です。

午後6時近くになると、もう真っ暗です。

イルミネーションのトンネルが見えてきました。








イルミネーションのトンネルを進んでいきます。










蜂ですね。

























「二度とない人生だから」味わい深い言葉ですね。




和風のイルミネーションもいいですね。







教会もありました。

この教会で結婚式を挙げるカップルもいるのでしょうね。
















クリスマスらしいイルミネーションです。





イルミネーションを充分楽しんで、本日の日帰りバスツアーも終わりです。







ブログランキングに参加しています。よろしければ、以下のURLから投票して下さい。


特許・知的財産 ブログランキングへ

 
弁理士 ブログランキングへ
コメント

御殿場時之栖

2015-11-21 21:23:53 | Weblog
「修善寺もみじ林・世界遺産の韮山反射炉・御殿場時之栖イルミネーション」を巡る日帰りバスツアーに参加してきました。

海老名駅近くの集合場所からバスに乗り、日帰りバスツアーに出発です。

先ずは、世界遺産の韮山反射炉へ。

韮山反射炉は、アヘン戦争を契機に軍事力の強化が大きな問題となり、幕府は江川英龍を責任者として、反射炉と品川台場の砲台建設を進めることにしました。

反射炉は、内部の天井がドーム状になった炉体部とレンガ積みの高い煙突から構成されています。

石炭などの燃料で発生させた炎と熱を炉内の天井で反射して集中させることにより鉄を溶かすことを可能にした反射炉です。








世界遺産に登録されてから観光客が大幅に増加したそうです。
この日も観光バスが引っ切り無しに来ていましたね。




燃料を入れる燃料搬入口です。




反射炉から作られた大砲がありました。




江川英龍の銅像でしょうか。





それにしても世界遺産の観光客集客力は凄いですね。


次は、修善寺もみじ林で紅葉狩りを楽しみます。























紅葉狩りを楽しんだ後は、本日のメインイベント、御殿場時之栖イルミネーション見学です。






ブログランキングに参加しています。よろしければ、以下のURLから投票して下さい。


特許・知的財産 ブログランキングへ

 
弁理士 ブログランキングへ
コメント

弁理士研修

2015-11-20 18:40:15 | Weblog
弁理士会主催の研修フェステイバル「事業に対する特許の貢献度評価」を受講してきました。

日本知的財産仲裁センターの事業に対する知財の貢献度評価研究会報告書の内容を紹介するものです。

仲裁センターが申請者から特許の価値評価の依頼を受けた場合を想定して貢献度評価研究を行っているので、企業の中で行うのとはかなり異なりますが、参考にはなりますね。

企業の内部評価や企業の知財コンサルティングが行う評価では、具体的な評価方法と、その根拠を論理的に説明することが求められますが、今回の研修での事例では、申請者が納得すればよいとの理由で、論理的な説明がなされていませんでしたね。

今回の評価方法は、私が企業で実践していたものとほぼ同じなので、なじみやすいものでした。

今後の課題としては、評価方法とその根拠を論理的に説明できるようにすることですね。

これが難しいのですが、期待しています。









ブログランキングに参加しています。よろしければ、以下のURLから投票して下さい。


特許・知的財産 ブログランキングへ

 
弁理士 ブログランキングへ
コメント

ライオンパン

2015-11-18 14:14:29 | Weblog
息子家族が遊びに来ました。

息子夫婦と孫4人の総勢6人で、一気に賑やかになりました。

息子のお嫁さんが手製のパンを持ってきてくれました。

ライオンのパンです。





早速いただきました。

美味しかったですね。

鬣を食べたら顔だけになりました。




息子のお嫁さんは料理上手なので、息子も孫たちも幸せですね。

もちろん私達も。








ブログランキングに参加しています。よろしければ、以下のURLから投票して下さい。

特許・知的財産 ブログランキングへ

 
弁理士 ブログランキングへ
コメント