田舎おじさん 札幌を見る!観る!視る!

私の札幌生活も12年目を迎えました。これまでのスタイルを維持しつつ原点回帰も試み、さらなるバージョンアップを目ざします。

札幌Cafe紀行 27 Cafe Amero

2010-08-23 14:26:12 | 札幌Cafe紀行
 Café Ameroでランチを摂りましたが、どちらかというと夜の部を意識した店づくりをしているように感じました。でも美味しいパスタを食しました。
 
 Café amero(アメロ)は札幌駅の近く、東急百貨店の道路向かいにありました。
 店の外観は街中にあるカフェですからあまり凝った造りにはできないようですが、店内に入ると明らかに夜の部を意識した店づくりをしているように思えました。

        
        ※ Cafe Ameroのエントランスです。ちょっと賑やかです。        

 カウンター(厨房)にはたくさんの種類の酒瓶が並び、店の奥にはダーツゲーム機が設置してあり、椅子やテーブルにもそれらしさが漂います。

        
        ※ ご覧のように店内はどことなく夜の雰囲気が漂っています。    

        

 しかし、ランチにも力を入れているようでイタリアン中心のメニューが充実しています。パスタ、カレー、クレープ、モッフル、それぞれ数種類のメニューが用意されています。
 モッフルという聞き慣れないメニューがあったので「もち粉を使ったワッフルのこと?」と聞いたところ「そのとおり」との回答がありました。

 さてそんな中、私がオーダーしたのは「松の実が入ったポロネーゼ(スープ付き)」(830円)です。同行した妻は「トマトとバジルのクレープ(スープ付き)」(780円)をオーダーしました。
 スープはランチサービスだったのですが、単品だと500円のもので具沢山のとても美味しいスープでした。

        
        ※ 思いのほか美味しかった具沢山スープです。

 ポロネーゼは幅広のパスタを使用したものでしたが、湯で加減がやや柔らかいのではと思いましたが、味付けもよく美味しかったです。
 妻が頼んだクレープは写真を取ることができなかったのですが、いつも辛口の彼女が満足そうに食していました。

        
        ※ 私が食した「松の実が入ったポロネーゼ」です。

 食後のブレンドコーヒー(200円)は、これまでのカフェのコーヒーと比較し、可もなく非もなく、というところだったでしょうか。

 若い人には夜になってから訪れてみると楽しいカフェなのかもしれません。
 あっ、このカフェでも札幌出身の松山さとしさんのデジタルアートが掲げられていました。これも一見の価値あり!です。

         
        ※ 店内に飾ってあった松山さとしさんのデジタルアートです。       

【Café Amero(アメロ) データ】
札幌市中央区北3西2-27 アストリア札幌1F
電  話 011-218-1120
営業時間 10:30~24:00(日祝10:30~18:00) 
定休日  なし
座  席 44席
駐車場  なし
入店日  ‘10/08/17

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 札幌ウォークⅡ №4 中央区... | トップ | 美唄へミニトリップ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
昼も夜も (三四五白のヨン    )
2010-08-23 19:57:06
 ここは、昼間は喫茶店、夜は酒場の雰囲気という感じで、昼も夜も対応できる、とても便利な感じのお店です。お酒を飲みながらダーツができる喫茶店と言ってもいいですよね。室内は夜の雰囲気を持っているのはその通りです。が、店の玄関の表看板のameroの文字も夜の雰囲気をちょっともっていると自分は思っています。このameroの文字のどこが夜の雰囲気かというと柔かな横文字のムードです。わかるかな。
Re:昼も夜も (田舎おじさん)
2010-08-24 12:15:53
 「わかるかな」と言われても…。
 何を、どう答えてよいのか分かりませんねぇ…。いったい何を期待されているのか?
 あるいはヨンさまはこの店に夜に行かれた経験でもあるのでしょうか?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

札幌Cafe紀行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事