季節の花と言葉の花束

写真付きで季節の花や言葉の意味をを書くならgooブログ

季節の花の紹介と言葉の花束を書いています。

季節の花「葛(くず)」

2011-09-30 05:04:09 | インポート

一日一言

久闊(きゅうかつ)を叙する

「久闊」は、久しい間音信不通であること。

「叙する」は、述べ表すの意で、久しぶりの

挨拶をする、あるいは、しばらくぶりに旧交

を温めることを謂うのに用いる。

★卒業以来の恩師との再会で、久闊を叙

する感動を得た。


8月から咲いている花「葛(くず)」

開花時期は、  8/15頃~  9/  末頃。   
・秋の七草の一つ。                           
・まわりの木々をつるでおおってしまう程の     
  生命力。ひと夏で10mぐらい生長する。     
・花は下の方から咲いていく。                 

・大和の国(奈良県)の国栖(くず)という     
  ところが葛粉の産地であったところからの命名。
  漢字の「葛」は漢名から。                   
・つるの繊維部分は「葛布(くずふ)」の原料。 
                  (静岡県掛川市特産)       
・根には多量のでんぷんを含んでいて、         
  「葛根(かっこん、解熱の漢方薬)」         
  になる。葛粉(くずこ)もとれる。           
              → 葛餅(くずもち)            


・別名  「裏見草(うらみぐさ)」。           
      葉が風にひるがえると裏の白さが         
      目立つことから。平安時代には「裏見」を 
      「恨み」に掛けた和歌も多く詠まれた。   


・「ま葛原  なびく秋風  吹くごとに           
      阿太(あた)の大野の  萩が花散る」     
                            万葉集  作者不詳 

  「梨棗(なつめ)  黍(きび)に             
      粟(あは)つぎ  延(は)ふ葛の         
        後も逢はむと  葵花咲く」             
                            万葉集  作者不詳 

  「葛の風  吹き返したる  裏葉かな」         
                            高浜虚子          

(季節の花300より)


 


季節の花「鶏頭(けいとう)」

2011-09-29 05:18:12 | インポート

一日一言

脚光を浴びる

「脚光」は、舞台の前面の床を照らす

照明のことで、舞台に立って照明を浴

びること。転じて、衆人の注目の的とな

り、大いにもてはやされる事を言う場合

に用いる。

★泥鰌内閣の異名を看板に野田総理は

俄かに脚光を浴びる存在となった。


8月から咲いている花「鶏頭(けいとう)」

開花時期は、  8/10頃~12/10頃。 
・熱帯アジアなどの原産。日本には万葉時代   
  にはすでに渡来していた”古株”。         
・花が鶏の鶏冠(とさか)状に見えるので     
  この名前になった。                       
  英語でも「cocks-comb」(鶏のとさか)なので
  この花に対するイメージは世界共通なのかも。

・花が丸くなって咲くものや、槍のように     
  とがるものなど、いろいろある。           
  色は赤いものがほとんど。                 
  だいだい色のものもある。                 
・昔は草染めの原料として利用された。       

・別名  「鶏冠花」(けいかんか)、         
        「韓藍」(からあい)。             
・8月19日の誕生花(鶏冠鶏頭)           
  9月3日の誕生花(槍鶏頭)               
・花言葉は「おしゃれ」(鶏冠鶏頭)         
          「個性」(槍鶏頭)               


・「わが屋戸に  韓藍蒔(ま)き生(おほ)し 
      枯れぬれど                           
        懲りずてまたも  蒔かむとそ思ふ」   
                      万葉集  山部赤人     

  「秋さらば  写(うつし)もせむと         
      わが蒔(ま)きし                     
        韓藍(からあい)の花を             
          誰(たれ)か採(つ)みけむ       
                      万葉集  作者不詳     

  「秋風の  吹きのこしてや  鶏頭花」       
                              与謝蕪村 

(季節の花300より)

     



季節の花「菊芋」

2011-09-28 04:48:45 | インポート

一日一言

隔生即忘(きゃくしょうそくもう)

人が死んで現世に生まれ変わるときは

前世のことは残らず忘れてしまうと言う

意味で、人の苦労は子の世一代限りで

終わるものだと言うことを表すのに用いる。

★人生はどうあがいても隔生即忘から

逃れることはできない。


8月から咲いている花「菊芋」

8月頃から10月頃にかけて開花。          
・名前とうらはらに美しい花。黄色が鮮やか。  
・繁殖力は旺盛。                            

・厳密に分けると、7~8月頃開花するのが    
      「犬菊芋(いぬきくいも)」、          
  9~10月頃開花するのが                  
      「菊芋(きくいも)」。                
  (じゃあ、その境目に咲くのはどっち?      
    といわれると、                          
    ちょっと見分けつかないですね。          
    ごめんなさい)                          
  さらに「菊芋擬(きくいももどき)」        
  という種類もある。こちらは葉っぱが        
  けっこうギザギザなので区別できそう。      
  7~8月頃に開花。                        
  ということで、「菊芋」シリーズには        
  いろいろあるようです。               
 
・ごつごつした根の先端はお芋になる。        
  多量の糖分を含んでいる。                  
  昔は農村では根を酢漬けにしておいて        
  冬の間じゅう食料とした。                  
  なお、犬菊芋の場合はお芋にならないらしい  
・別名  「唐薯」(からいも)、              
        「八升芋」(はっしょういも)。

(季節の花300より)

      


季節の花「玉簾(たますだれ)」

2011-09-27 04:52:21 | インポート

一日一言

記問(きもん)の学

ただ暗記するだけで内容を理解しようと

しない学問を指して言うところから、形式

的、皮相的な学問のたとえに用いる。

★タレント学者がテレビでもっともらしく解説

している事は、まさに記問の学としか思えない。

類語:①口耳の学    ②口耳三寸の学

   :③耳学問


8月から咲いていおる花「玉簾(たますだれ)」

開花時期は、  8/  5頃~10/10頃。      
・白く美しい花を「玉」に、葉が集まっている      
  ようすを「簾」にたとえた。  ”南京玉簾”      
  6弁花、上向きに咲く。                        
・葉は細長い。                                  
・ずらーっと並んで咲いていると壮観♪            
・黒い実がなる。                                
  実の形は 狐の剃刀 に似ている。                

・「珠簾」とも書く。                            
・別名  「ゼフィランサス」 学名から。           
          サフラン擬も同名。         
        「カンジダ」 学名から。                 
        「レインリリー」                        
          雨のあとで一斉に咲きはじめる          
                            ところから。        

・秋頃に咲く、よく似た黄色い花があるが          
  それは玉簾ではなく、                          
  「黄花玉簾(きばなたますだれ)                
           = ステルンベルギアと呼ぶ。

(季節の花300より)

        


季節の花「水引」

2011-09-26 05:41:00 | インポート

一日一言

肝をつぶす

非常に驚く、この上もなく吃驚すると言う

ことのたとえに用いる。

★3.11の大震災の地震には、肝をつぶした。

類語:①肝を消す     ②肝を冷やす

   :③肝を飛ばす   ④肝をひしぐ

   :⑤肝を減らす


8月から咲いている花「水引」

開花時期は、  8/  5頃~10/10頃。
・上から見ると赤く見え、下から見ると白く  
  見える花を、紅白の水引に見立てた。     
・日陰に生える。                         
・葉っぱはときおり変わった斑入り(ふいり)
  のものがある。→ 斑入りの葉っぱ
・「水引草(みずひきそう)」ともいう。 

(季節の花300より)