楽しまなくちゃー!!! "Carpe Diem !"

趣味の陶芸、写真、園芸、ボーイとの交遊

道を迷って 300階段 

2021年04月09日 | 日記・散歩

わが町さくら台 ぼたんさくら

山の上のパン屋さん”JAM”で人気のさくらパンを買いに行った帰り道

散歩がてらぼたんさくらを撮って初めての道をみつけました

宝塚市長選挙の時にはいつも通り満開になるでしょう

ここにも素晴らしいさくらトンネルがあります

大阪平野が一望できるすばらしいところです

山ツツジの写真を撮りながらだんだんと奥に入って行きました

階段をすこしずつ降りてツツジを撮ります

途中で登ってくる人に尋ねると300段・ここが例の300階段!!!

上って戻るにはきつすぎるので やむなし降りていきました

昔の工事用の道を整備して使っているのでしょう

住宅の中を道に迷ったようです

84段の階段を上って公園 近所の公園でした

ここの上には幼稚園があります 何とか戻り道

幼稚園の入園式 小学生は下校中

ずーと前に自治会ボランティアのお世話で見守りをしていました

低学年は大廻で登下校 高学年になると300階段で登下校とのこと

来年度からはふたつのの小学校が併合され3地区が集まります

ボーイは昨日中学校の入学式 写真をおくってくれました

中学の勉強は生活の知恵になる基本を学ぶことになります

今まで通りに元気で優しい人に育ってほしいと願いです

 

コメント (1)

2021さくらトンネル散歩

2021年04月04日 | 日記・散歩

わがまち町桜台・さくらトンネル <入り口>

買い物ついでに100段の階段を上って

いつものさくらトンネルを散歩写真

(2012~2021 選挙 自治会総会の後)

危ない!! まさかの自転車!!!

  さくらトンネルのそめいよしの160本が満開 長さは100mあります

おきに入りの大島さくら 少し弱っているようです 

脇道のチューリプ  お似合いでしょう

ことしも”さくらまつり”中止です

散り始め 人がいないと元気が出ません

中央 一番きれいなところです やっと人の姿

さくらがよく似合います 一番好きなところです

やっと次の世代みつけました

体調がいまひとつなところ この散歩で気休めです

明日のクラブ撮影会”小野さくら回廊”には参加できず

さくらトンネル <出口>

出会った人はほんの数人 なんと寂しいことです

バス道のボタンさくらはこれからです

 

 

コメント (3)

さくら情報 今年の新人花

2021年03月26日 | 日記・散歩

「さくらトンネル」満開近し

今年は自治会の役で緑化委員でしたが何もできずに終わりです

この桜道は一番手入れに気を使って桜守さんのご苦労のおかげ

ソメイヨシノ         お気に入りの大島さくら

「淡墨桜」満開

なかなか体調が戻らないことですが陽気に誘われて

車で我が町「桜台」の桜情報をみてまわりました

一番気になる「淡墨桜」立派になりました

「淡墨桜」はつぼみの時はうすいピンクで白い花で満開になり

散り際は特異な淡墨色に変わって行くそうです

立派なしだれ桜 はじめて気が付きました

それぞれの建物ごとにも立派な桜が咲いています

「我が家の今年の新人はな」

今年初めて種まきから挑戦「ネモフィラ」咲き始めました

思った以上に広がって陶芸の友人にも少々プレゼントです

今年初めて球根から植えた「カラーイエイオン」咲き始めです

以前植えた「ミニヘメロカリス」は大きく育ってたのしみです

我が家にとって大切な「ドイツスミレ」今年も来てくれましたよ!!

 

コメント

神戸どうぶつ王国に撮影会でいきました

2021年03月24日 | 撮影会

「クラブ写真撮影会」

ヨーロッパフラミンゴのお出迎えです

2018.5.3にボーイ家族と来て以来久しぶりです

「シンリンオオカカミ」

苦心してやっと狙いの一枚

バードフリーフライトは屋外になっています

思うような写真は撮れず 残念

モモイロペリカンのダンス

なまえは ”フタコビナナマケモノ”

動かない「ハシビロコウ」

「ヒロハシサギ」 はじめての出会いです

「ペリカンフライト」

ボーイ家族と来た時には長い時間をかけて楽しみました

沢山楽しいどうぶつとの触れ合いを撮りましたが

やはり楽しみながらでないといい写真は撮れませんね

 

コメント

猪名川の神社をめぐります no.1

2021年03月19日 | 宝塚くらし

猪名川の素戔嗚神社を探します

北摂に素戔嗚神社が点在しています 

戸隠神社を探しているとついついと自然に猪名川に

近づいていきます ここにも素戔嗚神社があります

まずは多田銅銀山入り口 代官所跡  2021.2.5

江戸時代には周辺村落は「銀山付村々」として戸数3千軒ともいわれた

「都市(銀山町)」を支えてきました

現存する銀山町絵図には役所や茶屋 芝居小屋などが描かれ

呉服町魚の棚町など繁栄を偲ばせる町名も並んでいます

4カ所の番所で守られた町にはまた多くの社寺もありました

「定」3か条が書いてあります ”五輪の道を正しくすること” ほか

「金彦山神社」一の鳥居 社頭 参道

第二鳥居   神額「山神宮」

「金彦山神社」 本殿

807年創建との社伝を持つ金山彦神社は

その中心として銀山の栄枯盛衰を見守ってきました 

山の神大山祇命と金山彦命 金山比売命が祭神です

今回は金彦山神社が目的 いずれまた鉱山のことききたいこと多々

これから素戔嗚神社を探します

 

コメント